景気が悪い時(民主党政権の頃)は、資金繰りが逼迫しているような会社に、自称再生屋とか自称再建屋がわんさかと営業にやってきました。企業再生とか事業再生のプロだとかいって。カネのない会社から莫大なカネを吸い取って息の根を止めて逃げていく。

私はそういう営業を受けている社長さんに「関わらない方がいいですよ」と助言するのですが、関わるんですよねー。藁をも掴むってヤツです。息の根止められてます。再生した会社なんて見たことありません。黒字社長塾に入っていたら黒字になったかもしれないのにね・・・。

今は景気が上向いてきたので、自称再生屋・自称再建屋は減りましたが、最近目立つのは、なんちゃって起業屋となんちゃって上場屋。

とにかく起業を煽り、上場を煽る。起業したばかりで、ビジネスモデルもビジネスプランもふにゃふにゃの会社に「上場」とか「出資」とか「VC」とか「資本政策」とか言ってくる人たちは気を付けた方が良いです。かなり怪しいです。こういうのも「関わらない方がいいですよ」と助言するのですが、関わる人は関わるんですよねー。

起業したばかりであれば1日でも早く売上を上げることを考えるべきだし、上場を考えるのであれば1円でも多くの利益を出すことに知恵を絞るべきなのに、大切な時間とカネを浪費している方が多い。ホンキで成功したいのであればよく分からないハイエナ達には近付かない方が良いです。