私は、セミナー講師をする際、原稿・シナリオを用意することはなく、アドリブで喋っています。セミナーの数週間前に配布資料・テキストを準備したら、セミナー当日まで見返すこともなければ、予習することもありません。完全アドリブでいくことにしています。頭の中で「ゲネプロ」をすることはあっても、原稿・シナリオは絶対に用意しないと決めています。「このネタでボケよう」と思って、笑いが取れることはありませんから。その時の受講者の表情を見ながら、引き出しからネタを小出ししていった方がウケるのです。

セミナー中は、できるだけ多くの受講者とコミュニケーションを取る。少人数のセミナーであれば全員と名刺交換するし、大人数でもセミナー後は最後まで残って名刺交換や質問対応をする。

その日のうちに、遅くとも次の日までに、名刺交換した方には全員に御礼のメールを送る。名刺にメールアドレスの記載がなければ手紙を書く。セミナーアンケートは主催者の方からコピーをもらう。数百枚になることもあるけど、すべてに目を通す。ちなみに、講師にも個人情報が開示される旨は申込時に告知してもらっているので、セミナーアンケートにコメント・質問が書かれていたらすべてに回答のメールを送る。

そういうことをやっているので、セミナー後はフォローのために数十時間は確保しなければなりません。金儲けのためだけにセミナーをやるのであればセミナーの集客にフォーカスすれば良いのですが、私はそういう目的で登壇している訳ではありません。セミナーの来場者が1人であろうが100人であろうが、有償であろうが無償であろうが、やることは同じ。セミナー前の準備より、セミナー後のフォローを100倍重視しています。

今から10年位前のこと、リッツ・カールトンの元日本支社長の高野登さんの講演を聞く機会があったのですが、その際に、リッツ・カールトンが大切にしているのは1人1人のお客様との『情緒的な繋がり』だ、というようなことをおっしゃられていました。これ、とても心に残っているのです。それ以降、何度かリッツ・カールトンに宿泊してますが、他のホテルとの圧倒的な違いは、やはりここにあると感じます。

私も、セミナーを受講してくれた方々と『情緒的な繋がり』を持てるようにと、そこに関してはそれなりの努力をしてきたつもりです。『情緒的な繋がり』ができれば、何か困った時に 「あっ、武田に聞いてみよう!」 と思ってくれるのではないかなと思います。実際に、私のクライアント様の大半は、セミナー受講者かブログ読者です。広告宣伝費はゼロです。

東京や大阪でセミナーをやると、こちらからメールをしても返事をくれない方が少なくありません。寂しいですが、そんなもんだろうと割り切ってます。しかし、地方都市でセミナーをやると、かなりの割合で返事をもらえます。しかも、長文の心がこもった嬉しい返事をたくさん頂けます。セミナーアンケートもゴリゴリ書いてくれています。非常に嬉しいですね。時間はかかりますが、この週末も、一人ひとりにきちんと回答をさせて頂いております。