公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

2019年下期 良かった本

半期に一度のエントリー。

今年7月〜12月までに読んだ本の中で、良かった本をピックアップしておきます。
(この期間に発売された本ではありません)




新しい自分のライフデザインを描きたいと思っている方、来年は何か新しいことをやりたいと思っている方にはオススメ。本書の各章の末尾にあるワークに時間をかけて向き合えば、新たなライフデザインが出来上がる。書評はこちら




モンテーニュの『エセー』の翻訳者が書いたモンテーニュ。モンテーニュの生き様に惹かれるし、モンテーニュの考えにも共感する。私はモンテーニュが好きだ。書評はこちら



不幸論 (PHP文庫)
中島 義道
PHP研究所
2015-05-02

「幸福論」を読んでも幸福になれるとは限らないが、「不幸論」を読めば幸福になれる(かもしれない)。旅先で時間を忘れて没入して読んだ本。書評はこちら




とりあえずこちらの書評を読んで欲しい。人間の凄まじい「残虐性」と、他人に対する凄まじい「愛」に絶句する。本書を書いた著者に拍手喝采。




岡田尊司先生の本はかなり読んできたが、これまでの本に劣らず本書も気付きの多い内容だった。子育て中のパパ・ママは「自分のことが書かれているのではないか」と思って読んだ方が良いと思う。子供に対する凄まじい「愛」が、死に至る病の原因になることもある。書評はこちら


小説では、以下の2冊。

マチネの終わりに (文春文庫)
平野 啓一郎
文藝春秋
2019-06-06

個人的には、映画より小説の方がオススメ。「未来は常に過去を変えている」というコトバがしばらく余韻として残った。切なくも素敵な大人の人生。書評はこちら



岩波文庫的 月の満ち欠け
佐藤 正午
岩波書店
2019-10-05

以前『鳩の撃退法』を読んだ時も思ったが、佐藤正午氏は天才だと思う。どれだけ努力しても、こんな本は書けない。書評はこちら



読んでも読んでも、読みたい本がたまっていく。
来年も多くの本を読んでいこう。

人生二度なし
良い本で、良い人生を!
No Fun,No Life !!






【過去に紹介した良かった本】
2019年上期 良かった本
2018年下期 良かった本
2018年上期 良かった本
2017年下期 良かった本
2017年上期 良かった本
2016年下期 良かった本
2016年上期 良かった本
2015年下期 良かった本
2015年上期 良かった本
2014年下期 良かった本
2014年上期 良かった本
2013年下期 良かった本
2013年上期 良かった本
2012年下期 良かった本
2012年上期 良かった本
2011年下期 良かった本
2011年上期 良かった本
2010年下期 良かった本
2010年上期 良かった本
2009年下期 良かった本
2009年上期 良かった本
2008年 良かった本

千夜千冊

tokyo station


私のブログを見てくれてる方から「書評を楽しみにしてます」と言われることがあるが、そういう方は是非とも(私が大尊敬する)松岡正剛氏の書評サイト「千夜千冊」も読んで欲しい。

2000年2月からスタートした書評は、本日時点で1728冊を評している。ご覧頂ければ分かるが、1つ1つの書評が途轍もなく深い。この「千夜千冊」は、同じ著者の本は2冊以上取り上げない、同じジャンルは続けない、などのルールを自らに課しているという。それでこれだけの書評を書き続けてるんだから、「変態」だと思う。

以前、この書評サイトが、『松岡正剛 千夜千冊』として書籍化されたことがあるが、定価99,750円という高額にもかかわらず初版1000部を完売し、出版界の「事件」となった。

セイゴオファンとしては再販を願っていたのだが、なんと、この『千夜千冊』が昨年、文庫化されたのだ。本日の日経新聞朝刊に文庫版の広告が掲載されていた。

松岡正剛千夜千冊
([出所]日経電子版より)


文庫版はジャンルごとに編集されているので、まずは好きなジャンルを一冊、手に取って見て欲しい。天才にしか書けない書評。私もこういう文章が書ける人間になりたいと思う。






(※ 写真は、本日の丸の内「東京ミチテラス2019」より。本文とは関係ない。)

ホワイトクリスマス

東京駅


社外役員をやっている会社の取締役会があり、今日もトキオ。今年最後のアポイント。明日以降も仕事はするが、今日が最後のアポイントということで、一応「仕事納め」ということにしておくか。毎年、旧天皇誕生日から成人の日まで間にアポイントが入ることがないから、今日から実質20連休突入。

東京にいる時は、ほぼ毎日、夜に会食が入っているが、さすがにクリスマスイブは誰からもお誘いはないし、こちらからも誘う気にもなれない。宿泊している東京駅前のホテルで、今宵ひとり、ビールとワインを飲みながら、一年を振り返る。

私のグーグルカレンダーに夜の予定が空白なのは久しぶり。
ホワイトクリスマスということで。


marunouchi



(※ 上の写真は東京駅。本文とは関係ない。)

新刊書『「経理」の本分』 出版記念特別セミナー 開催しました!

出版記念セミナー_経理の本分

今日は、新刊書『「経理」の本分』出版記念特別セミナーを開催しました。
定員を超える申込がありました。年末の忙しい時期に多くの方にご来場頂き、感謝申し上げます。

セミナーの内容等は、また後日、どちらかのブログで共有しようと思います。



経理の本分_出版記念セミナー

セミナー終了後は、全員で記念撮影。最高です!



出版記念セミナー_経理の本分

受講者の方から素敵なお花を頂きました。感激。ありがとうございました!



出版記念セミナー_経理の本分

セミナー終了後は、IFRSプロジェクトを一緒にやってる吉岡博樹先生と、今回のセミナー運営をしてくれたラウレアの飯塚幸子先生、スタッフKさんと打ち上げ。タイ料理屋で SINGHA BEERを。

とても楽しく幸せな1日となりました。
年内のセミナーはこれにて全て終了。
また来年、多くの方とお会いできることを楽しみにしております。


(※ 写真は、本人から許可を得て掲載している。)

新刊書『「経理」の本分』 広告掲載されました!

本日(12/22)の日経新聞朝刊1面に、新刊書『「経理」の本分』の広告を載せて頂きました。

相変わらずAmazonでは在庫切れが続いていますが、大手書店では平積みされていると思いますので、大手書店でお買い求めください m(_ _)m

nikkei_keiri


なお、隣の2冊は購入済みで、年末年始に読みたいと思っています。

CFOポリシー
柳 良平
中央経済社
2019-12-18



成功する人、成功しない人

コレド室町テラス


私よりも若い中小企業の社長から、「ビジネスで成功する人と、成功しない人の違いは何だと思いますか?」という質問を受けた。この社長は、父の逝去により家業を継ぐことになったが、会社は赤字。経営の経験もないし、会計の知識もない。「この1年は自己投資と割り切って、みっちり勉強し、会社を立て直す」と意気込んでいる方。

私は、「成功する人は、貢献の先に成功があることを知っている人」であり、「成功しない人は、に溺れている人」だと思う、と答えた。

独立して15年の間には色んなクライアントがあった。高級車を乗り回し、夜な夜なクラブやスナックで札をばら撒き、「近い将来、上場する!」と言いふらしていた社長がいた。しかし、足元は債務超過で、数億円の借入は全行リスケ。融資を受けるために粉飾決算も行われていた。「セールスとマーケティングを率先してやるべき」という私の提案を無視し続け、ネオン街を徘徊していた。そして、ある日、会社の玄関に弁護士の名前が書かれた破産手続開始の通知を貼り付けて、行方をくらませた。しばらく経った後、この社長が個人の破産手続中に財産を隠蔽し逮捕されたという記事を新聞で見た。新聞に書かれていた容疑者の住所は、自ら潰した会社から数百キロも離れた場所だった。この人は、最後の最後までお客様と接することを拒み、自分の利益しか考えずに、短絡的な快楽を追いかけていたと思う。私を雇ったのも、お客様のためではなく、自分の利益のためだったんだろう。私も良い勉強をさせてもらった。他山の石を以て玉を攻むべし。

会計士などの士業にもこういう人はいる。儲け話があるとすぐに飛び付く。それで講演したり、本を書いたりしている人もいる。しかし、こういう人は、別の儲け話があると、またそっちに飛び付くのだ。「結局あなたの専門は何なの?」と思う。仮に儲けていたとしても成功者とは思えない。

成功する人は、何らかのカタチで他者に貢献している人だと思う。貢献とは、自分を犠牲にすることではない。寄付行為でも、ボランティアでもない。(自分の利益ではなく)他者に利益をもたらすことが貢献だと思う(直接的であれ、間接的であれ)。

先日も紹介した岸見一郎氏の新刊書『哲学人生問答』に、この「貢献」について詳述されている。

・「他者貢献は回りまわって、結局のところ自分に戻ってくるものです」(P103)
・「そういう意味で他者貢献は自分のためでもあるのです」(同)
・「自分のことしか考えないエリートは、有害以外の何物でもない」(P104)
・「他者に合わせて、他者のために自分を犠牲にするという生き方をやめましょう」(P110)

そして、ありのまま自分で、普通の自分でいるだけで、他者に貢献しているのだ、と(P115)。

何をもって成功というのか、その定義は人それぞれだと思うが、巨万の富を築くことが成功だとは思わない。少なくともビジネスでの成功は、顧客の夢を実現したり、不を解消したりするような価値を提供し続けることであり、それを通して、感動を与えたり、ありがとうを集めたりすることではないだろうか。(岸見一郎氏がいうように)それが回りまわって、自分に戻ってくる。それが信頼になり、富になり、社会への足跡になるのだと思う。

だから、上の社長さんには、「本業を通した貢献こそが最大の社会貢献だと思う」ということも加えてお伝えした。松下幸之助翁もそんなことを言っていたと思う。私のもとには色んな儲け話が舞い込んでくるが、ほとんど興味がない。それをやってキャッシュが増える「かも」しれないが、増えたところで誰からも「ありがとう」と言ってもらえない。よく分からないものに投資するくらいなら、利回りのいい不動産や株式に投資している方がマシだと思う。上の社長さんも、まずは本業を通して既存客・見込客から「ありがとう」を集めることを考え抜いて欲しいと思う。


(※ 写真は、宿泊したホテルの近くにて。本文とは関係ない。)

20年ぶりの再会

mariko

約20年ぶり?
大原簿記専門学校時代の受験仲間とランチ。

ひょんなキッカケで再会し、名刺をもらったら、私の大阪のオフィスから100m位の場所にある巨大ビルに入居する企業で組織内会計士として働いていた。これまですれ違わなかったことが不思議。

久しぶりなのに久しぶりという感じがなく、短い時間だったが色んな話を聞かせてもらった。組織内会計士として働きながら、協会活動を通して公認会計士のPR活動をしているらしいし、それ以外の活動も色々とやっているらしい。家事・子育てもやりながら、幅広い活躍をしている象徴的な女性会計士(?)になってるじゃねーか。

とは言っても、20年経っても、根本的なところは変わらない。「キャラ」は何年経っても変わらんもんだ。濁りも損得もない人間関係は居心地がいい。最近、学生時代の友達と再会することが多いが、私はそういう友と会っている時が一番楽しいと感じる。無になって楽しめる。

今日も楽しかった。また会いましょう。次は夜に。


(※ 写真は、本人から許可を得て掲載している。)

スマイル0円

都庁


今朝、ホテルで目が覚めて、テレビを付けたら、「悪性リンパ腫」のため近く入院することを発表した笠井信輔アナウンサーが出ていた。病気を知った時は「青天の霹靂を超える驚き」だったというが、笑顔を見せていた。

昨日は、ジャーナリストの伊藤詩織さんが性的暴行を受けたと訴えた裁判で勝訴したニュースが流れていた。この日に至るまでの講演や記者会見のシーンなどの映像も流れていたが、必死に笑顔を見せていたように見える(それを加害者側が云々言っていたことがバズっていたが)。

人生最大級の逆境、苦悩、絶望の淵に立たされても、笑顔でいる人もいる。

屋久島のオジサンも最高の笑顔だった。

そういえば、先日、ある漫才番組で、時事ネタを織り交ぜながら漫才をする芸人が、原発を題材にしたネタの中で、「日本には、泣きながら笑ってる人がいっぱいいるんです」というようなことを言っていた。

人間はどんな状況でも笑うチカラを持っている。
そして笑顔は人を幸せにする。
笑顔は無料。スマイル0円。

分かっているのに、笑顔になれない時もある。

見上げれば東京都庁、ブルーな夜だった。

今年最後のロングセミナー

Tokyo station


今日は、日本経営協会(東京)主催の決算早期化セミナーに登壇した。来週月曜日(12/23)に出版記念特別セミナーがあるが、ロングセミナーはこれが今年ラスト。今年も多くのセミナーに登壇させて頂いた。

これまでのセミナー実績は私のホームページに載せているが、決算早期化セミナーに関しては、登壇して10年以上が経つ。それなのに受講してくれる方が今でも途切れることがないどころか、受講者が増えている。決算早期化の社会的な要請に応えなければならないだけでなく、働き方改革への対応(残業時間の削減、生産性向上)や、生産年齢人口の激減への対応といった、新たな経営課題への対応が急務となっていることも受講者増加に繋がっているのだと思う。

先日、10年前のセミナーに来てくれた上場企業経理部長さんから、久しぶりにメールを頂いた。「10年間、自力でコツコツと改善をしてきたが、近い将来の組織再編を実現させるために武田先生のチカラが必要になった」というような趣旨の内容だった。10年経っても覚えてくれ、私を必要としてくれたことが嬉しい。

思えば、私が支援してきた上場企業は、ほぼ全社、私のセミナーを受講された方からの問い合わせにより契約締結に至っている。私が売り込んだことはない。ホームページの問い合わせフォームから来た問い合わせに一つ一つ応えているだけ。

セミナーというのは、そのたった一度の出会いによって、受講者も私も「人生が変わる瞬間」だと思っている、というと大袈裟に聞こえるだろうが、ホントにそう思ってる。ある時、ある瞬間に、私が喋った一言が、ある受講者の魂に火を付け、その受講者の人生を変えてしまったことは何度もある。そして、その受講者との出会いが、回り回って私の人生を変えてきた。昨日書いた経理部長との出会いもそうだ。7〜8年前のセミナーがキッカケで、お互い、人生観・仕事観が変わったと思う。

私はセミナーを受講することも多いが、単に知識を提供するだけで、気付きも何もないという内容のものが多い。文字だらけのパワーポイントをただ読むだけのセミナー講師にあたるとウンザリとする。「原稿を見ずに、受講者の表情を見ろ!」と常々思う。

恩師平松一夫先生は、「教育とは、知識を与えるのではなく、インスピレーションを与えること」だと何度も言ってくれた。私が登壇する時は、いつもこの恩師のコトバを自分に言い聞かせる。受講者に気付きを与え、インスピレーションを与え、魂を揺さぶり、人生観を変えようと思って、必死で想いを伝える。普段無口な私が、なんでセミナーではあんなに喋れるのか、自分でも摩訶不思議だが、セミナーは「人生が変わる瞬間」なので必死のパッチで喋っている。

セミナーが終わると、いつも全身のチカラが抜け落ちたようになる。身体中の水分が抜け切ったかのように喉も渇く。今日もホテルにチェックインした後、ひとりで飲める場所を探し、身体中にアルコールを染み込ませた。こういう時の酒は酔いが回る。でも気持ちよい。ほろ酔いでホテルに戻ると、早速セミナー受講者から「宿題提出」というタイトルのメールが届いていた。セミナーの中で、「セミナーを受講しただけじゃ絶対だめ。セミナーが終わってからが勝負。セミナーが終わったらそのまま帰らずに、スタバに行って振り返って、宿題やらないと、すぐに記憶の半分は消えるから!」と強く言い続けたので、セミナー終わった直後に振り返ってくれたらしい。最前列で熱心に聴いてくれていた若い女性からだった。セミナーへの感謝のメッセージも添えられていた。「経理を通して社会に何を貢献したいかを、自分に問うキッカケになった」と。決算早期化のノウハウ以外のものを受け取ってくれたことは、私も嬉しく思った。

来年は仕事を減らすつもりだが、セミナーは1年先まで予定が入っている。主催者の皆様には感謝しかない。セミナーに関しては依頼が来る限りは、日本全国どこへでも行こうと思っている。また多くの方との出会いを楽しみに、自分を磨き続けたいと思う。


(※ 写真は東京駅丸の内出口前。我ながら上手に撮れた。)

クライアント様の経理部長と食事

bucho


東証一部上場企業のクライアント様の経理部長と定期的なお食事会。

私の新刊書『「経理」の本分』は、この経理部長さんと二人三脚でビジネスをしてきた経験がなければ書けなかった内容だといっても過言ではない。

実際、『「経理」の本分』の中に、この経理部長の話も載せている(名前は出してないが)。経理部長も、読みながら気付いてくれ、奥様に自慢してくれたらしい。

部長と出会ってから7〜8年になると思うけど、今でも経理の最先端の情報を共有でき、「強い経理部」を作りたいという「志」を共有できることが、本当に幸せだと感じる。今日も、経理部はどうあるべきかという話や、経理部員をどうやって育てるべきかという話を伺うことができた。非常に有益なお話しばかりだった。

仕事をしているとツライこともたくさんあるが、そういう記憶が吹っ飛んだ1日だった。

-----

もう一つ、幸せな話。

新刊書『「経理」の本分』、なんと、発売10日で増刷決定! これは嬉しい!

出版記念特別セミナーは来週月曜日(12/23)。この経理部長にもご登壇してもらいたかったのだが、部長の海外出張の日程と重なっていたため、今回は残念ながら実現できず。また別の機会に部長と何か一緒にできる機会を作りたいと思う。

出版記念特別セミナーは、かなり多くの方にお申し込み頂き、感謝です。会場を拡張することができたので、もう少しだけ募集します。


(※ 写真は許可を得て掲載している)
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■税務研究会主催
 1/28(火) 〜1/29(水)東京
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』



●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ