北野武さんの本。

書かれていることは共感できることばかりなのですが、
読みながら昔のイヤなことをアレコレと思い出しました。


小学校の頃の「道徳」の時間。

あの時分でも、心の底から「くだらねえー授業だなぁー」って思いながら聞いたフリをしていました。

中学校は、運動場に二宮金次郎像がある学校に通っていたので、「道徳」の授業は二宮金次郎の教えを説くものでした。

「薪を背負うどころか、本を読んだこともない人間が、なにを偉そうなこと言ってんの?」って思いながら、こちらも冷めた顔して聞いたフリをしていました。

まったく教師から評価されないクソガキだったと思います(実際、通知簿はひどかった)。


そもそも、「道徳」を教師が教えるなんてことができるのか??

本書にも、同じようなことが書かれていました。

誰かに親切にして、いい気持ちになるというのは、自分で発見してはじめて意味がある。
それをクスリの効能書きかなんかのように、いいことをしたら気持ちいいぞ、気持ちいいぞ、って書いてあるのが道徳の教科書だ。薄っぺらいにもほどがある
まるで、インチキ臭い洗脳だ
洗脳される子どもがいるかもしれないけど、そういう奴はどうせロクな大人にはならない。
(P22)

なんで道徳を守らなきゃいけないかってことを、教える側がまずよく考えることだ。
道徳とは何か。
人はなぜ道徳を守らなくてはいけないのか。
そんなこともよく考えずに道徳を教えることこそ、不道徳の極みだろう
(P66)

結局のところ、道徳は自分で身に付けるものなのだ(P148 )


ホント、おっしゃるとおり。


古くさい道徳を子どもに押し付けたって、世の中は良くなんかならない。そんなことより、自分の頭で考え、自分の心で判断できる子どもを育てる方が大切だろう
そのためには、まず大人が自分の頭で考えることだ
道徳を他人まかせにしちゃいけない。

それがいいたくて、この本を書いた。
あとは自分で考えてほしい。
(P191、「おわりに」より)



▼こちらもオススメ
中室牧子著 「『学力』の経済学 」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
森信三著 「母親のための人間学」「父親のための人間学」(致知出版社)