公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

考えない練習

考えない練習 (小学館文庫)
小池 龍之介
小学館
2012-03-06



私のビジネスパートナーが旧友と再会したら、その友達は10年以上にわたって鬱状態で、今では薬がないと寝ることができない状態だったという。根本的な原因は薬で解決できないと思うので、自分で乗り越えないといけないだろうが、そう簡単に乗り越えることができないことも理解できる。私も鬱病を経験したことがあるので。

今でも時々、鬱状態に陥ることがある。そんな時に、読書友達が紹介してくれたのが『考えない練習』という本。単行本版も含め30万部を突破したベストセラーの文庫版。著者の小池龍之介氏は、東京大学在学中に西洋哲学を先行していたという僧侶。

悩み事を抱えている人、考えすぎで疲れている人には、いいかもしれない。

-----

冒頭から、こんなことが書かれている。
思考を操れずに「考えすぎる」せいで、思考そのものが混乱して、鈍ったものになってしまいがち(P7)

考えすぎるから、思考が鈍るんだぞー! っと。

多くの方が年を取るにつれ「最近は年月が早く過ぎてゆきますからねえ」という話をするようになる元凶は、現実の五感の情報(データ)を、過去から後生大事に蓄積してきた思考のノイズによってかき消してしまうことに他なりません
(略)
この「思考病」、思考という病にかかりながら、少しずつ知らず知らずのうちに「無知」になり、呆けていっている(P27)

過去のデータに支配され、現実を見てないと、呆けるぞー! っと。

じゃあ、(正しい)思考とは何なのかというと、「無駄なエネルギーを使わない思考」(=その時に最も適切な必要最低限のことだけを考えて、無駄な思考や空回りする思考を排除すること、さらには煩悩を克服すること)だという(P30〜)

そのためには、感覚に(受動的にならずに)能動的になることを薦めている(P34〜)。例えば、「見えている」という受動的な状態ではなく、「見る」という能動的な状態に変える。「聞こえている」という受動的な状態ではなく、「聞く」という能動的な状態に変える。そうすることによって、多くのノイズに分散してしまった意識を、いま、なすべきことに絞って集中させることができるようになる(P37)。恋人と話をしている時は、仕事のことは考えず、「聞く」ことに意識を向けて集中する。著者は、これを「五感を研ぎ澄ます練習」だという。つまり、頭で考えるよりも、(目・耳・鼻・舌・身という)五感を使うという訓練。ちなみに、著者は、頭しか使わないことを「脳内ひきこもり」と表現している。表現が面白い。

これを読んだ時に、ショーペンハウアーの『読書について』という本の中で、「ほとんどまる一日を多読に費やす勤勉な人間は、、しだいに自分でものを考える力を失って行く」、「精神も、他人の思想によって絶えず圧迫されると、弾力を失う」と書かれていいたことを思い出した。

五感を横に置き、「脳内ひきこもり」になると、思考も精神も失われ、心の充足感も失われることになりかねない。不安、イライラ、怒りといったネガティブな思考にあるときは、「脳内ひきこもり」になっている可能性がある。一度、立ち止まって、自動反応を食い止めた方がいいかもしれない(P51 参照)。

-----

本書で赤線を引きまくったのは最終章(第8章)。

自分が相手の「ノイズ」になっていないだろうか。親切心という名の下の押し付けになっていないか、優しさという名の下のお節介になっていないか、自分の意見は正しいという思い込みになっていないか、自分は素晴らしいという錯覚に陥っていないか。

逆に、相手が「ノイズ」となり、自分の思考や精神を奪われることもある。「自己肯定感」という本を読み漁っている「自己皇帝感」が満開な人たちが、人の心の中に土足でズカズカと踏み込んでくることがある。岸見一郎氏もいうように、それが対人関係のトラブルの原因となる。

どちらの場合も、自分を客観視することが大切。そのためには、自分の心をコントロールし、「五感を研ぎ澄ます練習」から。まさに仏道ここにあり。

もっと遊べ。もっと楽しめ。

1週間が7日間で、土日が休日というのは、よく考えられてるなぁと思う。祝日があるだけで1週間のペースが崩れる。人混みが嫌いなので出かける気にもなれないが、生活リズムを崩さないように、とりあえずスタバで2時間仕事して、ジムに行って、サウナに入り、残りの時間はオフィスで読書に費やす。日が暮れる時間からオフィス周辺はハッピーアワーが始まるが、ジム通いをはじめて26年、「筋トレした日はビールを飲まない」というルールは守り続けている。筋トレした後のビールは美味いに違いないが、筋肉がつかないのだ(経験則による)。

-----

連休中、友達から写真が送られてくる。

まず一人目は、サウジアラビアから。サウジアラビアは、昨年9月に観光ビザが解禁された。最近仕事を辞めて失業保険受給中なのに、サウジかよ! 元旦にはミャンマーで初日の出を見ていたと思ったら、サウジかよ!

サウジアラビア


別の友達(自営業者)は、イースター島から。チリのサンティアゴ経由でイースター島入り。「めっちゃ遠かった〜」というメッセージ付き。そりゃ遠いわ。 さらにボリビアに向かい、ウユニ塩湖まで行くとか。湖面でジャンプしてる写真を送ってくれ。2週間程帰るつもりないようだ。あなた、仕事は!?

イースター島


最後はヨルダンから。ペトラ遺跡。なんでこんなところに日本人!

ヨルダン


そこそこ自由に生きているつもりの私も、旅をしている人には嫉妬する。他人と比べるつもりはないが、自分の知らない世界を歩いている友が身近にいることに嫉妬する。

堀江貴文さんが、こちらのサイト「本気で人生を遊び尽くせ」と言ってる。「常になにか理由を持ち出して、自分ができないことの言い訳にしている人こそ、人生を無駄にして生きている人だと思う」とも。禿同。嫉妬するならチケット取れよ! サウナに浸ってる場合か! と自分に言い聞かせる。

-----

旅友から、町田康さんの『しらふで生きる』というエッセイを薦めてもらった。30年間、1日も休まずに酒を飲み続けたのに、ある日(平成27年12月末日)「酒を飲むのをやめよう」と思い、そこから酒を断ったという話。以上。

それだけで1冊の本になるんだから、小説家ってすげーなーと、またも嫉妬した。これだけブログを書いてるが、どんなに努力したって私は小説家にはなれないと打ちのめされた。「酒をやめた」ってだけで10万文字も書けるか!

と、酒でも飲みたい気分を抑え、チケットを手配した。
もっと遊べ。もっと楽しめ。




【セミナー案内】 税務研究会主催 決算早期化セミナー 初の2days開催! 2020/1/28(火) 〜1/29(水) @東京

毎年開催しておりました税務研究会主催の決算早期化セミナーですが、今回、初めて
2日間連続開催!
をすることになりました!


・1日目は、【理論セクション】として、決算早期化・効率化・標準化、残業削減(働き方改革対応)、監査効率化・・・といった話のほか、「真の経理部とは何なのか?」、「経理部をどう進化させるのか?」って話もしていきます。(6時間開催)


・2日目は、【実践セクション】として、架空の上場企業を想定、その試算表のデータを用いて、どのようにアウトプット資料を作成するのか、どのように財務分析を実施し、分析結果をドキュメントするのか、どうやって監査や開示に備えるのか、といった一連の決算・開示業務を解説していきます。(3時間開催)


従来から実施していた【理論セクション】の講義に加え、今回から【実践セクション】を加えましたので、具体的に決算・開示実務をどのように実践するのかについても体感して頂けるようになりました。この2日間開催は、東京会場のみになる可能性が高いため、是非この機会にご参加頂ければと思います。



▼『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』 開催概要
■開催日: 2020/1/28(火) 〜1/29(水)
■会場:JR東京駅近く 鉄鋼ビルディング
■講義内容:
  【理論セクション】
  1.決算早期化を実現している会社の特徴
  2.決算早期化を達成できない原因と解決策
  3.決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方
  4.決算早期化を実現するアウトプット事例
  5.決算早期化を実現する「決算業務のマクドナルド化」
  6.IFRSに備えた決算早期化
  【実践セクション】
  1.決算早期化を達成するための「経理・決算の仕組み」の作り方
  2.アウトプット資料の作り方
  3.財務分析の実施
  4.エクセルの使い方

  (※最新情報をご提供するため内容・順序は変更する可能性があります)


▼本セミナーの詳細・お申込みはこちら
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』




セミナー来場者には拙著『決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉』を進呈
  (セミナーテキストとしても使用します)


自分の人生を生きる権利

昨日、「ストレス」を抱えている状態は幸せとはいえないと思う、というようなことを書いた。その前には、2020年はストレスのない生活をする(=ストレスになることはやらない、ストレスを感じることを避ける、ストレスを感じる人から逃げる)とも書いた。この1〜2年、ストレスに晒されまくってきたから。

しかし、ストレス学説の生みの親ハンス・セリエ(Hans Selye)は、「ストレスを避けてはならない。それは食べ物や愛を避けるようなもの」というようなことを言っているらしい。ストレスを「避ける」のではなく、質のいいストレスを「選ぶ」ことが必要らしい。質の良い食べ物を選ぶように。自分にとって必要な人だけを愛するように。なるほど、と思った。


▼ストレスのない人生に必要な十ヶ条
ストレスのない人生

辻仁成さんのTwitter(@TsujiHitonari)より。以下同じ。


上の『ストレスのない人生に必要な十ヶ条』の中に、「スマホを手放す」とあるのは面白い。今読んでいる鈴木祐著『最高の体調』という本にも、ストレス対策として、スマホを遠ざけるべきと書かれている。私自身、毎日スマホを利用しているが、LINEやSNSの時間が長くなると「廃人」になりそうな感覚になるので、デジダルデトックスをしてできるだけ画面を見る時間を制限するようにしてる。こういうものに依存していると、一瞬で時が経ち、楽しいかもしれないが、色んな意味でストレスが溜まる。ちなみに、この本には、1年におよび「デジダル断食」をした若者が、仕事のモチベーションを取り戻し、生産性が激的に上がったという事例が載っている。確かに(断食をしなくても)デジダルデトックスをしただけでも生産性は激的に上がる。仕事・読書の最中はスマホを手元に置かなければいい。


人に期待しない

ストレスを溜めないためには、他人に期待しないこと。期待をするから、ストレスや怒りが生じる。何も期待していなければ、ストレスも怒りも生じない。私の友達で「ストレスを感じることなんて無い」と言い切ってる人がいるけど、この人ほど(良い意味で)マイペースで、マイウェイな人はいない。こういう生き方を見習らなければならないと思っており、実際にモデリングさせてもらっている。


▼自分を守るための十箇条
自分を守る

結局は、自分の人生も、自分の身体も、自分の財産も、自分で守るしかない。他人に振り回されず、他人の歯車(犠牲)にならず、他人との「境界線」を引くことが大切だと思う。たとえ、それが家族・同僚・恋人といった身内のような存在であっても。自分は、自分の人生を生きる権利があり、選ぶ権利がある山竹伸二氏のいうところの「空虚な承認ゲーム」(=他人の気を使うコミュニケーションのこと)から解放され、「ありのままの自分」を認め、「ありのままの他人」を認めるべきだと思う。そして、とことん自分を愛すべきだと思う。


生きる権利

かつての仕事仲間と再会

CPA


トキオ2日目。
今日は公認会計士の友達とランチ。

私は(IFRS導入支援の仕事を除いて)1人で仕事をしているが、数年前まではチームで仕事をしていた。その時の仕事仲間と青山のオシャレなレストランで久しぶりの再会。一緒に仕事をしていたのは9年前だというから、時が経つのが早いと改めて思う。そりゃ私の髪も白くなるわ。

彼は、かつて決算早期化支援も手伝ってもらったことがあるので、私の書籍に載っていることを一通り手を動かして実践してくれた数少ない公認会計士。私の経理に対する理念や使命みたいなのも理解してくれているし、今でも想いを共有できるのは嬉しい限り。

そんな彼が、上場企業の経理責任者として内部からメスを入れる仕事をしてきた経験も持っているので、話の一つ一つが参考になった。「監査法人のクライアントへの事業内容や事業モデルへの理解が低すぎる」、「監査の品質よりもサービスレベルが低い」という趣旨の話は深く共感できる。監査法人は、座学の研修時間を増やすより、監査人にリッツ・カールトンやディズニーランドで本物のサービス、本当のサービスを体感させるべきだと私は思う。独立性云々の前に商売人たれ。

今日会った彼も、昨夜会った平松ゼミの後輩も、「『知のMAP』に興味がある」と言ってくれたのは驚いた。2人とも私のブログを昔から読んでくれているらしく、私が「知のMAPを描きたい」と書いたことを記憶してくれていたらしい。「知のMAP」プロジェクトは今でも継続中。終わりなき旅。「知」の全体像をMAPとして1枚のパワーポイントにまとめ、社会に残りたい。完成するのにあと何十年かかるか分からんが、この世に生まれてきた限りは社会に足跡を残しておきたい。その足跡は会計としてのそれではなく、「知のMAP」だと思っている。

食事中に、彼がポロっと、「僕の中での幸せの定義は『ストレスゼロ』の状態にあることなんですよ」といったヒトコトが余韻に残る。幸せの定義は人それぞれだが、『ストレス』を抱えている状態は幸せとはいえないと私も思う。自分が自分らしく、ストレスゼロで打ち込めるものって何だろうか。仕事をしなくていいなら何をするだろうか。彼はサポーターとしてサッカーの応援をすることだという。私は旅をすることだと答えた。旅をしながら、本を読み、ノートに向き合い、知のMAPを編んでいく。それだけに没入できたら幸せだろうなと、つくづく思った。一度しかない人生、ひとつのモノを完成させるということに時間を割きたいものだ。

初トキオ

Starbucks


今年初のトキオ。
新大阪駅のスタバでコーヒーを買って、新幹線に乗り、スリーブ(段ボールカバー)に新幹線の絵が描かれていることに気付く。マニュアルで動いていたらこんなサービスは出来ないよね。



鰻重


ランチは、パートナーと日本橋でうな重。


ホルモン


ディナーは、平松ゼミの後輩と銀座でホルモン。


どちらも美味かった。
久しぶりに一日二食食べた。
新年感全開。

バカがまた壁を作っている。

新しい年を迎えて1週間。

昨年の1月7日に続き、今年も1月7日に宝島社が強烈な見開き広告(意見広告)を掲載していた。

上が日経新聞。下が朝日新聞。
(画像は宝島社HPより拝借した)


宝島社1

次のジョブズも
次のケネディも
次のアインシュタインも
きっと、女。


未来は、女の側にある。本当のところ、世界は停滞も閉塞もしていない。しているのは、エライおじさんたち。変化を嫌い、新参を排除し、現状維持に奔走した結果、彼らは毎週のように謝罪会見を開いている。そこからはもう、何も生まれない。世界を変える新たな何かは、既得権から解放され、遠慮や忖度や前例を知らない女たちから生まれるだろう。好奇心も自由も、女の得意技。彼女たちにこそ、未来は微笑む。


宝島社2

ハンマーを持て。
バカがまた
壁を作っている。


こんどの壁は、見えない壁だ。
あれから30年。ベルリンで壁を壊した人類は、
なんのことはない。せっせと新しい壁をつくっている。
貧富の壁、性差の壁、世代の壁…。
見えない分だけ、やっかいな壁だち。
そろそろもう一度、ハンマーを手にする時ではないか。
私たちはまた、時代に試されている。



昨年の企業広告のテーマは「嘘」だった。昨年は世界中で嘘・フェイクが蔓延していた。

今年の広告のテーマは「女性」

「女性活躍推進法」が施行されて、はや5年らしいが、日本の女性進出率は低い。女性公認会計士の比率は15.0%。上場企業の女性役員比率は3.8%。WEFの世界「男女平等ランキング2018」では、日本は110位でG7ダントツの最下位

『世界は停滞も閉塞もしていない。しているのは、エライおじさんたち。変化を嫌い、新参を排除し、現状維持に奔走…』

これが、日本のアチコチで見られる光景。そして、私が一番視界に入れたくない光景。

先日も書いたが、「老兵」が社会・組織の上層部に居座っている状況が長期間続いていることが、日本から新しいプレイヤーが生まれない原因であると思っている。

こういうおかしな光景に慣れてしまってはいけないと思う。今回の宝島社の広告も、昨年同様に「立ち向かえ!」という強いメッセージを感じる。ベルリンで壁を壊した人たちのように。

とはいっても、現実的なところ、自分がこの国で新しいプレイヤーになろうとは全く思わない。私は、既得権益やエライおじさんたちに立ち向かうよりも、その環境を変えることを選択する。次のジョブズも、次のケネディも、次のアインシュタインも、きっと日本からは生まれないと思うから。

-----

広告といえば、元日の新聞に掲載された、そごう・西武の全面広告。
(画像はネットから拝借した)

sogo_seibu


大逆転は、起こりうる。

わたしは、その言葉を信じない。

どうせ奇跡なんて起こらない。

それでも人々は無責任に言うだろう。

小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。

今こそ自分を貫くときだ。

しかし、そんな考え方は馬鹿げている。

勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。

わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。

土俵際、もはや絶体絶命。


一行ずつ逆さに読むと、全く逆の意味になる。おもしろい。

「生き方すべてにおいて、周囲からのさまざまな制約にとらわれてしまうのではなく、あなたらしくいてくださいというメッセージ」とのこと(そごう・西武の広報担当者談、出処

人生も解釈次第で全く逆の意味になるかもしれない。1つの事実に対して、解釈は無限。ハンマーを持ってベルリンの壁を壊すような人生でなくても、(上の広告にもあるように)「自分を貫く」をことが大事だと思う。自分らしく。



初笑

secretary

2020年、初めてのアポイント。

秘書とランチ。

今年初めて人と喋った。

2020年の予定などを共有。今年もサポートをお願いします。

2020年年頭所感

Starbucks


今日から仕事始めの方が多いようで、いつも行くジムもスタバもガラガラだった。
朝からジムで筋トレ・サウナ、スタバで仕事。いつもと何ら変わらない1日。

ネットを見ると、上場企業の社長や、監査法人のトップなどが年頭所感を公表している。そういえば、私も昨年の始めに「2019年に向けて」というエントリーをした。書いたことの多くは実現しているので、こうやって書くことに意味はあるのだが、今年(2020年)はこれといって大きな目標のようなものは設定していない(中長期的な目標は設定しているが)。

強いて言えば、体脂肪率をもう一度7%台に戻すことかな。太るとあらゆる面で調子が悪い。

目標ではないが、心がけたいことは、ストレスのない生活をすること。
ストレスになることはやらない。
ストレスを感じることを避ける。
ストレスを感じる人から逃げる。

何にも縛られず、何にも執着せず、自分が犠牲になることはせず、幸せに生きることを優先する。

そのためには、収入、時間、人間関係のポートフォリオを変えなければならない。2年かけて変えていくつもりなので、今年はそのための準備、種まき、勉強の1年としたい。

新刊書『「経理」の本分』 在庫状況

新刊書『「経理」の本分』の在庫切れが続いており、ご迷惑をおかけしております。想定外の売れ行きのようです。

現時点での紀伊國屋書店での在庫状況は、以下の通りです。

経理の本文_在庫

(中央経済社twitterより)

只今増刷中で15日(金)出来予定とのこと。もう少々お待ち下さいませm(_ _)m
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ