元国税調査官 大村大次郎氏の新刊書。大村氏の書籍はこれまで10〜20冊位読んできました。大村氏の書籍に書いていることを、知っているか知らないかで結構納税額が変わると思います。

さて、今回は『資産形成術』というタイトルですが、富裕層の相続税対策を紹介した本です。これも、知っているか知らないかで相続税額が変わると思います。事前の対応が欠かせません。

目次は以下の通り。
第1章 なぜ金持ちは「金」を買うのか?
第2章 なぜ金持ちは高層階に住むのか?
第3章 なぜ上場企業の創業者は「財団」をつくるのか?
第4章 秘かに出回る租税回避商品とは?
第5章 プライベート・カンパニーとは何か?
第6章 タックスヘイブンのヤバい真実
第7章 金持ちの相続は裏ワザがいっぱい!
第8章 税務当局の対応

ホントに「あの手この手」と新しい(合法的な)節税策があるものです。公益財団法人を使った節税策なんて一般の人には関係ありませんが、宅地面積330岼焚爾両貊蠅鵬搬欧汎欝錣垢襪箸、子供の教育費に教育資金免除規定を使うとか、ちょっとした税法の知識の有無が大きな差となるはず。


理詰めでお金持ちになりたい方にはこちらもオススメです。