公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

フェラーリとお別れ

フェラーリ

2年8ヶ月乗ったフェラーリと今日でお別れ。

この自宅とも来週でお別れ。

過去への執着こそ手放したい。
新しい人生を楽しみ尽くすために!


フェラーリ

フェラーリは、中学生の頃からの憧れのクルマだった。「いつかはフェラーリ」と思いながら、クルマの雑誌を見ては妄想を広げていく日々が続いた。2013年10月、ビジネスパートナーの吉岡会計士とシンガポールに行った時に、ハイアットの入口に停まっていたフェラーリF430チャレンジを見て、「願望」が「決断」に変わり、「行動」を誓った。「決断」と「行動」で人生は変わる。自分との約束を果たすために、仕事のやり方を変えた。年収は数倍になったと思う。2015年にアストンマーティンを購入、2017年にポルシェを購入した。「次はフェラーリ」と思ったが、夢を叶えることに多少の躊躇はあった。

2018年5月、再びシンガポールに行った。フラトンホテルに泊まっていたのだが、今度はホテルの入口にフェラーリ カリフォルニアTが停まっていた。その隣にはアストンマーティン ヴァンキッシュが停まっていた。両車に見惚れたが、私が手に入れるべきはフェラーリだと思った。

その場でフェラーリ カリフォルニアTをオーダーし、翌月納車された。中学生からの夢が叶った。

納車された日のノートには、「一期は夢よ、ただ狂え」という団鬼六のコトバが書かれていたのには笑える。人生は一期の夢に過ぎない。後戻りできないんだから、狂ったように好きなことに打ち込めばいい。ちなみに、団鬼六は母校関学出身。


フェラーリ

フェラーリ、アストン、ポルシェ以外にも色んなクルマに乗ってきたが、走ることの面白さではフェラーリだと思う。見た目の美しさではアストンを超えるクルマは世界中を探してもないと思う。街乗り使用なら断然にポルシェ。いずれも個人的主観だが。

フェラーリに乗っていると、「故障しないのか?」と何十人に聞かれたか分からない。電気系の故障が多いとか、雨の日に乗れないとか、いまでもそんなことを思っている人が多いのかもしれないが、さすがに今どきそんなクルマを売るはずがない。故障なんて一度もない。峠道を攻めてもとにかくキレイに走ってくれる。非の打ち所がない完璧なクルマだった。


フェラーリ

次はランボルギーニでも買うのか? と聞かれることもあるが、残念ながら、当面クルマは買わないと思う。違う夢に投資し、新しい人生を味わい尽くしたい。

ただ、私の人生の1ページに、長年の夢を叶え、フェラーリオーナーとして過ごした日々を記録できたことは誇りに思う。夢は叶えるものだ。

恐れずに、自分の心の声に忠実に、一歩踏み出したところから、人生は開かれる。


IKEA

IKEA


人生二度目のIKEAへ。

最初にIKEAに行ったのは、神戸ポートピアランドにIKEAが出来た直後のこと。ググると2008年だった。ということは約12年ぶりということになる。もうそんなに経つのか。

12年前のことは記憶にないが、こんなに大きくて、こんなに人が多いとは思わんかった。コロナ以降、これほど人が多い場所に行ったのも初めてかもしれん。まるでテーマパークだな。3時間以上歩いたが、インテリアを見るのは好きなので飽きなかった。家具よりも収納用具の充実ぶりに惹かれた。色々とイメージが湧いた。


-----

それに引き換え、三宮の人の少なさたるや。
(写真は20時時点)

神戸三宮


来るたびに心配になるが、三宮駅高架下にスタバが出来るのは嬉しい限り。

神戸三宮


オンラインセミナー & YouTube Live

経理サミット


今日は、「楽楽精算」のラクス社が主催するイベント『経理プラスサミット』において『【決算早期化・効率化】を実現する経理・決算の実務』というテーマで、3時間ほど講演させて頂いた。

土曜日だというのに200名近い方にご受講頂いた。無料の講演で3時間も喋ったことは初めてだが、休日開催のセミナーで200名も参加されたのも初めてだと思う。多くの方の前で私の想いを伝える機会を頂いたラクス社のスタッフの皆様には感謝しかない。

私のセミナーを10年前から何度も聴いてくれている某上場企業経理部の方が、今回もまた受講してくれていたみたい。Twitterで、「私にとっては繰り返し読んでしまう古典みたいなもの。ただ、聞くたびに、新しいことで重要なことをさらっと言うのでメモ必須」というようなことを呟いてくれていた。最高の褒め言葉。冥利に尽きる。

-----

講演の後はたいていクタクタになるのだが、そのままYouTube Liveを行った。今回はトークが白熱した気がする。近況報告から、人間関係、コーチング、日本国憲法、学生時代の友達の話まで、多岐に渡って盛り上がった。楽しかった。

アーカイブはこちら



次回のYouTune Liveは、3月26日()20:00〜 開催予定です。
次回は金曜日に開催します。





▼YouTube Liveで触れた本




憲法とは何か (岩波新書)
長谷部 恭男
岩波書店
2006-04-20



戦争と法
恭男, 長谷部
文藝春秋
2020-07-30



Collegia International主催『内部統制対応効率化の秘訣セミナー』終了!

内部統制道場

本日、私が顧問をしておりますコンサルティングファーム Collegia International主催の
『内部統制対応効率化の秘訣セミナー』
をオンラインで開催しました。

同社初のオンラインセミナーでしたが、トラブルもなく終えることが出来て、ホッとしています。

内部統制道場


約160名もの方にご視聴頂き、嬉しい限りです。

セミナー後には、「打ち上げ」として、流行りの「Clubhouse」で受講者の方との交流も出来ました。夜遅くまでお付き合い頂いた皆様、ありがとうございました!

-----

少しの間、アーカイブを残しておきます。閲覧はこちら

「チャンネル登録」もお願いします!

旅と読書

昨夜、極寒の西宮に戻った。

沖縄で5日間一緒だった旅友Tさんは、その後、那覇市内のホテルを3連泊するという。「本州が極寒になるというニュースを見て、帰る気が失せた」と。自由人…。

那覇で何をするのかと聞くと、「なんもせーへんでぇ」という返事。彼の言う「何もしない」は、「ひたすら本を読む」という意味に置き換えられるはず。旅先で微動だにせず何時間も本を読む姿をこれまで何度も見てきた。

私にとって旅とは(以前も書いたが)未知の世界に足を踏み入れたいという欲求を充たすものなので、旅先で忙しいことが多い。じっとしていられない。今回もkindleを持って行ったが、数ページしか読んでいない。

旅先に書籍を10冊くらい持っていって、ぼーっと読書を楽しむという人もいるようだが、私はきっと出来ない。私にとって読書とは、旅に行けない時に楽しむものなんだろう。

旅もいろいろだね。

-----

帰宅すると、狂ったように本が読みたくなる。

色々読んだ中で、古市憲寿さんの『絶対に挫折しない日本史』 が突き抜けて面白かった。この方、テレビでよく見るぼんやりしたコメンテーター? くらいにしか存じ上げていなかったが、もしかして天才なのか? 本業は社会学者らしいが、歴史学者が書いたそんじょそこらの本より面白かった。こんな本を小中学生の頃に出会っていたら・・・と、タラレバを言いたくなるような良い本だ。紙で買い直して、再読したい。






藤川球児著『火の玉ストレート』
JFK時代の藤川球児の大活躍は言わずもがなだが、その後の大リーグ時代はパッとしない成績しか残せなかった。大リーグの野球の壁にブチ当たったのかと思ったら、人種偏見という理不尽な壁だったのか…。切ない。


火の玉ストレート プロフェッショナルの覚悟
藤川球児
日本実業出版社
2021-01-16




斉藤章佳著『セックス依存症』
人は誰しも承認欲求を抱えて生きているが、その承認欲求の満たし方がねじれることが依存症の根本的な問題だと。「困った人」というのは「困っている人」。口で「助けて」と言えない代わりに、異常行動が起こる。各種の依存症もその一種。

セックス依存症 (幻冬舎新書)
斉藤章佳
幻冬舎
2020-11-25




松沢呉一著『マゾヒストたち』
依存症を飛び超えた「マゾヒスト」とはどんな人なのかという興味本位で読んだが、私には理解できない世界だった。変態、倒錯というコトバでは片付けられない多様な世界観があるもんだ。SもMも、LもGも、色んな人がいるが、人の価値観を全て理解することなんてできっこない。それはそれでいいと思う。自分が大切にすべき価値観を大切にしていけばいいと思う。





佐々涼子著『エンド・オブ・ライフ』
全国の書店員が選んだ「Yahoo!ニュース|本屋大賞 2020年ノンフィクション本大賞」受賞作。命の閉じ方はどうあるべきなのか。死を受容するとか、死を覚悟するとか、死の準備をするとか、予後を気にするとか、病気と闘うとか、根治を願うとか・・・いろんな生き方があるが、それらを拒否して「生きたいように生きる」という人の話がある。「僕の『人生』を生きたいんです」というコトバが読後も記憶に残る。私もそういう生き方をしたい。







-----

次回のYouTube Liveは、

2月20日()20:00〜21:00の予定です。

今回のテーマは、【武田雄治の明るい人生相談 人間関係編】

視聴者の皆様からの「人間関係」に関するご質問等にお答えしていきます。事前質問もお待ちしております。質問ある方は、コメント欄か、武田公認会計士事務所ホームページ記載の問い合わせ用メールアドレス宛に、ご連絡くださいませ。

youtube live

ぷらっと会計士 沖縄 Day6 最終日(那覇)

シェラトン沖縄

昨日も少し書いたが、私の新しいオフィスは(オフィス街ではなく)住宅地の中にある。

この北中城村(きたなかぐすくそん)という住宅地の小高い丘の上に「コスタビスタ」という巨大なホテルがある。初めて北中城村に来た時は、「なんでこんなところに巨大ホテル?」という違和感しかなかったが、この辺りには広大な米軍基地があり、かつては、この丘の上は高級住宅とホテルが建ち並ぶ人気エリアだったらしい(今でもその面影はある)。

この巨大ホテルは、元々は1972年に竣工したヒルトンで(1985年からシェラトンが運営)、当時の沖縄県におけるNo.1のホテルだったとか。当時はホテル内にディスコもあったらしい。いつもアメリカ人で賑わっていたのだろう。

 ※ 上の写真は、当時のシェラトンホテル(写真はネットから拝借した)。

しかし、北中城村の米軍基地は段階的に返還されることになった。1992年にシェラトンが閉鎖し、その後放置されていたのを沖縄の会社が買収し、大規模全面改修され、2005年に今の「コスタビスタ」になった。

前置きが長くなったが、昨夜はこの「コスタビスタ」に泊まった。「なんでこんなところに巨大ホテル?」という謎を解くためにググっていたら、元ヒルトンだとか、元シェラトンだとか、色んな情報が分かったので、備忘録として書いただけ。ブログはこうやって綴られる。

米軍キャンプが移転するということは地元経済に大きなインパクトがあるに違いない。もし沖縄から米軍キャンプが完全になくなったらどうなるんだろうか。


-----

沖縄そば_やまや


今日はチェックアウトして、那覇でレンタカーを返却し、昼飲みできる店を探したが、良い店が見付からなかった。落ち着いて読書ができそうなカフェもないので、沖縄そばで〆めて、空港のラウンジでぼんやり過ごすことにした。

沖縄以外では食べないが、沖縄に来ると必ず食べる沖縄そば。前回のように沖縄そば屋をハシゴすることはなかったが、今回も(「朝すば」を含め)3回食べた。

-----

ラウンジでPCを開けると、大原簿記専門学校の受験生から「公認会計士試験に合格しました」との報告のメールが届いていた。昨日が合格発表で、私が大原簿記で喋った時の受験生も、何人か合格していた。

私が公認会計士試験に合格したのは20年も前のことだが、あの時のことは今でも度々思い出す。運良く合格ラインを超え、人生が変わったが、今でも受験勉強に追われている夢を度々見る。たいてい圧倒的な敗北を喫する夢を見る。20年も経ったのだから、もうこの手の悪夢から解放されたいのだが、なぜか絶望的な夢を繰り返し見る。私の人生において、公認会計士試験の受験勉強というのは、それほどにキツイ出来事だったのかもしれない。

監査法人に入所し、配属先が決まった日、同じグループのパートナーから、「お前ら、合格したからって浮かれてんじゃねーぞ! お前らはピラミッドの底辺なんだから、謙虚さを忘れんじぇねーぞ!」と言われたことも、今でも思い出す。謙虚さを忘れると信頼を失う。信頼を失うと全てを失う。そのことを理解したのは、合格してから何年も経ってからだ。

メールをくれた律儀な合格者諸氏には、「謙虚さを失わず、全力で上を目指してください」と返事を送っておいた。プロの世界は若手が活躍してくれないと面白くないから、全力で頑張って欲しいと切に願う。


ということで、6日間の沖縄ワーケーション終了。
また来月。

ぷらっと会計士 沖縄 Day5(北谷 → 武田会計 Newオフィス)

北谷_GORDIES

ホテルで朝食を食べた後、チェックアウトして、北谷(ちゃたん)の有名なハンバーガーショップでランチ。食べなくても生きていける体ではあるが、旅先ではよくこんなに食べれるものだと我ながら驚く。1000kcalはありそう。美味しかったのでペロンと食べた。

旅友Tさんは、この後もしばらく沖縄に残るらしいが、ここでお別れした。5日間も付き合ってくれてありがとう。次はどこの旅先で会おうか。


-----

武田会計

私は、沖縄で借りたシェアオフィスへ移動した。オフィスといっても、住宅地の中の平屋を改装した一軒家。都会の高層ビル内で仕事するよりも、こういう場所の方が肌に合う。


武田会計

ポストも用意してくれていた。たぶん納付書しか届かないだろうけど。

自宅も沖縄に引っ越すのか? と聞かれることが多いが、沖縄には住まない。田舎といえる場所もないし、親も元気そうなので、世界中のどこに住んでもいいのだが、そうであれば最も活気を感じる場所を選ぶ。

ちょうど1年前の今日、バンコクに下見に行ったのだが、今般の状況を鑑みて海外移住は当面お預け。国内を転々としようかと。


-----

武田会計

以前、このブログでも紹介したクラウドファンディングは、210名の方から、2,177,000円の支援を頂いた。このクラウドファンディングを企画したのが、このオフィスの管理人でもある千夏さん。私が高校生の時のサンディエゴ語学研修に引率してくれた方でもあり、そこから30年の付き合いになる。

(アカデミックの世界ではなく)民間の教育機関に長年携わり、教育を変えて子供達を変えていきたいという千夏さんの想いに私も大共感している。「子供の3人に1人が貧困」という沖縄問題を、教育を通して変えていきたいとの趣旨で、昨年クラファンを募った。このブログの読者の方からも多くの方がご支援頂き、千夏さんもとても感謝されている。

この2,177,000円のうちの一部で、無農薬野菜を作る畑をオフィスの敷地内に作った。農家さんにも協力を頂き、畑の場所を作り、土を入れ替え、苗を植え、野菜を植え、ということを子供達に経験してもらった。


武田会計

↑ 島とうがらし

↓ ナス
武田会計

野菜作り以外にも色んな「課外授業」をやっている。それが直接的に沖縄の貧困解消に繋がらないかもしれないが、様々な経験・体験を通して自立していくことが大切なんだろうと思う。小さなことからコツコツと。沖縄の小さな平屋から、シリコンバレーに飛び立つような子が育つと信じて。


-----

北谷

夜は、千夏さんとワインを飲みに再び北谷へ。
今日もかなり飲んだな…。

店員が西宮市の人だった。しかも私の実家の徒歩圏内。北谷でそんな人に出会うとは。
記念撮影をして、店が閉まる20時に退散した。
早くフツーに時間を気にせずに飲めるようになって欲しい。





ぷらっと会計士 沖縄 Day4(恩納村)

恩納村

今日は終日、恩納村でぼんやりと過ごした。


恩納村

朝の散歩。
水がキレイ。


恩納村_パンケーキ

3時のおやつに、ホテルの近くのカフェで、今日もパンケーキ。

空いた時間に、仕事して、読書して、マッサージに行って、オリオンビールを飲んで、人生を振り返って、考え事して、空想して、妄想して、一切なりゆきで過ごす。最近、忙しい旅行が多かったので、たまにはぼんやりした旅もいい。こういうぼんやりの時間と、圧倒的な行動をする時間、相反する時間が人生には必要で、それらの時間の組み合わせによって人生が編まれていくのだと思う。


-----

次回のYouTube Liveは、

2月20日()20:00〜21:00の予定です。

今回のテーマは、【武田雄治の明るい人生相談 人間関係編】

視聴者の皆様からの「人間関係」に関するご質問等にお答えしていきます。事前質問もお待ちしております。質問ある方は、コメント欄か、武田公認会計士事務所ホームページ記載の問い合わせ用メールアドレス宛に、ご連絡くださいませ。

youtube live

ぷらっと会計士 沖縄 Day3(古宇利島→本部→恩納村へ)

沖縄_本部_ハコニワ

古宇利島のホテルをチェックアウトして、本部(もとぶ)にあるカフェへ。森の中の築50年以上の古民家を改装したカフェ。


沖縄_本部_ハコニワ

ここで早めのランチを食べる。
ケーキ、珈琲付きで1200円也。美味しかった。


沖縄_本部_ハコニワ


食後、恩納村へ向かう途中でハレクラニに寄り道。
3時のおやつ。
ランチよりもガッツリ食べた。
ビーフバーガー、パンケーキ、スムージー。

沖縄_ハレクラニ



今日は恩納村のホテルに泊まる。
バルコニーからの眺めが最高。

沖縄_恩納村



サンセット。

沖縄_恩納村



恩納村の飲食店も8割位は休業していた。
開いてる店に入り、泡盛飲み比べ。

沖縄_恩納村


Tシャツ屋さんで購入。
Day off - Just go with the flow のコトバが気に入った。

沖縄土産


人生は川の流れのように。
抗わず、一切なりゆきで、流れていけばいい。
それが自分の行くべき場所。

Just go with the flow.

ぷらっと会計士 沖縄 Day2(那覇→古宇利島へ)

沖縄_朝すば

昨夜は那覇に泊まった。
朝起きたら、旅友Tさんが、コンビニで「朝すば」を買ってきてくれた。沖縄のファミマでしか売っていない124円(税込)の最強の朝御飯。お湯をそそぐだけ。10秒で完成する沖縄そば。具材はネギと紅しょうがのみ。美味しかった。ちょっと幸せな朝だった。

ちなみに、「すば」とは、沖縄の方言で「そば」のこと。


-----

今日もオフィスに寄らず、川の流れに身を委ねて過ごすことにした。

古宇利島に新しく出来たホテルを予約したので、レンタカー北上することに。


↓ 古宇利大橋。
離島へ架けられた一般道路橋(無料道路)の長さで日本一。
先日行った山口県の角島大橋が2位らしい。
古宇利島_古宇利大橋


↓ ホテルのバルコニーからの眺め。
「大切な人とのアニバーサリーを」というコンセプトのホテルに、おっさん2人でバレンタインを過ごすことに。まぁ、ええやん。
古宇利島_古宇利大橋



↓ テキトーに入ったお店のランチ。
魚介のブイヤベース。残ったスープでリゾットを作ってくれた。最高。
古宇利島_L LOTA



↓ 古宇利島のパワスポ
古宇利大橋_ハートロック



↓ ハートの形をしたハートロック。
ちょっとムリがあると思うよ。
古宇利大橋_ハートロック


↓ 夕食は今帰仁村の有名店へ。
蛇口から泡盛。飲み放題600円也。
今帰仁村_北山食堂



↓ 旅友Tさんと。
今帰仁村_北山食堂




ぼんやりの時間は貴い。


ぼんやりの時間 (岩波新書)
辰濃 和男
岩波書店
2015-11-19

武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ