1日付でJAL(日本航空、9205)の会長に就任した稲盛和夫氏の記者会見。

着任早々の感想として「親方日の丸で大変官僚的な仕事の仕方をしてきたようだ。ビジネスを展開するには損益計算に関心を持つ組織になる必要がある」と述べている(ロイターより)。

数々の稲盛語録がある中で、人生や仕事の結果を「考え方×熱意×能力」(=どんなに熱意や能力があっても、考え方が誤ると、結果はマイナスになるという意味)と一つの方程式で述べたことをとっても尊敬に値するが、JAL着任早々に本質的な問題点を一言で述べるあたり、さすがだなぁと思う。

だが、「官僚的な仕事」をしている会社はJALばかりではないし、「損益計算に関心」を持っていない会社もJALだけではない。かなりの割合で存在するはずだ。特に官僚的な仕事の弊害は大きいと思っている。今回の稲盛氏のコメントは他山の石として受け止めるべきだと思う。


▼おすすめ
アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役
著者:稲盛 和夫
販売元:日本経済新聞社
発売日:2006-09
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

人生の王道  西郷南洲の教えに学ぶ人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ
著者:稲盛 和夫
販売元:日経BP社
発売日:2007-09-20
おすすめ度:5.0
クチコミを見る