ジェイ・エイブラハムの本は、どの本も何度も読み返すほどの内容ですが、最新刊『マネー・コネクション』も同じく、今後何度も読み返すことになりそうです。

なにやらすごいタイトルが付いていますが、中身は真っ当な『経営戦略』『マーケティング』のテキストです。

目次は以下の通り。

▼目次
第1章 あなたは仕事に働かされていませんか
第2章 あなたのUSPは何か?
第3章 卓越論を身につけよう
第4章 クライアントと恋におちる
第5章 あなたの事業の「眠れる宝石」を見つける
第6章 コンサルティング販売こそ大金を生む鍵
第7章 価格構造が原因で大金を失っていないか?
第8章 テストマーケティングの重要性
第9章 市場にメッセージを送る
第10章 紹介システムを構築する
第11章 「最適化」のために権限委譲を
第12章 自分に合った推薦者を見つけよう
第13章 ジョイント・ベンチャーの無限の可能性
第14章 ビジネスコンサルタントになろう

それぞれほぼ独立した内容なので、どこから読んでも良いと思いますが、前半で総論、後半で各論が展開されていきます。

個人的に非常に勉強になったのは第3章で書かれている『マーケティング』の話。

『マーケティングがどんなに効果的で、究極的な善意の行いであるかを考えると、ほとんどの経営者がマーケティングを怠っていることに、私は驚きを隠せません。彼らは、クライアントにとって真に価値のある素晴らしい商品を作り出しながら、クライアントがやっているのをただ座って待っているのです。しかし、商品が一体どんなもので、自分たちのために何を解決してくれるのかもわからないのに、クライアントがやってくる理由があるでしょうか。』(P63)

ほとんどの経営者がマーケティングだと思っていることは、著者が述べる「戦略的マーケティング」とは異なる(P64参照)。では、「戦略的マーケティング」とは何なのか? 詳細は第3章をご覧下さい。


【こちらもオススメ】
ジェイ・エイブラハム著『限界はあなたの頭の中にしかない』(PHP研究所)