公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

SDG’s

アベノマスク、約8200万枚(8200万枚✕@140円=約115億円相当)が使われずに保管されていたらしい。その保管料は6億円だとか。2億8700万枚を調達し8200万枚(29%)が使われていないということがさっぱり意味不明なのだが、そもそもアベノマスク自体が意味不明なので、まーどっちにせよ意味不明だ。こんなことを上場企業の購買部門がやったら責任者のクビが飛ぶだろうが、端から税金を「国民」のためでなく「業者」のために使ってるんだから責任問題にもならん。こうやって取りやすいところからむしり取られた税金が、権力者の思うままに垂れ流されているのに、分配戦略だ金融所得課税強化だと、何をたわけたことを言ってるんだろうか。己の財布の分配を考えた方がええんじゃないか? 



期日前投票

ってな有様なので、支持したい政党もなく、政治にも興味が失せ、この国に希望も見出だせないから、有権者の半数以上が投票を棄権するんじゃないか。そもそも、若者全員が選挙にいったとしても、有権者の過半数に全く届かないという人口構成の中で、1票を投じる気にならん問題が永遠に続く。私も不便すぎる投票所まで行く気にもならなかったが、たまたま役所の近くを通ったので期日前投票をしてきた。相変わらずすごい税金を使ってるなぁと思わざるを得ない。そろそろスマホで投票させろ、と思う。マスクで無駄にした115億円+保管料6億円があれば、若いベンチャー企業がさくっと素晴らしいアプリを作ってくれるだろうに。DXなんて言葉も知らんのだろうね。

税務署

自宅に戻るとポストが郵便物であふれていた。何事かと思ったら、税務署から年末調整の書類がどっさりと。もう、やめろよ、こういうの。いい加減にデジタル化したらどうなんだ。しかも、俺が給与所得がないことくらい、ちょっと調べれば分かるだろうが。

なにもかも絶望しかない。私が生きてる間に変わることもないんだろうなぁと思う。なぜか「政治家にならないのか?」と言われることがあるが、1ミリも興味ない。政治を変えようと思うくらいなら、住む場所を変える。


-----

私の密かな夜遊び、酒を飲みながら、サンテレビで阪神の試合を観るという楽しみが今日で終了。あと少しのところで優勝を逃した。悔しいというよりも、よく2位で耐えたねー、という感想。これだけ打てず、これだけエラーをして、Aクラスに残れたのがすごいなぁと思う。理解できない采配も多すぎた。それでも2位。大したもんだと思う。1勝1勝の積み重ねがどれほど大切かということ、そして、個々の力よりもチームワークがどれほど大切かということを野球は教えてくれる。

これからCSがあるが、これは興味なし。プロの世界に敗者復活戦なんていらない。
また来年、関西を盛り上げて欲しい。札幌に負けるな。
関西が盛り上がるのは、551がある時と、阪神が勝った時だからね。

自分の本当の姿を出せ





多くの人が自分を偽りながら生きていると思う。自分に嘘を付き、自分の感情をねじ伏せ、何かを隠し、何かを抑圧し、何かを意識の下に閉じ込めている。

しかし、自分でない自分を生きていることに気付かない。

常にいろんなものを「抑圧」して生きているため、ストレス、イライラ、悩み、無気力といった神経症的な症状が出たり、身近な人に怒ったり、攻撃したりする。

それでも人は「本当はこうしたい」という思いを否定し、「したくない」と思い込み、それを正当化し、自己欺瞞に生きる。そうすることが、心を楽にするからであり、「安心」だから。

-----

社会心理学者 加藤諦三さんの本はこれまで随分と読んできたが、加藤諦三さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『テレフォン人生相談』は聴いたことがなかった。もう55年も放送している超長寿番組らしい(YouTubeでも視聴可能)。この55周年記念の書籍が出版されたので、本だけでも読んでみようかと買ってみた。

『人生相談』が55年も続くのは、人間の悩みの源泉が昔から本質的に変わることがないからだろう。加藤諦三さんは、半世紀以上も『テレフォン人生相談』をやってきた中で、死にもの狂いで不幸にしがみつく人が非常に多いという(P115)。

なぜ人は不幸にしがみつくのか。
それは、以下の3点に要約できる(と読んで感じた)。

「人が最も恐れるのは不幸ではなく、不安」(P129)
「人が最も求めるのは幸せではなく、安心」(同上)
「安心への願望は全てに優先する」(P130)

多くの人は、先の見えない不安を背負いながら自己実現に向かおうとする「成長欲求」より、不安や負担を避け、安全、安心で生きようという「退行欲求」が上回る(P115)。これが、死にもの狂いで不幸にしがみつく人が多い理由なのだ。口では「幸せになりたい」と言いながら、現状維持の方が安全なので、無意識レベルで不幸になる方を選んでいる。

でも、そういう選択をしていると、意識下で怒りやストレスが起こるのだ。その矛先を「弱い者」に向けているのが、家庭内暴力やハラスメントなどの他者への暴力である。他者への暴力ではなく、自分へ攻撃する人もいる。暴飲暴食・うつ病などがそれに当たる(これらを心理学用語で「攻撃性の置き換え」というらしい。第2章参照。)。こうやって新たな対人関係の悩みが増殖していく。

悩みの根本的な原因は、自分自身の思考にある。だから、加藤諦三さんも、自分が変わる以外に解決策はない、といっている(P79)。「悩める全ての人は、幸せになることを自ら拒否してしまっている」だけなのだから(P9)。そのため、悩みを解決するには、「自分の本当の姿を出せ」とアドバイスしている(P185)。

長年自分を偽ってきた人が「本当の姿」を出すことは難しいと思うが、これが本当の「自分探し」なのだ(P31)。そして、この「自分探し」は、「死ぬほど苦しい仕事」(P29)でもある。

-----

本書の最後に、ドキっとすることが書かれている。

「人の感情は変装してあらわれる」「本質は仮面をかぶって表れる」と(P194)。

「ひどい目にあった」と被害者意識を強調している人でも、本当は誰かに敵意を持っていたりするしかも、その怒っている人から愛を求めていたりする。自分を偽っているから、被害者意識を強調するしかなくなる。仮面の下の自分は何を求めているのか。

「自分探し」は旅先にあるのではなく、自分の無意識の部分隠されているのだろう。

ラムチョップ

和さびや_三宮

今日も月1で通うお店へ。

大原簿記専門学校時代からの友達であり同校公認会計士試験講座で講師をしているT君と、美人女将。

いつも「受験生に話しをしてやってくれ」と言われるので、年に1〜2回、受験生との食事会をしている。私も受験生(というからこれからの若手会計士)と話ができるのは楽しい時間だし、この食事会に来てくれた人の中から活躍してくれる公認会計士が誕生し、若い人が業界を盛り上げてくれたらそれも嬉しいことだ。だから、T君から声がかかれば、いつでも快諾してる。

大学で授業をやっていても感じることだが、学生は会計や監査に興味や関心を持っているのに、会計や監査の仕事をしている人と会ったこともなければ、話したこともない。監査の理屈は学んだとしても、実際にどういう仕事をしているのかさっぱりイメージも沸かないと思う。監査の現場では何が行われているのか、どういう変化(進化)をしているのか、今後会計士はどこに向かうのか…など、教科書では学べないことを本当は知っておくべきなのだが、そういう機会はまず無い。

なので、私は見知らぬ人と会うのは好きじゃないのだが、業界への恩返しも兼ねてこの食事会には参加させてもらっている。



ラムチョップ

ラムチョップ、最高。

今回来られた受験生は、おとなしかったなぁ。いつもは質問攻めにあうのだが、今回はそれほど質問もなかった。聞きたいことなんて山程あるでしょうに。。。

受験生と監査法人側の「情報の非対称性」が圧倒的に大きい中で、受験生は進路を決めなければならない。極めて限られた情報から、自分の進路を決定し、それを正当化し、他の選択肢を排除する受験生が9割だと思う。それは仕方のないことかもしれないが、業界としてそれでいいのかという大きな問題があるのではないか。正直いって、法人説明会に行って、その場にいた受付や会計士の印象の良し悪しだけで進路を決めているようなものだ。その法人に就職したところで、法人説明会で会った会計士と生涯会うこともないだろうし、その時に説明を受けたことと現実はまるで違うというのに。

受験生と対話を繰り返すと、そういう業界の問題点も見えてくる。それを業界へフィードバックするほどの権力も気力もないが、若い公認会計士が大活躍して欲しいというお節介だけは人一倍あるので、これからもコツコツと布教活動をやっていこうと思う。

20代、30代が活躍できない業界は死んでいくと思うので、若い人に突き抜けてほしいと、マジ思う。そして私のような老兵は早々に去るべきだと、マジ思う。


和さびや_三宮

私が予約すると、Pinot Noirを仕入れてくれる。
シェフ、美人女将さん、いつもありがと。

ラムチョップ、最高。

今日も酔った。終電を乗り過ごした。


(※ 写真は、本人から許可を得て掲載している。)

力を抜くことは難しい

今日は、数ヶ月前から通っている「Dr.stretch」に行ってきた。ここに通っただけで「開脚ベターーー」状態になることはないと思うが、凝り固まった筋肉を少しずつほぐしていく。思えば、小4で進学塾に通ってから今日まで、人生の多くの時間を椅子かベッドの上で過ごしてきた。下半身がカチコチ。

トレーナーのNさんに、
「力を入れることは簡単だけど、力を抜くことは難しいんですよ」
といわれた。

確かに、そうだろうね。

ずっとリキんでいるのかもしれない。

人生そのものだ。リラックスしているようで、リキんでいる。身体に、神経に、脳に、全身に、力が入ってしまう。ホントにリラックスすることは難しい。快眠することも難しい。

全身脱力して生きていきたい。


-----


力を抜いて、リラックスしようと思った週末の朝、秘書ちゃんの実家の丹波篠山から枝豆が届いた!


枝豆_矢野農園



どっさりと。

枝豆_矢野農園



湯でるで〜。飲むで〜。

来週、もう一箱、届くで〜。


※ このブログの読者の方から矢野農園への枝豆の注文がたくさんあったようです。
  また来年もご贔屓ください。

町へ出よう

金曜日は大学授業の日。
今週から(ようやく)オンライン授業と対面授業の併用が認められた。私は直ぐにでも対面授業に切り替えたかったが、私の授業の前後のコマの授業がオンラインを継続しているため、私の授業もしばらくはオンラインを継続することにした。1日に何コマも自宅からオンライン受講している生徒が多いようだが、ちょっとかわいそう。早くキャンパスライフに戻してあげて欲しいなぁ。

私の授業は、毎回課題を出している。レポートの提出ではなく、次回の講義でプレゼンしてもらうようにしている。もうすぐ社会人になる大学3年生が対象なので、自分の思考をまとめ、相手に伝わるように口頭で発表する練習をした方がいいよ、ということで。

前回の授業で、以下のような課題を出した。
『近年、企業が「財務情報」だけでなく、ESG、SDGsなどの情報を含む「非財務情報」を積極的に開示するのはなぜか。自身の考えを簡潔にまとめて発表すること。』

正直、テキトーにプレゼンする生徒が大半だろうと思っていたが、すべての生徒があまりにも良いプレゼンをするので驚いた。何かのコピペではなく、きちんと自分の思考をまとめて発表してくれていたのが嬉しかった。言われたことを暗記するのではなく、「なぜだろう」「どうしてだろう」を考え、自分なりの答えを出すということが真の学習だと思う。

今回もまた一つ課題を出した。答えのない(=考えなければならない)問題を出してみたのだが、頭が柔軟な彼らがどういうプレゼンをしてくれるか、いまから楽しみ。

-----

夜、月1で通う兵庫県某所の割烹料理屋へ。
いつもと同じ、平松ゼミの先輩・同期と共に。

申虎


随分前から予約を入れていたのだが、運良く、今日(10/22)から兵庫県は時短要請が解除された。ラストオーダーを気にせずに飲めるのは、素直に嬉しい。ワインを4本空けたのも、23時くらいまで飲んだのも、何ヶ月ぶりだろうか。


申虎

ただ酔いたいだけなら家で普段飲まない酒を飲めばいい。気のおけない友と酌み交わす時間は、私にとっては貴重な時間だ。この時間がない人生は虚しいし、この時間は誰にも奪われたくない。

本を読めば、旅に出るより遠くに行ける。

酌み交わせば、本を読むより見識が広がる。




書を捨てよ、町へ出よう





【セミナー案内】決算早期化セミナー開催!

日本経営協会様にて、決算早期化セミナーを開催することになりました。


今回のセミナーでは、
●決算早期化を実現している会社に共通すること
●決算が遅延する会社の「ボトルネック」は何か?
●決算早期化を実現させた会社のプロジェクト成功事例(コンサル事例)
●残業ゼロ・休日出勤ゼロの上場企業はなにをやっているのか
●決算早期化を実現させるための「経理・決算の仕組み」の作り方
●決算前の準備事項
●会計監査におけるリスクアプローチと分析的手続とは
●監査対応を効率化する方法
●監査報酬を引き下げた成功事例(コンサル事例)
●「真の経理部」を作る方法(経理部を進化させる方法)
●経理部の生産性を上げる方法

  など・・・、についても説明していきます。



決算早期化・効率化や、経理部における生産性向上等に課題を抱える会社の方は、是非ご来場下さい。

▼大阪セミナー
■ 開催日時:2021年12月9日(木) 10:00〜17:00
■ 会場: 大阪・肥後橋(日本経営協会 関西本部)
■セミナーの詳細・お申込み:
   こちらの案内をご覧下さい。
  (表示されない場合はリロードしてください)

▼オンラインセミナー
■ 開催日時:2021年12月15日(水) 10:00〜17:00
■ 会場: オンライン(Zoom)
■セミナーの詳細・お申込み:
   こちらの案内をご覧下さい。
  (表示されない場合はリロードしてください)

※ 両セミナーは同じ内容です。


セミナー来場者には拙著「決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉」を進呈
  (セミナーテキストとしても使用します)





今回の セミナーに参加できない方へ
武田による出張セミナー(社内勉強会)も実施しております(報酬応相談、交通費等実費、日本全国対応)。出張セミナーについては、武田公認会計士事務所のサイトからお問い合わせ下さい。

決算早期化・効率化をお考えの方へ
上場企業、上場準備企業の決算早期化実績40社超。武田雄治による決算早期化・効率化・標準化・仕組化、決算業務改善のご提案を致します。決算資料改善、連結決算エクセル化、子会社決算改善の支援等も実施しております。 詳しくは武田公認会計士事務所のサイトからお問い合わせください。

ぷらっと沖縄 最終日 (北谷)

北谷_アメリカンヴィレッジ


北谷(ちゃたん)のマンションでの2回目の朝。

朝6時半に爆音で目が覚める。こんな朝早くから米軍の飛行機が頭上を飛び交う。何なの…沖縄…。

予定より早く起きて、今日も朝からジョギングをすることにした。昨日とは違うコースを。


北谷_アメリカンヴィレッジ

今日のジョギングコースは、海岸沿いの公園で、園内に「1.3kmコース」と「4kmコース」の2つのコースがあった。「4kmコース」をジョギングしてみた。所々にこういう看板があるので、ありがたい。

ジョギングしている人はそれほど多くなかったが、何人かの外国人女性が走ったり、散歩したりしていた。旦那さんが朝早くから空を飛んでるのだろうか。新参者の私に笑顔で挨拶してくれる。なんだか気持ちいい朝。


北谷_アメリカンヴィレッジ

この人の筋肉、スゴ。
背中がシックスパッドになってる…。


-----

北谷_謝苅そば


今日の午後の便で関空に戻る。
最後のランチは沖縄そばにしようかと、なにかと噂に聞いていた『謝苅そば』というお店に行ったのだが、これは美味かった! 沖縄そばを、汁を一滴も残さずに食べ尽くしたのは始めてかもしれん。ジューシーも美味しかった。近所なので、ヘビーローテション決定。

ちなみに、『謝苅』は「じゃーがる」と読む。読めるか!
沖縄で生きていくには、この地名をまず覚えなくてはならない…。

『北谷』(ちゃたん)、『読谷』(よみたん)、『今帰仁』(なきじん)、『国頭』(くにがみ)、『美ら海』(ちゅらうみ)、『中城』(なかぐすく)、『豊見城』(とみぐすく)、『石平』(いしんだ)、『平安座』(へんざ)、『伊武部』(いんぶ)、『金武』(きん)、『おもろまち』(お・も・ろ・ま・ち)…。

『谷』は「たん」、『頭』は「かみ」、『城』は「ぐすく」と読めばいいのかぁー、という規則性は分かってきたのだが、『南城市』は「なんじょうし」なのだ。うーん、ムズイ。



バヤリース


最後に、バヤリースを買って帰る。

また来月戻ってくる。
I'll be back.

ぷらっと沖縄 Day3 (北谷)

北谷_アメリカンヴィレッジ

昨夜は、北谷(ちゃたん)のマンションではじめて寝た。
かつては年の半分以上をホテルで寝ていた人間なので、布団が変わっても直ぐに寝れる。

今朝は曇り空であったが、アメリカンビレッジ周辺の海沿いをジョギングした。

今年8月、この横にあるヒルトンホテルに泊まった。部屋のバルコニーから見下ろすと、地元の人達が朝からジョギングしているのが見えた。「こんな所を朝からジョギングできたら気持ち良いだろうなぁ〜」、「こんな所に住めるなんて羨ましいなぁ〜」と思っていた。2ヶ月後に、自分がこの場所に住み、この場所をジョギングするとは・・・。

人生は想定外の積み重ね。

人生に深みを求めすぎない方が、楽しく生きていける気がする。


北谷_アメリカンヴィレッジ

観光スポットも、朝は無人。


北谷_アメリカンヴィレッジ

元陸上部の血が騒ぐ直線道路。

ジョギングは朝の日課になりそう。


------

スターバックス

マンションの近くにスタバが2軒あるのは大変ありがたい。
2軒とも行ったが、両店舗ともそこそこ広く、ゆっくりできた。
参考書を開けている学生はゼロ。フツーにコーヒーを飲みに来ている外国人が多かった。いい雰囲気。

2時間だけ仕事(執筆)した。


------

A&W

昨夜食事した「ご近所さん」に、「沖縄にいてA&Wに行ったことないのは大問題です」と言われたので、早速行ったみた。A&Wは米国発祥のハンバーガーショップ。日本国内では沖縄のみでフランチャイズ展開している。存在は知っていたが、利用したことはなかった。

ハンバーガーは大好きだが、ファーストフード店で食べるのは数年ぶりかも。ボリューム満点のハンバーガーは美味しかった。アメリカンって感じ。

A&Wで欠かせないのが「ルートビア」という飲み物らしい。ビアといってもアルコールは含まれていない。アメリカの禁酒法時代に、ハーブを原料として作ったオリジナルドリンクだとか。来店客の多くがこの「ルートビア」を注文するらしいが、私には苦手な味だった。ハーブというか、サロンパス(?)のような薬品の味しかしない。ある人から「何回か飲んだら病みつきになるよ」と言われたが、何回も飲むのは勇気がいるぞ・・・。

ただ、ハンバーガーは気に入った。また来たい。

ちなみに、A&W(エイアンドダブリュ)は、沖縄県民の間では(A&Wを略して)「エンダー」の呼び方で親まれている。私も、ようやく「エンダー」の仲間入りだ!


-----




なお、マンションの模様は、YouTubeに収録したので、興味がある方はこちらをご覧下さいませ。ついでに、「いいね」ボタンを押して、「チャンネル登録」をして下さい。


-----

北谷_アメリカンヴィレッジ

夜は、武田会計の沖縄オフィス(シェアオフィス)の管理人の千夏さんと食事。私のマンションの管理もお願いしている。色々手伝ってくれて、感謝!

30年前のSan Diegoでの出会いから始まり、いま北谷で一緒に飲んでるんだから、人生は想定外を通り越して摩訶不思議だ。まぁこれからも楽しみましょう。楽しむしかない。楽しんでなんぼ。




北谷_アメリカンヴィレッジ


夜のアメリカンビレッジもなかなかステキ。

ホントならば、夜中、明け方まで外国人や観光客がどんちゃん騒ぎするような場所なんだろうけど、沖縄も時短要請があるため8時で店が閉まる。あー面白くない。もっと千夏さんと飲んでいたかった。

そろそろ元の生活に戻り、活気も戻ってきて欲しい。次来る時にはラストオーダーを気にせずに飲めるかなぁ。


北谷_アメリカンヴィレッジ


我ながら上手に撮るなぁ〜。

スマホで撮ったのに、星も映ってる。





ぷらっと沖縄 Day2 (久高島 日帰り観光)

久高島


昨夜、那覇に泊まったのは、朝イチで「久高島」に行きたかったから。

久高島への船が出港する安座真港へは、北谷(ちゃたん)から1時間かかるが、那覇からなら30分で行ける。朝の30分は大きい。久高島の場所は以下の通り。

久高島


なぜ久高島に行きたくなったのかは分からない。単なる知的欲求なのか、ぼんやりしたかったのか、現実逃避か、さてはて。

船はガラガラだった。観光客と思われる人は7〜8名(うち2名は外国人女性)。20分ほどで久高島に到着。着くや否や、沖縄本島とは違う空気が流れていることが分かる。端から端まで2〜3kmの小さな島。島内にレンタカーはないので、レンタサイクル屋に向かう。数店舗あるうち、1つは休業中だった。コロナで観光客が激減した影響だろう。開いてるレンタサイクル屋に向かったが、自転車の在庫は50台くらいあっただろうか。観光客7〜8名じゃ、どう考えても採算が合わない。レンタル料は1人700円ほどなので1日の売上は約5000円。しかも昨日は天候不良で全便欠航。これじゃぁ商売にならん。なんてことを考えてしまうのは職業病なのか。

久高島


とりあえず、チャリンコでGO!
人口約200人の小さな集落を通る。誰もいない。

久高島


集落を抜けると、ひたすら自然。

久高島



かつては観光客が多かったのだろう。メインストリート(?)はアスファルトが敷かれていた。

久高島



道は狭い。

久高島



去年の落ち葉が放ったらかしにされているのだろうか。
とても映える道。

久高島



「しあわせベンチ」ってのがあった。
座ってないけど。

久高島



ブーー

久高島



小洒落た休憩所。島内で一番ステキな場所だと思った。
「ロマンスロード東屋」という場所。

久高島_ロマンスロード東屋



ひとりで来ていた女性観光客。
見知らぬ外国人観光客に話しかけることはあっても、見知らぬ日本人に話しかけることはない。ナンパしたこともない。too shy shy boy なもんで。

久高島_ロマンスロード東屋



海もめちゃくちゃキレイ。

久高島



新川(ミガー)という場所。左奥に沖縄本島が見える。

久高島



角度を変えると、チューー。

久高島



別の場所からの長めもキレイ。

久高島



さらに別の場所から。
一応水着を持参したのだが、少し寒いし、誰も泳いでないし、そもそも遊泳禁止だし、泳ぐのはやめたけど、ぼんやりと海を眺めているだけでも気持ち良かった。

久高島



久高島は「神の島」と言われている。
久高島は琉球が誕生したとされるきっかけの開闢の祖アマミキヨが、天から舞い降りてきた島で、沖縄はこの島から始まったとされている。そのため、久高島には御嶽(うたき)や拝所(うがんじゅ)など立入禁止の場所がある。「何人たりとも出入りを禁じます」と書かれた看板も。

久高島_フボー御嶽



2時間もすれば島内を一周できる。朝から運動して、お腹ペコペコ。
港の近くの集落に飲食店が数軒ある。「お食事処とくじん」というお店にはいり、「イラブー汁定食」(2300円)を注文した。以前、西表島に行った時にイラブー(ウミヘビ)を食べたことがあるが、2度目のイラブー。

久高島_イラブー汁



じゃーーん。
見た目もグロすぎるが、中身(皮をめくった身の部分)もグロいのだ。

久高島_イラブー汁


正直いって、美味しくない・・・。

3度目はないが、1度はお試しあれ。


------

午後、久高島を後にして、いよいよ北谷(ちゃたん)に向かった。

ようやくマンションに入ったが、その話は明日書くことにする。


-----


夜、沖縄の友と再会。
聞けば、彼も北谷の近くに住んでいるらしい。

北谷_アメリカンヴィレッジ

これまでは兵庫県民と沖縄県民という遠く離れた場所で働くビジネスパートナーのような関係だったが、これからは「ご近所さん」じぇねーかよ。マンション入居初日から、近所に飲み友ができた。嬉しい。色々と地元の美味しいお店も教えてもらった。さらには沖縄での仕事の話ももらった。「人生は急激にしか変わらない」を急激に体感した1日だった。思い切った行動すれば、何かが動くものだ。楽しくなってきた。

ぷらっと沖縄 Day1 (沖縄そばの日に沖縄そばを食べる)

先月、沖縄の北谷(ちゃたん)という場所にマンションを借りたのだが、契約しただけで、まだ鍵をもらってないし、現地すら見ていない。

ぽつーんとアポがない週末に、さくっと沖縄に飛んだ。

が、今日は北谷には寄らずに、那覇で1泊。

ホテルでちょこっと執筆して、早めに飲みに行った。


沖縄


オジー自慢のオリオンビール。


沖縄_ゴーヤチャンプル


ゴーヤチャンプル好き。


沖縄_夜光貝バター焼


色々食べたが、夜光貝のバター焼が美味しかった。

居酒屋で流れていたTVニュースを見ると、今日(10/17)は「沖縄そばの日」らしい。そういえば、去年の10/17も沖縄で沖縄そばを食べに行ったなぁ。沖縄から YouTube Liveをやった日だ。もう1年が経ったのか。

ってことで、1軒目で満腹になったのだが、ハジゴした。


沖縄そば


そば粉を使ってないのに「そば」と表示できるよう沖縄生麺協同組合が粘り強く交渉し、「本場沖縄そば」として商標登録が認められた1978年10月17日。それを記念して、10月17日は「沖縄そばの日」となったらしい。


沖縄そば


オリオンビールも沖縄そばも、本州では口にしないが、沖縄に来るとほぼ100%口にする。なんでだろうね。

あと、バヤリースも。

バヤリース_まんご

セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催(大阪)
 12/9(木)
『決算早期化を実現する実務ノウハウとポイント』


■日本経営協会主催(オンライン)
 12/15(水)
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』

※ 両セミナーは同じ内容です
※ 表示されない場合はリロードしてください


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ