公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

旅友でもある公認会計士T氏が3月決算の繁忙期の仕事を終え、今週から休眠会計士に戻り、また旅に出て行った。入国可能な海外も何箇所か検討しているようだが、まずは国内旅行に出かけたらしい。岩手県からLINEをくれた。なんで岩手なのか。沢木耕太郎の新刊書の影響だろうか。

私は岩手県に行ったことがない。まだ行ったことがない県が数県あり、それは全て東北と九州に固まっている。いま進行中のプロジェクトが月内で終わるので、私もそろそろ旅に出たい。国内を転々とするのもいいかもしれない。

『・・・旅を気軽にできるようになった若者たちに対して、私が微かに危惧を抱く点があるとすれば、旅の目的が単に「行く」ことだけになってしまっているのではないかということです。大事なのは「行く」過程で、何を「感じ」られたかということであるはずだからです。目的地に着くことよりも、そこに吹いている風を、流れている水を、降りそそいでいる光を、そして行き交う人をどう感受できるかということの方がはるかに大切なのです。』
(沢木耕太郎『旅する力―深夜特急ノート』 (新潮文庫) P343より)


そう思う。何もかも忘れて、ぼんやりしたい。

-----

お知らせです。

YouTube『決算早期化セミナー』第6講を公開しました!

今回は、前編+後編、2本同時公開。

今さらながら、こんなの無料で公開していいのかしら??
というノウハウと知恵を大放出しとります。

できれば第5講から順番にご覧ください。

「チャンネル登録」にご協力お願い致します!



▼閲覧は、画像をクリックしてください。

(前編)
決算早期化セミナー_第6講_前編

(後編)
決算早期化セミナー_第6講_続編



過去の動画へのリンク先は、上の動画の「概要欄」をご覧ください。

公認会計士4名集結

公認会計士4人

今日は、グランフロント大阪にて、公認会計士4名集結。

ビフォーコロナ時に食事会の約束をしていたが、ウィズコロナ時に延期し、ポストコロナで再会することができた。あぁ〜〜気持ち悪い日本語……。

某監査法人のパートナー、某事業会社の常勤監査役、色々やってる独立会計士がひょんなキッカケで集まった。多方面で「活躍」している公認会計士が集まると相当面白い。定点カメラを置いてYouTubeでライブ配信したいくらい。

皆が公認会計士の仕事に誇りを持っているし、それを若い人に伝えたいと思っているところが嬉しく思う。いつか彼らを私のYouTubeチャンネルにゲスト出演してもらい、公認会計士業界の裏話(?)を各人の視点で語って欲しい。とりあえず同意は取ったので、近いうちに。

(※ 写真も同意を得て掲載している)


-----

お知らせです。

というか、ようやく、こういうお知らせが出来るようになりました。

2月以降、あらゆるセミナーが中止・延期になりましたが、8月に決算早期化セミナーを開催することになりました。。

【セミナー案内】『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』/8月19日(水) 東京

コロナによる外出自粛要請期間中も、複数の上場企業の決算早期化プロジェクトをリモートで対応していましたが、決算資料を極限まで標準化し、決算業務を「マクドナルド化」出来ていれば、決算はリモートでも対応できるということを実証しました。そういう話もセミナーでしたいと思います。

環境変化対応業という仕事

御堂筋


今年もあと200日。

久しぶりにオフィスの郵便受けを見たら、知らない弁護士から封書が届いていた。こういうのは心臓に悪いからやめてくれ〜。恐る恐る開封すると、7〜8年前のコンサル先の中小企業が破産手続に入るという内容だった。で、債権額を教えてくれ、と。知らんがな。

ヒトに貸したカネすら忘れてるのに、そんな昔の滞留債権の額など覚えているはずがない。

この企業は、全ての商品を中国で製造していた。コロナの影響で製造も止まり、中国への行き来も出来ず、完全に経営が止まったのだろうと推察される。

-----

私は常々、経営は(もしくは社長業は)「環境変化対応業」でなければならないと言っている。富士フイルムは生き延び、イーストマン・コダックが経営破綻したのは、写真フイルムの需要の減少期からデジタル化などへの変革を行った否かの対応力の違いであり、環境変化に対応できない会社はいずれ衰退することになる。

今日は、別のコンサル先の中小企業の社長さんが来社された。外部環境が変化する中で、これまでの常識を打ち破った新しいビジネスモデルを練り続けている。かれこれ数ヶ月、思考をこねくり回してきたが、ようやく「それオモロイかも!」というものがカタチになってきた。

「自らが」環境の変化に適応していくと生き残る。環境の変化に飲み込まれると衰退する。

-----

今日読んだ本によると、数十年後にはアジアは住めない国になるという。人生100年時代などと言われるが、100歳まで日本にいると多くの人が熱波で死ぬかもしれない(らしい)。コロナの影響よりも、この日本の暑さ(気温上昇)にどう適応していけばいいのだろうか。EXITを考える。後日、この本の書評を書こうと思う。


(※ 写真は、夜の御堂筋。ガラガラ過ぎて思わず撮ってしまった。本文とは何ら関係ない。)

EXIT戦略

本日、第4回YouTube Liveを開催した。

視聴して頂いた皆様、ありがとうございました。

今回のテーマは『武田雄治の出口戦略(EXIT戦略)』。不動産購入も車の購入も人生設計も「出口戦略(EXIT戦略)」がメチャクチャ大事なのに、ほとんどの日本人がEXITを考えていないと思うので、このテーマについて喋らせて頂いた。Liveをスタジオに聴きにきてくれた方の一人は、Live直後に、願望だった外国車の購入を見直すと言っていた。売却時に価値が大幅に下落する車や不動産は買うべきではない。安く買うことよりも、高く売ることが大事だと思うし、インカムゲインよりもキャピタルゲインが大事だと思う。

-----

第5回YouTube Liveは、7月3日(金)20:00〜開催。空けておいてくださいまし。

----

夜は、YouTube収録を手伝ってくれているスタッフのメンバーと焼肉総会。チャンネル登録数が1000人を超えたら打ち上げをやろう! と前から言っていたのだが、ようやく実現できた。毎週の収録・編集などを手弁当で協力してくれている皆様には心から感謝! ありがと!
食事しながら新しい企画が生まれたので、またそれもやっていきましょう。

-----

チャンネル登録数が1000人を超えたことから、約束通り、過去のLiveのアーカイブを期間限定公開することにしましたので、見逃した方は是非ご覧ください。下の画像をクリックすると閲覧できます。



▼閲覧は、画像をクリックしてください。
youtube_live3

毎朝の習慣

ある方のfacebookでの投稿より。

facebook_習慣


「毎朝の習慣」とは、恐縮しちゃうわよ。

ブログ更新は「寝る前の習慣」にしてるけど、飲んだくれた時は更新できません。。。
無理せず楽しんで更新していきます。


-----

YouTube更新しました。

YouTubeでの公認会計士試験受験生向けコンテンツ「公認会計士の仕事」シリーズの続編。

今回の第6講では、「監査法人ではどれくらい給料がもらえるのか?」について説明しています。ただし、法人や年次によって給料は異なりますので、参考程度にご覧ください。ご要望が多かったのでこのテーマについても喋りましたが、最もお伝えしたことを最後に述べています。最後までご覧頂ければ幸いです。

この動画シリーズがキッカケで、「公認会計士の仕事も面白そう!」「公認会計士を目指したい!」と思う方が一人でも多くの誕生すれば嬉しく思います。

ご覧頂けた方は、「いいね」ボタンへのポチをお願いします!
第7講も近々公開予定です。興味ある方は是非、チャンネル登録をお願いします!
SNS等でのシェア・拡散歓迎です。


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
公認会計士の仕事_06講

プラス1%の法則

marunouchi


数ヶ月前から都内の某上場企業経理部のあるプロジェクトを任されていたが、コロナの影響で上京できず、キックオフ以降ずっとリモートでの対応を続けていた。リモートでも成果を出せる自信はあったのでコツコツとやるべきことをやり続け、自分でも納得いく作品が出来上がった。

今日、久しぶりにクライアント先に訪問し、中間報告を行った。同席して頂いた担当役員から、「ここまでご尽力頂き、ありがとうございます」と感謝のコトバを頂いた。

私がビジネスをする上で、常に心がけていることがある。私の中で、「プラス1%の法則」と名付けているのだが、どんな仕事であれ、依頼主からの「期待を超える」ということを守るようにしている。お客様の期待値のプラス1%のことをやると「ありがとう」と言われる。お客様の期待値のマイナス1%で済ませると信頼を失う。でも、プラスマイナス1%の努力の差は、能力の問題ではなく、単なる気持ちの問題。気の緩みが全てを失う。

信頼を失うのは一瞬。そして、信頼回復は信頼維持より10倍苦労する。だから、普段から信頼を得るためにプラス1%をやり続けことが、誰にとっても happy なことであり、これが「商売の原点」だと思っている。


(※ 写真は東京駅。)


-----

まもなく開催! 第4回 YouTube Live !

6月14日(日)12:00〜12:45頃(@黒字社長塾チャンネルにて)

初の日曜開催!

今回のテーマは『武田雄治の出口戦略(EXIT戦略)』

第3回Liveで視聴者の会計士さんからリクエストのあった「出口戦略(EXIT戦略)」についてお伝えします。資産形成も人生設計も「出口戦略(EXIT戦略)」がメチャクチャ大事なのに、ほとんどの日本人がEXITを考えていないと思います。理詰めで成功・幸福を掴みたい人は是非ご覧下さい。

このテーマに関する質問、要望などがあれば、コメント欄か武田公認会計士事務所HP掲載の問い合わせ用メールアドレス宛にご連絡下さい。

黒字社長塾チャンネルに「チャンネル登録」をし、「通知」の設定して頂くと、Liveのリマインドが届くようです。


youtube live_Exit





王様のハレンチ

先週からジム通いを再開した。休館の反動で混んでいるのかと思いきや、ガラガラで驚く。常連客はどこへ行ったのだろうか。

いつも行くジムの傍に大型書店があるので、帰りに立ち寄るのだが、そこに小・中学生時代に浜学園という塾でお世話になった浮世博史先生の本が平積みされていた(こちらの本)。「おーーー!!浮世博史!!」と心の中で発狂したわ。30年ぶりにこの名前を見た。浜学園には小4〜中3まで6年間通っていたが、この6年間で一番お世話になった先生だと思う。国語と社会を担当していた。当時、浜学園で一人の先生が2科目を担当したのは浮世先生だけで、カリスマであり、オタクであり、変態だった。名前も変わってるが、見た目もキャラも変わった人だった。「浮世離れ」とはこういう人をいうのだろうなぁと武田少年は思ったものだ。

-----

「浮世」とは「憂き世」とも書く。思い通りにならない辛く苦しい世の中を表す。「浮世離れ」とは、そういう世の中からかけ離れた人、つまり「世間の常識からかけ離れた人」という意味で使われる。他人のことなど気にしない、マイペースな人間に対して使われることが多いと思う。

また昨日から芸人の不倫がネットを駆け巡る。これがニュースになること自体に違和感があるが、それで直ぐに活動を自粛するというのも意味が分からん。不倫した相手の女性がマスコミにペラペラと喋ることも理解不能。それを見た一般ピーポーがピーピー言ってるのも理解不能。心理学の本によると、自分だけがおいしい思いをする「フリーライダー」が許せないという心理が働く人が多いらしいが、あなたに他人の何が分かるというのか?? 他人の領域に土足で踏み込んで楽しいのか?? 倫理に反する人間を攻撃しないと気が済まないのか?? そもそも、あなたは首尾一貫とした人間なのか??

もともと人類は生存するために敵を攻撃してきたわけだから、根底には「I win, You Lose」の思考があり、そこに快感をもつ遺伝子を持っているのだと思う。だから、他者と「同調」するか、他者を「差別」することに快感を持つのだろう(と私は思っている)。いまだに白人警官が罪のない黒人を殺すというのは異常だが、別の国の特別な出来事だとは思えない。日本人特有と思われる正義依存症の中毒患者も、ある意味、他人を殺している。人は誰しもアイヒマンになり、悪は凡庸になる。世知辛い世の中だ。

根本的に、他人に対するリスペクトがない。人と違うということを受容することが出来ない。同意する必要はないが、受容したらどうなのかと思う。

人と違うことは素晴らしく、「浮世離れ」した人はもっと素晴らしい。そういう変態がリスペクトされ、イノベーションが起こる世の中になるべきだと思う。王様は裸でハレンチかもしれないが、そんなことはどーでもええじゃねーか。それより、承認しろ、受容しろ、自律しろ、と常々思う。

-----

今日の「春秋」も素晴らしい内容。声に出して読みたい日本語。

春秋

時はあなたが刻むもの

SEIKO


今朝の日経新聞より。
SEIKOの全面広告。

時々、見惚れるような広告を見ることがある。
こういう作品を作れる人はすごいなぁと思う。

時間に追われるのではなく、時はあなたが刻むもの。

Stay Homeと言われていた間も、時間は動き続けた。
あっという間に6月になり、梅雨入りし、今年も残り205日となった。
コロナを言い訳にはしたくない。
年初に立てた目標・計画を実現させていこうと、朝から新聞を眺めながら考えた。

-----

お知らせです。

第4回 YouTube Live やります!

6月14日(日)12:00〜12:45頃(@黒字社長塾チャンネルにて)

初の日曜開催!

今回のテーマは『武田雄治の出口戦略(EXIT戦略)』

第3回Liveで視聴者の会計士さんからリクエストのあった「出口戦略(EXIT戦略)」についてお伝えします。資産形成も人生設計も「出口戦略(EXIT戦略)」がメチャクチャ大事なのに、ほとんどの日本人がEXITを考えていないと思います。理詰めで成功・幸福を掴みたい人は是非ご覧下さい。

このテーマに関する質問、要望などがあれば、コメント欄か武田公認会計士事務所HP掲載の問い合わせ用メールアドレス宛にご連絡下さい。

黒字社長塾チャンネルに「チャンネル登録」をし、「通知」の設定して頂くと、Liveのリマインドが届くようです。


youtube live_Exit





「自分らしさ」

淀屋橋


『読書にも勢いがある。いったん水路が通じると、次から次へと水が走り出て、止まらなくなる。ある程度読まないと、水路が通じないし、勢いがついてしまうと、押し流されて行方がわからなくなる。』
 (城山三郎著『人生の流儀』(新潮文庫)より)

めっちゃ分かる。その通り。

ブログを書くにも勢いがある。いったん水路が通じると、次から次へと書きたいことがあふれてきて、止まらなくなる。だから、昨日の続きを。

-----

瀧本哲史さんの『2020年6月30日にまたここで会おう』という本をブログで紹介した次の日に、秘書がこの本を買いに行き、気付いたことをまとめ、感想文を送ってきてくれた(強要した訳ではない)。将来にモヤモヤがあるアラサー女子にとって、スッキリと霧が晴れるような内容だったことが、長文の感想文から伝わってくる。

瀧本さんが最も言いたかったことは、先代のカリスマについて行くのではなく、また、絶対的な解を求めるのではなく、自分で考え、自分で答えを出すことの大切さだと思う。他人の意見を参考にすることはあっても、鵜呑みにしてはいけない。ましてや、他人の目を気にして、他人に同調する必要もない。皆がマスクをしていても「俺はしないぜ」と言えばいい。

日本国憲法は、人は皆違うことを前提に、『人と違うことは素晴らしい』ということを最も大切にしている。そう、人と違うことは素晴らしいことであり、それが個性というものだ。個性は最大限に伸ばすべきであり、叩かれるものではない。身近な人間ほど他人と比較してくるだろうが、クソ喰らえと思っておけばいい。

国籍も身長も属性も性別も性格も肌の色も全て違うように、自分で考え、自分で答えを出す際も、人と違っていい。同じである必要がない。一つの事象に対する考え方なんて、100人いたら何十通りも出てくるに違いない。私のブログで書いたことに対して、違う意見を言われることは多々ある。参考にはさせてもらうけど、特に気にしていない。なぜなら私は人と違うから。

人と違うから新しいものが生まれる。人々がキリスト教に傾いている最中に「神は死んだ」と言い切れる程に自分の確固たる哲学を持った人間がいて、その人が自分の意見をバラまいたから、人が動き、世の中が動き、歴史になった。

人と違う「自分らしさ」が誰にもあると思う。
それを大切にし、自分が灯台の光となればいいと思う。

-----

感想文のお礼に、秘書に贈る。

『人間の美はこれに尽きる、即ち、各人は自らの性質と仕事に応じて行動すべし』
 (サマセット・モーム著『サミング・アップ』(岩波文庫)より)



(※ 写真は22時頃の淀屋橋。左の建物は大阪市役所。)

マスク

アベノマスク


アベノマスクがようやく届いた。もう届かないのかと思っていた。こういうカネの使い方をしてるから、国民は税金を払う気が失せ、給与所得者が搾取される。

昨日も書いたが、自分の頭で考えて、自分で答えを出すことが大切。なんでこんなものに数百億円もの税金を使うのか。そもそも、なんで諸外国が直ぐに給付金を配ったのに、この国はマスク2枚なのか。あれだけの政治家が集まって意味のないことをする訳がない。

かつて、奥田東・京都大学総長が、新入生に向けての祝辞で、「京都大は諸君に何も教えません」という趣旨の挨拶をし、皆を驚かせたことがあるらしい。今朝の日経新聞に掲載されていた池上彰さんのコラムを読んで知った。「大学の役割というのは学生が考え、学ぶことを手伝う場であること」を考えてほしかったのだろう、と池上さんは書いている。

ググれば分かることを必死にインプットすることは時間のムダだと思うし、SNSで誰かが何も考えずに書いたことを真に受けたり、マスコミの報道を何の疑いもなく信じたりすることは、思考の放棄だと思う。少しは本やテレビやネットから視線を外し、考える、思考する時間を持たなければ、アホになると思う。

「コロナが終息したらどうすべきか」というようなことを聞かれることが多いが、それも自分で考えたらどうなんだい? とりあえず、マスクを外せ。


-----

今日もお知らせです。

YouTube更新しました。

【公認会計士武田雄治の書籍紹介】の第3弾として

石井結實著『「食べない」健康法』

を公開しました。

私が「一日一食」生活をすることになったキッカケになった本です


・ご覧頂けた方は、「いいね」ボタンへのポチをお願いします!
チャンネル登録もお願いします!
・SNS等でのシェア・拡散歓迎です!


▼閲覧は、画像をクリックしてください。
武田雄治の書籍紹介003


武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ