公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

学ぶよろこび

学ぶよろこび―創造と発見―
梅原 猛
朝日出版社
2011-03-12



自宅を引っ越しする前、引っ越しした後に、何人かの友が自宅に遊びに来てくれた。あらゆるモノを捨て、残ったのは5つの本棚(と、そこに収納される分の本)。その本棚を見た友から「哲学書ばっかりやな!」と言われた。言われるまで自分でも気づかなかったが、「もう読まない」と思う本を捨てていったら、残ったのが哲学・思想に関する本や、古典ばかりになった。やはり、数百年、数千年と読まれている本は、私も読み返したくなる。

残念なのは、良書が必ずしも売れる(増刷される)とは限らないことだ。初版で消えていく本も多い。電子書籍化されないことも多い。そういう本も捨てずに本棚に残している。

-----

その中の一冊、哲学者 梅原猛(1925-2019)の『学ぶよろこび』を読み返した(この本も絶版になった模様。残念)。

梅原猛といえば、若い頃(30代くらい?)から、鈴木大拙、柳宗悦、和辻哲郎、丸山眞男といった名だたる思想家・学者を片っ端から批判しまくったことが海外のメディアにも取り上げられ、国際的にも名が知られるようになったことでも有名。

古典を読んだ時に、何の疑いも持たず、それを礼賛するような態度を、梅原猛は猛烈に批判している。

本書に、哲学とは「巨大な仮説」を提供することと述べられている(P56)。この世に決まった哲学というものがあるわけではなく、「哲学する態度」があるだけである(P162)。それは、自分の頭で思索し、自分の哲学を完成させるという闘いであり、過去の思想をなぞることではなく新たな理論(原理原則)を構築することである。これは、エマニュエル・トッドが、思考とは、その「真理を求めるという戦い」と述べていたことに通ずる。

学問を芸術を並べて論じて、「過去のことに執着するようでは、駄目なんですよ」(P56)と述べている箇所が、本書で一番印象に残っている。

残りの人生、自分の哲学を完成させるという闘いに挑みたい。
楽しみながら。



なお、本書を読むまで、「山川草木悉皆成仏」が梅原猛の造語とは知らなかった。コトバが出ないほどの驚きだった。

新居から

そろそろ通常の生活へ。

12日ぶりにジムへ行き、行きつけのスタバで本を読んで、セミナーのテキストを制作した。じっくり本を読み、じっくりPCに向かったのも久しぶり。

「新居から『終わりの会』を早く!」という声もあったので、ようやく撮ってみた。
まだ本棚の整理が出来ていないので、グチャグチャだけど。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
自宅引っ越し


-----

引越前に収録した「書籍紹介シリーズ」も編集が完了してアップしました。
平松ゼミ&KPMGの後輩、吉田さんの書籍、超オススメです。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
武田雄治の書籍紹介010_s



-----

 次回のYouTune Liveは、3月26日)20:00〜 開催予定です。

次回は金曜日の開催です。

テーマは『本屋さんの魅力』に決定しました。

本が好きな方からのリクエストにより。

本屋さんといえば京都ですよね〜。そんな話になるのかしら。

ご質問等お待ちしております!


20210326_live_s

ぷらっと京都

いっしょう_京都


このブログにちょくちょく登場する友が数名いるが、そのうちの一人にサンディエゴの高校に短期留学していた時の同級生がいる。

彼女とは、最近毎月のように会っているが、2人で飲みに行ったことはない。

なのに今日、彼女の弟と飲みに行ってきた。

弟は10歳くらい年下だけど、私とは違う多彩な経験をしてきた人なので、とても楽しかった。


-----

思えば、私が20代や30代の頃、年上の人とサシ飲みすることも多かった。40代・50代の会計士の先輩・上司だけでなく、60代・70代の経営者などとサシ飲みすることもあった。85歳の某社会長に北新地を連れ回されたこともあった。その頃は、人生の先輩から吸収できることが多すぎた。食や酒以外の何かに飢えていたのだと思う。

だが、自分が40代になると、逆に若い人と飲む機会が増えた。ビジネス上の付き合いでなく、プライベートでも。若い人から得られる知識や情報の方が有益であることの方が多い。未知を思い知らされる。

ビジネスでも人生でも、イノベーションは若い人が起こすものだと思う。自分の半生を振り返っても、20代・30代が色んなもののピークだったのではないかと思う。あとは惰性。

後生畏るべし、老兵去るのみ、とつくづく思う。

20代・30代の人は、「自分らしさ」が発揮できる環境・組織・国を選択して欲しい。
老兵から逃げていい。
未来は君らの手の中にある。

遅れてきた雛まつり

引っ越ししてから、あっという間に4日が経った。

ブログやYouTubeの更新を楽しみにしてるという声があったが、バタバタしすぎて更新できなかった。引っ越しには慣れてるつもりだったが、普段使わない筋肉や脳ミソや時間を使うので、疲労と睡魔が激しかった。

そろそろ通常モードに戻していこうと思う。これまでとは異なる出版やセミナーを考えている。


-----


売買契約書


今日は自宅の売買契約の日だった。遂に自宅も手放すことになった。

買主さんと二度目の対面だが、もう何度も会っているような気がするのはなぜだろうか。「武田さんの人柄に惚れて購入を決めた」と言ってくれた。私も、この買主さんに買って欲しいと思ってた。

奥様も「引っ越しをワクワクしている」と言ってくれた。奥様も喜んで頂けているのは、とても嬉しい。

古い家だが、それなりの想いと時間とお金をかけてバリューアップしてきた愛する家なので、引き続き、同じ想いを込めて使って欲しいなぁ〜と思う。

各部屋から眺められる四季折々の景色も楽しんで欲しいし、薪割りやBBQなども楽しん欲しいし、自宅や庭のバリューアップも楽しんで欲しい。大阪市内から数十分、軽井沢みたいな場所だけど雪はほとんど積もらない。家の周辺には森林公園もあれば、植物園もあれば、登山道もある。日本三名泉もある。こんな環境は余りないと思う。家の外も満喫して欲しいなぁ〜と思う。


-----


onigiri


売契後、秘書の旦那さんが経営している居酒屋へ行った。秘書も女将として手伝っている。私の秘書業務がヒマすぎるので・・・。

米が食べたくなったら、女将がおにぎりを握ってくれる(メニューにはないけど)。

今日のテーマは「遅れてきた雛まつり」・・・らしい。

ほっこりするわ。


-----

次回のYouTune Liveは、3月26日)20:00〜 開催予定です。

次回は金曜日の開催です。

テーマは未だ決めてません。リクエストがあれば連絡下さい。



Finally !!

引っ越し


令和3年3月3日。

ついに、というか、やっと、というか
引っ越しの日がやってきた。


引っ越し


色んな人から、夢のマイホームを手放すことに対して「寂しくないのか?」「未練はないのか?」とか言われるが、それは全くない。自分でも感情を司る神経の一部が欠けているのかと思う時がある。


引っ越し


確かに、大きな庭のある豪邸に住むことや、フェラーリに乗ることは、長年の夢だった。手に入れるまでは圧倒的な行動力で駆け抜けたし、契約した時の興奮は今でも思い出す。

しかし、手に入れると、夢は既に「過去」のものになる。そこに執着はない。いずれ手放さなければ新しいものは掴めないので、寂しさも未練もない。

それより「未来」を変えていきたい。次の新たな夢に向かって。



引っ越し


あらゆるものを手放しているのには理由がある。

先日のYouTubeでも述べたが、いま、時代の節目を感じている。人新世の時代、風の時代がやってきて、資本主義が終焉をむかえたような気がする。脱成長、脱炭素、サスティナブル、スローダウン、シェア、共存といったコトバがキーワードになっているが、このタイミングでコロナが来て、ライフスタイルも働き方も変化したことが必然に思えてならない。これまでの歴史が(ざっくりと)古代、中世、近代と大きく区分されてきたが、もう近代が終わり、その先に突入したんではないだろうかと思うこともある。

将来のことは予測不能だが、大きな境目にいるような気がするので、所有しているものを一旦手放して、投資しているものを一旦換金して、カネも環境も仕事も人間関係もポートフォリオを変えた。

しばらく状況を見極めながら、身軽に生きていく。
しゃがみ込んでおいて、チャンスが来たら一気に飛び上がり、再び大気圏を突き抜ける。


-----

秘書夫婦は、今日も引越先まで手伝いに来てくれた。

3日連続でどこまでも働いてくれた。

お陰で、初日からダンボールがほぼ消え、フツーに住める状態になった。感情を司る神経の一部が欠けているが、この2人には最大の感謝を伝えたい。ホンマありがとう。

これからも一緒に、夢に生きよう!


引っ越し

ラストデイ

引越


2021 ひっこし

今日も秘書夫婦が手伝いをしに来てくれ、箱詰めと掃除が終わった。

感謝しかない。



引越


神降臨

引っ越し

さて、そろそろ引っ越しの準備をしないといけないのだが、この数週間の断捨離・掃除に疲れ果ててしまった。どれだけ長時間仕事をしても、どれだけヘビーな筋トレをしても、こんなに疲労が溜まることはない、というくらいに疲労が溜まってきた。

そしたら、秘書夫婦が仕事を3日も休んで、引っ越しの手伝いに来てくれた。
神様、仏様、稲尾様。


引っ越し

一気に箱詰めと、掃除をしてくれた。あらゆるものが加速した。
ここに引っ越ししてきてから磨いたことがないようなところまで磨き上げてくれた。
「楽しい」「楽しい」と言いながら(笑)

何事も楽しまないとね。
元気をもらった。

次住まれる方に気持ちよく入居して欲しいので、明日も磨き上げる。
最後まで「そ・わ・か」の実践。



引っ越し

3時のおやつにARROW TREEの あまおうタルト。
一切れ1000円を超えるケーキをはじめて食べたが、これはめちゃくちゃ美味い。日村さんなら跳び上がるんだろうなぁ。感受性と表現力が豊かな人に憧れる。
元気をもらった。

さて、あと少し楽しむか。

運を引き寄せる

庭師


フェラーリが売れた5日後に、自宅も売れた。

しかも、引っ越しの1週間前にEXIT。

計画通り。

出来得る限りの運を引き寄せた。

-----

以前、スピリチュアルに詳しい友達から小林正観著『「そ・わ・か」の法則』という本を頂いた。「そ・わ・か」とは、掃除笑い感謝のこと。

この3つの行為を続けている人間を、神様は応援するという内容。

つまり、運を引き寄せるには、「そ・わ・か」を実践すれば良い

その友は、公衆便所で用を足しても、素手で便器に手を突っ込んでトイレ掃除をする。徹底して「そ・わ・か」を習慣にしている。

-----

「そ・わ・か」を実践すればフェラーリも自宅も売れるのではないか、との助言をもらってから、とにかく感謝しながらフェラーリも自宅も磨き上げていた。

クルマのちょっとした傷も修理に出した。自宅の気になる箇所もすべてリフォーム会社に修理を依頼した。外壁や玄関からのアプローチ部分などは高圧洗浄機をピカピカにした。下水の配管まで磨いた。石垣に隙間が出来たところはモルタルで埋めていった。今日は、庭師さんに来てもらって、庭に落ち葉ひとつ落ちてないくらいキレイにしてもらった(上の写真は、今朝、庭師さんが来てくれた時に撮ったもの)。売ると決めてるクルマや自宅を、ここまで磨き上げる人はおらんやろ。

とにかく、この素晴らしい家に出会えたことに感謝し、こんな山の上まで内覧しに来てくれる方々に感謝し、次この家に住まれる方に喜んでもらえるように感謝しながら細部まで磨き上げた。大袈裟に言っているのではない。感謝の気持ちを口に出しながら、掃除をし続けた。

夜、庭師さんが作業を終えた後に、不動産屋から電話があった。

「売れました」と。

ほれ。引き寄せた。

買って欲しいと思った方が買ってくれたことが嬉しい。


「そ・わ・か」の法則
小林 正観
サンマーク出版
2013-07-19

引っ越し前に、友来る

友達


ブログを書くのは「深夜の遊び」だと以前も書いたことがある。忙しく、慌ただしく、テンションが高いまま布団に入っても熟睡できないので、寝る前の何時間かは自室でぼーっとする。本を読んだり、ネットを見たり、モレスキンと向き合って1日を振り返ったり、ブログを書いたりしながら、脳と体を休ませ、クールダウンしていく。そういう習慣が十数年続いている。

でも、眠い時は寝る。「翌日に繰り越してもいいことは今日やらない」ということも習慣になっているので、モレスキンやブログが滞ることもあるが、それはそれでいい。川の流れに身を委ねて流れ落ちて行けばいいと思っている。

ということで、しばらく眠い日が続き、ブログの更新が滞った。心配して生存確認をしてくれる友がいるのは有り難い。YouTubeは更新したが、相変わらずブログの方が閲覧者が多い。

----

いまの自宅で過ごす最後の週末になった。

今日は、高校からの大親友ら3家族が遊びに来てくれ、みんなで鍋をつついた。旧友といると無になれる。心地よい。腹の底から笑える。あっという間に5〜6時間が過ぎていった。気が付いたらビールの空き缶だらけになっていた。毎度のことだ。

粗大ゴミを出し切って、すっからかんになった自宅から、まだ何かを物色して持ち帰ろうとする友。唯一残った家具であるダイニングテーブルもあげることにした。過去に執着はない。また新しいものを買えばいい。すべてを手放せば、新しいものしか入ってこない。運気もそうやって入ってくる。

知らんけど。

ひとりの時間




女性をターゲットした雑誌だと思うが、たまに買う。

特集「ひとりの時間は大切。」


冒頭で、「ひとりの時間」を大切にしている人への質問、っていうコーナーがある。

Q1.いつ、ひとりの時間を作っていますか?
(回答:一部抜粋、少し表現変えてます)
毎日、必ず
・常にひとり
・週1、2回
・週末
・仕事の合間
・仕事帰り
・家族が寝静まった夜中
・毎朝、6時か7時頃
・深夜、12時〜2時
誰かに会っている時にこそ、ひとりを感じる

Q2.どこで、どんなことをしていますか?
(回答:一部抜粋、少し表現変えてます)
本を読む、執筆する
家で日記を書く
・レストラン、美術館、クラブに行く
サウナに行く、ドライブする、焼肉を食べる
・図書館で調べ物をする、スケッチする
・銭湯で考え事をする、集中して料理する
・山小屋で暖炉の火や星空を眺める
・植物園で写真を撮る
・カフェで、すること・したいことを書き出す
・白熱を飲む、クライミングに行く、瞑想する
・バーで飲む
一人旅
在来線で移動する
いつも大体。

Q3.ひとりの時間はなぜ大切ですか?
(回答:一部抜粋、少し表現変えてます)
本来の自分に戻れる
心や体を休める最高の時間
自分から湧き上がる感性を大切にするため
・想いを消化するため
・自分のペースを取り戻し、能動的に活動するため
・「いただいている愛」を再確認させてくれる幸せな時間
・自分以外の誰かを感じるための時間
軌道修正の時間
自分らしさとは何かを思う時間


「ひとりの時間」も色々。
私の回答と被るものは、赤字にしておいた。


この雑誌に、名著『自分ひとりの部屋』の著者 ヴァージニア・ウルフ(1882-1941)が取り上げられている。ウルフは、90年前の第一次世界大戦後に本書を出版し、「女性が小説を書こうと思うなら、お金と自分ひとりの部屋を持たなければならない」というメッセージを発している。当時、「ひとりの時間」を持てる女性は、中流階級以上の限られた存在だったらしい。ウルフは、小説家を目指す者に限らず、「ひとりの時間」を持って書くことを薦めている。そこから自分の思考を育て、知的自由を得られると考えていたから。(本書P55参照)

私の座右の書『ぼんやりの時間』において「ぼんやりの時間は貴い」というようなことが書かれているが、「ひとりの時間」というのも貴いものだと思う。

しかし、「ひとりの時間」=「孤独」であり、悪であると考えている人が少なくないような気がする。中高年のひきこもり、お年寄りの孤独死などが社会問題化しているからだろうか。「孤独担当大臣」なるものが誕生したのには違和感があるが、その孤独相が「社会的な孤立を防ぎ、人と人とのつながりを守る活動を推進したい」(2021/2/12日経より)と語っていたことはもっと違和感がある。

人と人とのつながりって、そんなに大切なものなんだろうか。守るものなんだろうか。

私が人とつながれないことが問題なのではなく、私がつながれない社会に問題があるのだ。なのに、私に「人とつながれ」というから、私は人から逃げるのだ。逃げて逃げて逃げまくるのだ。

この「私」を、「ひきこもりの中高年」「孤独死するお年寄り」「不登校の子供」「出社できないサラリーマン」などに置き換えてみたらいい。

人とつながったり、人と迎合することよりも、周りと境界線を引き、「ひとりの時間」を大切にし、自分とじっくり向き合い、自分がホントに幸せだと思う人生を選択すべきだと思う。というか、私はそういう生き方しかできない。

いまもひとり。
孤独を感じることはない。

本を読み、ブログを書き、あー、幸せ。
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ