公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

ワインエキスパート公認会計士

wine


渋谷某所

公認会計士でありながらワインエキスパート資格(ソムリエ資格とほぼ同じ)を持ってるのは日本で数名しかいないと思うけど、今宵はその2人と食事。

ワインの話から、最新のビジネスモデルの話まで、話が尽きず、閉店時間になって店から追い出されるまで飲んだ。

哲学的に「愛」を論じる

愛 (講談社現代新書)
苫野 一徳
講談社
2019-08-21



苫野一徳(とまの いっとく)氏。30代の哲学者。
私と同じ関西学院高等部出身だが、大学は早稲田。かなり珍しい経歴。

本書は、哲学的に「愛」を論じている。

著者は、広義の「愛」には、々イ、愛着、0Α↓た燭琉、という段階があると考えているようである。

,鉢△涼奮は、エゴイズムや執着がある。
やい涼奮は、エゴイズムや執着を超えたものである。

では、の「愛」とは何なのか?

この文章がポイントかと思う。
・・・「執着」に囚われることさえなければ、そのような意志を持つことができれば、わたしたちは、自らの「愛着」をそのような「愛」へと育て上げていくことができるのではないか・・・
(P64、赤字箇所は本書では傍点)

つまり、「愛」とは、
(=湧き上がってくるもの)だけではなく、
(=意志しうるもの)である(P195参照)。

そして、フロムの名著『愛するということ』を引用しながら、「愛」とは、他人への依存心、他人を利用しようとする欲求、ナルシシズム的な要素を超えたものであり、我々は理性の力によってナルシシズムを克服しなければならないという(P200〜)。

しかし、現実的に、理性の力のみによってナルシシズムを克服することは難しい。
ナルシスティックな人間は、理をもってナルシスティックだから。

では、そういう人は、「愛」やぁ嵜燭琉Α廚謀達することはできないのか?

ここで、私がこのブログで何度か書いてきた「存在承認」がキーワードとなる。
つまり、著者は、存在をそのまま承認してくれる人との出会いが、ナルシシズムを克服する最大の契機となり、それが「真の愛」への最大の契機になるという。

「あなたはOK、それでOK」と言ってくれる存在との出会いは、わたしを反動的ナルシシズムから救い出し、「愛」の可能性の条件を切り開いてくれるに違いない。親、保護者、教師などの一つの存在意義は、ここにこそあると言うべきだろう。(P205)

以前も書いたとおり、人は「存在承認」が得られなければ、人間関係が面倒くさくなったり、世間から逃避したくなったり、ひきこもりたくなったりするものだ。自分の存在意義を見失い、生きることも面倒くさくなる。逆にいえば、「存在承認」が得られれば、そこに笑顔が生まれ、愛が生まれる。

つまり、「存在承認」をしてくれる人を、理をもって、意志をもって、愛することが「真の愛」なのだ

愛は受動的な感情ではなく、能動的な活動である。
そのなかに「落ちる」ものではなく、「みずから踏み込むもの」である。
愛は何よりも与えることであり、もらうことではない

(エーリッヒ・フロム『愛するということ』より)

「真の愛」とは、愛する女性の美しさや才能を失ったとしても、私への愛を失ったとしても、亡くなったとしても、その人のことを変わらずに愛し続けることだ(P209参照)。

だから、「無条件の愛」「無償の愛」は、本来の「愛」ではない。「真の愛」とは、「存在承認」をしてくれる人を、理をもって、意志をもって愛することによって、その愛に条件などないと意志しうるものなのだ。

本書は、そういうことが難し〜〜く書かれている。哲学者っぽく。


【関連記事】
2019/3/12 無償の愛

違うから、人は人を想う。

人は人を想う
(日経新聞(2019/9/21朝刊)全面広告より)


嫌いな人をほめてみよう。

好きな人の嫌いなところはありますか?

いくつ思いつきましたか。好きな人の嫌いなところは意外と見つかります。
でも、その嫌いな部分も含めて、その人が好きだったりする。
では、逆はどうでしょう。
嫌いな人の好きなところを挙げるのって難しくないですか?

とはいえ「嫌い」でその人に心を閉ざしてしまうのももったいない。
マンガではよく宿命のライバルがのちの盟友になりますし、
ドラマではたいてい運命の二人の第一印象は最悪です。
違うから、おもしろい。違うから、視野が広がる。違うから、成長できる。
たいせつなのは、お互いを想い、認める気持ち。

嫌いな人のいいところを見つけてみませんか。
そんな小さなやさしかから世界はちょっとずつ変わっていくと
私たちは信じています。

違うから、人は人を想う。


ひとのときを、想う。JT

朝から新聞をめくる手が止まった。

「違うから、おもしろい」
「たいせつなのは、お互いを想い、認める気持ち。」


ホントにそう思う。




【関連記事】
2019/3/24 『人と違うことは素晴らしい』
2019/9/4  存在承認の大切さ

福岡の庭園巡り

友泉亭公園

福岡最終日。
ぼんやりと庭園巡り。

まずは博多駅からタクシーで20分位のところにある「友泉亭」へ。福岡市指定名勝。市内初の池泉回遊式庭園(大きな池を中心に配し、その周囲に園路を巡らした庭園)。それほど大きな庭園ではないが、園路をとぼとぼと歩いているうちに、数十分前まで博多のど真ん中に居たことを忘れさせてくれる。


友泉亭公園

↑ 池があり、鯉がいて、小島があり、橋がかかり、滝があり、岩にあたり、灯籠があり、金木犀やドングリの木が揺れる。適度に手入れを怠っているところが良い。自然のままの美と粋を感じる。


大濠公園日本庭園

↑ 「友泉亭」を後にして、タクシーで数分のところにある「大濠公園」の中にある大濠公園日本庭園へ。こちらも大きな池があるが、池泉回遊式庭園ではなく、築山林泉廻遊式庭園(山、庭、茶室などを繋ぐように園路を巡らした庭園)というらしい。庭園も奥深い。
こちらは近年築庭された庭園であり、伝統的な美というより、人工的な美といった感じであった。私としては少し物足りなさがあった。



スターバックス福岡大濠公園店

↑ 雨が降ってきたので、大濠公園の中にあるスタバで雨宿り。ここのスタバはめっちゃ良かった。目の前に大濠公園の大きな池。池の畔を散歩したりジョギングしたりする人の姿。日本じゃないみたいな光景。
スタバカードのポイントが貯まりまくっている上に、有効期限が迫っていたので、普段は絶対に頼まない甘いモンを頼む。
ウインドウ側の席に、文庫本2冊を持ってきたお爺さんが2時間くらい読書をしていた。素敵なお爺さん。



博多もつ鍋もつ幸

↑ 夜は地元の方がオススメしてくれたモツ鍋「もつ幸」へ。めちゃくちゃ美味かった。店の方が薦める餃子も鶏皮センベイも完璧なる旨さ。〆のチャンポン麺も最高だった。

3泊4日のセミナー行脚終了。
スマホを見ると、昨日のセミナー受講者の方からメールが届いていた。「たくさん研修を受けてきましたが、研修中も終わった後も、帰ってきてからも高揚感をおさえられなかった研修は初めてでした」と。嬉しすぎる。

来週は4泊5日のセミナー行脚。また全力疾走の1週間になる。週末は全力で休む予定。



今日の仕入れ物


東京→名古屋→札幌→福岡での決算早期化セミナー 終了!

中洲青の洞窟


今日は福岡にて、税務研究会様主催の決算早期化セミナーだった。
今日も5.5時間立ちっぱなし。足はパンパンになる。

税務研究会様主催のセミナーは、東京、名古屋、札幌、福岡と4拠点で登壇させて頂いたが、今年はこれで一旦終了。全国の経理担当者に想いを伝える機会を頂けることを決して当たり前のこととは思わない。感謝しかない。日程が合わずに申し込みも出来なかった人も多いと思うが、平日が4日しかない今週の1日を割いて、私のセミナーに来てくれたということも決して当たり前のこととは思わない。受講者の方から「目から鱗」と言ってもらえることほど嬉しいコトバはない。今回のセミナーがキッカケで、1社でも多くの経理部が進化し、「真の経理部」が生まれて欲しい。「真の経理部」を1社でも増やすことが私の使命でもある。

数多くのセミナーを企画している税務研究会様が、「武田先生のセミナーは別格」と言って頂けることも嬉しい限り。数年前まで税務研究会様のセミナーに登壇したくても出来なかったのに、今では来年のスケジュールも抑えてくれている上に、新たなセミナー企画まで頂くようになった。「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道」というイチロー選手のコトバを思い出す。何事もコツコツと結果を出すしかない。



中洲の屋台

セミナー後は、ひとりでぷらっと中洲と天神の屋台街に繰り出した。「屋台が消えた」という噂を聞いていたが、いまでも健在だったし、賑わっていた。白人観光客も多かった。私の隣にいたのはスウェーデンから来たというカップルだった。「山芋って何?」と聞かれたが、英語で何と説明していいのか分からん。一人の客が「ヤム!」というが、全く通じていない。ググってみたら、山芋は「yam」というんだな。知らんかった。最近はスマホでgoogle翻訳を開けておけば外国語を喋れなくても簡単なコミュニケーションはできる。タイ語であろうが、ベトナム語であろうが。便利な世の中になったもんだ。


天神屋台焼きラーメン

一度は食べたいと思いながら、いままで食べたことがなかった「焼きラーメン」を食べることができた。美味かった。とんこつラーメンも食べた。札幌の味噌ラーメンもいいが、博多のとんこつラーメンもいいねぇ。地方都市は食のパラダイスだねぇ。

久しぶりの福岡

hakata


明日の福岡セミナーの前入りで、東京から福岡へ。
福岡に住む大学時代の同級生と久しぶりに再会し、食事した。
抹茶味のビールで乾杯。

同じ大学の同級生だが、学部が違ったので、校内での交流はなかったと思う。大学生の時、私の自宅にアポもなしに勝手に上がり込んできた女子がいて、「お前、誰やねん??」と言ったのが彼女との初めての会話だった・・・という記憶だけは鮮明に残っているが、そこから先のことは覚えていない。なんか面白い女性だったので仲良くなったが、私の親友が彼女に好意を持っていたから、それ以上の関係になることはなく、大学卒業後は彼女は地元の九州に戻っていった。

それから20年以上が経つが、なんやかんやと腹を割って話ができる数少ない友人の一人としてお付き合いが続いている。1ヶ月違いの同じタイミングでお互いが独立したというのも何かの縁だと思う。その時から度々経営の相談にのってきた。今日も経営の話から、人生の話まで、話は尽きなかった。

初対面の人の家に勝手に上がり込んでくるだけあり、今でも私には持っていない根性を持っている。そういう点は改めて尊敬する。

薬院の「信玄酒店」という店で食事をしていたのだが、店のオーナーが私と同じ武田家の人間なのかと思ったら、本名が大谷信玄さんという方だった。信玄という名の方を初めて見た。食事もワインもかなり美味しいお店だった。抹茶味のビールも。

早めに前入りして良かった。有意義な一日だった。

「内部統制×決算早期化セミナー」終了!

OBCセミナー

今日は、都内でOBC様主催のセミナー「内部統制×決算早期化セミナー」に登壇させて頂いた。

内部統制コンサル実績数No.1(多分)の浅野雅文会計士と、決算早期化コンサル実績数No.1(多分)の私と、クラウドベンダー対応実績国内No.1のOBC様との最強コラボによるセミナー。

浅野会計士は、私の監査法人時代の同期であり、私が顧問をしているコンサルティングファーム Collegia Internationalの創業者。以前、私と浅野が登壇したCollegia International主催のセミナーにOBCのOさんが受講されたことがキッカケで、今回のセミナーが実現した。Oさんとはもう10年近いお付き合いで、私が何度もOBC主催セミナーに登壇させて頂いているのは、このOさんのお陰様。もう感謝しかない。「勘定奉行」の導入はOさんにお任せあれ〜!

今回のセミナーの私のパートでは、内部統制の不備や、業務フローの不備により決算発表が遅延している企業は少なくないため、それをどうやって改善し、決算早期化につなげるのかという話をさせて頂いた。


OBCセミナー

セミナー終了後の記念撮影。
左から、受付をして頂いたOBCのSさん →武田 →OBCのOさん →浅野 →司会をして頂いたOBCのSさん。

受付のSさん、司会のSさんは、以前から私が登壇するセミナーで受付・司会をして下さっている美女2人。2人共、OBCの社員とは思えぬほどのプロ並の対応、プロ並の司会。見ていて気持ちよすぎる。今回も私のたってのお願いで受付・司会をして頂いた。もう最高!


OBCセミナー

セミナー後に男2人で打ち上げ。今宵も深く酔った。


(※ 写真は許可を得て掲載している。念の為。)

生きる意味

生きる意味 (岩波新書)
上田 紀行
岩波書店
2005-01-20


この本の初版は2005年。その頃、かなり話題になったと記憶してる。

先日紹介した、山竹伸二著「『認められたい』の正体」(講談社現代新書、2011)を読んだ後に、本棚から十数年ぶりに本書『生きる意味』を取り出して、再読した。

この本は、こんな一文で始まる。

私たちがいま直面しているのは「生きる意味の不況」である。

どういうことか。

戦後の日本人は、「他の人が欲しがるもの」=「私の欲しがるもの」であった。三種の神器(洗濯機、TV、冷蔵庫)や、マイホーム、クルマ、ブランド品などを手に入れることが「生きる意味」となっていた。そのため、「他者の欲求」を生きることを無意識に植え付けられていた。しかし、バブル崩壊とともに、そのような人生観も崩れ去った。

だが、「他者の目」を強く意識しながら行きていた日本人の自我の構造はそう簡単には変わらない。ルース・ベネディクトが『菊と刀』(1948)で指摘したとおり、欧米などの「罪の文化」と対比し、日本は「恥の文化」である。

常に「他人の目」「世間」を強く意識するから、日本人は「人生の質」より「数字」を優先し、「数字」を信仰してきた。年収、年商、偏差値、点数、寿命・・・など、数値が大きければ良いと信じてきた。しかし、「数値」を追いかけなればならない動機が明確でないのに、常に数字を追い求めるから、「生命力」を失っているのではないか。

例えば、親は子供に「そんなことをしていたら世間では通用しないのよ!」と他人と比較するような躾をする。一見愛情深い親を装っているが、「条件付きの愛」を押し付け、親の期待に沿う「いい子」に育てているにすぎない。子供は「ひとりの人間」であることを無視されるため、自尊心を傷つけられ、いつまでも大人になりきれず、無力感と虚しさにうちひしがれる。

また、病気になると「寿命が一年でも伸びるならそのほうがいいじゃない」と患者側でも安易な選択を繰り返してきたため、検査漬けの生活を送ることになる。抗がん剤治療を行った結果、辛い闘病生活に入り、人生を振り返ることすらできずに他界される人は少なくない。

経済が成長し豊かになってきたが、そこに「中身」がないと感じる人が多いと思うそれは「他人の目」や「世間」を意識しすぎるあまり、自分自身が「かけがえのない存在」ではなく、(誰とでも交換可能な)「どこにでもいそうな存在」に成り下がっているからだ。数字や効率性を追い求めすぎた結果、生きる意味を見失っている。

これが、著者のいうところの、戦後日本の「生きる意味の不況」の正体・原因なのだ。

いまは「モノの時代」ではないし、数字や効率性を追い求める時代でもない。いったん立ち止まって「人生の質」(Quality Of Life)を追い求めるべきである。そこには「他人の目」や「世間」を意識する必要はない。自分自身の心に素直になって、自分が本当に求めているものに従って生きていくべきである。著者はいう。「誰でも自分の人生を創造することができるのだ。あなたはあなたの人生の主人公なのだ」(P137)と。

私たちは、他人と比較するのではなく、「成長を内側から見る目」が求められている(著者はこれを「内的成長」と呼んでいる。P143)。それは、自分自身の「喜び」や「苦悩」に向かい合うことであり、抑圧された自分自身から「我がまま」に生きることへの転換でもある(第6章、第7章参照)。

モノの時代から心の時代になったと言われるが、我々は「内的成長」を繰り返し、自分自身が「かけがえのない存在」だと意識できているだろうか。自尊心を取り戻しているだろうか。親、家族、恋人などから「無条件の愛」によって愛されるに足る存在だと知ることができてきるだろうか。

個人が「内的成長」により自律し、さらに、互いの存在を承認し、互いを尊重し合える関係・社会になれば、非常に幸せだと思う。私もそういう人間関係を求めてやまない。


もう一度読みたい本



本を特集している雑誌があれば買ってしまう。

『&Premium』(2019年10月号)の特集「あの人が、もう一度読みたい本。」は非常に良かった。「もう一度読みたい本」というのは、その人の生き方や人生に大きな影響を与えた本といえる。そういう本を、本好きな人が紹介してくれている。

紹介されている本の1冊1冊の解説が詳しいことと、どういう本なのかジャンル分けされているのが良い。かなり良質な読書案内特集。蛍光ペンと付箋を握りながら雑誌を熟読したのは久しぶりかも。永久保存版にしたいくらい。






『PRESIDENT』(2019/9/13号)は、「『人間の器』を広げる1冊」という特集。
『PRESIDENT』は特集記事の中身が薄いことが多いのでスルーしようかと思ったが、「読者のお悩み別 あなたにぴったりの1冊を探せ」という30ページ近い記事は良かった。あらゆる悩みは本が解決してくれる。

-----

私がもう一度読みたいと思う本は、(このブログで何度も紹介しているが)朝日新聞で「天声人語」を担当していた辰濃和男さんの『ぼんやりの時間』 (岩波新書)という本。かつて1日10時間も15時間も仕事をしていた私に「ぼんやりは貴い」ということを教えてくれた。人生観ががらりと変わった。こんな良い本も絶版になるんだから、長期的に売れる本を書くのがいかに難しいということか。

ソロー『森の生活』や、リンドバーグ『海からの贈物』も人生観を変えた本。もう一度読みたい。『森の生活』は岩波文庫版で読んだが、次は小学館文庫版を読んでみたい。

人生観を変えたという意味では、沢木耕太郎『深夜特急』は外せない。またいつか読むことになると思う。沢木耕太郎の本は(小説も含めて)かなり読んできたが、やはり『深夜特急』だ。私がぷらっと旅に出るのは、この本の影響。

モノの見方・考え方に影響を与えてくれたのはショーペンハウアー、レヴィ・ストロースあたり。ショーペンハウアーは西洋の哲学者で一番好きだ。『幸福について』が一番好き(出版社によってタイトルが異なるから注意を)。

生きる意味を見失いそうになったり、疲れ果てた時には、ヴィクトール・フランクル。『夜と霧』『それでも人生にイエスと言う』『意味への意志』などフランクルの本は "心の本" といえる。これらの本ももう一度読むことになると思う。

「人間の器」を広げてくれたのは、森信三、安岡正篤。SBI北尾社長の愛読書ということで手に取ったのがキッカケで両氏を15年位前に知り、さらにそれがキッカケで中国古典(論語など)も読み始めたが、浅学非才の私には得られるものが多すぎた。森信三『終身教授録』は15年読み続けている。

キリがないからこの辺で。

アナログ主義




『真似のできない仕事術』って、どんなのだろ?


12人の「仕事人」が登場するが、そのうちの1人が(なぜか)タランティーノ監督。

仕事の現場では「徹底したアナログ主義だという点は共感できる。脚本を書く時は今でもリングノートとフェルトペンを買ってきて、手書きで書くらしい。「コンピューターじゃ詩は生み出せない」が彼のモットーだというが、すごく理解できる。

撮影現場では、ケータイ・スマホの持ち込みは禁止で、現場で鳴らしたら即クビらしい。ケータイはかえって人とのコミュニケーションを奪うし、自由も奪う大事なものを見落とさせちゃうと思うんだ俺はケータイがなかった時代へ戻りたいよ。これもめっちゃ理解できる。

-----

三浦瑠麗さんも登場する。平日に東京のオフィスで仕事をする時も、週末に軽井沢の別荘で過ごす時も、「どう過ごすかが大体決まっています」というくらい1日にすることが「ルーティーン」であるという。これもめっちゃ理解できるし、大切だと思う。

twitterなどからの情報も「時間を決めて1日に数回チェックする」というが、これも大切なことだと思う。1日に何度もリロードして情報を取りに行くってことをやっていたら、大切な時間があっという間に過ぎ去っていく。ここでも、ネットに過度に依存しない「アナログ主義」が必要だと思う。

-----

私もここ最近、「アナログ主義」でいきたいと思っていたところだった。「スマホ疲れ」がきてる。ケータイがなかった時代に戻りたいと思うことが時々ある。

友達の一人がLINEをやめることになり、「連絡手段が途絶えるなぁ」と思ったのだが、実際はスマホがなかった時代の連絡手段に戻っただけで、何ら不自由はない。

私のビジネスパートナーは、スマホ上のあらゆるアプリの通知設定をOFFにしている。サウンドもバッジ(アプリ上の赤丸)もOFFににしている。メールや電話すらもタイムリーにやり取りできない。それでも特段困ったことはない。

人との繋がりやコミュニケーションをLINEやSNSに依存していること自体が異常なのかもしれないと思うこともある。

橘玲氏の進化論の本を読むと、人間は(進化の大半を過ごした)旧石器時代に適したカタチで「設計」されているんだなぁということが分かる。食事、睡眠、運動、健康、働き方など、あらゆるものがそうなんだと思う(ちなみに、福岡伸一ハカセは、食品添加物が体内に入ることを「壮大な人体実験を受けているようなものだ」と言っている。原始人はそんなものを口にしていないから。同じ理由で、私はプロテインも余り摂取していない)。


話がどんどん逸れていったが、結局は『真似のできない仕事術』ってのは、自分が真似する必要のない仕事術だ。原点に戻り、原始的に考えれば、大抵はうまくいくんじゃないだろうか。

知らんけど。


プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード