公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

『2020年6月30日にまたここで会おう』




「何? このタイトル??」と思って手に取ったのだが、面白かった。

僕は君たちに武器を配りたい』など多くの著書を出されてきた瀧本哲史さんが、2012年6月30日に東大で行った伝説の講義を書籍化したもの。約300人の10代・20代が全国から集結したという。その講義の最後に、瀧本さんから「8年後の今日、2020年6月30日の火曜日にまたここに再び集まって、みんなで『宿題』の答え合わせをしたいんですよ」と提案があり、会場がどよめいたらしい。

残念ながら、2019年に瀧本さんは47歳の若さで亡くなり、「再会」は実現できなくなった。しかし、この伝説の講義を聴くことができなかった次世代の人達に、瀧本哲史さんの「遺伝子」を配りたいとの想いから、伝説の編集者柿内芳文氏が編集し、出版されることになった。

-----

とにかく熱いメッセージがブンブンと伝わってくる。

特に第1章、第2章はとても良い。
瀧本さんは、次世代の若者達に対して、「バイブルとカリスマの否定」(P33)が大切だと言っている。つまり、絶対的に正しい答えが載っている「バイブル」に答えを探しに行くことや、「カリスマ」という人物に頼るような生き方を全否定し突き放す。何事も「自分で決める」ことや、「行動を起こす」ことが大切で、「自分の人生は自分で考えて自分で決めてください」(P35)という。これは、120%同意。

本を読むだけでは意味がない(P23)。考えろ! 自分の答えを出せ! ということだ。

「考える」ためには、考える枠組み(思考の枠組み)が必要であり、それが学びや学問というものであり、教養やリベラルアーツといわれるものである。我々は、学びを通して、違うモノの見方・考え方が有る得ることに気づき、新しい視点を手にしなければならない。教養の役割はここにある(P29〜)。

以前も書いたが、日本の大学受験は「暗記力」を試すような内容であり、「暗記」した者が勝ち、「暗記」できなかった者が負け、と判定される。受験に合格した後も、期末テストでは「暗記力」を試すような試験ばかり。(解のない問題などを)「考える力」を評価されることはほとんどない。暗記力がある人を天才と称され、そこには思考力、伝達力、適応力、影響力などは評価の対象にもなっていない。だから、日本人は「自分の頭で考えていない人があまりに多い」(P18)。

自分の人生を自分で決めるためには、とにかく考えることが必要。絶対的な解を求めるのではなく、新しい視点で、新しい解を見付け、自分の答えを出すこと。これが、本当のアウトプットである。

そして自分の答えを出したら、自分の意見をバラまくことの大切さも述べている。意見をバラまくことが世の中を変える力になる。。瀧本さんは「言葉」を磨き、「言葉」を使って相手の行動を変えていくような「言葉マニア」になってほしいとも提言している(P43)。これも120%同意。単に知識を詰め込み、頭でっかちの「職人」になるだけでは切ない。

つまり、私なりの解釈でまとめると、
知識を詰め込んだら、考えろ! 自分の答えを出せ!
そして、新しい解を見付けたら、意見をバラまけ!相手を動かせ!世の中を変えろ!
となる。

本書(本講義)の後半の質疑応答もとても良かった。これから起業しようと思う人や、事業をやってる人はP168以降を熟読されることをオススメする。ここについては、また気が向いたら取り上げたいと思う。

最強の早期リタイア術




出張先でぷらっと入った書店で出会った本。

この本は、私の価値観を少し変えた。

表紙に「FIRE」と書かれている。
「FIRE」とは「Financial Independence Retire Early(経済的自立、早期リタイア)」の略。

著者は、幼少期に極貧生活をしていた中国人であるが、理詰めで「経済的自立」を目指し、31歳で「早期リタイア」を実現し、世界を旅しながら生活している。

この本でKEYとなるのは「4%ルール」というもの。トリニティ大学の研究結果によると、ポートフォリオの4%の資金で1年間の生活費を賄えば、貯蓄が30年以上持続する可能性が95%あるという。別の言い方をすれば、年間生活費の25倍の貯蓄があれば働かなくても生きていける。例えば、年間生活費が400万円であれば、1億円の貯蓄が出来た時点で仕事を辞めても生きていける。この「4%ルール」は、「収入」が幾らかは問うていない。「収入」が少なくても「支出」さえポートフォリオの4%にコントロールすれば良い。

実際に著者は「4%ルール」に従い、早期リタイアをする。そして1年間、世界を旅する。ケチな旅行ではなく、そこそこの贅沢もするのだが、それでも年間に使った費用は約400万だった(内訳は本書参照)。これは、著者が仕事をしている時の年間生活費と同額だったのだ。仕事をしていても、年中旅行をしていても、支出額は同じだったということ。働いていた時より収入は減ったが、「4%ルール」を充たすように支出を抑えているのだ(なお、著者は手元のキャッシュを利回り数%のETF(投信)などに投資しており、貯蓄を増やしている)。

著者は言う。投資からの収入が、生活費を十分に賄えたら、「あなたは二度と働く必要がありません」と。弱冠31歳でリタイアした著者だが、10年も企業で働いていたことを悔やんでいる(これまで約20年も会計士として働いていた俺はいったい……)。

「生活のニーズが満たされた後は、お金をためこむのではなく、自分の時間を取り戻すことが重要だとも述べている(この一文は、グサリと突き刺さった)。

この本は、私にとってもパラダイスシフトだった。「4%ルール」に合う生活をすればいいのだ。そうすれば、年中旅行をして生活をしても、一生生きていける。物価の安い国や、弱い通貨の国(タイ、マレーシア等)で生活を送る「地理的アービトラージ」という考えも面白い。タイの郊外なら1ヶ月のホテル代が数万円で済む。通貨の強い国を相手にオンラインで働いてキャッシュを増やすこともできる。仮にインフレになれば、他の都市に移ればいい。

定年まで(or 死ぬまで)働く運命だと思っている人は、受け入れ難い本だと思うが、経済的自立を果たしたい人、お金のことを理解したい人は、読むべき一冊だと思う。

-----

 お知らせです。

YouTubeでの公認会計士試験受験生向けコンテンツ「公認会計士の仕事」シリーズの続編を公開しました。

今回の第5講では、「監査現場では何が行われているのか?」について説明しています。スケジュール、チーム編成、監査手続、監査調書の作り方など、監査の現場について大局的にイメージを付けて頂ければと思います。

この動画シリーズがキッカケで、「公認会計士の仕事も面白そう!」「公認会計士を目指したい!」と思う方が一人でも多くの誕生すれば嬉しく思います。

ご覧頂けた方は、「いいね」ボタンへのポチをお願いします!
第6講も近々公開予定です。興味ある方は是非、チャンネル登録をお願いします!
SNS等でのシェア・拡散歓迎です。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
公認会計士の仕事_05講



人生の楽しみは、喜怒哀楽の総量である

先日の「コロナで目標を失った人」というエントリーの中で、「人生は思い通りにならないもの」だということを書いた。

新居を購入した直後に転勤を命じられたとか、赴任先でロックダウンに遭ったとか、自宅が火事になったとか、婚約者が結婚してたとか、突然ガンを宣告されたとか、天災で亡くなったとか…身近にも不条理・理不尽を味わった人が多くいる。私も、今も過去も、散々な不条理に遭っている。

しかし、人生は所詮そんなもんだ。環境や社会の変化は予測不能であり、人生は不条理で理不尽なものだから、抗わず、逆らわず、川の流れに身を委ねて生きるのみ。

こういうことを何十回とこのブログに書いてきたので、時々「悲観的なんじゃないか?」と言われることがあるが、そうだろうか。自分の人生を、自分らしく、幸せに、楽しく生き切るために、意識的に、積極的に、そういう生き方・考えを選択している。どうにもならないことをくよくよ考えるよりも、幸せなことを考えている方が何倍も楽しいから。

-----

私は還暦はまだ先だが、出口治明さんの『還暦からの底力』という本を読んだら、出口さんも同じようなことを書いていた。

・・・将来何が起こるかは誰にもわからないので、川の流れに身を任せるのが一番素晴らしい人生だと常々思っています

だから、川の流れに身を任せて流されていくなかでたどり着いたその場所で、自分ができることにベストを尽くすことぐらいしかできません。
(P80)

出口さんにとって、ライフネット生命を立ち上げたことも、APU(立命館アジア太平洋大学)の学長に就任したことも、「川の流れ」であるという。

流れに逆らわず、チャンスや幸運な出会いが来た時に、瞬時にそれをつかむことができるかどうか、これが大切である。チャンスも出会いもなければ、しばらく流れておけばいい。

本書に、人生は喜怒哀楽は絶対値で捉えるべきで、「人生の楽しみは、喜怒哀楽の総量である」(P236〜、翻訳家小田島雄志さんの言葉)というようなことが書かれているが、これは共感できる。思い通りにならない時は、怒ることもあるし、哀しむこともある。しかし、怒りや哀しみが人生のマイナスではない。嬉しいことや楽しいことしかない人生は良いかもしれないが、味気ない。色んなことがあっての人生だと思う。絶望するような不条理な出来事も、人生というフィクションの1つの章であり、そこからまた想定外の展開が起こっていくのだ。その繰り返しで、最後には東野圭吾を超えるような物語が出来るかもしれない。だから、喜怒哀楽すべてひっくるめて、目の前のことを楽しめばいいと思う。

人生は楽しくてなんぼです。(「おわりに」より)。

まさに、No Fun,No Life ! だと思う。





66日ぶり

GG

今月1日からゴールドジムが再会した。今日、66日ぶりに行った。
休館中も、他の場所でウエイト、自重、サウナは欠かさなかったので、久しぶりという感じではなかったが、これだけの設備が揃った場所での筋トレはまた違う。筋原線維が雄叫びをあげている。

明日から4週間ぶりの出張。色々と動き出してきた。前とは違うカタチで。

また新たな習慣を形成していこう。


(※ 写真はネットから拝借した)

-----

お知らせです。

第4回 YouTube Live やります!

6月14日(日)12:00〜12:45頃(@黒字社長塾チャンネルにて)

初の日曜開催!

今回のテーマは『武田雄治の出口戦略(EXIT戦略)』

第3回Liveで視聴者の会計士さんからリクエストのあった「出口戦略(EXIT戦略)」についてお伝えします。資産形成も人生設計も「出口戦略(EXIT戦略)」がメチャクチャ大事なのに、ほとんどの日本人がEXITを考えていないと思います。理詰めで成功・幸福を掴みたい人は是非ご覧下さい。

このテーマに関する質問、要望などがあれば、コメント欄か武田公認会計士事務所HP掲載の問い合わせ用メールアドレス宛にご連絡下さい。

黒字社長塾チャンネルに「チャンネル登録」をし、「通知」の設定して頂くと、Liveのリマインドが届くようです。


youtube live_Exit

コロナで目標を失った人

朝、目が覚めたら、頭が割れるように痛い。極度の空きっ腹状態から飲み続けると翌朝こうなる。「一日一食」も善し悪し。いい加減に学べ。

昨夜は、師の誕生日祝いも兼ねて、行きつけ店でメルローをしこたま飲んだ。

-----

今日の「人生相談」。今日の「相談」は以下の通り。

不条理

いつも相談者からの「相談」を読むと、「回答」を読む前に、自分ならこの相談にどう応えるかを考える。私の回答と合うことの方が少ない。「何言ってんの?」という回答もある。

今日は、私の回答と合致した。

「回答」の掲載は省くが、「そもそも人生は思い通りにならないものです」という内容だった。そう、人生は生まれてから死ぬまで不条理なものであり、想定外の連続なのだ。思い通りにいかなくて当たり前。思い通りにいったら奇跡。これまでの歴史を振り返るまでもない。

この相談者は、「コロナで目標すべて失った」というが、そうじゃない。人生の不条理に気付かなかっただけだし、それを乗り越える努力をしなかっただけのこと。

なんでも自分の思い通りになるなんて、自惚れだし、危険だと思う。彼氏と別れ、両親と口論になり、他にも楽しくない…と書かれているが、これはきっとコロナは関係ない。単なる被害者意識であり、自分がそういう生き方を選択しただけ。

環境も社会も常に動く。不条理で理不尽なことはこれからも起こる。いつ死ぬかも分からない。であれば、環境や社会の動きが思い通りになるまで待つのではなく、環境や社会の動きに自分から串を挿しに行くべきだと思う。環境、社会、経済が劇的に変わった今こそ、新しいことをやるチャンスと捉え、しなやかに生きるべきだと思う。

人生はフィクションだし、楽しんでなんぼの世界だから。

ただし、飲み過ぎてすべてを失わぬように気をつけよう。空きっ腹は危険。

芝刈り

2020-06-01 09.40.20-1


庭の芝刈りをした。夏がやってきた。

今日はビジネスパートナーが関西に集結しての食事会だった。コロナの影響で、東京のパートナーとは数ヶ月ぶりの再会。今宵はメルローで酔った。

酔ったので、今日はこの辺でおやすみなさい。。


-----

今日もお知らせを。

【公認会計士武田雄治の書籍紹介】の第2弾として

橘玲著『新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』

を公開しました。

私の人生が変わった本の一つです。資産形成、資産運用を考えている方、理詰めでお金持ちになりたい方は必読の一冊です。


・ご覧頂けた方は、「いいね」ボタンへのポチをお願いします!
チャンネル登録もお願いします!
・SNS等でのシェア・拡散歓迎です!


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
武田雄治の書籍紹介002

アフターコロナ

secretary


自粛要請が解除された6月1日。秘書にオフィスまで来てもらった。色々と教えて欲しいことがあったので、ご教示頂いた。おっさんには分からんことを、サクサクと応えてくれる。後生畏るべし。

ちなみに、オフィスといってもスタバではない。スタバにも行ったけど。店内はソーシャルディスタンスとやらで、2人並んで座れなかったので、屋外で今年初のフラペチーノ。初夏を感じる。

1ヶ月もすれば猛暑がやってくるんだろう。今年の夏は海外に行けるのだろうか。旅友が日々海外の情報をシェアしてくれる。ギリシャは今月15日から観光客の入国を認めると発表した。スペインは7月1日から。東南アジアは当面難しそう。今月末までは幾つかの案件を抱えているから海外には行けないが、来月以降どうしようかを考える日々。

銀行との付き合いで、人生初の某ブラックカードに加盟してあげたら、どっさりとパンフレットのようなものが届いた。高級シティホテルや高級旅館が特別価格で宿泊できるらしい。ディズニーランドも無料で行ける。これは有り難い。高額の年会費を取り戻せるかもしれない。プライオリティパスが使えないラウンジも使えそう。加盟して良かったかも。

アフターコロナも楽しもう。No Fun,No Life!


-----

今日もお知らせを。

YouTubeでの公認会計士試験受験生向けコンテンツ「公認会計士の仕事」シリーズの続編を公開しました。

今回の第4講から、「監査法人編」として、監査法人での仕事を説明していきます。まずは、「合格後、入所後」について説明しています。

この動画シリーズがキッカケで、「公認会計士の仕事も面白そう!」「公認会計士を目指したい!」と思う方が一人でも多くの誕生すれば嬉しく思います。

ご覧頂けた方は、「いいね」ボタンへのポチをお願いします!
第5講も近々公開予定です。興味ある方は是非、チャンネル登録をお願いします! SNS等でのシェア・拡散歓迎です。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
youtube_公認会計士の仕事

試験に出る哲学




難しいことを易しく説明することは、易しいことを難しく説明するよりも難しい。だから、会計入門書を読んで会計が分かる人は少ないと思うし、哲学入門書を読んで哲学が分かる人も少ないだろう。だけど、この『試験に出る哲学』はメチャクチャ分かり易かったし、面白かった。飲茶というペンネームの人が書いた『史上最強の哲学入門』以来の「アタリ」だと思った。哲学者でもないのに、よくこんな分かり易い文章が書けるなぁ〜と感心して読んでいたのだが、読後にググると佐藤優やそうそうたる作家・哲学者のライター・編集を務めている方だった。納得。東洋思想編も出たらしいので購入した。

-----

この本はすごく良い本なんだが、本書に掲載されている「センター試験」の過去問にはウンザリした。大学受験をしていないので、「センター試験」ってのを見たこともなかったが、こんな問題を高校生が解き、それによって評価されることに、何の意味があるんだろうか・・・と思う。ソクラテスやハイデガーが言ってることを「暗記」した者が勝ち、「暗記」できなかった者が負け、と判定される。そんなもの、「教養」ではなく、「強要」に過ぎない。教育ってなんだろ、と思う。

スタバで仕事をしていると、隣の席に大学受験生が座ることが度々ある。参考書に赤のマーカーを引き、緑の下敷きを上に載せて、ただひたすら単語、年号を暗記している姿を見ると、「そんな馬鹿げた事はやめて、恋愛しとけ!」と言いたくなる。言わないけど。暗記することを無意味だとは思わないが、そこで人生を評価されるシステムは間違えていると思う。文科省の傘下ではないところで、真の教育を提供するということを(コンサル業以外の)ポートフォリオの一つにしたい。

-----

第4回 YouTube Live やります!

6月14日(日)12:00〜12:45頃(@黒字社長塾チャンネルにて)

初の日曜開催!

今回のテーマは『武田雄治の出口戦略(EXIT戦略)』

第3回Liveで視聴者の会計士さんからリクエストのあった「出口戦略(EXIT戦略)」についてお伝えします。資産形成も人生設計も「出口戦略(EXIT戦略)」がメチャクチャ大事なのに、ほとんどの日本人がEXITを考えていないと思います。理詰めで成功・幸福を掴みたい人は是非ご覧下さい。

このテーマに関する質問、要望などがあれば、コメント欄か武田公認会計士事務所HP掲載の問い合わせ用メールアドレス宛にご連絡下さい。

黒字社長塾チャンネルに「チャンネル登録」をし、「通知」の設定して頂くと、Liveのリマインドが届くようです。


youtube live_Exit

Stay Positive

redwine


気が付けば5月最終営業日が終わってた。某上場企業で2〜3年前から携わっていた大型プロジェクトが5月末で終了。これまで常に何かしらの長期大型プロジェクトが複数稼働していたが、長期モノがゼロになったのは独立してから初めてではないだろうか。コロナウイルス感染症の流行の時期と被ったのも、タイミングであり、何かの神のお告げだろう。「いつまでも同じことやってねーで、セルフイノベーションを起こして、大気圏突き抜けろ!」と言われているのだ。

Stay Positive(ポジティブな気分でいよう)

今宵は、ワインエキスパート資格を持つ後輩会計士がフランスから買い付けて送って来てくれた赤ワインで独り祝杯。メドックのワインらしい。私の好みの香りとテイスト。気持ちよく酔った。

おつかれ、武田雄治。

Stay Thankful

ブルーインパルス


ブルーインパルス。写真は時事ドットコムより拝借。

医療従事者に感謝

-----

6月1日に各自治体より休養要請が解除されたことに伴い、ゴールドジムも6月1日から営業を再開するというリリースが出た。ようやくウエイトトレーニングが再開できる。

前も書いたが、ジム休館中は、YouTubeの「CALISLIFE自重トレ」というチャンネルで配信している自重トレ動画を見ながら、毎日朝昼晩とトレーニングを欠かさずに続けた。2ヶ月間こんな生活をやっていると、明らかに体型が変わってきた。このトレーニングの習慣は、ジムが再開しても続けると思う。体脂肪率は1ケタをkeepしておきたい。ちなみに、「CALISLIFE」の「CALIS」とはcalisthenics(キャリステニクス、自重トレーニング)のこと。

CALISLIFEに感謝

----

毎週金曜日はYouTube撮影日。9週目。スタッフから「ようやく慣れてきましたね」と言われる。私も、今日、ようやくカメラの前で喋ることに慣れてきたと感じた。

先日、YouTubeデビューから48日でチャンネル登録1,000人達成したが、この速度は相当早いらしい。チャンネル登録10万人を超えるものでも、1,000人達成までにはもっと時間がかかっているということを教えてもらった。登録者数は複利のように増え得ていくものらしい。

チャンネル登録1,000人達成を記念して、何かやろうという話になっている。過去のLiveを期間限定で配信するかも(またこのブログで告知します)。

登録者の皆様とスタッフに感謝

----

今朝の日本経済新聞1面に武田雄治。
半年前に出た本なのに、いまでも広告を出してくれるとは…。

中央経済社様に感謝


2020-05-29 10.00.13
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ