公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

【オススメ本】エーリッヒ・フロム著『悪について』 (ちくま学芸文庫)

悪について (ちくま学芸文庫)
エーリッヒ フロム
筑摩書房
2018-01-11



ペラペラと本書をめくると、「肛門性格」「ナルシシズム」「近親相姦的共生」といった言葉が飛び込んでくる。

「何、この本・・・!?」

と一瞬思いましたが、読むうちにグイグイ引きずり込まれました。
打ちのめされました。

ちなみに、18禁の本ではありませんでした(笑)。
人間の本質に迫る本です。

すごいです。超オススメ本です。

著者は『自由からの逃走』や『愛するということ』などの名著でも有名な精神分析学者・社会心理学者であるエーリッヒ・フロム(1900〜1980)。本書もフロムの代表作で、50年程前に日本で翻訳されたようですが、この度新たに翻訳され、ちくま学芸文庫から発売されることになりました。

原題は "The Heart of Man: Its Genius for Good and Evil"(人間の心 ―善と悪の才)。

タイトルもすごいですが、人間の善(前進・成長)や悪(退行・衰退)についての考察がすごい。そして深い。

人間が衰退に向かう3つの「性向」が、(上で述べた)「肛門性格」(ネクロファリア、人間の破壊能力)、「ナルシシズム」「近親相姦的共生」(母への固着)。これら3つの性向が組み合わされると「衰退のシンドローム」が生じ、人を破壊のための破壊へ、憎悪のための憎悪へとかりたてることになるといいます(P20参照)。戦争、暴力、人種差別、憎しみ、破壊的指導者なども「衰退のシンドローム」。フロムは、ナチスから逃れるためアメリカに亡命したユダヤ人であり、所々ヒトラーについての言及があります。

この人間の「衰退のシンドローム」の話が第5章まで続きます。詳細は省きます。

そして、最終章(第6章)で人間の本質にも迫ります。生きるとは何か、自由とは何か、善とは何かに迫ります。この章は集中して必死に読むべし。

ほとんどの人が人生で失敗するのは、まだ理性に従った行動をする自由があると気づかなかいから、そしてその選択に気づくときは、決意するには遅すぎるからだ。
(略)
私たちの選択能力は、生活をおくるなかで絶えず変化する。誤った選択を長く続けると、私たちの心は硬化する。正しい選択をすることが多ければ、心は柔軟になる――いや、おそらく生き生きとする。(P188)

つまり、人生で失敗するのは「二者択一から選ぶ余地があるとき、それに気付かない」(P193)という人だと。戦争も暴力も、客観性・合理的判断の欠如だと。

人類が自らを破壊するのは、人間の心が本質的に邪悪だからではない。現実的な選択肢とその結果に気づく能力がないからだ。
(略)
責めるべきは問題を直視する勇気の欠如と、それを理解しようとする理性の欠如なのである。(P198〜)


「あ〜、分かる、分かる!」と赤ペンのラインを引きながら何度も読み返しました。

悪とは、理性を失うこと。自分を失うこと。
自由とは、正しい選択をし行動すること。

ちなみに最終章のタイトルは、『自由、決定論、二者択一論』。
はじめは「なんのこっちゃ」でしたが、読み終わったら納得。

これからも何度も読み返すことになりそうです。
人間として成熟し、人類として成長したいと考える方にオススメ致します。



会社を維持・存続させるということ

幸福書房


今朝の日経新聞『春秋』より。

本を売りたい人がいて、そこに本を愛する客がいる。でも、それだけでは商売が成り立たない。ビジネスで大切なことを教えてくれるコラムです。

本屋さんの店舗数は右肩下がりに減っていますが、それは(上のコラムにあるような)活字離れだけが原因なのでしょうか。この数十年で、街の本屋さんだけではなく、街の駄菓子屋さん、街の電気屋さん、街の薬屋さん・・・といった「街の〇〇屋」が姿を消しました。代わりに売上を伸ばしたのは、大手の書店、大手のコンビニ、大手の家電量販店、大手のドラッグストア・・・といった「大型チェーン」。時代の変化の先頭をいくものが生き残り、置いていかれたものが衰退するというのは進化論さながら。「進化」とは、「不」を解消するために大陸移動するようなもので、必然的に小売業は経営統合して巨大化していきます。「小」が「大」を飲み込むことは難しく、個性的な本屋さんも淘汰されていく。こういう本屋さんが消えていくのは残念極まりないことですが、進化論的にみても「仕方ない」としか言いようがない。

でも、私はこういう本屋さんにも通います。そして、こういう本屋へ行くと必ず1冊は何かを買うようにしています。本屋さんへのリスペクトの意味も込めて。いずれ淘汰されると分かっているけれど。。。

【オススメ本】恩田 陸著『夜のピクニック』 (新潮文庫)




佐藤優氏が「恩田陸『夜のピクニック』は文学史に名を残す名作だ」というので、読んでみました。

恩田陸さんの本は初めて読みましたが、ボキャブラリーの乏しい私には「すごい」というコトバしか出てきません。

----

本書『夜のピクニック』は、ある高校が舞台。全校生徒が80キロを歩くという年に一度のイベント。朝8時にスタートし翌朝8時まで歩くという歩行祭は高校在学中の最も大きなイベントであるだけはない。一生記憶に残るイベントとなるはずだ。

スタートした直後はたわいものない話で盛り上がる。共学の高校生ということもあり恋愛ネタが尽きない。しかし、初日の夕暮れ時に最初の疲れのピークになり、しだいに無口になっていく。無口になっていくということは、言い換えれば考えごとが増えていくということだ。

そんな思考と会話がつなぎ合わせて、本書のストーリーが出来上がっていくのであるが、ページをめくる手が止まらなくなるような驚きの展開であった。

----

これ以上書くとネタバレになるので控えますが、読後感は何ともいえない幸福感に充たされました。

『夜のピクニック』は、私にとっても一生記憶に残るイベントになったかもしれません。

名作です。超オススメ。


雑誌に掲載されました

東洋経済


今日発売の「週刊東洋経済」に私のコメントが掲載されてました。

大したコメントしてませんが。。。

千里の道も一歩から

この記事、とてもいい!

[東洋経済] 大江千里、47歳で始めた僕の「ライフ・シフト」 ―米国での活動から小室さんの引退までを語る


人生って、時々休んで思い切り羽を伸ばせて、話を聞いてくれる最高な仲間が1人でもいたら、十分なんとかやっていける。たくさんの人に囲まれていなくても、高級車で移動しなくてもいい。電車で移動したほうがむしろ、そこでどんな出会いがあるか、何が始まるかわかりません。』
これは、私も歳を重ねるごとに思う。社会人前半戦は、寝食忘れて働き、たくさんの人を接し、バブリーダンスな生き方で良いと思いますが、社会人後半戦になると、180度違った生き方をした方が良いと思います。いま思えば、後半戦をそうやって生きるための前半戦だったように思います。

(47歳で米国に渡った時)もう戻らないと決めて出ましたが、万が一戻らざるをえないこともあるかもしれない。その時に席がなかったら、それは仕方がない。その時はその時で「次のドア」を開けていこうと、おぼろげながらも覚悟をしました。』
大江千里さんの渡米は47歳だったのですね。私は50歳でコンサル業からはリタイアするつもりです。それよりも前に引き合いが無くなったら辞めると思います。上の記事に小室哲哉氏の話が出てますが、私は疲弊する前に辞めたい。一軍現役でフルスタメンできなくなったときが引き際かなと考えています。

大江千里氏は私と同じ関西学院大学の出身で、大学生の頃からある種の憧れで、CDは殆ど持っていました。『GLORY DAYS』や『WE ARE TRAVELLIN' BAND』など、今でも「良い曲やなぁ〜」と思います。47歳でキャリアをリセットして、ニューヨークのジャズクラブで演奏しているなんて、痺れますね。今でも憧れです。

【セミナー案内】プロネクサス主催 『決算早期化(30日開示)を達成する決算実務』17回目の開催!/3月15日(木)東京

プロネクサス様主催で開催してきました「決算早期化を達成する決算実務」セミナーが、毎回大好評につき16回目のアンコール開催(17回目の開催)を行うことになりました


決算早期化・効率化、残業削減、監査効率化・・・といった話もしますが、「真の経理部とは何なのか?」、「経理部ほど楽しい仕事はない!」って話をしていきます。


経理部員の研修の一環としてもご参加頂ければと思います。


▼決算早期化(30日開示)を達成する決算実務(第17回)開催概要
■開催日:2018年3月15日(木)13:30〜17:30
■会場:東京(プロネクサス社セミナールーム)
■ 講師:    
   武田 雄治:公認会計士/武田公認会計士事務所 代表
■講義内容:
(1) 決算早期化を実現した会社がやっていること
(2) 決算早期化を実現する『経理の仕組み』の作り方
(3) 決算早期化を実現するアウトプット資料の作り方、財務分析の方法
(4) 決算早期化を達成できない原因と解決策(単体、連結、開示)
(5) 会計監査の受け方、監査工数を削減する方法
(6) 決算属人化を排除して、「マクドナルド化」を実現する人材育成方法
(7) 決算早期化の成功事例の紹介、他社の経理部の最新動向
  ※講義内容は変更する場合があります
■受講対象者:財務・会計部門の担当役員、管理者、実務担当者


▼本セミナーの詳細・お申込みはこちら
決算早期化(30日開示)を達成する決算実務 第17回





セミナー来場者には拙著『決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉』 を進呈
  (セミナーテキストとしても使用します)


【セミナーのご案内】 名古屋でも決算早期化セミナーを行います!

OBC決算早期化セミナー名古屋


久しぶりに名古屋で決算早期化セミナーをやります。

■開催日時:
  名古屋:2018年3月16日(金) 13:10〜16:30
■内容:
  第1部:『経理の仕組みで実現する決算早期化の実務』(武田)
  第2部:『サイバーエージェント様の決算早期化を支える会計基盤事例』
  第3部:『在外子会社の「見える化」を実現!クラウド型会計パッケージ「multibook」のご紹介』

第2部は、圧倒的な決算早期化を実現しているサイバーエージェント様の決算早期化を支えるグループ会計基盤とその仕組みのお話しです。
第3部は、私も初めて聞きますので楽しみです。

▼お申し込み、詳細はこちら
経理/財務/経営企画部門責任者様必見!経理の仕組みで実現する決算早期化の実務

増刷決定!

増刷

初版から6年経っても増刷されるとは。

長〜く売れ続けるというのは非常に嬉しいことです。

この書籍を使ったセミナーが来週20日(火)に開催されます。是非お越し下さい。
詳しくはこちら







学生さんと面接

私が役員をしております経理代行・記帳代行業のバックオフィスサービス株式会社は順調に案件が増えており、今後も増加が見込まれますので、この度、はじめて学生アルバイト(プチインターン)を募集しました。

すると、(通常のアルバイト募集はとても苦戦したのに)応募が一気にきまして、先週から学生さんとの面接が続きました(といっても1人10〜20分程度です)。

低時給にもかかわらず、「経理の実務を勉強したい」という学生さんが多いことに驚くと共に、嬉しく思いました。「雑務でもいいから何でもやって経験を積みたい」といってくれる学生さんもいました。素晴らしい志ですね。

屈託のない学生さんを見て「かわいいなぁ〜」と思ったのですが、それってオッサンですね。。。

社内がさらに活気あふれそうで、これからが楽しみです。

成長企業の強みの源泉

録画していたTV番組『カンブリア宮殿』を観ました。

ゲストはRIZAP(ライザップグループ株式会社)の瀬戸健社長。まだ30代の社長さんです。

------

RIZAPは以前から注目していた企業の一つで、私の経営者・起業家向けのセミナーでも革新的なイノベーションを起こした企業の事例として取り上げたことがあります。売上高の推移は以下のグラフの通り。創業十年ちょっとで連結売上高1500億円(時価総額は5000億円:現時点)の企業となりましたが、創業当時は「豆乳クッキーダイエット」というクッキーを作っていた会社だということを知らない方は少なくありません。

今ではRIZAPといえばパーソナルトレーニングのジム運営会社と認知されていますが、実はジムの売上高は全体の4分の1以下で、積極的なM&Aを仕掛けて急拡大している会社なのです。

ちなみに、M&Aだけではなく、「ライザップゴルフ」や「ライザップイングリッシュ」などの新規事業も展開しています。


ライザップ業績推移

(RAZAPグループ株式会社 公表データを元に武田作成。 2006年まで単体、2007年から連結、2016年からIFRS(国際会計基準)適用、2018年は見込み。)
------

番組では、『私の履歴書』が書けそうな瀬戸社長の苦難の人生や、成功後も続く倹約生活なども紹介され、その一貫した価値観にフォーカスがあたっていたように思いますが、私はこの会社の強みの源泉はどこにあるのか・・・という点にフォーカスをあてて観ていました。

観ていて感じたのは、「三日坊主市場」を狙うという事業ドメインと、「『人は変われる。』を証明する」という企業理念が寸分たがわずピッタリであることと、両者の間に”三日坊主”を防ぐための「パーソナルトレーナー」という経営資源が存在することが、ライザップの強みの源泉なんだろうなぁと。

立派な経営理念を掲げているだけではなく、それを具現化するために「パーソナルトレーナー」の育成に余念が無いところが競争優位性・差別化要因となっているようにも感じます。

また、この「三日坊主市場」を狙うのであれば、ゴルフやイングリッシュだけでなく、他にも進める分野はあるわけで、まだまだ成長のポテンシャルを秘めているようにも感じました。

------

この番組を観た後に、「アナザースカイ」の録画も観ましたが、やっぱりシンガポールはいいですねぇ。リタイア後の移住先候補のひとつです。


セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■プロネクサス主催
 (5月24日(木) @東京)
 IFRSセミナー開催予定

■日本経営協会主催
 (7月24日(火)@東京)
 決算早期化セミナー開催予定

■日本経営協会主催
 (8月30日(木)@大阪)
 決算早期化セミナー開催予定


【公認会計士向けセミナー】
■日本公認会計士協会東京会
 (6月頃開催予定)


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ