相変わらず、会う人、会う人に、「どうやってそんなにブログを書いて、本を書いて、セミナーやって…ってことが出来るのか?」って聞かれる。別に大したことをやっているつもりはないし、誰でもマネできる話だと思っていたのだが、前日、私なんかより全然すごいブログを書いている某ブロガーにちょこっと話したら意外と驚かれたので、彼に話したことと同じことを書いておこうと思う。

最近のブログの「情報源」は、ほとんどが「メール」、「メルマガ」、「(他の方の)ブログ」、「twitter」の4つのみ。そして、執筆やセミナーの情報源は、自分が書いたブログやtweetが元になっていることが多い。

驚かれたのは、その「情報源」が専門書や専門雑誌ではないということではなく、その「情報収集方法」らしい。

まず、メール。毎日いろんな人からいろんなメールが届く。これが貴重な情報源であったりする。メールは、すべてのアカウントをGmailで送受信できるようにしており、閲覧は歩きながらiPhoneで随時行ない、送信は寝る前にまとめて行う。

次にメルマガ。これは100種類くらい購読しているが、すべてYahoo mailに届くようにしている。仕事のメールと分けておかないと、大切なメールを見落とすおそれがあるため、Yahoo mailに集約している。逆にYahoo mailにはメルマガ以外は届かないようにしている。閲覧は歩きながらでも可能。Yahoo mailを使用している意味は特にない。Gmailの方が便利だが、いちいちログアウト・ログインをするのが面倒なだけ。
なお、日経電子版(有料版)の「My日経」の自動記事収集機能はかなり有用。キーワードを登録しておくと、そのキーワードが掲載された日経記事がメールで届く。

3つ目はブログ。これも100種類くらい閲覧しているが、すべてGoogle Readerに登録している。以前はFavirite登録して、いちいち全部を見ていたが、Google Readerのお陰で、数分ですべてのブログをオンタイムで閲覧できる。これも閲覧は歩きながら。

4つ目はTwitter。はじめた頃は「これの何が楽しいんだろ?」と思ったが、今となっては、「もっともタイムリーな情報源」として活用している。ニュースを配信している@nikkei_RSSや、@YahooNewsTopicsなどをフォローするだけでも相当な情報がタイムリーにインプットできる。これも、もちろん閲覧は歩きながら。

このように、情報収集は歩きながらでも可能。デスクの上ではほとんどアウトプット(執筆など)に時間を費やしている。
Chrome を立ち上げたら 「Gmail」、「Yahoo mail」、「Google Reader」、「Twitter」の4つのタブが固定されて開くようにしている。それぞれ、アウトプットに役立つ情報源は、閲覧時に「スター」をつけているため、アウトプットをする時に「スター」だけを見ればOKとなる。

基本的に私が日常的にやっていることはこれだけ。

ちなみに、Livedoor Blog とChromeとの相性が悪いので、Blogを書く時はFireFox を使っている。だから、PCを立ち上げるとChromeとFireFoxの2つを起動し、Chromeを閲覧用、FireFoxをアウトプット用、という使い方になっている。

「Google アラート」や「Google ニュース」も活用しているし、もちろん、情報源として専門書籍・専門雑誌は欠かせないが、これらは上記4つの情報の外堀を埋めるために使ってと言った方がいいかもしれない。新聞は「Twitter」をやってから、斜め読み程度になってしまった。

「なーんや、その程度か…」と思われたでしょうけど、そんな程度です。

ちなみに、私の知的生産にはGoogle社の存在は欠かせず、年間365日Google社のお世話になっているが、よく考えたら未だかつてGoogle社に1円たりともカネを払ったことはないような気がする。


【関連記事】
本の読み方・書き方 FAQ