公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こう 〜東京・築地編

富士山

今年最後の東京出張。
新幹線からの富士山の美しさ。写真の上手さ。


-----

今日は、とある資産形成のセミナーに参加した。

「貴穀賤金(きこくせんきん)」といって、江戸時代から「穀物は貴く、お金は賤しい」という思想が日本人の根底にある。「お金は賤しいもの」「お金は汚いもの」「大事なのはお金じゃない」と思っている人は少なくないだろう。しかし、果たしてそうなのか。日本人の大半が「お金」に関する教育を受けていない。だから、収入の大半を浪費・消費・ローン返済に回し、資産を持っていない。なので、給与が下がり、物価が上がり、金利が上がり、税金が増えると生活できなくなる。

お金は、知識のない人から、知識のある人へ流れるものなのだ。自分や大切な人を守るために、フィナンシャル・インテリジェンスを真剣に学ぶべきだと思う。

今日のセミナーは3名の講師が登壇した。私のビジネスパートナーでもある。3名の総資産合計は優に100億円を超える。それほどの資産を持っている人は、人の5倍、10倍働いているのか。逆である。自ら労働するという考えがない。「自由」を誤解する人もいるが、何もしないことでもなく、何でもできるということでもなく、アーリーリタイアメントでもなく、自分が大切にするものに「限りある時間」を使うことができるということである。いつ終わるかも分からない人生を、自分と大切な人の「幸福」のために使うということである。「まず稼ぐ」と貧者の発想を捨て、「幸福」になることを考えるべきである。貯金を増やすことを考える前に、資産を増やすことを考えるべきである。今日の講師陣の話の共通点は、そんな話だった。

このセミナー、2部構成で、後編は2月に開催され、私が登壇する予定(但し、既に満員御礼)。今日の3名の講師とは違った切り口で、資産形成術を論ずるべく、今日のセミナーを聞きながら準備完了。


-----

夜、築地の『築地玉寿司 築地本店』2階に出来たばかりの『鮨 本店上ル』へ。

CPA会計学院の代表であり、公認会計士受験指導の第一人者である国見会計士(写真左)と、監査法人時代の同期であり、内部統制構築コンサルの第一人者である浅野会計士(写真右)と、武田雄治。夢の会食。

築地玉寿司



いきなり雲丹を手に乗っけてくれるヤツ、来たー。

築地玉寿司



なまこ、セイコ蟹、鮑、牡蠣。

築地玉寿司



握りも超美味かった。

築地玉寿司


これだけ食べて、思っていた値段の半額だった。また絶対に来るよ。

CPA会計学院は、先月の公認会計士試験合格発表において、合格者数は603名(占有率41.4%)を達成した。合格者数は(TAC、大原簿記を抜いて)2年連続でNO.1となった。国見先生がCPA会計学院で働き始めた時、合格者数は3名だったらしい。そこから20数年間、コツコツと努力を積み重ね、昨年NO.1となり、今年は更にぶち抜いた。この勢いは止められないと思う。ホントにすごいことだし、尊敬に値する。

CPA会計学院が運営する「CPAラーニング」は会員数が10万人を突破。近いうちに50万人を突破する見込みだという。こんなすごい人達と一緒に仕事が出来ることは有り難く、嬉しいことだ。浅野会計士も来年、「CPAラーニング」で実務家向けの内部統制の講義をやる予定。縁ある人間関係が深まっていき、それぞれの叡智を活かして、新たな価値創造が出来ることを「幸福」と言わずに何と言おうか。

先日、東証プライム上場企業の経理部門の方から連絡があった。「武田先生の『CPAラーニング』の経理実務講座を全経理部員で受講しました!」、「武田先生に会社に来て社内研修をしてもらいたいので、担当役員と交渉中です!」と。嬉しさの極みだ。

ブログ、SNS、YouTube、CPAラーニング、大学授業、執筆…と、大した益にはならないが、意味はある。多くの人に何らかのインスピレーションやインフルエンスを与え、感謝を頂くということが最大の報酬であり、生き甲斐でもあり、幸せでもある。これからも「限りある時間」を無駄にせず、幸せをつかんでいきたい。

ぷらっと倉敷美観地区→阿智神社

倉敷美観地区

朝7時に目が覚め、倉敷の美観地区を散歩。
土曜日だが、誰もいない。



倉敷美観地区

3度目か4度目の美観地区。いつ来ても美しい。
大原美術館に行きたかったが、朝7時台に開いているはずもなく…。



倉敷美観地区

鯉に恋する郡山。



倉敷美観地区

このカフェ、来る度に見惚れる。



倉敷美観地区

趣ある建物・景観が素晴らしいだけでなく、塵ひとつ、落ち葉ひとつ落ちていないところが素晴らしい。樹木の剪定もちゃんとされている。



倉敷美観地区

久々に三輪車を見た。
私が小学生の頃、水泳教室に行く道中でこんな車を見たことがある。



倉敷美観地区

伝統的建造物群保存地区。
街並みにふさわしくない行灯型の看板は撤去し、電線は地中化に埋め、伝統的な景観をも保護している。日本中が見習うべし。



阿智神社

昨夜会った友達がオススメしてくれた美観地区の一角にある阿智神社へ。



阿智神社

階段を登って境内に入ると倉敷市内が一望できる。
江戸・明治くらいに建てられた建物が立ち並ぶ美観地区の周辺には、意外にも高層マンションが建ち並んでいた。

小一時間ほどで美観地区をぐるっと廻った。


-----


朝のうちに神戸へ。

髪を切った。久しぶりのツーブロックに。
「キレイにメッシュを入れてるねー」と言われることがあるが、地毛だよ。

美容室

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こう 〜倉敷編

hiroshima

朝から広島へ。金曜日は大学の授業の日。
大学にもクリスマスツリー。

前々回の授業では、上場企業のディスクロージャー制度と近年の非財務情報開示への潮流などを説明し、前回の授業では、サステナビリティ・SDG's・CSR・ESGが求められている背景、それらが企業の開示に及ぼす影響などを説明した。経理、会計、開示に関心を持ってくれただろうか。

サステナビリティが経営の最重要課題のひとつとなった今、資本主義の在り方も見直されている。今日の講義はそんな話をした。リーマン・ショックの反省から、「株主資本主義」から「ステークホルダー資本主義」へと移行し、2020年のダボス会議では、「資本主義の再定義(グレート・リセット、The Great Reset)」が主題となった。山口周氏は『ビジネスの未来』という本の中で、長い近代が終わり「高原社会」に移行したという自説を展開しているが、これはどういうことを意味するのか。斎藤幸平氏は『人新世の「資本論」』という本の中で、「経済成長を諦めろ」と説いているが(=脱成長)、これはどういう意味なのか。今頃になって渋沢栄一の『論語と算盤』を範とする経営者が増え、同著が異例の大ベストセラーとなったのはなぜなのか。こういう話を考えることにより、サステナビリティの理解を深めてもらえただろうか。

今日も3時間の講義はあっという間に終了した。
 

-----

授業後、岡山で途中下車した後、倉敷へ。
年内にどうしても会っておきたい人がいた。


kurashiki

倉敷の美観地区の近くにある「藤と川蝉」という築100年の土蔵を改装したという素敵な建物のお店を予約してくれていた。



kurashiki

「倉敷炊き肉」という海鮮しゃぶしゃぶのような鍋を頂いた。かなり美味しかった。

彼女とは2年ぶりの再会。腹を割って話せる、というか、腹を割って話すべき数少ない友人のひとりだ。良好な人間関係を築くには、承認傾聴思いやりの3つが必要である。逆にいえば、良好な人間関係が築けないのは、この3つが欠けているからだ。相手の存在を承認し、傾聴に徹し、相手の関心に関心を持ち、フィードバックと分かち合いの時間を持つ。その先にしか真の人間関係はないと思う。相手をリスペクトすることもなく、人の話も利かず、笑顔もなく、いつも不機嫌そうな顔をしている輩と誰が友達になるというのか。

彼女とは全裸になって話せる仲だ。もちろん服は脱がないが。寒いし。話は尽きることがなく、4時間以上も話し込み、閉店時間になってしまった。もっと話をしたかったが、また来年再会しようと約束して今日は別れた。


理由もなく会えるのが友達。
理由がないと会えないのが知り合い。
理由があっても会おうとしてこない人は他人。
理由を作ってでも会いたいのが好きな人。
理由がなくても会うのが家族、守るべき人、大切な人。
明確に線を引いた方がいい。

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こう

マリオット都

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こうの日。
あべのハルカスのマリオットへ。ロビーに巨大なクリスマスツリー。

知人へ新生活のご報告など。
ショートケーキが美味しかった。


-----

夜、おかんと福島のPizzaの美味しいお店「パポッキオ」へ。


パポッキオ




私がじいちゃんに書いた手紙や、じいちゃんと撮った写真を、母が持っていたらしい。
今頃になって見せてもらった。
懐かしい。
七五三の時の写真だろうか。

武田雄治

そんな時代もあったねと。
めぐるめぐるよ 時代はめぐる。

トキリ

wework

先日エンジェル投資をした投資先の社長から、増資後の報告を兼ねた打ち合わせと食事のお誘いを受け、某WeWorkへ。社外取締役とも初めてお会いしたが、9月に私が加入した「Lautsu(ルーツ)」というスタートアップ支援の専門家集団のメンバーだった。ひょんなところで人の縁が繋がって、点と点が線になっていく。

打ち合わせの後、役員の皆様と食事。社長から「鳥貴族でいいですか?」と言われ、「いいですよ」と即答したが、120%ギャクだと思っていた。ウン百万も出資した株主だぜ。何かのサプライズがあるに違いないと、黙って彼等に付いて行ったら、ホントに鳥貴族に入っていった。

「株主様からお預りしたお金を1円たりとも無駄にできません」と。

ほー。

人生初のトキリに行くことになったが、満足度とコスパの高い店だった。


wework

美人COO。許可を得て掲載している。

まだまだ課題満載のスタートアップだが、コツコツとやっていくしかない。5年、10年かけて、社会の課題を解決する企業になって欲しいと思う。



御堂筋イルミネーション

ぷらっと沖縄 〜南城市のカフェ、知念岬、たくさんのお祝いありがとう

BE NATURAL

沖縄の友達ファミリーが、南城市にあるステキなカフェに誘ってくれた。「BE NATURAL」というお店。とんでもなく細い道を登った高台にポツンとある一軒家のカフェ。



BE NATURAL

入口までの砂利道。小鳥のさえずりしか聞こえないような場所だが、店内は満席だった。



BE NATURAL

ランチメニューは「おまかせコース」の一択。
地元の魚や食材を中心に使った料理を提供してくれる。サラダ、パスタ、鮮魚ソテー、パン、デザートまで、全てが美味しかった。これだけ出てきて1800円位だったと思う。安すぎる。

かなり気に入った。また来る。




知念岬

食後、カフェの近くの知念岬を散歩。
曇り空だが空気が澄んでいて気持ちよかった。
こんな場所、といっては失礼だが、外国人観光客も多かった。
Youは何しに知念まで??




okinawa

今回の来沖で、ほぼ移住の手続きは完了した。あとは引っ越しのみ。この数日で何やかんやと多くのお祝いを頂いた。音楽好きの私のためにCDを編集してくれたのも嬉しい。CDを聴いたのは何年ぶりだろうか。数年ぶりにCDデッキの電源を入れたよ。手書きの手紙(ハガキ)は何通もらっても嬉しい。愛を感じるよ。美味しそうな赤ワインもありがとう。自宅でゆっくり嗜みたい。甘いものが好きなのでお菓子も嬉しい。赤ワインと一緒に頂こう。いつか買いたいと思っていたマリンブルーのやちむんは超うれしい。ウミガメの模様がいいね! すぐに使い始めた。

持つべきものは友だ。ありがとう。
引き続き、よろしくです。
共に楽しもう。
No Fun,No Life!!

ぷらっと沖縄 〜ローン契約とか、沖縄そばとか

納税思想

この写真はネットから拝借した。

「普通」に基準はないのだから、自分の物差しで他者を見る人べきではない。しかし、「考える」ことを放棄し、主体性や自律性をも放棄し、おかしいことをおかしいと思わず、他者や全体に染まっている人には嫌悪感しかない。

「異様な光景を嘲笑う『自由』を忘れてはならない」(山本七平『「空気」の研究』P169)。

----

住宅ローンの契約の準備として、住民票や印鑑証明書や納税証明書を用意して欲しいと銀行から言われた。

先週、大阪の税務署に行って、納税証明書の申請をしたら、奥から税務職員が飛んできた。「武田さん! 沖縄に住民票を移しましたよね!? 県外に出られたら納税証明書は発行できないんですよ!」と。「は? 大阪で納税したんだから、納税証明書くらい出せるでしょ?」、「いや、出せないんです。沖縄の税務署に行ってください!」、「いやいや、ここで納税したんだから、データはあるよね?」、「はい、データはあります」、「じゃ、ここで証明書を出してくれたらええやん」、「いや、住民票のあるところでしか出せないんです」、「なんで?」、「ルールなので」、「データはあるんだよね?」、「はい」、「出して」、「出せないんです」・・・の問答。

アホちゃうか???

仕方ないので、今日、沖縄の税務署へ行って、納税証明書の申請をしたら、奥から税務職員が飛んできた。「武田さん! いつ沖縄に住民票を移しましたか!?」、「最近ですが」、「納税証明書、すぐに出せないんです!」、「は? 大阪の税務署に行ったら、沖縄の税務署でしか出せないって言われたんやけど?」、「・・・1時間位待ってもらえますか?」、「なんで?」、「大阪からデータを取り寄せないといけないんです」、「は?」、「大阪からデータを取り寄せて、こちらで証明書を作成するのに最低1時間はかかるので…」、「は?」、「電話番号教えてくれたら電話しますので、どこかで時間を潰しておいてもらえましたら…」

アホちゃうか???

1時間後、電話がないので、再び税務署の窓口に向かうと、奥に座っていた税務職員が私を見付けて、「あ、武田さ〜ん! いま、大阪からデータが来ましたよ〜」と大喜び。「いまから証明書作るから、あと30分待ってね!」と。

憎めない沖縄県民。急がない沖縄タイム。

異様な光景を嘲笑う『自由』を忘れてはならない。

納税証明書の受け取りに90分も待たされるとは思わんかったぞ。


-----


okinawa

ってなことがあったが、ぎりぎりで書類を整えて、銀行にてローン契約完了。

これから長期のお付き合いになると思うし、住宅ローン以外にもお世話になるつもりなので、法人口座の開設も行った。預金も税金も沖縄へ。ゼロから信頼を築いていくために、やれることはやり尽くす。




okinawa

もう1年前から何度も通った沖銀のトイレ。
こういうの好き。


-----

今日も沖縄そばの気分だったので、安里駅近くにある「つばめ御茶屋御殿」というお店に行った。元々宮廷料理屋さんだったらしく、えらく立派な構えのお店で、店内には先代のコレクションである美術品が並んでいた。ただのそば屋ではない。

沖縄そば

ちなみに「すば」とは、沖縄で「そば」の意味。

鰹と昆布を合わせたあっさり上品なスープ、喉越し良いそば、泡盛で煮込んだ三枚肉、奥深く美味しい沖縄すばだった。こりゃたまらん。


沖縄そば


年末までに「沖縄そばランキング」と「沖縄ハンバーガーランキング」を付けようと思い、色んな店を食べ歩いてきたが、どの店も美味しくて甲乙付けがたい。それぞれ1位だけはFIXされているが、2位以下は決められず。うまいもんはうまいのだ。年末までに整理して、ブログで公表します。

ぷらっと沖縄 〜the beginning of my new life

okinawa

沖縄来る前は大雨の予報だったが、なんのことはない。
朝から真夏のような天気。25℃。Tシャツで十分。

昨日食事をした公認会計士の後輩 寺村さんは、10年くらい前に仕事でお会いしてからの縁で、それ以降、ブログをずっと読み続けてくれているだけでなく、私が日本公認会計士協会で登壇した会計士向けのセミナーに参加してくれたり、沖縄オフィスを訪ねてくれたりと、「追っかけ」をしてくれている。

こんなおっさんの深夜の独り言のようなブログの何か良いのかを聞いたら、一言一言に重みがあり、刺激をもらっていると。「武田雄治 名言集」のようなものまで用意しており、いつでも書籍化できるらしい。書籍化しても売れないと思うので、名言が365個たまったら「日めくりカレンダー」にして欲しい(もっと売れないか…)。

寺村さんがこれまでで最も刺激を受けたコトバは「人生は劇的にしか変わらない」らしい。色んな成功者が言ってるコトバであるが、このブログに数年前から書き続けているような気がする。人生は、ドラマチックに、ダイナミックにしか変わらない。

自分の人生を変えてきた人(=成功に導いてきた人)に共通することは、自分の意志で、圧倒的な努力をし、チャンスの女神の前髪をつかみ、成果を出してきた人だ。成果が出るには10年、20年かかることもあるが、大きな成果は、ある時、ある瞬間に、劇的に手に入るものだ。

過去の延長上に生き、未来も今の延長上にあると思っており、それを正しいと疑わないばかりか、今のコンフォートゾーンに浸って他者と変化への批判ばかりしている正義中毒者、ノイジーマイノリティ、ネガティブモンスターは、人生が劇的に良くなることもなければ、劇的に悪くなることもないだろう。しかし、人生を劇的に変えたいならば、そういうモンスターと付き合ってはならない。自分が目指す人と環境を共にしなければ人生は絶対に変わらないと断言する。未来は選択するものであり、今の延長上にはない。

とんでもない成果を出し続けている人は、自ら環境を選択し続け、劇的な変化を繰り返して昇りつめた人なのだ。前も書いたが(人生を変えるには)願望が9割、人の縁が9割だ。足したら10割超えてるが、そんなことはどうでもいい。高い願望を描き、いかなる手段を使ってでも成功者に会いに行く。そうすればチャンスは舞い降りてくる。

寺村さんをはじめ、何人かの公認会計士の後輩が何らかの手段を使って会いに来たが、そういう行動者たちは、そんじょそこらの同業者を寄せ付けない成功者になるのだ。古今東西のあらゆる成功者が言っている成功哲学であり、原理原則であり、真理である。

私も、今回沖縄に来たのは、チャンスの女神の前髪をつかむためだ。むんずとつかんだ。再び、人生は劇的に変わっていくに違いない。これも願望であり、人の縁だ。色んなご縁に感謝しかない。


----

夜、ご近所さんと合流。我々にとって沖縄No.1のお店「加藤食堂」へ。今日はどうしても加藤食堂でご近所さんと一緒に祝杯を浴びたかった。店主の作る料理は何を食べても美味しいし、店主の奥様(トモさん)のチョイスするワインはどれも最高。完全移住したら毎月来るだろうな。今日も閉店間際まで楽しく過ごし、最高に気持ち良く酔った。


加藤食堂




ご近所さんにも(昨日寺村さんにも差し上げた)「No Fun, No Life」のTシャツをプレゼントしたら、「ゲンキ」Tシャツを頂いた。めっちゃいい感じ!

ゲンキ


「幸せとは、考え、言葉、行動、すべてが調和している状態のことである」(マハトマ・ガンジー)

幸せになろう。その幸せが他者に伝染する。だから自分を大切に。自分の人生をドライブするのは自分しかいない。自分の意志で弾を撃ちまくる人生であれ!

No Fun, No Life!!

ぷらっと沖縄 〜朋あり遠方より来る、牡蠣、チャタンビール、花火

okinawa

公認会計士の後輩寺村航さんが沖縄まで会いに来てくれた〜。
嬉しい〜。ありがとう〜!

御礼に(個人用に作った)「No Fun, No Life」のTシャツをプレゼント。


okinawa

北谷の「SEAFOOD HOUSE PIER54」にて。
チャタンビールで乾杯し、オイスターを山盛り食べた。
満足じゃ。



okinawa

土曜の夜は花火。
12月も1月も毎週打ち上がるよ〜!



okinawa

限られた旅の時間の中、わざわざ北谷まで会いに来てくれて、ありがとう! 楽しく、思い出に残る1日になりました。またワーケーションにお越しください!


(※ 写真は許可を得て掲載している)

再び広島 〜2度目の大学講義、藤い屋のもみじ饅頭

hiroshima

1週間が早い。
再び広島で講義。

先週、上場企業のディスクロージャー制度や、近年の非財務情報開示への潮流などを説明した。その上で、ホームワークとして、々イな上場企業のIRサイトを閲覧し、どのような「最終成果物」を公表しているのかを確認し気付いた点をまとめる、好きな上場企業の有価証券報告書をEDINETで検索し、どのような内容を開示しているのかを確認し気付いた点をまとめる、の2点のレポート提出を課した。

出席を取らない代わりに、レポート提出を出席点としているため、ほぼ全員がレポートを提出した(1人は受講を取り下げた)。約2割の学生が非常に良いレポートを出してくれ、うち1人は学術論文レベルの優良レポートだった。

多くの学生にとって、上場企業の「最終成果物」や「有報」の閲覧は初めてだったと思うが、簿記や会計や監査の学習をする前に、そのような開示物を先ずは知るべきだと思う。ここから何を感じたか、何に気付いたか、それが学びだと思う。

レポートは授業後に熟読させて頂いた。「統合報告書」は、カラーで写真も多く、親しみやすく、内容も分かり易いが、「有報」は無機質で形式的で何が書いてるか分かりにくい・・・など、正直な意見は微笑ましいが的を射ている。「こんな多くの最終成果物を公表することに意味があるのか?」、「投資家は全部見ているのか?」といった意見もあった。いい意見だ。そう、意味がないし、見てもいない。そんなものを大量に作成しているのが問題だと私も思うのだ。

ある学生から質問を頂いた。「EDINETは2001年から稼働したようですが、それ以前はどうやって有報を閲覧していたのですか?」と。素朴な疑問でいいね! 「大手書店に『有報』ってコーナーがあってね、有報は本屋で買ってたんですよ」というと一堂目が点になっていた。「君たちが生まれたのは2000年頃だと思うから理解できんと思うけど、インターネットが普及したのはその頃で、google先生が日本にやってきたのは2001年なんです。私が大学生の頃はインターネットを使ったこともありませんでしたので、図書館か書店で『有報』を閲覧してましたよ」と説明しながら、時代の違いをしみじみ。

今日の授業は、前回の続きとして、昨今の四半期開示義務見直しの論点、サステナビリティ・SDG's・CSR・ESGが求められている背景、それらが企業の開示に及ぼす影響などを説明し、近年、上場企業に(環境問題、人的資本、ダイバシティ、人権問題といった)非財務情報の開示が求められるようになった理由について考えてもらった。

こういう話をキッカケとして、関心の幅を広げて欲しいと思う。


-----

今日もあっという間の3時間の講義が終了。

明日から沖縄なので、日帰りで大阪へ。

広島駅で藤い屋のもみじ饅頭を1つ買って、新幹線で食べた。美味しい。

先週の2daysセミナーから今日まで、珍しく突っ走ってきたが、明日から少しゆっくりしようと思う。


藤い屋


武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ