私がパートナーを務めている北浜総合会計事務所が拡大してきたため、アシスタント1名の募集をかけたところ、1週間で300人を超える応募があった。「1名も応募がなかったらどうしよ・・・」と思っていたことが杞憂に終わった。
“300倍超”という公認会計士試験や司法試験以上の難関を突破したアシスタント1名の採用者を先日決定したが、最後は相当悩んだ。採用枠を増やそうかと思ったくらいだ。
才能がある人や、職務経歴が素晴らしい人は、たくさんいた。徳が才を上回る人物を採用しようと決めていたが、面接をして人徳があると思った人もたくさんいた。しかし、「大阪北浜」の「税理士事務所」の「会計士・税理士のアシスタント」として生涯打ち込むことが、その方にとって最高の選択肢であり、将来の天職といえるのだろうか、ということを考えると、才や徳だけで採用することは出来なかった。
才も徳も兼ね備えた否の打ち所のない方々を不採用にすることは断腸の思いであったが、その方々にとっても、我々にとっても、起こることは正しいことだと信じようと思う。
10月からの新しいチームでの仕事が楽しみだ!