公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

子育てで大切なことは、できるだけ多くの気づきの場を提供すること




「帯」に衝撃を受けて購入。

ケーキを3等分に切れない少年なんているのか!? と思ったが、そんなもんじゃない。足し算が出来ない、漢字が読めない、簡単な図形が移せない・・・といった少年が大勢いるという(P23〜)。ショックがデカ過ぎる。

著者は、少年院で多くの非行少年と向き合ってきた経験がある児童精神科医。少年院に入るような非行少年を多く支援してきた著者は、現代の「褒める教育」では問題は解決しないという(P28〜、P121〜)。勉強も苦手、運動も苦手、対人関係も苦手、褒められるところはそうそう簡単には見付からない子供を褒めたところで、何かが解決するのか。そのような教育は、「問題の先送り」にしかならないと、バッサリ(P29)。

このような子供がいると、「自尊感情が低い」と言われることがある。最近の流行りのコトバで言えば「自己肯定感が低い」というヤツか。少年鑑別所の調書にもそう書かれているらしい。

しかし、著者は、次のように言っている(P124〜)。
●親や先生から叱られ続けているので、自尊感情が高いはずがない。
●そもそも、自尊感情が低いことが問題なのか?
●我々大人は、自尊感情が高いのか?
●自尊感情が低い大人の方が多いのではないか?
●子供にだけ自尊感情が低いことを問題にするのは矛盾している

ぐうの音も出ない。自己肯定感は無理に上げる必要はなく、低いままでいいありのままの現実の自分を受け入れる強さが必要であり、「もういい加減『自尊感情が……』といった表現から卒業して欲しい」とのリクエストもしている(P126)。

子供達は、学ぶことに飢えているし、認められることに飢えている(P30、おそらく大人も同じだと思うが)。そのため、子供への教育で必要なことは、次の2つ(第7章)。
(1)自己への気づき
(2)自己評価の向上


子供達に「教えるんだ」という視点ではダメで(P156)、子供達に出来るだけ多くの気づきの場を提供し(P153)、適切な自己評価で出来るようにすることが大切。そうすれば自己洞察・自己内省が行えるようになり、理想の自分に近づいていく(P150)。大人が子供に大して、「あなたを見てますよ」とサインを送るだけでも効果があるという(P151)。存在承認がどれほど大切かを痛感する。

本書で特に印象に残っているのが、「子どもの心に扉があるとすれば、その取手は内側にしかついていない」という、ある矯正教育に長年携わっていた方のコトバ(P153)。子供の心を開くには、子供自身がハッとする気づきの体験が最も大切であり、我々大人の役割は、説教や叱責などによって無理やり扉を開けされることではなく、子供自身にできるだけ多くの気づきの場を提供すること

ホントにそのとおりだと思う、扉を外から開けようとする親・教育者が多いように思うが、そういう人にこそ、本書を読んで欲しい、

本書を書店で見た時は、「教科書が読めない子どもたち」系の内容なのかと思ったが、全く違った。おそらく、タイトルは出版社が付けたものだろう。POPなタイトルが付いているが、中身は実に濃い。子供を持つ親、教育者にはオススメ。


【関連記事】
2019/1/19 毒になる親


ぷらっと淡路島

淡路島

昨日原稿を納品し、なんとなく色んなものに区切りを付けようと、ぷらっと淡路島にやってきた。自宅から1時間の楽園。毎年来る場所。

東京などから来られた方に、「兵庫(もしくは神戸)でオススメの場所を教えて欲しい」と聞かれることが多いが、淡路島に行くことを薦めている。レンタカーを借りれば神戸から1時間もかからない。海水浴場あり、温泉あり、年間を通して美味しい魚や野菜や淡路牛が食べられる。観光したければ1日中観光できるし、ぼんやりしたければ1日中ぼんやりできる高級宿がいくらでもある。ツーリングが好きなら淡路島1周だってできる(ちなみに私は自転車で2周したことがあるが、山が多いので自転車だと結構つらい…)。

今回も定宿化している某高級宿でぼんやり。本を読み、酒を飲み、金スマ2時間SPを観て和田アキ子の人生の機微に触れる。人生は思い通りに行かないが、楽しければいいと思う。人生、そんなもんだ。No Fun,No Life。


淡路島

近くの波止場で釣りをしてみたが、こんな小さな魚しか釣れなかったので、食材にはならず全てリリース。近くのスーパーでサザエ等を買ってきてBBQ。手ぶらで行ったわりには、いい感じ。

淡路島



通りすがりの洲本城跡に立ち寄ってみた。姫路城を行った直後に行くところじゃない…。

洲本城跡


いつも賑わっている大浜海水浴場は、天候不順と冷夏のため、無人だった。駐車場のガードマンがぽつんと寂しそうに椅子に座っていた。8月も終わり、夏も終わってしまった感じがする。天候も読めないんだから、自分の人生が読めるわけがない。夢や目標みたいなものは昔から掲げているが、細かい行動計画のようなものは練っていない。分からないものを考えるより、何が起きても受け入れる心構えを持っておく方が良い。あとは、あてもなく川の流れに身を委ねるのみ。逆らわない。抗わない。それでだいたいうまくいく。

秋もそうやって、あてのない旅が始まる。





今日の仕入れ物


増刷御礼

決算早期化の実務マニュアル


新しい本の原稿を納品した日に、前の本の増刷が届く。

ベストセラーになるより、書店の棚に長く残る方が嬉しい。これからもそういう本だけを残していきたい。

スーパー公認会計士

スーパー会計士

今日、某システムベンダーのスーパー営業マンと、前職の同僚と3人との会食だった。解散した30分後に、そのスーパー営業マンのfacebookをみると、上のような投稿があった。「スーパー公認会計士」と称されたのは初めてかもしれん。

出会ってから10年も経つのかと思うと、感慨深いものがある。日本全国を一緒に行脚したこともある。誰と付き合うかは、とても大事なことだと思う。付き合う人によって人生は変る。

-----

昨日も書いたが、昨日原稿を書き上げた。で、今日脱稿した。これまで年2冊位のペースで本を書いてきたが、実はこの2年、上梓していない。今回の原稿を書くのに2年を要してしまった。2年前の2017年11月、私のこれまでの書籍の多くを編集してくれたスーパー編集長と食事をした時に、「先生にしか書けないことがあるんだよ」、「先生の思いの丈をぶつけてみてよ」と言われたのだ。こちらから企画書を持ち込んだのではなく、編集長から提案を受けたのだが、自分の中で燃えたぎるものがあり、1年かけて企画書を作った。時間を書け過ぎだと思うが、作品を作り上げるのに妥協をしたくない。編集長から「GO」をもらってから、また1年近くかけて原稿に向かい合った。ようやく自分で納得できる作品になった。まだ本棚に並ぶかどうか分からないが、もうこのまま隠居してもいいというものを残せたのではないかと思う。

この編集長とも、初めてお会いしてから10年くらい経つのではないかと思う。途轍もなく忙しい方なのに、よくも私みたいな人間に10年も寄り添って頂けたものだと、有り難くも、その感謝の気持ちをどう表現していいか分からない。


今の私があるのは、このスーパー編集長や、スーパー営業マンのような方々のお陰であり、私ひとりのチカラではない。縁尋機妙、多逢聖因。いつまで今の仕事をするか分からんけど、これから10年、20年先まで盃を交わすことができればと切に願う。

日本公認会計士協会 組織内会計士研修会に登壇

組織内会計士研修会


今日は、日本公認会計士協会の研修に登壇させて頂いた。

公認会計士の前で喋るのはイヤなのだが、会計士業界にとって少しでもプラスになるのであればと思い、今回もお引き受けさせて頂いた。300人定員のところ、あっという間に380名の申し込みがあり、早々に申し込みを締め切ったらしい。今回の研修は、「組織内会計士研修会」といって、監査法人ではなく事業会社で勤務する公認会計士を対象としたものであるが、それにも関わらず多くの方にご受講頂き、しかも熱心に聞いて頂き、感謝!!

前で喋っていると一人ひとりの表情がよく見える。熱心に聞いてくれているかどうかもよく分かる。今回は多くの人が頷きながら聞いてくれていたし、セミナー後にも本当に多くのメールを頂いた。こういうのは素直に嬉しい。

研修のテーマは「決算早期化」だったので、それについての知識・知恵・ノウハウは惜しみな開示したつもりだが、それよりも私が伝えたかったことは、(私の経営理念でもある)「経理を変えれば会社は変わる」ということ。経理部は仕訳屋、書類作成屋ではない。経営の中枢部門であり、経営の司令基地であり、経営者や事業部門をサポートするサービス部門にならなければならない。経理部がそういう組織になれば、経営者が変わり、会社が変わると思う。そう考えると、経理ほど面白い仕事はないと思う。公認会計士の資格を持つ会計のプロフェッショナルが、あらゆる場所で活躍し、「真の経理部」を作っていき、会社を変えていくことができれば、公認会計士のバリューも上がると思う。

偶然にも、今日は数ヶ月かけて書いてきた原稿が仕上がった日でもある。執筆の最後の儀式、「まえがき」を書き上げた。ここにも私も今の想いを全て投入した。私の本や研修がきっかけで、経理担当者の仕事に対するモチベーションが変わり、「真の経理部」が1社でも多く生まれてきたら、私としてこれ以上に嬉しいことはない。



組織内会計士研修会

研修後は、若手会計士と交流。
全員が違うビジネスをしているというところが面白い。20年前は考えられないことだ。
いろんなお話しを伺えた。有意義な時間だった。
この中の一人は、(なんと)元阪神タイガースの選手の奥村さん(写真左真ん中)。1997年ドラフト6位。井川の同期。面白すぎる。この業界は面白い。


組織内会計士研修会

生うにのプリン。
市ヶ谷にも美味しい店があるんやね。
ワインも美味かった。


(※ 写真は許可を得て掲載している。念の為。)





有名な公認会計士と食事

松岡由紀子公認会計士


有名な公認会計士は何人かいるが、彼女もその一人だろう。

17歳で妊娠、高校在学中に長男を出産、夫からの度重なるDV・浮気、21歳で離婚、シングルマザー、27歳で公認会計士試験合格、地元奈良から東京に単身で飛び出し監査法人トーマツ入所、31歳で独立、現在34歳、公認会計士、税理士、モデル・・・、ちょっとググればこれだけの情報が入ってくる。

こんな面白いプロフィールの公認会計士は日本中探しても(きっと)いない。

今日、その松岡由紀子さんからお食事の機会を頂いた。以前、会計とは全く関係のない某セミナーを受講した時に、同じ会場に松岡由紀子さんがいたのが最初の出会い。向こうも私のことを知っていたらしく、その後何度か連絡のやり取りさせて頂き、今回初めてお食事をすることに。

私は、セミナーやブログで顔を出すことがあるが、それ以外のメディアなどで顔を出そうとは思わない。TV出演のオファーが時々くるけど全て断ってる。松岡さんは対極的にどんどん露出している。それについて「どう思いますか?」と聞かれたけど、私はもっと露出していいと思っている。会計士業界のためにも…。

私のようなオッサンが表に出るよりも、若い公認会計士(しかも女性会計士)がどんどん表に出て、マルチな活躍をアピールして欲しい。私は公認会計士試験の受験者数を増やさなければ、公認会計士業界全体のバリューが下がると思っている。そのためには、高校生や大学生に「公認会計士ってカッコえー!」と思ってもらわなければならない。日本公認会計士協会も受験者数を増やすために色々な策を練っているが、やってることが小さすぎると思う。PR動画を制作してYouTubeで配信することも良いと思うが、松岡さんのような人がメディアに露出しまくった方が効果があると私は思う。松岡さんには、「大変失礼な言い方に聞こえるかもしれないが…」と前置きをした上で、会計や税務の仕事はそこそそにして、ブランディングにチカラを入れてはどうかと、差し出がましく、厚かましく、お節介なことを伝えたのだが、彼女もまんざらでもないという感じだった。


私もまだまだ若い部類だと思っているが、最近は若い公認会計士と喋る機会が多い。明日も若手会計士と会食がある。若手会計士と喋ると、つくづく優秀でユニークな人が多いなぁ感じるし、いつも何かしらの刺激をもらう。このブログも公認会計士の方が多く読んでると思うが、どんどん表に出て欲しい(特に若い方と女性)。3万人の会計士一人ひとりがその魅力をアピールすれば、受験者数を元に戻すことは可能だと思う。巻いた種は必ず芽を出し、果実は自分に返ってくると思う。


(※ 写真は許可を得て掲載している。念の為。)





【セミナー案内】 名古屋・札幌・福岡で決算早期化セミナーやります!

名古屋・札幌・福岡にて、税務研究会主催 決算早期化セミナーに登壇致します。

『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』
をテーマに、5.5時間 語ります!

決算早期化・効率化・標準化、残業削減(働き方改革対応)、監査効率化・・・といった話もしますが、「真の経理部とは何なのか?」、「経理部をどう進化させるのか?」って話もしていきます。

経理部員の研修の一環としてもご参加頂ければと思います。


▼『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』 開催概要
■開催日/会場
  2019/9/ 4(水) 10:00〜16:30 名古屋
  2019/9/ 9(月) 10:00〜16:30 札幌
  2019/9/19(木) 10:00〜16:30 福岡

■講義内容:
  1.決算早期化を実現している会社の特徴
  2.決算早期化を達成できない原因と解決策
  3.決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方
  4.決算早期化を実現するアウトプット事例
  5.決算早期化を実現する「決算業務のマクドナルド化」

  (※最新情報をご提供するため内容・順序は変更する可能性があります)


▼本セミナーの詳細・お申込みはこちら
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』名古屋
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』札幌
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』福岡



セミナー来場者には拙著『決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉』を進呈
  (セミナーテキストとしても使用します)


私たちの『本能』が世界を正しく見ることを邪魔している




橘玲氏の新刊書『事実 vs 本能 ―目を背けたいファクトにも理由』を、先日紹介した『上級国民/下級国民』を読んだ後にを読んだ。

集英社の雑誌連載を編集したシリーズ4作目。前3作の『不愉快なことには理由がある』『バカが多いのには理由がある』『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』(いずれも集英社文庫)は、どれも複数回読んだ。個人的に、好きなシリーズ。

この4作シリーズで述べられているのは、マスコミの記事等を『本能』(思い込み)によって信じ込むのではなく、『事実』(ファクト)を知ろうぜ、ということか。私たちの『本能』が世界を正しく見ることを邪魔しているから(P253)。

「子供は褒めて伸ばす」のが良いという思い込みがあるが、様々な研究によって、子供をただ褒めるのは意味がないばかりか有害でもあることが分かっている(P110〜)。子育ての責任は母親が負わされている(しかも、強いプレッシャーをもって)という思い込みがあるが、行動遺伝学の知見によれば、子供の人格は遺伝と(子供時代の)友達関係で決まり、親が影響を及ぼせることは僅かしかない(P68〜)。

このような、衝撃的で、ショッキングな『不都合な事実』(ファクト)が、いくつも紹介されている。

いま、私達が正しいと思っていることの多くが、戦後の驚異的な経済成長を果たしてからのたった数十年の価値観を元に判断しているかもしれない。しかし、ヒトの脳は狩猟採集生活をしていた旧石器時代に生き延びるように「設計」されているわけであり、例えば、子供が親の思い通りに勉強しないことも、ゲームに夢中になることも、進化論的にいえば当然なのかも…。



本書で度々紹介されている『FACTFULLNESS』も一度読んでみようと思う。




ぷらっと広島

原爆ドーム

再び、アクセス数が減少する家出ブログ。

昨日から広島に再上陸した。広島城に行こうと思ったが天候と時間の関係で断念。原爆ドームの近くにいたので、「おりづるタワー」に行った。原爆ドームの真横にできた新しい観光名所。広島マツダが取得し、約70億円かけて改装したらしい。1階のお土産屋には何度も行ったことがあるが、今日は最上階の展望デッキに上がってみた。上の写真は、この展望デッキから見た原爆ドーム。この角度から原爆ドームを見れるのはここだけじゃないだろうか。



おりづるタワー

展望デッキはこんな感じ。市内一望。すごいぞMAZDA!

この展望デッキの両サイドには座れる場所がある。多くの観光客がここに腰を掛け、市内を眺めながらぼんやりと過ごしていた。私もここで何十分過ごしただろうか。74年前、この真上をB29エノラ・ゲイが飛んでいるのを多くの市民が目撃していた。しかし警報は発令しなかった。原爆ドームの直ぐ北にあるT字型をした特徴的なカタチの相生橋は、上空からでもその特徴がよく判別できるため原爆の標的に選ばれ、そこを目標に原爆「リトルボーイ」が投下された。その原爆も多くの市民が目撃していたという。原爆は相生橋を少し離れた島病院(現:島内科医院)の真上で爆発した。その光景を見ていた人は何を思ったのだろうか。



爆心地

島内科医院は「おりづるタワー」からも見える場所に現存する。島内科医院の前には、このようなモニュメントが設置されており、多くの観光客がここにやって来ていた。島病院は原爆により跡形もなく大破・炎上し、そこで働いていた者は全員即死したらしいが、しばらくしてこの場で再建されたという。



広島こだに

「おりづるタワー」以外にも街中をぷらぷらとしていたが、ほぼ食べ歩きだった。広島は鰻も有名らしく、現地の名店を紹介してもらった。「柳橋 こだに」という店。ここの鰻はかなり美味かった。


広島

シーズンではないが、広島といえば牡蠣なので、牡蠣も食べた。そして飲んだ。

他にも何軒がハシゴしたが、飲みすぎて写真を撮り忘れたらしい。今宵も気持ちよく酔った。旅は永遠に続く。

ぷらっと心斎橋へ

三浦瑠麗


「会いたい人がいたら、地球上、どこにいても会いに行く。」

昔からそうやってきた。そこになんの躊躇もない。会って何も変わらないかもしれないけど、その1つの行動で人生が劇的に変わるかもしれない。だったら会いに行った方がいいと思う。

以前、三浦瑠麗さんの自伝的エッセイ『孤独の意味も、女であることの味わいも』を読んだ時に、なんとなく、この人に会いたいと思った。そしたら、彼女のinstagramでトーク&サイン会をやると書いていたので、その場でチケットを買った。

今日がトーク&サイン会の日だった。会場の大阪・心斎橋へ行ってきた。

テレビで見たままの人だった。おっとりとした柔らかさの中にブレない強さがある。タレントでもなく、政治家でもなく、政治学者であるから、自らの政治思想には触れなかったが、思想の軸は持っていると感じた。学者か芸人か分からん人が多いが、そういうのと一線を画しているのも共感できる。TV出演の初めのキッカケは、ブログ投稿を見たNHKからの出演オファーだったらしい。


ちゃっかりサインも頂いた。意外と漢字のサインだった。筆ペンで。
一応名刺も渡しておいた。

三浦瑠麗


(※ 撮影の許可を得て撮影した。私は彼女の政治思想には何の関心もない。念の為。)
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード