前回のエントリーの続き。

1つの大きなプロジェクトの区切りがついたこともあり、週末は2日とも自宅でリラックスしてました。自分が「ちょっと頭が疲れたなぁ」と感じるときは、肉体的にはもっと疲れているかもしれないので、7時間以上睡眠をとり、身体がこれ以上疲れるようなことは意識的に遠ざけ、リラックスして過ごすようにしています。週明けに最高のパフォーマンスを上げるために。

先日読んだ本によると、野村克也元監督は、現役時代も監督になってからも、「いつも3回、試合をしていた」といいます。3回とは、試合前に行う「想像野球」、実際に戦う「実戦野球」、試合後の「反省野球」のこと。「24時間、頭の中は野球だらけ」、「本当に頭が疲れたものだ」と、現役時代・監督時代を回顧されていました。

これは、非常に共感できます。

私のコンサルティングも、セミナーも、勉強する時も、読書をする時も、「前」「中」「後」のうち、「前」「後」に意識を集中させています。「試合中」のパフォーマンスは、「試合前」の準備と、「試合後」の反省の繰り返しで決まります。

「試合前」の準備といっても、パワーポイントで資料をペコペコ作ることは殆どしません。「試合中」に最高のパフォーマンスを上げるための準備です。

「試合後」の時間は、「試合前」の時間より大事な時間です。人間の記憶は、何もしなければ48時間で半分以上が消えますから、直ぐに記録しておかなければ忘却します。コンサルであれば、お客様が何を求めているのかなどを、セミナーであれば、受講者がアンケートに何を書いているかなどを、その日のうちにフォローしなければなりません。ここを後回しにする人が多いように感じますが、それは最悪の結果を招く場合があります。この作業は次の日にまで続くこともあっても、優先的にやる仕事です。

勉強も、読書も同じ。「読中」より、「読前」「読後」の時間が大事だというのは松岡正剛氏も言っている通り。ちなみに、松岡氏は「読前」のことを「前戯」と言ってますが、、、まぁ、それほど大事ということです。

-------------

そういう意味では、事あるごとに開催される「打ち上げ」という名の宴会は、(開催すること自体を否定はしませんが)気を付けた方が良い儀式です。

慰労会、懇親会、反省会という目的を兼ねた組織内の「打ち上げ」であれば、大いに開催する意義があると思います。稲盛さんのおっしゃる「コンパ」的なものですね。ただし、世間一般的な意味での「打ち上げ」は、そのような目的はなく、ただ花火のように打ち上がる宴会に過ぎません。昔は私もそういった宴会に参加していたことがありますが、今は絶対に行きません(同じ趣旨の忘年会、新年会なども同じく)。

この手の宴会になると、一人や二人、大声を出してバカ騒ぎをはじめるヤツや、他人に絡みはじめるヤツ、説教垂れるヤツ、自慢話をはじめるヤツ、昔話をはじめるヤツ、セクハラするヤツ、記憶が飛ぶヤツ、行きたくもないお姉チャンの店に連れて行こうとするヤツ・・・・などが出てきます。そして、宴会が何時間も続き、自宅に帰ったら日付が変っており、翌朝、「昨日はすみませんでした」、もしくは、「何か粗相がありませんでしたでしょうか」というメールがくるのがオチです。友達と花見やってるんじゃねーんだよ!

飲みに行ったのだから時間やカネを浪費してしまったことは別に構わないのですが、翌日以降のパフォーマンスが下がるようなことをプロフェッショナルがすべきではない「試合後」の打ち上げをやるんだったら、ほんの少しでも試合を振り返れ、自分を省みろ、と私は思います。

とはいっても、組織に属していたら「どんちゃん騒ぎ」に付き合わざるをえない場面があるかもしれません。そういう時は一緒になってバカ騒ぎせず、テキトーな理由を付けて1次会で帰るべき。逆に、試合直後に気が張り詰めすぎて、直ぐに家に帰りたくない時があるかもしれません。そういう時は、一人で飲みに行くなり、気の合う仲間・同僚などと飲みに行けば良い。

-------------

前出の本で、野村監督は、「反省試合」は(次の)「実戦試合」のプレーボールがかかるまで繰り返される、といいます。これがプロフェッショナルだと思います。

私は、テンションを下げて良い「場所」、悪い「場所」ってものがあると思いますし、テンションを下げても良い「時間」、悪い「時間」というのもあると思います。「場所」「時間」です。年間120日くらいある休日をどう使うかは自由ですが、ペナントレース中であれば、(リラックスしたり、ぼんやり過ごすことは大切だと思いますが)テンションを下げてしまってはダメだと思います。

バッターボックスに入る時に、「ちょっと前日飲みすぎまして〜」と眠そうな顔をするカッコ悪い選手にだけはなりたくないですね。

GWが近付いてくるとテンションだだ下がりの人が多いのがイヤなのですが、テンション下げても良い休日なんて年間10日〜20日もあれば十分で、この日本のやたらと多い連休って、意味のない「打ち上げ」くらい無駄だと思うのですよねぇ。