昨日の続き

お金を増やすためには「知識」(フィナンシャル・リテラシー)が必要だという話は昨日書いた通りです。まずは「原理」を掴むことが大切です。

その先に必要なことは「税務」の知識です。具体的には、税金を減らすための知識が必要です。これは会社経営でも、個人でも同じです。お金を増やすためには、税金を減らすための方法を勉強する必要があります。

「税金を減らす」なんていうと、道徳的に良くないことのように感じる方がいるかもしれません。しかし、脱税は違法ですが、節税は義務です。払うべき税金はきちんと納税すべきですが、(合法的に)守れるものは守らなければならないという話です。誰も無知を救ってくれません。

「税務」の知識習得のためには、昨日紹介した橘玲さんの本が一番良いと思います。