公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

月に書籍が200万円しか売れない本屋が、月商1000万円である理由

東福寺

ある社長さんと京都で会う予定があったので、その前に東福寺で紅葉を見ようかとInstagramをチェックしたら、上の写真に打ちのめされた。東福寺がドローンで撮影したらしい。参った。この写真で十分堪能した。もう現地に行く気が失せた。


-----

なので、京都の書店巡りをして、社長さんと打ち合わせし、そのまま一緒に食事へ。「炭火とワイン」という素敵な店名のお店。アルバイトと思われるウエイトレスの対応が素晴らしいかった。料理も美味しかった。

一緒に食事をした社長さんから、「中長期的にどうやって売上を伸ばすのか」という悩みの相談を受けた。多くの社長の悩みだ。昨日TVerで観た番組を紹介した。ここに答えがある。


炭とワイン


----

先日、このブログの読者であり、YouTubeをいつも閲覧して頂いている方から、12月4日放送分の「がっちりマンデー」がとても良い内容だと連絡をくれた。六本木で有名な入場料(1650円)を取る書店を特集していた。私もこの書店は何度も行こうとしたが、いつも一杯で入場できず、未だに入店したことがない。


がっちりマンデー

この書店、月に書籍が200万円しか売れないらしいが、月商1000万円もあるという。
書籍売上200万円、入場料200万円以外に、店内で提供している飲食売上が100万円、イベント収入が300万円、コンシェルジュによる選書サービスが200万円あるらしい(選書サービスが200万円の売上ってのはすごい)。

これなのだ。経営って。

ひとつの商品・サービスを提供しているだけではなく、他の何かを組み合わせるつなぐズラすことによって、新たな価値を提供する。ひとつの価値を提供しただけでは200万円の売上にしかならなくても、組み合わせることにより1000万円の売上になる。

世の中を見渡せば、売上を伸ばし続けているビジネスは、ほぼ全てビジネスモデルのPlan Bで成功しているのだ(っていう話は、拙著『「社長」の本分』第2章・第6章を参照されたし)。

今日相談を頂いた社長さんは、単一商品でそこそこの売上高を上げてきたが、Plan Bがない。ターゲットや商品の価値を、他の何かと組み合わせるつなぐズラすことによって売上を2倍・3倍にできないだろうか。

イマジネーションとイノベーションなくして成長なし。
パッションとアクションなくして成功なし。

とりあえず、ドローン飛ばしましょか。

小林さやか『ビリギャルが、またビリになった日』(講談社)




今年一番 赤線を引いた本。

1年で偏差値を40上げて慶應に現役合格したビリギャルが、34歳で米コロンビア大学大学院に留学して、夢に向かって爆進中。

●大切な人からの存在承認
●飛び込む勇気
●圧倒的な行動力
●継続する努力
●自分の意志


がそろえば、人は何にでもなれるし、どんな夢も叶う。

彼女はそれをただやり続けた。
そして、彼女の母と、彼女の師匠 坪田先生は、彼女の存在を承認し続けた。

「ビリギャルは元から地頭が良かったから慶應に行けただけ」「あんたには無理よ」という大人が多いらしいが(P99、P248参照)、それは絶対に違う。子供達の可能性を邪魔すべきではない。大人こそ変わるべきなのだ。

子供の可能性を伸ばすのも、潰すのも、大人達。その大人達を変えるために彼女は大学院に進学し、教育の研究をしている。

本人や子供達の可能性を、大した根拠もなく狭めることで、一体誰が得をするんだろう。たくさん知識を詰め込む教育よりも、子供達を承認することの方が大切なのではないか(P249〜参照)。

若い人に向けて書かれた本だが、「良かれと思って」の自分の価値観を子供達に押し付けている大人達、空気や和を重んじて「正しくある」ことを自分にも他人にも求めている大人達、そして、夢を置き去りにした大人達こそ熟読すべきだ。

「この世に普遍的な『普通』なんて存在しないんだ。(略)自分が、『生きたいように、生きることができているか』以外に、ないのだ。」(P304)

CPAラーニングのオンライン講座『経理実務コース(上級編)』 収録開始!

cpa_learning


遂に、『CPAラーニング』の「経理実務コース(上級編)」の収録開始!

今日1日で4コマ収録した。年内にあと6コマは収録予定。

公開は年明けかな。

気がづけば、会員登録者数10万人突破!
会員登録まだの方は是非!
https://www.cpa-learning.com/

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こうの巻

昨日の日経朝刊に掲載されていたSUNTORYの全面広告。

人生には飲食店がいる
([出処]日経電子版より)

会うしあわせは濃くなった
なんて思うのです。

離れた時間が増えたぶん、
仕草や空気を感じられる時間が
前よりずっと大切に思える。

しょうもない話で笑いあえたり
黙っててもなんだかわかりあえたり、

無駄と言われたら
無駄かもしれないけど
でも必要な時間

そのうれしさを
今は深く味わえる気がする。

世の中が変わっても
私たちには
それでも会いたい人がいる。

今年のうちに会っておきませんか。
お気に入りのあの店で。


気づけば数年会ってない友達とか、
3年ぶんのあれやこれやのお祝いとか、

濃いしあわせを感じられる
あったかい冬がやってきます。

人生には、
飲食店がいる。

朝から感動した。素晴らしいぞSUNTORY。
今年一番の企業広告・企業メッセージだ。


----


今年のうちに会っておきたい人がいた。

その人に会うためには、日本で一番通りたくない通路を通らなければならない。

数年ぶりにその通路を通って、ますます嫌な気分になった。気持ち悪い。


品川駅港南口



----


そして、「連結の女王」こと 飯塚幸子先生のオフィスを訪問。

お元気そうだったが、(相変わらず)忙しそうだった。
朝からお会いしたので飲みには行かなかったが、3年ぶんのあれやこれやを語り合った。やはり、会いたい人には、地球上のどこに居ても、会いに行くべきだ。短い時間だったが、楽しかった。次は飲みに行きましょう。沖縄でもお待ちしてます!


ラウレア

「忙しさ依存」を手放せ、究極の「第2象限」は強みを伸ばすこと /20時間セミナー Day2

限りある時間の使い方


20時間のセミナーの2日目。

今日のセミナーで『限りある時間の使い方』という本を紹介した。amazonベストセラーランキングのTOP100に数ヶ月連続でランクインしている本。

限りある時間をどう使うか。
それは、生産性・効率性を高めることではない。

何を選択し、何に集中し、何をやらないかを決めた方がいい(P43)。
究極の「第2象限」は強みを伸ばすことであり、それ以外の時間は捨てていい。
弱点を克服するほど、残りの人生は長くない。

中学受験、高校受験、大学受験と受験戦争を乗り越えてきた人は、弱点克服こそが戦争に勝つ方法だと刷り込まれているが、社会に出たら強みをひたすら磨き、強みをひたすら伸ばすべきなのだ。ー分の強みであり、楽しいと思うことであり、寝食忘れて打ち込めることであり、い海譴ら10年、20年と続けられることを、ただコツコツと続けること。それ以外に成功する方法は絶対にない。

特に「忙しさ」に依存している人が多いと思うが、「忙しさ依存」という幻想を手放すべきだ。すべてを手放した時、本当に大切なものが見えてくると思う。

「自分らしさ」を取り戻すべきだ。

-----

今日はそんな前置きをして、セミナーの本題に入っていった。

セミナーの内容は省略するが、最後は受講者全員が「ビジネスシナリオ」を描き、全員が自分のビジネスシナリオを3分でプレゼンできるようになった。本セミナーの受講前は「何をしたいのか分からない」、「自分の強みが分からない」と言ってた方も、最後には社会の問題を解決するようなシナリオを描いている。

毎回、人間の潜在能力は捨てたもんじゃないと思う。たった2日で、全員が、自分らしく、かつ、絶対に儲かるビジネスシナリオを描いてくれる。これが創業であり、起業であり、ビジネスであり、仕事であり、人生だと思う。

-----

今日もやりきった。

今回、すべての受講者が武器を手にしたと思う。あとは弾を撃ち続けるのみ。セミナーは終わってからが始まり。1発の弾を撃っただけでは的に当たらなくても、100発撃てば当たる。100分の1の確率で弾が当たるなら、1000発撃てば10発当たる。10000発撃てば100発当たる。しかも、その確率は上がっていくかもしれない。やることが決まったら、準備ばかりせずに、大量行動を起こしながら軌道修正すればいい。

今回のセミナー受講者から、また億を稼ぐ経営者が出て来て欲しいと思う。あのTKGで革命を起こしたシェフのように。

またお目にかかることを楽しみにしております。
感謝!



日比谷ミッドタウン


強みでもなく、楽しみでもなく、幸せでもないことは、ぜんぶ捨てろ /20時間セミナー Day1

SBM

年2回実施している経営者・起業家向けSBMセミナーの日がやってきた。
2days、計20時間のセミナー。
6年目に突入。

再受講して下さる経営者も少なくないので常にバージョンアップしており、テキストは13訂版となった。この日のために、半年間、あらゆる準備をしてきたといっても過言ではない。

多くのビジネスセミナーでは、マーケティング、ブランディング、ターゲティングなどをレクチャーしていると思うが、その前に、ドメイン(自分はどこに向かいたいのか、向かうべきなのか)を知るべきではないだろうか。

多くのビジネスパーソンは、起きている時間の多くを仕事に費やす。「生きていくためにはお金を稼がなければならないから」と、やりたくない仕事をやり続けたり、日雇い労働で食いつないだりしている人も多いと思う。しかし、これから起業しようと思う人や、既に経営をしている経営者が、そんな考えで仕事をしていていいのだろうか。経営というものは、社会課題を解決するものであり、世の中の多くの人の夢を実現し、不を解決・解消するものであり、多くの「ありがとう」を集めて、自分自身が幸せになるものではないのか。

このセミナーでは、ビジネスモデル構築や事業計画策定などもやるが、その前に、自己分析に相当な時間をかけている。/何忘れるほどに打ち込めるものは何か、▲曠鵐箸砲靴燭い隼廚辰討い覆ら、やっていないことは何か、Cにも負けない自分の強みは何か、ごに手にしている自分だけの武器は何か・・・などなど、自分の夢・願望・資源・武器の洗い出しをする。そして、それを地球・社会・大衆・消費者が求めているものに串刺ししていく。そうやって、事業ドメインを見付けていくのだ。社会、買主、売主の3つの団子が1本の串で刺さった時、モノは売れ、事業は成功する。マーケティング、ブランディング、ターゲティングなど考え、ビジネスモデルを構築するのは、その後の話である。


強み

([出処]YouTube「日曜日の初耳学」より)

森岡毅さんが言うように、弱みが強みになった人なんて見たことがない。不得意が得意になって成功した人なんていない。だから、儲かるか儲からないかよりも大切なことは、自分の強み・長所・才能・能力知り、それらを伸ばし続けることだ。「1万時間の法則」というものがあるが、そんじょそこらの天才に共通することは、自分の強みを伸ばすことに1万時間を超えるたゆまぬ努力を続けた人なのだ。イチローも大谷翔平も浅田真央も羽生善治も、誰も寄せ付けない才能を持った人は、1万時間を超える努力を継続してきた人なのだ。だから、努力を努力とも思わないほどに好きなことに打ち込め! 弱点補強なんてしなくていいから強みを徹底して伸ばせ! 10年、20年、50年とやり続けられることだけをやり続けろ! 自分の得意な所で弾を撃ち続ければ、10年後、20年後に天才になるに違いないし、それが結果として富をもたらし、億万長者になれるに違いない(それ以外の方法で億万長者になれる方法があれば教えてくれ!)。強みでもなく、楽しみでもなく、幸せでもないことは、ぜんぶ捨てればいい。そんなことに打ち込んでるほど、人生は長くないよ。

今日は、そんな話をしながら、「パーソナルシナリオMAP」と「ビジネスモデルMAP」(各MAPのテンプレートは拙著『社長の本分』参照)を描いていった。

今日1日で多くのアウェアネスやインスピレーションが得られたと思う。すべての受講者が、今日、誰にも負けない武器を手にしたと思う。あとは弾を撃ち続けるのみ。




ペニンシュラ

セミナー会場の近くのペニンシュラ東京の前に飾られたクリスマスツリー。
体力を出し切った身体が癒やされる。

今日も楽しい1日だった。明日も受講生と一緒に楽しもう。

ぷらっと広島 〜ようやく授業開始、みっちゃん総本店

hiroshima

先週の水道トラブルは補修され、1週間遅れで大学授業が開始した。
やっとこの日が来た。
やっと教室で授業ができ、学生達とも対面できた。

今期から「クオータ制」になり、全15回の授業は、1日2コマを8週間で実施する。しかし、既に2講が休講(というか休校)となったため、残り7週間しかない。来年2月3日までの短い期間であるが、学生達に(知識ではなく)インスピレーションを与えられたらと思う。

今日の2コマのうち、前半1コマはインストラクション。大学なので、期末テストもやらねばならないし、レポート(宿題)も課さねばならないので、一応それらもやるけれど、知識の有無を確かめるようなことはしない旨、知識の有無で評価しない旨は強調した。自分の意見を述べて欲しいし、私は君たちの意見が聞きたいのだと。

授業態度も評価するが、出席は取らない。授業中に積極的に発言・ディスカッション・プレゼンテーションした人は高く評価する旨も強調した。

後半2コマ目から、本題に入り、上場企業のディスクロージャー制度や、近年の非財務情報開示への潮流などを説明し、それについて思ったことなどを発言してもらった。初日ということで、まだ下を向いている学生も少なくなかったが、約50名のクラスの3分の1くらいの学生が何らかの発言をしてくれた。いい感じ。徐々に学生達も心を開いてくれるだろう。対話の場になればいいと思うし、そこから色んなアウェアネスやインスピレーションを得てほしい。


------

3時間の授業はあっという間に終わった。
明日の朝から東京でセミナーがあるので、広島駅に直行し、お好み焼き「みっちゃん総本店」で早めの夕食を取った。超有名店なのでアンチも多いが、数ある競合の中でも、やっぱり美味しいと思う。


みっちゃん


授業の後のビールは美味いぜ!

昼間っから飲んで、いざ東京へ。

週末は20時間(2days✕10時間)のセミナーだ!

No Music, No Life !!

12月1日。

毎年この日に、音楽配信サービス「Spotify」が1年の音楽再生時間などを教えてくれる。

spotify1


2022年、このアプリの起動時間は94.319分(1日平均4時間18分)だった。

2021年は113,719分(1日平均5時間19分)
2020年は132,403分(1日平均6時間3分)
2019年は103,763分(1日平均4時間44分)
だった。

だいぶ減ったなぁ。
それでも日本のリスナーの上位1%に入っているらしい。



spotify2

今年最も聴いた曲は、 Andrew Rayel (アンドリュー・レイエル) の "How do I Know" という曲だった。5番目に聞いた ”Miracles"と共に、こんな美しい音、美しいメロディを織り交ぜたダンスミュージックをよく作れるなぁと感心させられる。毎日しびれてる。



spotify3

今年最も聴いたアーティストは、Gareth Emery(ギャレス・エメリー)だった。Gareth Emeryを聴いているリスナーの上位0.001%に入っているらしい。光栄ですわ。

この人の作った音楽もホントに美しい。毎日何度も何度も何度も何度も脳みそに擦り込むように聴いている。今年3番目に聴いたGareth Emeryの”Elise (Anki Remix)"は、おそらく毎日365日、大音量で聴いている。どういう才能がこういうメロディと音を作るのだろ。この曲の2分あたりから最後にかけて、いつも泣いてる。






今年も、Progressive house、EDM、tranceと共に。
今宵も、ダンスと共に。

spotify4



世界には素晴らしいダンスミュージックが多い。
音楽は地球を救う。
No Music, No Life !!
No Fun, No Life !!

nofunnolife

私のプレイリストを公開しておくので、興味ある方はSpotifyに取り込んで、良いイヤホンを付けて、音量を上げて、テンションを上げて聴いて頂ければと。現時点で23時間分のダンスミュージックを収録してますが、随時更新(追加)しております。
Enjoy the dance music life!!

▼私が毎日聴いてるプレイリスト
EDM By 武田雄治

今年2社目のエンジェル投資、週刊ダイヤモンド掲載

今日、株式会社Besoにエンジェル投資をした。今年2社目のベンチャー投資。

すごいタイミングで、『週刊ダイヤモンド』(2022/12/3号)の「会計士・税理士・社労士」特集において、同社が開発したクラウド型ツール『ZoooU』(ゾー)が本誌見開き1ページで紹介されている。

ZoooU


税理士事務所をターゲットに、税理士事務所の業務効率化を支援するというツール。税理士事務所の業務の煩雑さ、属人化、人手不足等の課題を解決し、スケジュール管理・タスク管理・進捗管理、顧問先との情報共有などができるツール。11月に正式リリースしたばかり。

会計事務所の所長さん、興味あれば、以下のYouTubeをご覧下さい(100秒だけお付き合い下さい。)。



資料請求はこちら→ https://www.zooou.jp/document-request
無料トライアル申込みはこちら→ https://www.zooou.jp/free-trial



IPOを狙っているということなので、カネを出すだけでなく、色々とサポートできればと思う。若い経営陣と一緒に楽しんでいこうと思う。

今年最後の決算早期化セミナー

takeda


今日は、日本経営協会様主催の決算早期化セミナー。

Zoomを使ったオンライン限定セミナーなので、自宅から配信させて頂いた。自宅のテーブルの前で10時〜17時まで座りっぱなし。セミナー終了時点で、スマホアプリの万歩計は「90歩」。おいおい。

ただ、日本経営協会様とプロネクサス様は、これまで10年、年2回の頻度で決算早期化セミナーを開催してくれ、毎回多くの方が受講して頂けることは感謝しかない。今日のセミナーが終わった後も、日本経営協会の担当者から「来年度もお願い致します」と言って頂けたが、当たり前のことだとは思わない。心の底から感謝している。

ただ、そろそろ対面にならんかなぁ。日本経営協会様はオンライン、プロネクサス様はオンデマンドでの配信で、どちらも受講者の顔が見えない。反応も分からない。笑いも起らない。対話もできない。一方的に喋っているだけ。孤独の闘い。これは正直つらいし、面白くないのだ。まぁ、オンラインやオンデマンドの方が集客できるし、売上は何倍にもなるし、オペレーションも楽チンだと思うから、主催者としてはこれを止める理由はないのだろうけど、講師としてはつらい。対面開催を、緊張感をもって、慎重に、検討を、加速して欲しい。

今回のセミナーをもって、今年の上場企業向けのセミナー登壇は終了。
受講して頂いた皆様、感謝申し上げます。
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ