情報収集源の一つはtwitter。

この週末にtwitterで見つけた2つの記事。是非、ご一読下さい。

●日本で一番売れている歯磨き粉がアナタのカラダをボロボロにする。企業はアナタの健康に興味はない。

●皮膚がんの原因は「日焼け」ではなく「日焼け止め」という事実


歯磨き粉には「ラウリル硫酸ナトリウム」などの化学物質が、日焼け止めには「オキシベンゾン」という化学物質が含まれている。

歯磨き粉や日焼け止めに限らず、日本で販売されているシャンプー、リンス、化粧品などの日用品には数多くの発がん性物質が含まれています。



食品にも、数多くの有害な食品添加物が含まれています。
以下のサイトは、かなり前にtwitterで見付けたものですが、こちらも是非ご一読下さい。

●21年間コンビニで販売している食品を欠かさずに調べ続けた私が選んだ、最も危険な食品添加物10選


普段、我々が何気なく肌に塗っているものや、口に入れているものが、有害物質であり、発がん性物質であるのです。皆様の家族や子供が使っている日用品や、食べている食品にも、有害物質発がん性物質が含まれている可能性が高いということです。

特に「日本製」には多いのです。国が消費者よりもメーカーを保護しているからです。

商品の成分表示を見れば、危険なものは分かります。日本で使用されている食品添加物が1500以上ありますし、化学物質は何千万種もあるといわれていますので、全てを覚えることは到底できませんが、危険なもの・有害なものだけでも知っておくべきだと思います。

amazonで「買ってはいけない」「渡辺雄二」「郡司和夫」「南清貴」と検索して、興味あるものを一冊でも読むことをオススメします。


【関連記事】
2015/6/21 ガンで死ぬ人が多い原因を調べてみた
2015/6/22 ガンで死ぬ人が多い原因を調べてみた(続き) ―ガンからの警告