公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

明けましておめでとうございます

年賀状

2018年を振り返る

備忘的に。

●2018年の自分のgoogleカレンダーを振り返る。特段何も変わったことをしていない。

●仕事面に関しては、2016年末に「コンサル1.0」(滞在型コンサル)の新規契約を終了し、2017年から「コンサル2.0」(非滞在型コンサル)に完全移行した。2018年からは決算・開示・IFRS以外の仕事は断った。売上高は下がるだろうと思ったし、下がってもいいと思っていたが、今期は過去最高売上高を更新したし、来期も既に受嘱ベースで過去最高売上高を更新することが確実。嬉しい悲鳴である。来年は「コンサル3.0」(クライアント間のコミュニティ)への移行の種まきをしていこうと思う。

●来年は、さらに自分の専門分野にフォーカスし、自分のバリューを上げていくために、専門分野以外の仕事をさらに削ぎ落していく。黒字社長塾の新規受嘱は当面止める。バックオフィスサービスは経営の最前線から離れる。税理士法人も辞める(税理士も辞めるかも)。起業家支援のスタートアップエンジンの活動も当面止める。新規ビジネス投資も当面止める。自分がやるべきことに時間とエネルギーをつぎ込む。

●プライベート面に関しては、フェラーリを買ったことが一番大きな出来事だったかもしれない。中学生の頃から夢見て、数年前まで一生実現できないと思っていた夢が実現した。

●他方、大きな傷を負った1年でもあった。私の知人が癌になった。夏のこと、あまりにも長期にわたって体調不良が続いていたので私が病院に行くことを強く薦めた。大病院で検査入院するように言われ、その結果、癌が発覚した。それだけでもショックな話だ。何かチカラになれることはないかと、癌のことを相当勉強した。医者にも話を聴きに行った。癌が消えたという人にも話を聴きに行った。そして、その知人を陰ながら支えた。癌の手術の当日は見舞いに行けなかったが、手術の数日後に病院に見舞いに行った。そしたら、なんと、病院の受付で「そんな人はウチの病院にいない」と言われた。現時点ではこれ以上の詳述は伏せるが、信じられない嘘を付かれたのだ。体調を崩す前からそれなりにサポートしてきた人であり、裏切られる筋合いは全くない。なんでそんなことが自分の身に降り注ぐのか、降り注いだのか、さっぱり分からない。私が生きていた中で、この出来事ほど「意味が分からない」ものはなかった。

●すでに起きてしまった出来事は自分で変えられない。受け入れるしかない。しかし、それが起こったことの意味は何なのか、過去に対する「意味付け」については、自分で変えられる。だから「意味が分からない」で済ませるのではなく、その意味を考えに考えた。本にも救いを求めたし、友人・知人にも救いを求めた。

●数少ない友達には相当色んな相談にのってもらった。中には僕より一回り以上若い友達もいる。一回り以上若い秘書にも相談にのってもらった。相談した友達・秘書、全員が「信じられない」と絶句し、身を乗り出して私の話に耳を傾けてくれた。そして色んな意見や助言をもらった。コーチ役にもなってくれた。それには本当に感謝している。この場を借りて改めて御礼を申し上げます。本当にありがとう。あなたたちがいなければ私の心は折れていました。今回の傷を負ったことによって得たものは、僕にも真の友、大切にすべき友がいると神が教えてくれたことだ。

●そうやって、世の中には自分が理解に努めても理解できない人がいることを知った。とんでもない人がいることも知った。平然と嘘をつく人、上辺だけでモノをいう人、罪悪感のない人、責任感がない人、良心を持たない人、相手の気持ちを考えられない人、刹那的・短絡的にしか物事を考えらえない人・・・、そんな人が世の中には沢山いる。我々は「人間はみんな同じ」「人間はみんな平等」という教育を受けてきたけど、それは大きな誤解であり、「人間はみんな違うものだ」「差があることが当たり前なんだ」という教育をすべきなのだ。

●平然と嘘をつく人は、何か重いものを抱えているのかもしれないし、何かを守ろうとしているのかもしれないが、自分で嘘をついて人を騙しているという意識がないのだろう。しかし、嘘をついたことを隠すために、また嘘をつく、ということを繰り返すのではないか。そうやって自分だけの世界が築かれていく。周りの誰もが理解しがたい世界。それは人を傷付け、自分も苦しむことになる。人を怒らせ、自分も悲しむことになる。人を遠ざけ、自分も失うことになる。結果として哀れな末路を辿ることになる。それでも当人はその原因を死ぬまで気付かないのだ。周りからは狂気にしか見えない人を、普通の人間が理解することなどできないし、理解しようと努めると自分が身を滅ぼすリスクがある。そういうことも友が教えてくれた。

●いつも年末のこの時期になると、人生の5ヵ年計画を立てるのだが、どうも今年はそんな気分になれない。5年先どころか、1年先も見えない。明日も見えない。今日生きていけばそれでいいと思ってきた。ホントはそれじゃダメなんだろうけど。来年はどんな年にしたいのか、とよく聞かれる。フェラーリ以外に物欲は何もない。新たな仕事をするつもりもない。新たな出会いも求めていない。傷付きながら川を登っていくより、川の流れに身を任せて流れ落ちていき、いずれ大海に辿り着ければいいか、そんな気になってきている。年を取ると目が霞んでくるようだ。先が見えない。来年はハズキルーペを買おうか。

独り言はこれくらいにしておきます。
本年もこんなB面ブログをご覧頂き感謝申し上げます。

2018年 amazonアソシエイト・プログラムから売れた本

今年1月1日〜本日までに、このブログともう1つのブログから売れたもののランキングです。


Amazon



会計の本ばっかりですね。

どなたかは存じ上げませんが、「森永 ノンラクト 300g」の大量購入、ありがとうございました(^^;



2018年下期 良かった本

半期に一度のエントリー。

今年7月〜12月までに読んだ本の中で、良かった本をご紹介します。
(この期間に発売された本ではありません)





この本は今年読んだ小説の中では一番です。18禁のエロ私小説ではありません。人間の「正常」or「異常」について、真正面から、どストライクで問うた作品。完璧な人間なんていません。人それぞれに価値観・倫理観があるわけで、それを他人に押し付けたり、押し付けられたり、人の価値観・倫理観に迎合する必要はない。『夫のちんぽが入らない』という著者が、「普通」じゃないことに悩み、「正常」に苦しめられ、それを乗り越えていく。凡百の哲学書を読むより本書をオススメ(っていうと言い過ぎかな)。





精神科医岡田尊司氏の本は数多く読みましたが、本書は特にオススメ。「マインド・コントロール」というと何か悪いことのように聞こえるかもしれませんが、決してそれだけの意味ではなく、主体的に生きるか、受け身のまま生きるのか、という人生のコントロール術でもあると思います。佐藤優氏が本書の帯で『本書は21世紀の必読書である』と大絶賛しています。書評はこちら





今年は訳あって心理学関連の本を乱読しました。その中で最も面白かったのが本書。「虚偽と邪悪の心理学」という副題のとおり、「平気でうそをつく人たち」や「邪悪な行動をする人たち」の本質を明かしてくれます。なぜ人は平然とうそをつくのか。なぜ他人を欺き、自分をも欺くのか。何を隠し、何から逃げているのか。人間の本性を知ることができる一冊。書評はこちら



良心をもたない人たち (草思社文庫)
マーサ スタウト
草思社
2012-10-04


同じく心理学関連では本書も非常に面白かった。現在のアメリカでは25人に1人(人口の4%)が『サイコパス』だといいます。自分の周りに、良心や愛情が欠落したサイコパスのような人間が必ずいるということです。そして自分の中にもサイコパス的な邪悪な要素が潜んでいるかもしれません。他人を傷つけ、良心の呵責もなく、罪悪感もなく、短絡的に、冷淡に、自己中心的に生きていき、結果として哀れな末路を辿るのか、それとも真の幸せを生きるのか。『良心をもたない人たち』から学ぶことは非常に大きい。書評はこちら





来年はもっと読書に耽溺する時間を持ちたいと思います。

人生二度なし
良い本で、良い人生を!
No Fun,No Life !!



【過去に紹介した良かった本】
2017年下期 良かった本
2017年上期 良かった本
2016年下期 良かった本
2016年上期 良かった本
2015年下期 良かった本
2015年上期 良かった本
2014年下期 良かった本
2014年上期 良かった本
2013年下期 良かった本
2013年上期 良かった本
2012年下期 良かった本
2012年上期 良かった本
2011年下期 良かった本
2011年上期 良かった本
2010年下期 良かった本
2010年上期 良かった本
2009年下期 良かった本
2009年上期 良かった本
2008年 良かった本

leave for vacation

VAC


先日より南の国でぼんやり過ごしています。

この一年、色んな事があり過ぎました。
ちょっと疲れました。
しばらく、ぼ〜〜っとします。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。


【オススメ本】雑誌『BRUTUS』の「危険な読書」特集

BRUTUS


雑誌『BRUTUS』の「危険な読書」が今年もやってきた。
2016年が白、2017年が黒、2018年が赤の表紙。

今年は2016年、2017年版よりも遥かにバージョンアップしたような気がします。
冒頭の荻上チキ氏と武田砂鉄氏の対談なんて、最高。
"理系読書” という特集も最高。

dマガジンでも読めるけど、紙で買い直しました。
読書好きにはオススメです。

どんな本であっても、読み方次第では人生を変え得る危険性をはらんでいる。
読書は未知なる遭遇であり、思いもしなかった自分自身に出会う旅でなければならない。

世の中にはまだこんな本があったのか!
そんな驚きを求め、凝り固まった己の殻を穿つ、”弾丸”となり得る読書を楽しもうではないか。
(P20より。一部編集しました。)



(※ 上の写真はネットより拝借しました。)



コンサルの行方

先日、西野亮廣さんの本をオススメ本として紹介したところ、「なんで武田さんが西野の本なんて読んでんの?」といったようなことを何人かから言われました。行きつけの店のオーナーにも言われました。たぶん、多くの方が西野亮廣さんが今でもお笑い芸人として活動されており、私がタレント本を紹介したと思ったのだと思いますが、これには2つの誤解があります。まず1つは西野亮廣さんがビジネスの最先端を突っ走っているということと、もう1つは私はタレント本もめちゃくちゃ読んでいるということです。タレントさんが書いた本は、経営者が書いた本より面白くないですかね? 一般人ができない経験を沢山されてますし、一般人が書けないことも書きますからね。

私がキングコングの漫才を見たこともなければ、そもそも西野さんって方のコンビ名がキングコングってことすら忘れてたのに、西野さんの本を読んだ理由は何か。それは、ここに書かれていることが2019年以降のビジネスモデルになるだろうと(=つまり、最先端のビジネスモデルなんだろうと)思っているからです。

私は(以前も書いたことがありますが)アルビン・トフラーの影響を相当に受け、2005年に独立した時に「コンサル1.0」(従来型の訪問型コンサル)→「コンサル2.0」(非訪問型コンサル、ウェブ上でのクライアントとの双方向コミュニケーション)→「コンサル3.0」(クライアント間とのコミュニティ)へと展開・発展していくだろうというスケッチを描きました。独立した当時、そんなことを色んな人に語っていたのですが、「は?」という反応が大半でした。私も、こういう世界になるには10年かかると思っていました。

で、10年経って、2016年12月に従来型の訪問型コンサル(コンサル1.0)からは完全撤退しました。これも以前書いた通りです。2017年から「コンサル2.0」に完全移行しましたが、クライアントは減ることはなく、売上は倍増しました。

近い将来「コンサル3.0」がやってくるだろうと思っていましたが、近い将来どころか、既にそのプラットフォームがあったのです。それが「オンラインサロン」ってやつです。それをやり、その分野でトップに登り詰めているのが西野さんって訳です。「サロン」って聞くと、なにやら怪しげな集まりのようで初めは嫌悪感があったのですが、調べるとすごいビジネスモデルです。

私がオンラインサロンをやるかどうかはまだいえませんが、コンサルビジネスも変わるでしょうね。その先端には居ておきたいと思います。

ということで興味ある方が西野さんの本を読んで、オンラインサロンを申し込んでみてください。勉強になると思います。

silent night

台場


過去の日記を見ると、クリスマスイブに外出するのは5年ぶりでした。5年前は男4人で焼肉を食べていました。人が多い所が嫌いなもので、こういう日はほぼ自宅から出ません。

が、しかし…

今日は台場にいました。若いカップルが沢山いましたが、私はセミナーに参加するために。分かる方には分かると思いますが、あのセミナーに行ってきました。

数百名の皆様と感動を分かち合えるというのはなかなかいいものです。この聖なる夜に一生忘れることができない経験ができたというのは、神からの最大のクリスマスプレゼントです。


今年も、講師としてのセミナー登壇も多かったですが、受講者としてのセミナー参加も多く、セミナー受講だけでも相当の時間とお金とエネルギーを費やしたと思います。知識の差、教育の差が、人生の差になると思いますので、これからもその分野のトップの人から最良の情報を貪欲に吸収し、最短距離で目標を達成したいと思います。


(写真はセミナー会場より。画像が荒いですが、台場のレインボーブリッジと、その右側がフジテレビ本社。)

【オススメ本】ジョージ サイモン著『他人を支配したがる人たち』 (草思社文庫)

文庫 他人を支配したがる人たち (草思社文庫)
ジョージ サイモン
草思社
2014-10-02



先日紹介した『平気でうそをつく人たち ―虚偽と邪悪の心理学』(草思社文庫) 、『良心をもたない人たち』 (草思社文庫)に続き、”草思社文庫つながり” で本書『他人を支配したがる人たち』も読んでみました。

「平気で嘘をつく」→「良心をもたない」→「他人を支配する」…という ”心の暴力3兄弟” ココにあり、です。邪悪な人間から ”心の暴力” を受けて人生をボロボロにされないために、こういった心理学(認知科学、行動科学)の領域を知っておくのは有益かと。


原題は『In Sheep's Clothing』(ヒツジの皮をまとう者

新約聖書に出てくる「ヒツジの皮をまとう狼(a wolf in sheep's clothing)」(=うわべはいい人のふりをして、相手を意のままに操ろうとする者)から取ったタイトルのようです。


相手を意のままに操作する(manipulate)人のことをマニピュレーター(manipulator)というようです。で、このマニピュレーターは「潜在的攻撃性」というパーソナリティー(人格)を持っている(P20)。その名の通り、「潜在的」に「攻撃的」に人を操る人たちのこと。サイコパスは「潜在的」ではないため、厳密にはマニピュレーターではないようですが(P53参照)、「攻撃的」に人を操る意味では同じなので、本書を読む時はマニピュレーターもサイコパスも同じ括りで読んでも問題ないと思います。


では、マニピュレーター(manipulator)とはどんな人間なのか。第9章に書かれている、マニピュレーターの『戦術』は参考になると思いますので、以下に列挙しておきます。先日紹介したロバート・D. ヘア氏の『精神病質チェックリスト』や、『良心をもたない人たち』で紹介されていたアメリカ精神医学会の『サイコパス(反社会的人格障害)のチェックリスト』と比較すると、 ”心の暴力” を振るう人間の特徴が見えてきます。


▼人を操り支配する戦略と手法(第9章より、一部表現を変えています)
(1)矮小化
問題の矮小化を図る。自分のやったことなど取るに足らないものに見えかけようとする。

(2)虚言(嘘をつく)
目的のためならどんな手段も辞さないので、相手には必ず嘘をつく。嘘と判別しがたい巧妙な虚言を口にする。重要な言葉を伝えない事実をねじまげる意図して意味を曖昧にする

(3)否認する
悪意から人を害し、あるいは傷つけるような行為に及んだのが明らかにも関わらず、攻撃した本人がその事実を認めるのを拒む。場合によっては、犠牲者の方こそ問題ではないかと思い込ませる。

(4)選択的不注意
相手の警告・申し立て・願いをわざと無視する

(5)合理化
何をやろうとその正当性を相手に納得させる。攻撃者の良心も黙らせ、相手の口出しも封じ込める。

(6)話題転換
問題をすり替え、問題をはぐらかす。相手の目を自分の行動から遠ざけたり、相手の注意を逸らしたりする。

(7)はぐらかし
わざと曖昧にする。単刀直入な質問にも漠然とした返事をする。自分が窮地に追い詰められるのを避けたり、問題を意図的に回避したりする場合に使われる。

(8)暗黙の威嚇
ああ言えば、こう言う」弁舌にたけている。相手をゆさぶり、不安をあおり、一段低い地位に留め、支配したままにしておこうとする。あからさまな憎悪や脅しだと悟られない相手を守勢に追い込むことができる。

(9)罪悪感を抱かせる
相手の良心につけこんで、相手に罪悪感を抱かせる。特殊な威嚇法。

(10)羞恥心を刺激する
さりげない皮肉やあてこすりで相手の不安をかきたて、相手の能力や価値観に疑問を持つようにしむけたり、劣等感を煽ったりして、自分の意に従わせようとする。

(11)被害者を演じる
意図して不運な人間や傷付けられた被害者を演じ、相手の感情をかきたて、目的とするものを手中におさめようとする。

(12)犠牲者を中傷する
被害を受けているのは自分で、自分を守るために図らずもも闘いに応じるしかなかったと見せかけ、本当の被害者をさらに守勢に追い込む。

(13)忠実なる ”しもべ” を演じる
自分勝手な目的をあたかも崇高な理念に奉じているかのように取り繕う。ひそかに抱いている力への渇望や野心、他者を支配する地位を手にしたいという下心を隠蔽する。

(14)人をそそのかす
人を称賛して褒め、有頂天にさせる。相手の警戒心を解き、その信頼や忠誠心を自分に差し出させる。

(15)責任を転嫁する(他人のせいにする)
自分に向けられた非難を転嫁できる先をつねに探し求めている。スケープゴートを見つけ出すのにたけている。

(16)無実を装う
非難されるような行為はしていないと被害者を納得させる。

(17)無知を装う・混乱を装う
しらばっくれることにより、自分に向けられた相手の詰問の正当性を疑うように仕向ける。

(18)これ見よがしに威嚇する
怒りを(無意識の感情的な反応ではなく)入念に練った意図的な行為として表明する。人を威嚇して支配するという点では、これ以上ない手法である。


最終章(第10章)は、こういった人たちへの対処方法が書かれています。今後の自己防衛(防衛機制)のためには参考になります。こういった人たちは我々が考えられないような言動を取ります。「致命的な誤解は、人間は基本的にみな同じだという思い込み」(P193)をすることだと著者は警鐘を鳴らします。「相手がなぜこんな行為におよぶのか、それに対して ”深読み” をしたり、あれこれ思いを巡らせたりしてはいけない」(P205)、「相手の真意を知ることなどできるものではない」(同)のです。こういった人たちに流され、傷つかないために、我々にはコーチング力や交渉力など、それなりの「技術」を身に付けなければならないということがよく分かります。そういった力を身に付け、相手を知り、自分を知るためにも、 ”心の暴力3兄弟” は有益な本だと思います。

ひとりコンツェルン

出版記念セミナー


先日紹介した『大富豪サラリーマンの教え』という本の著者、MASAさんの出版記念セミナーに行ってきました。

昨年12月末までサラリーマンだったMASAさん。サラリーマン時代から不動産投資などの副業(MASAさんは「複業」と言っていた)をやり、総資産は20億円を超えたようです。独立した今年から、セミナー業、執筆業、飲食業などの事業も手掛け、今では一人で18法人を経営しているとか。「ひとりコンツェルン」というコトバが余韻に残っています。

独立して良かったことは、(税金が天引きされた余剰資金から生活するのではなく、経費が差し引かれた余剰資金に課税される生活になったことから)キャッシュや税金をコントロールできるようになったこと、自分の趣味を「事業」にできるようになったこと(=自分の趣味に没頭できる時間を持てるようになったこと)、自分の大切な人と過ごす時間をたっぷり持てるようになったこと・・・などを挙げていました。

私は独立して約15年になります。独立してから5年くらいは私も「ひとりコンツェルン」を目指してたような気がしますが、「自分の趣味に没頭できる時間を持てた」とか「自分の大切な人と過ごす時間をたっぷり持てるようになった」といった余裕はなかったような気がします。今回私がセミナーに参加して一番の気付きになったのは、MASAさんが(独立して1年も経ってないのに)「時間が余り過ぎてヒマになってきた・・・」というようなことも言っていたことです。1日2時間しか仕事をしないと公言して実践している私が、なぜ「時間が余り過ぎてヒマ」と言えないのか。大富豪と凡人の違いはココにあるんだろな〜〜なんて思いながら、2019年の時間の使い方を変えようと決断しました。
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■税務研究会主催
 2/22(金)@東京
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』



●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード