私のコンサル会社(マイクロ法人)は10月決算だという話を先日しましたが、既に確定申告書も出来上がり、週末にペラペラと見直してました。前期の数倍の税金を納めることになるのは喜ばしいことですが、全く喜べない。

そんな折、誰もが知ってる会社の元社長で、書評家としても有名なN氏が、
『この何年か、いろいろバタバタしていて落ち着かないし、自分がだんだんバカになっているような気がする。(中略)インプットが少ないのだ。(中略)結果的にアウトプットがだんだん雑になってきているように思うのだ。来年3月までにともかく仕事を減らす。もう一度、自分の時間の50%を本を読むことと書評に振り向けるように調整する。(以下省略)
とfacebookに投稿しているのを見て、反射神経的に「いいね!」をクリックしてしまいました。

この数ヶ月、私が悶々としている理由を代弁してくれたかのよう。

「おかしいと思ったら原点に返る」ということを繰り返していれば、おかしな方向に進むことはないはずですが、いろいろバタバタしていて落ち着かない生活を送っていると原点に返ることすら後回りにしてしまい、緊急事項に流され、優先順位が狂っていく。自分でも違和感に気付いているから、ストレスが溜まっていく。N氏のように仕事を減らさないといけない。これ以上の増収は求めず、クライアントとの情緒的な繋がりを大切にしようと思う。

「ホントは何がしたいのか?」 

今日だけでも100回くらい自分に問うた思います。