公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

成長企業の強みの源泉

録画していたTV番組『カンブリア宮殿』を観ました。

ゲストはRIZAP(ライザップグループ株式会社)の瀬戸健社長。まだ30代の社長さんです。

------

RIZAPは以前から注目していた企業の一つで、私の経営者・起業家向けのセミナーでも革新的なイノベーションを起こした企業の事例として取り上げたことがあります。売上高の推移は以下のグラフの通り。創業十年ちょっとで連結売上高1500億円(時価総額は5000億円:現時点)の企業となりましたが、創業当時は「豆乳クッキーダイエット」というクッキーを作っていた会社だということを知らない方は少なくありません。

今ではRIZAPといえばパーソナルトレーニングのジム運営会社と認知されていますが、実はジムの売上高は全体の4分の1以下で、積極的なM&Aを仕掛けて急拡大している会社なのです。

ちなみに、M&Aだけではなく、「ライザップゴルフ」や「ライザップイングリッシュ」などの新規事業も展開しています。


ライザップ業績推移

(RAZAPグループ株式会社 公表データを元に武田作成。 2006年まで単体、2007年から連結、2016年からIFRS(国際会計基準)適用、2018年は見込み。)
------

番組では、『私の履歴書』が書けそうな瀬戸社長の苦難の人生や、成功後も続く倹約生活なども紹介され、その一貫した価値観にフォーカスがあたっていたように思いますが、私はこの会社の強みの源泉はどこにあるのか・・・という点にフォーカスをあてて観ていました。

観ていて感じたのは、「三日坊主市場」を狙うという事業ドメインと、「『人は変われる。』を証明する」という企業理念が寸分たがわずピッタリであることと、両者の間に”三日坊主”を防ぐための「パーソナルトレーナー」という経営資源が存在することが、ライザップの強みの源泉なんだろうなぁと。

立派な経営理念を掲げているだけではなく、それを具現化するために「パーソナルトレーナー」の育成に余念が無いところが競争優位性・差別化要因となっているようにも感じます。

また、この「三日坊主市場」を狙うのであれば、ゴルフやイングリッシュだけでなく、他にも進める分野はあるわけで、まだまだ成長のポテンシャルを秘めているようにも感じました。

------

この番組を観た後に、「アナザースカイ」の録画も観ましたが、やっぱりシンガポールはいいですねぇ。リタイア後の移住先候補のひとつです。


とある経理部長さん

私は日本酒を飲めない体質だと思っていましたが、数年前、飲めることが分かりました。

今では、”LOVE 日本酒”

私を日本酒に狂わせたのは、大阪の某上場企業経理部長さん。

私のセミナーに何度も来てくれました。「あんなセミナーできる人おらん!」、「あれだけのセミナーの裏でどれだけの努力をしとるんや!」と、部下もセミナーに招待してくれ、何度も連絡をくれ、オフィスにも招いてくれました。さらに、自宅が近くということが分かってからは、「町内会」と称して食事に誘ってくれるようになりました。初めて2人で食事に行ったのが自宅の近くの日本酒専門店。経理部長さんを前に、しかも日本酒専門店の席で、「実は日本酒飲めません・・・」なんて言える雰囲気ではなく、ここは腹をくくって、ぶっ倒れてもいいから飲むぞ!! と飲んだ日本酒がメチャクチャ美味く、初めての日本酒にして2人で1升瓶を空けたのです。

それ以降、私はこの店に何度通い、どれだけの日本酒を空けたのか。。

----

昨日、またこの店に経理部長さんと行ってきました。

これまで四半期ごとに開催されていた「町内会」でしたが、今回は1年ぶり。これほど間が空いたのは初めてかもしれません。お忙しくされていたのかと思っていましたが、実は大きな病気をされていたと。そして病気を知った瞬間に退職することを決断したと。

一升瓶を横に、ビックリする告白でした。

「42年勤め上げた会社やから、迷惑だけはかけたくない。次の経理部長に引継ぎを終わらせないと辞められへん」と、退職日に関係なく3月決算はやり切る予定だとおっしゃっていましたが、「3月決算を次の部長と一緒にやれば、もうええやろと思ってる」と引き際も考えておられるようでした。

これまで自分の身体に鞭を打って相当無理をしてきたと思いますので、これからはゆっくりお過ごし頂いてもよろしいのではないかと思います。

振り返れば、この経理部長さんからは、日本酒だけでなく、様々な人生訓を教えて頂いました。最後の最後までコンサル契約を結んでくれなかったのは大阪の会社らしいですが(笑)、息子のような年齢の私の話にも真剣に聞いてくれ、時には厳しいことも言ってくれたり、背中を押してくれたりもしました。感謝の言葉しかありません。

別れ際、「これまで会社のメールアドレスから連絡してましたけど、また個人のメールアドレスをお伝えします。毎年送ってくれてる年賀状も自宅に送ってください。住所も教えますんで。」と言ってくださったのは嬉しかった。これからも末永きお付き合いを頂ければと思っております。


生き方の「型」を先に決めてしまうこと

「あなたの時間は限られています。ですから他の誰かの人生を生きることで、それを無駄にしてはいけません。人の意見の雑音で自分の心の声をかき消されてはいけません。一番重要なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなたの心と直感は、あなたが本当は何になりたいのかを既に知っているのです。」(SteveJobs)


本当は何になりたいのか。
本当は何がしたいのか。
本当は何を手に入れたいのか。
本当はどこにいたいのか。
本当は誰といたいのか。
本当はどう在りたいのか。

経営者になりたいのか、従業員でいたいのか。
会社を大きくしたいのか、一人会社でいたいのか。
24時間戦いたいのか、バランスよく過ごしたいのか。
有名人になりたいのか、自由にいたいのか。

すべて、答えは自分の心の中にあるはず。あったはず。

大人になるにしたがって、人の意見の雑音で自分の心の声をかき消されていく。

「お前には無理だ」とか、
「そんなことやめとけ」とか、
「金持ちにろくなヤツはいない」とか…。

そんな雑音ばかり聞かされると、そうなのかと錯覚し、
いつの間にか現状を正当化していく。

「僕はこういう人間なんだ」と。

そこにいることが居心地よくなって、安全領域に入りこんで、ゆでガエル状態になり、ゆでガエルであることに死ぬまで気が付かない。

そんな生き方を脱する方法はただ一つ。安全領域(コンフォートゾーン)から一気に抜け出すこと。

未来は現在の延長線上にはない。
未来は自分が決めるもの。

そこから逆算して考えれば、ゆでガエルだって大気圏を突破するほど飛び上がることはできる。
劣等感のカタマリだった私がそうできたように。

本当はどうしたいのか?
生き方の「型」を先に決めてしまうことが大切だと思います。


【関連記事】
2017/6/9 長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのか。

『人生は短いのに、読みたい本は多すぎる。』

これは、私がいつも拝読している書評ブログに書かれていた言葉。


そう、読みたい本が多すぎる。


読みたい本が出版されるペースが、読んでいる本のペースの数倍になっています。


ある意味、幸せなことです。


どこかで休暇を取って、暖かいところにいって、まとめて読みたいと思います。


【オススメ本】榎本英剛著『本当の自分を生きる』(春秋社)




私のブログの読者であり、セミナーにも出てくれたことがある経理部勤務の方から、「武田先生にぜひご覧いただきたい本」と薦めてもらった本。

著者はコーチングを日本に紹介した方のようです。

帯には、私の人生を変えた『ユダヤ人大富豪の教え』の著者 本田健さんの推薦文。

数ある本の中からオススメ頂いた本だけあって、非常に良い本でした。

『夜空に浮かぶ無数の星のいくつかを結びつけて星座という意味のあるつながりをつくったのは人間であって、そういう星座がもともとあったわけではありません。(略)同様に、自分の人生に起こる一見無関係な出来事の間に意味のあるつながりを見出し、自分なりのストーリー、しかも自分に力を与えてくれるようなストーリーを編集することは誰がやってもいいことですし、誰にでもできることなのです。』(P95)

ホントその通り。全てを「自分が源」で思考し、無数の星を自分で「意味付け」し、自分の人生を自分で編集すればいいと思います。一度きりの人生、歪んだ解釈を正当化したり、被害者意識をもって生きていくことほどバカバカしいことはない。

「自分は何者か」、あるいは「自分は何のために生きるのか」といった、自分にとって大事だけれどもすぐには答えが出ないような問いを問い続けることこそ、生きることにほかならない。』(P126)

セルフコーチングはとても大切です。それは、「ホントは何がしたいのか」を自分に問い続けること。答えはきっと自分の中にあるはずです。

人生の目的というのは、未来形や過去形で語られるものではなく、(略)現在形で語られるべきものだ』(P139)

これも、とても共感。
未来は今の延長上にあるとは限りません。今、自分が向いている方向が「本当の自分」だと思います。

【オススメ本】橘玲『80's ―ある80年代の物語』(太田出版)





出たら買う。橘玲(たちばな あきら)氏の新刊書。

昨年私が行った橘玲氏のトークライブが「人生5度目の講演」と言ってましたので、ほとんどの方が顔も素性も分からない。謎多きベストセラー作家。

本書は橘玲氏の初の自伝的作品で、「今後も書くつもりはないので、おそらくは最後のものになる」(橘玲氏ブログより)とのこと。橘玲ファンは必読かと。


タイトルの「80’s」は80年代のことで、1982年に橘玲氏が大学を卒業してから、編集者として携わった1995年のオウム真理教事件までの体験が書かれています。学生時代に自分の居場所を見つけて彷徨っている姿などが自分の学生時代と少し被っているところもあり、社会に出てからも自分の居場所が定まらず静かに戦う姿も私の監査法人時代と少し被っているところもありました。作家デビューをされるまでは壮絶な人生を歩まれておられますが、本書を読むと、「だからああいう本が書けるのね」とか、「あの本に書いていたことはそういうことだったのね」ってことがよく分かりました。

『振り返ってみれば、バカな頃がいちばん面白かった。だけどひとはいつまでもバカではいられない』(あとがきより)

そうだよなぁ〜、そうだよなぁ〜と思います。


株式会社Collegia International 顧問就任のお知らせ

2月1日付で株式会社Collegia Internationalの顧問/フェローに就任致しました。

代表の浅野雅文会計士は、あずさ監査法人時代の同期です。13年の時を経て、かつての戦友と再び一緒にタッグを組めることは幸せなことです。

お互いの専門分野を活かし、新たなバリューを生み出していけるチャンスを感じます。

乞うご期待ください。


 株式会社Collegia International の facebookページからも情報発信しています。「いいね!」ください!
https://www.facebook.com/collegiaintl/

【オススメ本】『日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方』(日経BP社)




これまで「日経ビジネス」に何度も日本電産や永守重信氏の記事が取り上げらており、中には何十回と読み返した記事もあります。「これらの記事をまとめて書籍化してくれないかな…」と思っていました(一部の記事はムックになって発売されてます。こちらのムックは超オススメ。)。

この「日経ビジネス」の主席編集委員の田村賢司氏が、永守重信氏への20年余りにわたる取材を元に、永守経営を描いたのがこの本。参考にならないわけがありません。

(上のムックでも紹介されておりますが)私が「日経ビジネス」を読んで衝撃を受けた、驚異のコスト削減術についても、本書で触れられております。「売上高1億円当たり500万円」(人件費等を除く経費比率5%)という枠を設けてコストを削っていくものです。

少し長いですが、抜粋してご紹介しております。

 日本電産サンキョーのある幹部は、日本電産グループ入りした直後、永守が会社(当時・三協精機)を訪問した最初の頃のことをしばしば思い出すという。まだ課長クラスだった幹部のそばに来た永守は突然言い出した。

 「ちょっと、引き出しを開けて見せてくれ。」なんだろうと思いながら、数人がおずおずと開けてみると「やっぱりな」。

 どの引き出しの中にも、ボールペンやホッチキス、文書ファイル、ノートなどが多数入っていた。部署の棚も同様。永守はすぐに指示した。「机や棚にしまい込まれている文房具を1ヶ所に集めろ」。その結果、文書ファイルは3000枚、ボールペンは1000本以上、クリップも1000個以上…と文房具店が開けるほど出てきた。

 それだけではない。文房具などに加え、不要な資料なども捨てるとキャビネットもいらなくなる。もともと空いている机なども取り去り、レイアウト変更をすると事務スペースは約3000屬盧鏝困任た。

 さらに、工場や本社ビル内の蛍光灯も不要なものを外し、文房具類の経費は月18万円が同1万2000円となり、電気代も年間100万年下がったという。これに加え、再建達成までと限定して地域の各種団体への寄付なども抑えていった。

この手法は、日本電産の再建ノウハウの代表的なものの1つで、日本電産セイミツでも行った。同社の場合は社員が200人余りしかいなかったにもかかわらず、ボールペンは数百本、文書ファイルは数千枚、クリップも数百個出てきた。そして、無駄なスペースで使っていたものも含め、蛍光灯は1000本も取り外せたという。

 ここで大事なのは、こうした無駄を削減することだけではない。「利益意識がないことが、どれだけ多くの費用を生んでいるかをみんなに見せること」(永守)である。無駄の見える化だ。

 たとえ業績が悪化した企業でも、ただ口頭で注意されるだけでは、次第に慣れて緊張感も薄れる。しかし、毎日、無駄の山を目にしたり、専務スペースが大幅に空いた中で働いたりすれば、緊張感は途切れない。

 こうして緊張感が高まる中で、永守は仕掛ける。無駄削減や業務効率化のアイデアを当の社員たちに出してもらうのである。

 三協精機ではグループ入りから3か月して、約1200人の社員にアイデアを募ったところ、約4000件も出たという。その中には「トイレでの水の2度流し禁止」「水流し1回ごとに課金する」といったアイデアまで飛び出した。(P62〜)


億稼ぐビジネスプラン 〜続き

先日から続いている「個別コンサル」が昨日、一旦すべて終了しました。5日間かけて、計24名(計24時間)のコンサルを実施しました。

24名分のビジネスモデル・ビジネスプランを拝見すると、私も色々と勉強になりました。

ここでは2つ、私の気付きを書いておきます。

(1)事業ドメインの決定について

孫正義さんは『経営者の最も重要な仕事はドメイン(事業領域)を常に再定義することだ』と述べております(日本経済新聞 2012/12/30朝刊、孫正義氏へのインタビュー記事より)。

事業ドメインは、「進むべき方向」と言い換えても良いと思います。

このドメインの決定にあたり、「ドメイン」=「私がしたいこと」(夢・願望)という方がかなりいました。「ドメイン」=「私ができること」(能力・資源・キャリア等)という方は少数でした。「私がしたいこと」がビジネスになれば幸せですが、「私ができること」(もしくは「私にしかできないこと」)をやる方が儲かるビジネスになると思いますし、ワクワクすると思いますし、顧客からも喜ばれると思いますし、感動を与えることができると思いますし、双方win-winになるのではないかと思います。

「私ができること」を過小評価していたり、棚卸し出来ていない方が少なくありませんでした。「私ができること」なんて何もない!! って方もいましたが、そんなことはないはずです。小さい時に夢中になったこと、ハマったこと、怒られてもやり続けたこと・・・などが誰しもあると思いますが、そういったものが才能の原型ではないかと思います。

(2)ビジネスモデルについて

単一事業から1つのキャッシュポイント(収入源)しか考えられていないビジネスモデルが大半でしたが、複数のキャッシュポイントがあるはずです。例えばですが、セミナー業をやる場合、単発のセミナー収入だけではなく、その二次配信(動画販売、書籍化等を含む)による収入を得ることもできます。セミナー後のフォロー(コンサル等)で収入を得ることもできます。会員制にして定額収入を得ることもできます。BtoB向けのコンテンツをBtoC向けにすることもできるかもしれません。1つの事業から、何パターン、何十パターンもの収入を得ることは可能です。

1つのキャッシュポイントから月額20万円しか得られる見込みがない、これでは生活もできない、といって諦めかけてた方もいました。しかし、1つの事業コンセプトから10パターンの価値(value)の提供方法はあるはずですし、10パターンの顧客の定義もできるはずです。組み合わせると100パターンの価値提供ができます。そうすると月額20万円のビジネスモデルも、月額2000万円(年商2億超)のビジネスモデルに変貌させることができます。

そうやって、ビジネスモデルを考える際には、できるだけ多くのキャッシュポイントを考えてもらえれば、大きなビジネスができるのではないかと思います。


【関連記事】
2018/1/26 絶対儲かるビジネスモデルの作り方

Think big

今日読んでいた本に、
『(ナルシシスティックな人は)自分と自分のものは過大評価する。他のものはすべて過小評価する』(P97)
と書かれていました。

確かにナルシストはそうかもしれません。

だから、
『理性と客観性が損なわれるのは明らかだ』(同)
と。


ただ、先日から続いている「個別コンサル」において、多くの経営者・起業家とお話しして感じるのは、どちらかといえばナルシシスティックな人が多いのに、自分を過小評価し、さらに自分のビジネスモデルはさらに過小評価する人があまりにも多い。

理性と客観性が損なわれたらまともにビジネスはできませんが、もっと大きなことを考えてビジネスモデルを構築したら、もっと面白いことができるし、もっと稼げるのになぁ〜、って思うことがあります。

セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■プロネクサス主催
 (5月24日(木) @東京)
 IFRSセミナー開催予定

■日本経営協会主催
 (7月24日(火)@東京)
 決算早期化セミナー開催予定

■日本経営協会主催
 (8月30日(木)@大阪)
 決算早期化セミナー開催予定


【公認会計士向けセミナー】
■日本公認会計士協会東京会
 (6月頃開催予定)


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ