公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

ザリガニの鳴くところ

KG

中学の頃からの大親友が、赴任先のオランダ アムステルダムから数年ぶりに帰国。年末年始の限られた時間の中、親戚廻りもしなければならないだろうが、私と会う時間を作ってくれたのが何よりも嬉しい。

高校時代は同じ陸上部で、同じ短距離選手で、ほぼ年中を一緒に過ごした仲。私が高校時代にサンディエゴへ語学研修に行った後、私が猛烈に薦めた影響で、語学に興味がなかった彼もアメリカに留学した。英語ペラペラになって帰ってきたので、大手メーカー勤務後も海外のハブ拠点を任されている。なので、大親友なのに数年に一度会うかどうか。

「久しぶりの帰国なんだから、食いたいものを食えよ」、「お好み焼きが食べたい」、「関西人やな」

ということで、鉄板の前で尽きることのない話を。



抹茶ロール

店を変えて、カフェへ。

一時帰国して太ることを心配しているようだが、「久しぶりの帰国なんだから、食いたいものを食えよ」、「じゃ甘いものが食べたい」と、彼は抹茶ティラミスを、私も抹茶ロールを注文。アムステルダムでも日本人パティシエによる洋菓子屋はあるらしいが、素材が違いすぎるという。抹茶ティラミスに心の底から感動しているのを見て、やはり食文化の違いは大きいのだなあと思った。

結局、5時間以上話し込んでいた。まだまだ話したいことはあったが、彼も次の予定があるだろうから、お開きにした。青春時代がフラッシュバックした1日だった。楽しかった。何年経っても変わらない。大切な友だ。

----

夜、レイトショーを観に行った。
ザリガニの鳴くところ』という映画。

ザリガニの鳴くところ


同じタイトルの小説『ザリガニの鳴くところ』を読んでいるのだが、米ノースカロライナ州の湿地帯を舞台にしたストーリーの描写・文章が余りにも美しく、映像化されているなら一度観てみたいと思ったのだ。

小説も美しいが、映画も美しかった。いい映画だ。終わった瞬間にもう一度観たいと思ったほど。

結末を知ってしまったが、帰宅してまた小説に戻った。

なお、この小説、全世界で1500万部も売れ、2019年、2020年と2年連続で全米年間ベストセラー第1位だとか。日本でも本屋大賞翻訳小説部門大賞受賞。1500万部て、、、




ザリガニの鳴くところ
ディーリア・オーエンズ
早川書房
2020-03-05

お友達ファミリーと特上ホルモンでモツ鍋忘年会!

モツ鍋

お友達ファミリーが隣の県から遊びに来てくれた。
息子さんも、もうすぐ大学受験というのに、来てくれた。
私に会いたかったようで、嬉しい限り。
ちなみに、私の母校、関西学院大学商学部も受験するらしい。
教え子になったりして。

この日のために、別のお友達が営んでいる国産牛特上ホルモン屋さんから、特上ホルモンを取り寄せていた。「ホルモン」は、関西弁で「放るもん」が語源と言われており、かつては正肉以外の破棄されていた部位を指していたらしい。が、ここの特上ホルモンは、お世辞抜きにバリ美味い。超オススメ。


ferrari

元フェラーリオーナーに、「FERRARI BRUT」を持ってきてくれたので(しかも1500ml)、昼から(正確には朝から)飲んだ飲んだ。ビールも飲んだ。ワインも飲んだ。ケーキも食べた。エクレアも食べた。年忘れだ。

縁尋機妙 多逢聖因
良き縁が広がっていくのは幸せだなぁ。
来年もよろ肉お願いします。

J君、大学受験、試験終了のチャイムが鳴るまで諦めずに頑張れ!
運を掴め!
ちゃんとやってよ!


イチロー
(画像はネットより拝借)

2022年下期 良かった本

半期に一度のエントリー。

今年7月〜12月までに読んだ本の中で、良かった本をピックアップしておきます。
(この期間に発売された本ではありません)



歩き旅の愉しみ:風景との対話、自己との対話
ダヴィッド・ル・ブルトン
草思社
2022-07-22


この本はめっちゃ良かった。『人間は今や、座ったまま退屈している。』という帯の文言を見て購入した。この本は人生観が変わった何冊かの本の一冊になった。書評はこちら






「自殺希少地域」(自殺で亡くなる人が少ない地域)の人たちは、人間関係が緊密ではなく、「立ち場程度」「あいさつ程度」の人間関係である。『The Blue Zones』には「人とのつながり」が長寿の秘訣のひとつと書かれているが、人とのつながりは濃い過ぎない方がいい。書評はこちら






『撤退』について書かれたアンソロジーの中の想田和弘氏の寄稿文『文明の時間から撤退し、自然の時間を生きる』が最高に良かった(たったの13ページ分だが)。私も「文明の時間」から撤退し、「自然の時間」を生きたい。書評はこちら






今年一番 赤線を引いた本。子供の可能性を伸ばすのも、潰すのも、大人達。若い人に向けて書かれた本だが、「良かれと思って」の自分の価値観を子供達に押し付けている大人達、空気や和を重んじて「正しくある」ことを自分にも他人にも求めている大人達、そして、夢を置き去りにした大人達こそ熟読すべきだ。書評こちら




ブルックリンの少女 (集英社文庫)
ギヨーム・ミュッソ
集英社
2018-06-21


今年下期に読んだ小説の中では、『ブルックリンの少女』が一番おもしろかった。予想していなかったどんでん返しに意表を突かれた。




傲慢と善良 (朝日文庫)
辻村 深月
朝日新聞出版
2022-09-07


上の『ブルックリンの少女』と同様に、婚約者が失踪するという話から始まる。現代の結婚がうまくいかない理由は、『傲慢さと善良さ』。きっと自分自身にも当てはまるので、ぐさっと心が痛むに違いない。書評はこちら




今年はそれほど多くの本を読んでいないが、それでも良い本にたくさん出会えた。

一冊の本が旅よりも遠くに連れて行ってくれることがある。
良い本で、良い人生を。
No Fun,No Life !!



【過去に紹介した良かった本】
2022年上期 良かった本
2021年下期 良かった本
2021年上期 良かった本
2020年下期 良かった本
2020年上期 良かった本
2019年下期 良かった本
2019年上期 良かった本
2018年下期 良かった本
2018年上期 良かった本
2017年下期 良かった本
2017年上期 良かった本
2016年下期 良かった本
2016年上期 良かった本
2015年下期 良かった本
2015年上期 良かった本
2014年下期 良かった本
2014年上期 良かった本
2013年下期 良かった本
2013年上期 良かった本
2012年下期 良かった本
2012年上期 良かった本
2011年下期 良かった本
2011年上期 良かった本
2010年下期 良かった本
2010年上期 良かった本
2009年下期 良かった本
2009年上期 良かった本
2008年 良かった本

2022年 Amazonで売れたものランキング

今年1月1日〜本日までに、このブログともう1つのブログを経由してAmazonで売れたものランキングです。

amazonAF


『社長の本分』が売上トップかと思ったが、もう一つのブログでプッシュした『この1冊ですべてわかる 経理業務の基本』が1位だった。経理実務に携わっている方には強くオススメ。

8位の『限りある時間の使い方』は、人生観が変わるかも。ブログ以外でも、色んな人に薦めた本。特に日々仕事に忙しくしている方にオススメ。

健康・長寿にちょっとでも興味がある方は、16位の『The Blue Zones』は必読 。

拙著が3冊も入っているのは嬉しい(共著含む)。ただ、『社長の本分』が『経理の本分』ほど売れていないので、買ってくれー!!


「社長」の本分
武田 雄治
中央経済社
2022-07-22

Silent night, Holy night

Xmas

Merry Christmas.
写真は関西学院大学のInstagramより拝借。

酒のツマミと本の買い出しに梅田に出たら、阪急・阪神・大丸周辺は通勤ラッシュ時の御堂筋線状態を超えていた。老若男女、あれほどの人の群れを見たのは、コロナ後はじめてだなぁ。街に人と笑顔が戻ってきたのは嬉しいことだ。皆様、素敵なクリスマスイブを…と思いながら、人に酔いそうだったので小一時間で撤収した。

あとは、自宅で本を読みながら、好きな音楽を聴きながら、友達から頂いた赤ワインを飲みながら、Silent nightを過ごした。


Xmas


大雪の広島、今年最後の大学授業、ひとり打ち上げ

hiroshima

昨夜から氷点下となり、ホテルの暖房も効かなかった。ダブルベッドの部屋を取っていたので、布団を2枚重ねて寝たが、寒くて朝早くに目が覚めた。外は雪が積もっていた。今年の冬、初めて積雪を見た。

最高気温1℃、最低気温マイナス2℃。2週間前の沖縄ではTシャツだったのに、今日はダウンジャケットを着ても凍え死にそう。寒いのは苦手だ。

hiroshima


授業は13時からだが、朝から学生達のメールが相次ぐ。電車やバスが運休しているため欠席するという連絡。「船が止まったので学校に行けません」という連絡もあったが、いったいどこから通ってるんだい?? 

学校は休校にならず、通常営業。授業は10名程の欠席者がいたが、多くの学生が出席してくれていた。今年最後の授業は、公認会計士監査の話を理論と実務の両面からお伝えした。当然に実務面の話の方が食いついてきた。想定通り。それでいい。この授業をキッカケに関心を広げていって欲しい。

-----

授業が終わったら、吹雪いていた。新幹線が止まるリスクがあるので、イチ早く帰るべきだったかもしれないが、今年最後の広島、今年最後の講義、最終出勤日ということもあり、食べたいものを食べて帰りたかった。行きたい店はたくさんあるのだが、先月も行った「餃子センター」へ寄った。パリパリの餃子と、胡椒が利いたチャーハンが美味しいのだ。めちゃくちゃシンプルな味の中華そばも美味しかった。今年もお疲れ様! 乾杯!


hiroshima

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こう 〜広島編

hiroshima

1週間が早い。再び広島へ。
この冬いちばんの冷え込み。新幹線でコーヒーを飲みながら、学生達のレポートに目を通す。とても良いレポートが多くてビックリ。


----


夜、平松ゼミの後輩でもあるK君と再会。
平和大通りにある『山人』(さんと)という日本料理店にて。

私が縁もゆかりも無い広島の大学の教壇に立っているのは、広島出身であり、この大学で会計を教えているK君が「監査論を教えることができる人いませんか?」と連絡をくれたからであり、「俺やるわ」と引き受けたからである。こんな頻繁に広島に来ているのは、彼のお陰なのだ。

しかし、昨年1年間はコロナの影響で全コマがオンライン授業となり、学校に入ることすら出来ず、K君のみならず、この大学の教職員、学生達の誰一人として、直接対面することが出来なかった。講師を引き受けた時から食事に誘って頂いていたのだが、ようやく実現することができた。


山人
(※ 写真は許可を得て掲載している)

それにしても、広島は美味しいお店が多いなぁ。
地元の食材を使ったフルコースも美味しかったし、地酒も美味しかった。だいぶ飲んだ。

K君、美味しいお店を教えてくれてありがとう。


-----


平和大通りのイルミネーションも、CARP。
どんな地元愛やねん…。


hiroshima



-----


次回のYouTube Liveは、

12月29日)20:00〜 開催します。

初の平日開催です。次回はニャンさんも来てくれると思います。
今年最後のLiveで2022年を振り返りたいと思います。
質問・要望等がある方は、何らかの方法でご連絡ください!

youtube_live_2022振り返り

年末年始はゆっくりと本を読んで過ごしたい。

CPAラーニング


今日も、大阪のCPA会計学院にて、『CPAラーニング』の「経理実務コース(上級編)」の収録!
今日・明日で7コマ収録予定。
公開は年明けかな。

あっという間に会員登録者数10万人突破!
会員登録まだの方は是非!
https://www.cpa-learning.com/



----


Kunel


厳しい寒さが続く年の暮を駆け抜けているが、気が付けば今年もあと10日。年末年始はゆっくりと本を読んで過ごしたい。雑誌『ku:nel』『BRUTUS』が本の特集をしているので買ってみた。『ku:nel』は、本好き81人が出会った運命の194冊を紹介している。『BRUTUS』は、本好き56人が213冊を紹介している。合計407冊。これだけの本を紹介してくれたら、読みたい本が何冊も溢れてくるし、運命の本にも出会えるだろうし、視野・視座を広げてくれる本にも出会えるだろう。個人的には『ku:nel』が気に入った。保存。










なお、以前も紹介したが、『&Premium』の本の特集はめちゃくちゃ良い。いずれも永久保存版。読書好きな方は在庫切れになる前にまとめ買いを。










雑誌ではなく、書籍でも、本を紹介したものが多いが、『天才読書』『読書大全』の2冊は良かった。『天才読書』は、イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツという猛烈な読書家でもある天才3人の愛読書100冊を紹介してくれている。日本語版があるものから選んでくれているのが嬉しい。イーロン・マスクは古典を、ジェフ・ベゾスはビジネス書を、ビル・ゲイツは自然科学関連を多く読んでいる。本書を読むだけで(450ページもあるけど)100冊分のエッセンスはつかめる。『読書大全』は、最近発売されたブックガイドの中で最強だと思う。ビジネスリーダーが読んでいる古今東西の社会科学・人文科学関係の200冊を紹介してくれている。こちらも本書を読むだけで(450ページ以上あるけど)200冊分のエッセンスはつかめる。








こういったブックガイドから運命の一冊が見つかるはず。
知らんけど。

良い本で、良い人生を。
素敵な年末年始を。
No Fun,No Life !!

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こう 〜八重洲・神楽坂編

スタートアップ支援の専門家集団「Lautsu(ルーツ)」に9月に加入させて頂いたというのは以前も述べた通り。このLautsuの代表の工藤弁護士は長年ホーチミンに住んでいるのだが、私が6月にホーチミンに行った際は予定が合わず会えなかった。なので、まだZoomの画面上でしかお話ししたことがない。

つい数日前、その工藤弁護士から「20日に成田に戻るので会いませんか」と連絡があった。「会いたい人には地球上のどこへでも会いに行く」主義の私としては、成田でも東京でもどこでも会いに行くぜ。

成田から東京駅に入るらしいので、八重洲で会うことになった。限られた日本への帰省の時間を、私とランチをするために割いてくれたことが嬉しい。しかも、成田から直行で。

久々に美味しい和食を食べたいという工藤氏のご希望に応えられたかどうか分からんが、八重洲の鮨屋へ。

長年、東南アジアのベンチャー企業の支援やエンジェル投資をされてきた経験からくる工藤氏のスタートアップ支援に対する並々ならぬ熱意が強く伝わってきた。投資額も私とはケタが違う。私もこの界隈のビジネスについては想うことがたくさんあるので共有させて頂いた。日本の外からと中からでは見える世界が違うし、弁護士と会計士ではベンチャーとの関わりも違う。互いの強みを活かしたコラボができればと思うし、この界隈の不条理を変えていければと思う。

話に熱中しすぎて、写真を取り忘れた。。。


----

夜、神楽坂へ。

いつ、どこで言ったのか覚えていないが、「餃子と炒飯を考えた人は天才だと思う」、「餃子と炒飯は世界最高のB級グルメだと思う」、「餃子と炒飯とビールがあれば生きていける」というようなことを言ったっぽい(いまでもそう思っている)。すると、「神楽坂に行列ができる炒飯屋がある」と教えてもらった。

その友達に「是非連れてってー」と頼んだのが数ヶ月前。ひとりで行っても良かったのだが、その友達ともずっと会いたいと思っていたので、予定が合う時に行こうと思っていた。そして、数ヶ月経って、今日やっと実現した。

18時には行列ができるという口コミがあったので、17時に入店。神楽坂駅前の「龍朋」というお店。

当然に、炒飯とビールを注文。

龍明


神楽坂は、知る人ぞ知る「パラパラの聖地」だったが、炒飯はパラパラではなかった。しっとりして濃い味だった。パラパラも好きだが、これも美味しかった。

人気メニューというラーメン、回鍋肉も注文したが、これも美味しかった。すべてが濃い目の味だが、大満足。

龍明



行列ができる中華料理屋で長居する訳にいかないので、神楽坂のワインバーに場所を移して、新幹線終電に間に合う時間まで、しっぽりと飲み直した。

あっという間に新幹線の終電の時間が近づき、20時台に神楽坂を後にした。新幹線に乗って、友達から頂いた紙袋を開けて、ちょっと感動した。名前が彫られた本革の栞。これは嬉しいクリスマスプレゼントだ。早速読みかけの小説にはさんだ。


栞


今年の東京ラストナイト。3日間という限られた時間で、限られた友達としか会えなかったが、かなり充実した毎日だった。

数えると、今年は東京に14回来た(トランジットを除く)。大半がセミナー講師かセミナー受講であったが、夜はほぼ誰かと飲んでいたので、たくさんの楽しい思い出ができた。来年の上京もほぼ同じ位の回数になると思うが、「会いたい人には地球上のどこへでも会いに行く」主義なので、大切な人とは連絡を取り合い、地球のどこかでまた会えると思う。

東京の大切な友との時間も、いったん栞をはさみ、また来年、新しい物語を作っていければと思う。今年、限られた時間に共に笑い合ってくれた友に感謝!

今年のうちに会っておきたい人に会いに行こう 〜東京・丸の内編

TSUTAYA丸の内

本好き・書店好きの友達から、東京駅前 丸ビルにTSUTAYAがオープンしたと教えてもらった。ちょっと時間があったので、寄ってみた。3・4階の2フロア吹き抜けの巨大なお店だった(かつて、コンランショップがあった場所だね)。店内には、スタバだけでなく、シェアラウンジ(上の写真)もあり、TSUTAYAとして国内最大の220席を用意しているとか。

Winner takes all.
そんな貫禄。

先日の「がっちりマンデー」で紹介していた書店もそうだが、ひとつの商品・サービスを提供しているだけではなく、他の何かを組み合わせるつなぐズラすことによって、新たな価値を提供しなければ、Winnerにはなれないだろうね。

いまだに文房具、CD、DVDを売ってる程度の書店は、売上も利益もせいぜい横ばい。

書店で本が売れないのは若者の読書離れが原因ではなく、書店が昭和なんだよ。魅力がないのさ。


【参考】
蟲伊國屋書店:売上高1209億円、純利益20億円(2022年8月期連結)
カルチュア・コンビニエンス・クラブ蝓売上高1819億円、純利益68億円(2022年3月期連結)


-----

夜、丸の内仲通りのイルミネーション。
両隣の三菱村の皆様、早く帰宅して、灯りを消しとくれ。


丸の内イルミネーション




今日は、監査法人1年生の時からの付き合いのクライアントさんと忘年会。久々に再会できた。コロナで分断されていた人と会えるようになってきたのは嬉しい。なんとなくタイ料理の気分だったので、新丸ビルの「サイアムヘリテイジ」へ。

サイアムヘリテイジ東京


色々と頼んだが、メインは魚の醤油蒸し。
バンコクの屋台なら200円位で食べられるが、ここでは4000円也。丸の内価格。美味しいからいいんだけど。

サイアムヘリテイジ東京


パッタイや炒飯も食べたかったが、意外と魚で満腹になった。
別腹の甘いものも入らず。


----

宿泊先の銀座まで歩いた。GINZA SIX。これも貫禄がすごいな。ここのTSUTAYAもたまに来る。沖縄にも出店して欲しいなぁ〜。蔦屋書店。

GINZA SIX
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ