先日、友達から「電話番号教えて」と言われ、思わず、「いらんやろ!」とツッコミを入れてしまいました。電話番号を教えるのが嫌な訳ではありません。「イマドキ、電話でコミュニケーションすることなんてあるのか?」というツッコミです。一応、その友達に電話番号を教えましたが、おそらく電話で話をすることはないでしょう。

電話はLINEやMessengerに置き換わり、メールはチャットに置き換わった。仕事上のお付き合いがある方ですら、電話もメールもしたことがないという方が多い。だから、一人で仕事をしているけど、かかってくる電話は殆どないし、メールも1日数本しかない。ゼロ本ということもある。そういう日は妙に嬉しい。

「働き方革命」とか言って、人様の働き方を国家が規制しようとしています。余計なお世話だし、お節介だし、かなりの違和感・嫌悪感があります。社会主義国家かと。残業時間を月60時間に減らすといったことが「革命」なのでしょうか。何言ってんだ、と笑ってしまいます。

単に労働時間だけを減らそうとしても、どこかにシワ寄せがくるだけです。「革命」を起こすのであれば、生産性が低い業務を「一切」切り捨て、本当に意味がある仕事に集中すべきだと思います。電話、メール、ネットサーフィン、会議、打ち合わせ、資料作成・・・といったことを「一切」止めたら、1日1冊くらい本が読める時間が確保できると思います。あとは、ランチとか。通勤とか。

「革命とは、客を招いてごちそうすることでも無ければ、文章を練ったり、絵を描いたり、刺繍をしたりすることでもない。そんなお上品でおっとりとした雅やかなものではない。革命とは暴力である。一つの階級が他の階級をうち倒す、激烈な行動なのである。」(毛沢東)