公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

アグネス・チャン著『スタンフォード大に三人の息子を合格させた 50の教育法』(朝日新聞出版)




先日(11/11)、なんとなくTVを付けたら、日テレの『人生が変わる1分間の深イイ話』という番組がアグネス・チャンに密着していた。

「お〜、アグネス・チャン! 久しぶりやん!」と思って見ていたら、これが、タイトル通りの「深イイ話」な内容で、最後まで見惚れてしまった。番組では、アグネス・チャンの子育て論、教育論を紹介していた。

この番組を見て初めて知ったのだが、アグネス・チャンには3人の息子がおり、3人とも名門スタンフォード大学に合格させている。そして、アグネス・チャン自身もスタンフォード大学教育学部の博士号(Ph.D)を取得している。

(※ ちなみに、世界の大学ランキングでスタンフォード大は4位、東京大学は36位)

-----

番組終了後から、本書『スタンフォード大に三人の息子を合格させた 50の教育法』がamazonのベストセラーランキングTOP100にずっとランクインしていた。番組等で話題になり、突然ランクインした本は、1週間もすればランク外に落ちることが多いと思うが、この本は数週間もの間、TOP100に入っていたのではないだろうか。売れ続ける本は、きっと良い本に違いない。興味が惹かれ、ようやく私も本書を読んでみた。

番組同様、感銘を受けた。自分の子どもが生まれる前に出会っておきたいと思った。

子育て・教育に対する確固たる理念・信念を持ち、決して勉強を押し付けることなく、主体性を発揮できるように注意深く観察し、子ども達に寄り添い、子ども達の存在を絶対的に承認尊重し、子ども達の無限の可能性を信じ、言動を肯定し励まし、自信を持たせ、個性や才能を開花させる

コーチングそのものだと思った。

「お説教」に8時間かけたこともあるというし(P51)、寂しい想いをさせた子どもに会うために3時間走った車をUターンして、再びに会いに戻ったこともあるという(P226)。どんな時も、思いやり・献身・自己犠牲をもって子ども達と接する「無条件の愛」を激しく感じる。これほどの愛をもって人と接する人がいるものかと。

以前、工藤勇一著『学校の「当たり前」をやめた。 』(時事通信社)の書評にて、このようなことを書いた。
「愛情」と「教育」、「躾」と「教育」の境目は難しい。これらを履き違えると、子どもの「自律」を育むことと真逆のことに陥ってしまう。過干渉が教育の目的を骨抜きにする。

私は、子育てや教育の最大の課題は、「愛情」と「教育」の履き違えを大人が気付くことだと思っている。

アグネス・チャンのこの本を読んで、最も共感したのは、(子どもに対してこれほどの愛をもっていながらも)「友達のような親子関係は望みませんでした」「親は親。子は子。」(P54)と、はっきりと境界線を付けている点。親に対する暴言や、人を傷付けるようなことは絶対に許さず、親に対する態度や礼儀には厳しい家庭だったという。

最近は、親を自分と対等の関係であるかのように誤解している子どもがいる一方で、必要なときに、きちんと子どもに注意したりすることのできない親が増えています。
(略)
仲がいいのはいいことですが、子どもに勘違いをさせてはいけません。(P55〜)

-----

苫野一徳の『』という本に、愛は「情念であると同時に理念である」と書かれていたことを思い出した。愛は、湧き上がってくる「情」であるだけでなく、理念的なものであり、意志しうるものなのだ。子どもに限らず、人を愛するということは、恋に落ちたり、あらゆる欲望を充たすことだけではない。意志をもって誰かを愛するという理性の力が必要となる。苫野氏は、「無条件の愛」とは、誰かを愛するのに条件は必要ないという意味ではなく、ひとたび誰かを愛してはじめて、その愛に条件などないと意志しうるものだ、という。

親は子どもに対して「無条件の愛」を注ぐものだと思うが、そこに教育者としての「理性」や「意志」も絶対に必要だと思う。そこがテキトーになっているから、家庭や学校で様々な問題が生じるんじゃないだろうか。

アグネス・チャンの本を読んで感じたのは、(見た目の美しさに反する)自分への厳格さだった。

新刊書『「経理」の本分』が届いた!

経理の本分_表紙


新刊書が出来上がった!
感無量。

中央経済社のS編集長「武田先生にしか書けないことがあるんだよ」「思いの丈を原稿にぶつけてみてよ」と言われたのが、ちょうど2年前。2人で1升呑んだ夜。

これまで書いた14冊の中で、書き上げるのに一番時間がかかったが、やっと納得のいくものを出すことが出来る。S編集長との二人三脚はこれで10冊目。もう感謝しかない。

ベストセラーにならなくていいので、ロングセラーになって欲しい。

12/7発売予定。できればリアル書店でお買い求め下さい。

新刊書『「経理」の本分』 「はしがき」を先行公開

まもなく新刊書『「経理」の本分』が発売になります。

amazonでは7日より発売開始予定。書店では6日に並ぶかもしれません。

出版社から許可を頂きましたので、「はしがき」先行公開致します。

 本書は、上場企業の経理部員をターゲットに書きました。上場企業の経理部に配属された方が最初に手にすべき本が見当たらなかったからです。経理実務について書かれている本は、未上場企業(中小企業)の経理部員をターゲットにかかれています。そこに書かれていることも大切なことばかりですが、上場企業はあらゆる利害関係者が取り巻いているため、上場企業特有の経理・決算・開示の実務が多くあります。本書では、他の経理実務の解説書に書かれていることや、制度会計の説明は省きました。上場企業の経理部員が知っておくべき経理部の本分・存在意義、上場企業特有の業務内容、経理部員としての心得をまとめました。

 私は、監査法人退職後、上場企業の経理部で勤務したことがあります。業務量が多く、大変な部署だと思いましたが、他方で、経理部が発信する情報をもとに各利害関係者が重大な意思決定を行い、それによっては経営者、会社、社会が変わっていくのを見て、「こんなやりがいがあり、素晴らしい部署はない!」と思いました。経理部が進化すれば、あらゆるものが変わるのです。

 1社でも多くの上場企業の経理部を進化させたいと思い、14年前に独立して以来、「経理を変えれば会社は変わる」との理念を掲げています。これまで上場企業100社以上を訪問し、上場企業の経理部で働く方を数千人見てきましたが、私と同じように「経理の仕事ほど面白いものはない」「もっと経理を極めたい」という経理部員は多く、また異動や役員昇進を断り「生涯経理」を宣言している経理部員も結構多いことを知りました。

 人は誰かの役に立っている時や、感謝された時にモチベーションが上がるものです。モチベーションの極めて高い経理部員は、自分のやっている仕事が、経営の役に立ち、経営の一翼を担い、経営の中核を成し、経営者に頼られている、ということを知っています。経営者から「ありがとう」といわれる仕事をしています。経営者のアクセル役にもブレーキ役にもなっています。つまり、経理部が「経営者や事業部門を支援するサービス部門」になっています。私はこのような経理部を「真の経理部」と呼んでいます。経理部の仕事が、仕訳を切り、決算を締め、書類を作成するだけであれば、モチベーションは上がりません。このような単調な仕事を効率的に行っても、経営者から「ありがとう」といわれることはなく、いずれはAIに奪われるはずです。

 上場企業の経理部に配属された方は、まずは、何のために経理部という部署が存在するのかという存在意義や目的を知ってください。そして、日々の業務を通して、経理部を「真の経理部」に進化させ、経営者や会社を突き動かす仕事をして欲しいと思っています。あなたが変われば、すべてが変わります。

 本書がきっかけで、皆様の仕事に対するモチベーションが変わり、「真の経理部」が1社でも多く生まれてきたら、筆者としてこれ以上に嬉しいことはありません。

 なお、本書の刊行は、クライアント各社様との出会い、中央経済社のS編集長(注:書籍では実名)の協力なしにはなし得ませんでした。ここに記して御礼を申し上げます。

2019年8月
公認会計士 武田雄治

サブタイトルにもあるように、部署の存在意義、業務の原則、部員の心得の3つについてまとめました。類書はないはずです。ベストセラーにはならないでしょうけど、ロングセラーになってほしいと思います。

なお、出版記念特別セミナーの申込みも既に多く頂いているようです。ブログ読者の皆様とお会いできることを楽しみにしております。新刊書『「経理」の本分』を当日ご持参頂ける方は、参加費2,200円とさせて頂いてます。「2,200円引きの誤りではないのか?」という問い合わせがあったようですが、いえ、2,200円です。8,800円引きの2,200円です。22,000円ではありません。2,200円です。新刊書を購入して頂いてるのだから無料でも良かったのですが、会場のキャパもありますし、会場代が結構お高いので、少し頂戴致しました。参加費以上の価値はお持ち帰り頂きます。忘年会やら何やらで忙しい時期かと存じますが、ご都合が合う方は是非お越し下さい。お待ちしておりますm(_ _)m


経理の本分

振り返り

北浜


1ヶ月前の10月31日に「第10期の決算日を迎えて」というエントリーをした。独立して15年、マイクロ法人化して10年が経ち、第10期の決算日を迎えた日に、色々と思うことを書き留めた。そして、この日を区切りにして、人生の第2幕、新しいフィクションの始まりにしようと考えた。

あれから早いもので1ヶ月が経った。

この1ヶ月、自分の中で日々意識したことは、生活習慣を劇的に変えることだった。行動を変えなければ、人生は変わらない。行動は習慣化されるまで意識的に変えなければならない。

-----

●変えたことの1つ目として、あらゆることを断ることにした。特に、「やりたくないこと」「感謝されないこと」はキッパリと断ることにした。身近な友が亡くなったり、重い病気になったりしたのを聞くと、自分の人生に明日があるかどうかも分からないと改めて思うようになった。嫌なことや、ストレスを感じることに、1秒たりとも浪費したくない。これまで、そういうことを「仕方ない」と受け入れていた面もあったが、思考停止だったと思う。思考停止の先に真の幸福はない。幸せになることに躊躇せず、幸せを感じることを優先するようにした。

●2つ目は、仕事を減らすことにした。知人の会計士が紹介してくれた『死ぬ瞬間の5つの後悔』という本に、死ぬ瞬間に後悔することの1つとして「働きすぎなければよかった」とあった。これまで働きすぎた。めちゃくちゃ働いたから今の自分がいるわけだが、今までのペースであと10年も20年も走れない。物質的な成功や地位や財産や年収をこれ以上追い求めることに興味が失せた。以前、「アナザースカイ」というTV番組で、石田ゆり子さんが「お金という紙を残すより、お金を使って経験に替えていきたい」という趣旨のことを言っていたのだが、正論だと思う。

●3つ目は、デジタルデトックスをした。意味もなくPC、スマホに向かう時間を減らした。これほどの人生と時間の無駄遣いはないと思う。ネットやLINEの常時接続も止めた。仕事をする時も、原稿を書く時も、PCに向かってから思考することが多かったが、これも止めた(まずノートに向き合い、思考し、アウトプットできる段階になってからPCに向かうようにした)。これだけで、おそらく、月に何十時間という時間が浮いたと思う。デジタルデトックスをしても大して不自由を感じることもない。

●4つ目は、空いた時間を埋めないようにした。これまで、人生のゴール・目的から逆算し、1年後、半年後の目標を描き、寝る前には次の日のTo Doを書き出し、目が覚めてからTo Doをこなす、という生活をしてきた。効率的な時間の使い方だったと思う。けど、旅人会計士の友から再三、「幸福感は退屈の中で生まれるものなのだ」「退屈は慣れる」と言われてきた。実際に彼は、旅先からのLINEで「いま目が覚めたが、今日は特に何も予定がない」といったこと送ってくる。翌日アップされたブログを見ると、1日中読書してたんかいな! ということもある。私はこれまでそういう生活をしたことがなかったが、今月から何日かそういう日を過ごした。これが幸福感といえるのかどうかはまだ分からないが。以前購入したこの雑誌で、ある女優さんが「仕事と家事以外の時間をすべて読書にあてれば、月50〜200冊の読書も、そんな無理なことではない」というようなことを言っていた。最近、その意味が分かってきた。

-----

「退屈に慣れる」というほど退屈はしていないが、そういう時がくるのかもしれない。月50〜200冊くらい本を読めば、何かをアウトプットしたくなるのかもしれない。どうなるかは想定不能だが、何にも抗わず、疑わず、ストレスのない方向に流れていこうと思う。


『大切にしなければならないのは、
 ただ生きることではなく、よく生きることである』

 (『クリトン』より)



(※ 写真は深夜の御堂筋。本文とは関係ない。)

新刊書『「経理」の本分』出版記念特別セミナー/12月23日(月)19時〜in 品川

新刊書『「経理」の本分』の出版を記念し、
一度限りの出版記念特別セミナーを開催いたします。




通常のセミナーとは異なり、トークショー的な感じでやりたいと思いますので、お気軽にお越し下さい。本書を執筆することになったキッカケ、私が監査法人勤務時代・事業会社勤務時代に学んだこと、「経理」の本分を教えてくれた経理担当者との出会い、経理部員のこれからのキャリアデザイン・・・などのお話しもできればと思います。


▼出版記念特別セミナー概要
●セミナー内容:
「経理」の本分
1.経理部の存在意義
2.経理部における主たる業務と原則
3.経理部員の心得
4.質疑応答
5.名刺交換会、サイン会(希望者のみ)

●日時: 2019年12月23日(月) 19:00〜21:00(受付 18:40〜)
●場所:品川
●定員:先着50名
●参加費: 11,000円(税込)
  ※新刊書『「経理」の本分』を当日ご持参頂ける方は、2,200円(税込)
●運営協力:ラウレア

お申し込みは、上のリンク先よりお願い致します。
事前のご質問がある方は、申込フォームの備考欄にご記入下さい。書籍の内容と関係なくても構いませんが、セミナー中に回答できない場合もあります。会場の関係で申込が50名に達した時点で事前予告なく申込を打ち切りますので、その際はご了承下さい。

ブログ読者の皆様とお会いできることを楽しみにしております。

なお、大阪での開催も検討してましたが、東京のみの開催となりました。追加開催はしません。今回限りの開催とさせて頂きます。



経理の本分

新刊書『「経理」の本分』 12/7(土)発売!

「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-07




新刊書 「経理」の本分

amazonに帯の写真が入りました。目次も掲載されています。

発売日が12/7(土)に変更になりました。書店では12/6(金)頃に流通すると思います。
できれば書店でお買い求め下さい。

経理担当者の皆様に読んで頂きたい一冊です。
どうぞよろしくお願い致します!



Twitterでの嬉しすぎる書き込み。

経理の本文

big wave

yaesu


仕事の依頼は、ホームページの「問い合わせフォーム」から頂くことが多いが、どういう訳だか問い合わせが来る時は来るし、来ない時は来ない。波があるが、その波は読めない。この1週間は大波が来た。

問い合わせを頂いた中の一人は、10年前に私の決算早期化セミナーにご来場頂いた方だった。

そして、10年ぶりに訪問した。

「あのセミナー以降、少しずつ効率化を図ってきたが、そろそろホンキで決算早期化をやろうと思って連絡させてもらった」と。

嬉しい限り。

セミナーが終わって直ぐに仕事の依頼が来ることもあるが、多くは何ヶ月か何年か経ってから依頼が来る。10年くらい経ってから依頼が来ることは過去にもあった。人生は何が起こるか想定不能だが、目の前のことをコツコツやっていたら、いつかビッグウェイブがやってくるんじゃないかなと思う。

知らんけど。


(※ 写真は東京駅前 八重洲さくら通り。本文とは関係ない。)

余命1日

clapham


今日は、行きつけのBARの店主と飲みに行った。

もう7〜8年前から通っている店で、店主とも長いお付き合いをしているが、一緒に飲みに行ったのははじめて。

いつもカウンター越しに色んな話はしていたので、お互いのことはよく知っていたが、じっくりと腹を割って話をする機会が持てた。

この店主のBARは開業9年目。私の会社は先日第10期決算を迎えたところ。10年間も同じ仕事に熱中できたことは幸せなことだと思うが、じゃぁ、この先10年間も同じ仕事に熱中できるかというと、お互い「それはない」と一致。

10年前に今の自分が想像できなかったように、今も10年後の自分は想像できない。まったく会計と関係ないことをやっているかもしれないが、考えても仕方ない。病気になった人が「余命○年」と宣告されることがあるが、自分たちはその余命よりも短いかもしれない。だったら、先のことを考えるよりも、いつも「余命1日」と思って、今日1日を全力で楽しむべきだ。人生は楽しんでナンボだ。

今日はそんな話になった。

楽しい1日だった。明日も楽しもう。

頼れるのは適度にゆるく浅い関係だったりする

紅葉


3週間前、親友の結婚式・披露宴に参列・参加した。その披露宴会場での同じテーブルは、懐かしの友達から、ハジメマシテの人まで、新郎を起点とする幼馴染みが集った。その日は顎が外れそうなくらい笑った。学生時代からの友達と会うと、なんでこんなに楽しいんだろうかと思う。最後にはハジメマシテの人ともハグをしていた。

その時、誰かが「近いうちに全員で武田君のウチで集まろう!」って言いだし、テーブルの全員が「このメンバーでもう一度集まろうぜ!」となり、その場で全員が日程を調整し、その日のうちに新郎新婦とも日程を調整し、11/24の再会を決めたのだ。全員が今日の日を待ちに待っていた。LINEグループのやり取りの数がそれを物語る。

そして今日、披露宴会場での同じテーブルの人達と、新郎新婦が、再びウチに集った。新郎新婦はこのためだけに名古屋から新幹線に乗って来てくれた。あの時がハジメマシテだった人もウチに来てくれた(実は、あの時がハジメマシテではなかったことを後日知るのだが…)。

-----

約束をしても守らない人や、ドタキャンする人がいる。先日も、東京で約束があり、新幹線で東京に向かっている道中でドタキャンされたことがあった。私が新大阪から東京に向かっている時間帯であることを知っていながら、その時間にドタキャンをされるとは、ナメられたもんだ。この人物からは過去にもドタキャンをされたことがある。人との約束を守らなくても平気な人がいるもんだ。悲しくなった。レストランやホテルの予約をキャンセルする事でも心が痛む私には、人との約束を守らなくても平然としていられることが到底理解できん。ちなみに、この人物からその後一切連絡がない。

今日ウチに来てくれた友は、何年かに1度くらいしか会わないが、約束をしても守らないことはないだろう。子どもの学校行事があるのに来てくれた人もいた。そして、会った時はめちゃくちゃアツイ話で盛り上がる。人間関係は深ければ良いというもんじゃない。昨日紹介した『ストレスゼロの生き方』という本に、「人生の窮地に陥ったとき、頼れるのは適度にゆるく浅い関係だったりするのだ」(P55)と書かれていたのだが、これは深く共感した。その通りだと思う。

私が窮地に陥ったとき、深い関係にある人は遠ざかっていくかもしれないが、今日ウチに来てくれた友は支えてくれるような気がする。そういう友が数名いたらいい。

-----

今日は雨の予報だったが、雨は降らず、気温も高かった。さすが晴れ男。庭の紅葉も一番良い色に染まっていた。昼間っから飲んで、食って、そして、今日も顎が外れそうなくらい笑った。

幸せなひと時だった。

またこのメンバーで集まりたい。

勤労お疲れさま

紅葉


今日が「勤労感謝の日」だということを先ほど知った。

「勤労感謝の日」は、「新嘗祭」が起源であり、その年の収穫に感謝するという日らしい。

20代・30代の頃は週末もなく、働き続けていたワーカホリックだったが、もうあんな働き方はできない。週末はほぼ自宅にいる。庭に出ることはあっても、外出することはない。というか、外出したくない。これまで色んなものを犠牲にして仕事に打ち込んできたが、自分を犠牲にするよりも、自分が幸せになることの方が人生において大切なことだと思うようになってきた。人生の優先順位が変わってきている。様々なストレスから解放され、自分の幸せを第一優先に生きていこうと、庭を見ながら考えた。


ツイッターのフォロワー88万人というTestosteroneさんの『ストレスゼロの生き方』という本を読んだが、これは良い本だった。色んなものを犠牲にしたり、ストレスを溜めたりしてることが阿呆らしくなってくる。著者のプロフィールを見て、30代前半と知り、驚き桃の木。人生を達観しすぎやろ。






セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■税務研究会主催
 1/28(火) 〜1/29(水)東京
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』



●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ