公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

新刊書 12/6(金)発売!




新刊書

『「経理」の本分 ―部署の存在意義、業務の原則、部員の心得』

12/6(金)に発売されます。

amazonで予約注文を開始しました! ポチってください!

1%の可能性があれば必ずできる

daiba


今日はは公認会計士試験の合格発表の日だった。

合格された皆様、おめでとうございます。



毎年、公認会計士試験の合格発表日になると、自分が合格した日のことを思い出す。

-------

合格者名簿が張り出された無機質な近畿財務局の一室
合格者名簿のコピーが貼られていただけのパーティション
受話器の向こうの父親の雄叫び
そのまま直行した新大阪駅までの道のり
東京駅に着いてから(既に内定をもらっていた)監査法人までのタクシーの中のソワソワ感
監査法人での熱烈歓迎ぶり
昼間っから飲まされた味のない赤ワイン
赤い顔で撮った記念撮影
内定通知の入った封筒
マンションを探すために立ち寄った大森の不動産屋
生まれて始めて食べた(そして最初で最後の)「富士そば」の黒い出汁
尊敬する大先輩M会計士にご馳走になったお寿司屋さん
M会計士の奥様からの祝福・・・・・・

この1日だけで何十人という人から「おめでとう」を頂いただろうか。

-------

合格発表の日は、人生で最も濃い1日だったと思うし、この1日の出来事は今でも忘れることはない。何度か不合格も経験し、受験自体を断念することも考えたことがあるだけに、合格ラインを超えるか超えないの境界線で人生がどれだけ変わるかを痛いほど分かっている。

合格された方は、これからもチャレンジを続けてほしいし、いずれは業界のために貢献して欲しいと思う。残念ながら合格ラインに達することが出来なかった方も、志を消さず、再びチャレンジして欲しい。合格したら人生が変わるので。

一昨日、47歳の新庄剛志選手が「1%の可能性があれば必ずできる」と現役復帰を宣言したとのニュースが流れていたが、この「1%の可能性があれば必ずできる」というのは本当にその通りだと思う。

私の大原簿記専門学校時代の成績はひどいもんだった。合格者800名〜900名の時代に、大原簿記の全国模試で1500位以内に入ったことがない。金銭的な援助してくれていた父親に「受験を辞めたい」「専門学校を辞めて、ジムのインストラクターにでもなる」と言いに行ったこともある。反対されて、受験勉強を続けることになったけど…。

合格の可能性なんて1%もなかったと思うが、その後、開き直ったのが良かったのか、試験当日まで何の邪念も雑念もなく、一つのことに集中できた。そして、その年の本試験で合格することができた。あの時、受験を諦めていたら、なかやまきんに君になっていたんじゃないだろうか(当時からベンチプレス120kgくらい上げていた)。

人生は想定外。起こったことは良くも悪くも受け入れるしかない。抗わず、生き急がず、隣の芝を見ず、目の前のことをコツコツとやり続けるのみ。その意味は何年も先にならないと分からないかもしれない。しかし、コツコツとやり続けることが成功への最短距離だと思う。長い目で見れば、人生は流れるべきところに流れていき、振り返れば道が出来ているものだと思う。

ちなみに、今でもベンチプレス120kgはいける。その意味は未だに分からない。


(※ 写真は宿泊したホテルにて。本文とは関係ない。)

自分の人生観・仕事観に合ったライフデザインを描く




再びCOREDO室町テラスの「誠品書店」を訪れ、平積みされていた本書を手に取り、目次をペラペラと見て「買い」だと思った。直感はだいたい当たる。

原書のタイトルは "Designing your life"

本書は、スタンフォード大学で12年間かけて開発され、現在は100を超える大学でカリキュラムが導入されているという「ライフデザイン講座」を元に書籍化されたもの。各章の末尾にワークが付いているが、このワークを面倒臭がらずにキチンと向き合って臨めば、ライフデザインが出来上がる。現在地を把握し、人生観・仕事観を定義し、熱中できるものを探し、ライフプランを描き上げていく・・・という内容。

この手の本を久しぶりに買ったし、この手のワークを久しぶりにやったが、面白かった。数時間で読める本だが、読後に数十時間かけてライフデザインをアップデートしていった。

この本を読み、ワークをやって、改めて気付かされたのは、人生のデザインは一通りではないということ。唯一の正解なんてないし、完璧なんてない。いまやっていることがベストな人生とも限らない。公認会計士だから会計を生業にしているが、そもそも公認会計士だからといって会計を生業にすることが正解ではないかもしれないし、ベストな選択とは限らない。こういった固定観念のことを、本書は「行きづまり思考」といってるが、「行きづまり思考」を打破しなければ、自分の人生観・仕事観に合ったライフデザインが描けないかもしれない。

ライフデザインなくして、人生のイノベーションなし。

人生や仕事に対して、不安や不満がある人、満足度や達成感がない人、虚無感や絶望感しかない人、「なんでこんなことやってんだ?」と思っている人などは、「行きづまり思考」になっているだけかもしれない。思考や視点を転換させることができれば、新しい人生のデザインが描けるのではないかと思う。



スタバ



新刊書のタイトル決定!

ちゃやまちアプローズ


以前も書いたが、9月に新しい本の原稿を書き上げた。
2回のゲラチェックを経て原稿は完成し、タイトルも、帯も、カバーデザインも決まった。あとは印刷会社に回って、流通に回り、数週間後には書店に並ぶと思われる。脱稿から約3ヶ月。

タイトルは、私の方で仮題は付けるが、最終的には出版社が決定する。今回も私の仮題は却下された。仮題と似たようなタイトルの本が既に刊行済であったから。中身が全く違うのだが、類似のタイトルは嫌われる。仕方ない。ただ、出版社もプロなので、売れるタイトルを付けてくれる。もちろん原稿の中身を鑑みながら。新しいタイトルは、近いうちに公開できると思うが、私は気に入ってる。カバーデザインも、帯も、かなり気に入ってる。今回もロングセラーになってほしい。

-----

以前、『IFRS導入プロジェクトの実務』や『決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉 』を刊行した際、出版記念セミナーを開催をしたが、今回も開催しようか悩み中。やるなら東京と大阪でやろうか。東京は運営をラウレアにお願いし、大阪は秘書に手伝ってもらおうか。協力してくれる方がいたら東京・大阪以外で開催してもいい。他のセミナーと同じような内容じゃ面白くないから、経理部や会計士の知り合いなんかも呼んで、トークショー的な感じにしようか。東京はラウレアの飯塚さん、大阪は秘書に登壇してもらうのもおもしろいかも。やるなら平日の夜かな。19時頃からスタートなら仕事が終わってからも来れるかな。会場にもよるけど、ビール持参で飲みながらやってもおもろいなぁ。会議室じゃなくて、レストランを貸し切りに、とか出来ないかなぁ。

なんてことを、スタバで考えていた。やるかどうか分からんけど、何十人か集まりそうなら前向きに考えようかな。読者の皆様ともお会いしたいので。


(※ 写真は、そのスタバの前にて。本文とは関係ない。)



経営者向けセミナー

ハイアットリージェンシー東京



今日は、某商工会議所にて、中小企業経営者向けのセミナーに登壇させて頂いた。
8月にも登壇させて頂いたセミナーの第2弾セミナー。

中小企業経営者向けのセミナーなので、会計ではなく、経営がメインテーマのセミナーだった。

会計のセミナーは、ここ最近は決算早期化・IFRSしかやっていないが、経営のセミナーは、セールス・マーケティング・イノベーション・マネジメント…と幅広くやっている。単純に比較はできないが、経営のセミナーは喋っていても楽しいと感じる。

公認会計士だからといって会計ばかりやる必要もないかと、ここ最近アレコレと考える時間が増えてきた。

雑誌「PHP」(2019年12月号)において、松下奈緒さんが、十代からずっとやってきたピアノと、今やっている女優という仕事と、自分の中でどちらも「必要な場所」であり、両者のバランスをとりながら「複数の居場所」をこれからも大切にしながら楽しく過ごしてきたい、というようなことを述べていたのだが、妙にこの記事に心を打たれた。

人生は一通りではない。何通りものデザインが描けるはずだし、どれが正解という訳でもない。色んなことをやりながら、バランスを取りながら生きていくべきだなぁと思う。楽しむことに躊躇せず、会計以外のことも本気でやっていかねば。


(※ 写真は宿泊したホテルにて。本文とは関係ない。)



『サブスクリプション2.0  ―衣食住すべてを飲み込む最新ビジネスモデル』(日経BP)




最新のビジネスモデルといわれている『サブスクリプション』(サブスク)について学ぼうと、書店でサブスクリプション関連の本を見た中で、本書が最も分かりやすかったので購入。

『サブスクリプション』とは、「定期購読」「予約販売」を意味し、従来から存在するビジネスモデルではある(「頒布会モデル」などと言われることもあった)が、最近のサブスクモデルはちょっと違う。

最近のサブスクモデルは、従来型とは違う「3つの要素」があり(P2〜参照)、これが、ある種の「革命」を起こしている。私は本書を読むまで、高級バッグが借り放題のサブスクモデルで成功している「ラクサス・テクノロジーズ」という広島の会社を知らなかったのだが、アプリ利用者数25万人、有料会員18,000人(会費月額6800円)、継続率95%という大成功を収めている(先日、ワールドと資本・業務提携を締結し、100億円の資金調達をすると共に、ワールドの連結子会社になったとのリリースを公表した。すごい。)。

ビジネスモデルは、「TTP」(徹底的にパクる)するものであり、オリジナルでは失敗すると思っている。そのため、『サブスク』に飛びつく場合も「TTP」しなければならない。本書が有益だと思うのは、『サブスク』の成功事例の紹介が豊富であるだけでなく、撤退事例まで載っていること。ここから学べることが多い。

ただ、『サブスク』で成功することは難しいとも感じる。なぜなら、本書でも述べられているが、顧客側(ユーザー側)が『サブスク』に支払う毎月の固定費がどんどん増えているからだ。私も、各種の定期購読のみならず、Amazonプライム、Spotify、スタディサプリ、シェアオフィスなどの会員になっているが、これ以上の固定費を増やしたくはないという心理が働いている。

『サブスク』がブームだからと、なんでもかんでもサブスクモデルに飛びついても、会員を獲得できずに投資回収すらできないという結果にもなりかねない。ただ、成功事例の中には、事業を進めながら軌道修正を繰り返していき、成功を手にしたケースも載っているので、そういうところはじっくりと研究すべきだと思う。「固定費が増えても手にしたい!」と顧客に思わせるような価値提供ができるかどうかがキーになるのではないかと思う。

ワインを楽しむ会

ワイン会


先日、都内某所にて、ワインエキスパート資格(ソムリエ資格とほぼ同じ)を持ってる公認会計士2名とワインを楽しむ会を開催したが、本日、公認会計士5名に増員して第2回を開催。

今日は、ワインエキスパートの一人が、実際にイタリアのワイナリーを訪問して買い付けてきたロゼ、白、赤ワインを嗜む。めちゃくちゃ美味かった。疲労が溜まっていたのか、途中で記憶が消えたが…、楽しい1日だった。

ちなみに、近日中に買い付けてきたワインの販売をこちらのサイトで開始する予定。関心ある方は会員登録を是非。サイト制作は私の秘が携わってくれた。Tres bien !

「ありがとう」がもらえる仕事だけをやりたい

HYATT


先週「第10期の決算日を迎えて」というエントリーで、独立して15年、法人化して10年が経ち、「ひとつの区切り」を感じる、というようなことを書いた。

リタイア宣言のように受け止められたが、そういう訳ではない(リタイアした人が羨ましいとは思うけど)。大きく振れた振り子が元に戻るまで待っておこうということであり、具体的に何をするのかは全く白紙。継続しているプロジェクトもあるし、執筆の依頼もあるし、セミナーの依頼は1年先まであるし、引き続き目の前のことをやっていくが、空いた時間が増えるので、そこは自分と向き合う時間にしたいと思う。

今日は、AWARENESS社主催の『ビジネス基礎セミナー』(旧「PBMセミナー」を改名)に登壇した。経営者向けのセミナーだが、最近はこのブログ読者の公認会計士の方も参加してくれることが増えてきた。これは非常に嬉しい。セミナー終了後に多くの受講生が声をかけてくれるのも嬉しい。高い評価を頂き、感謝されるたびに、この仕事をしてて良かったと思う。

憂鬱な仕事も多いが、これからは「ありがとう」がもらえる仕事だけをやっていきたいと思う。


(※ 写真は宿泊したホテルにて。本文とは関係ない。)

アンガーコントロール

帝国ホテル


今日は、某所で「アンガーコントロール」のセミナーを受講した。

「アンガーコントロール」や「アンガーマネジメント」が最近の流行なのか、書店でそういった本が平積みされている。多くの人が「アンガー(anger、怒り)」「イライラ」に悩んでいるということだろうか。

そういう本を何冊か読んだが、いまいちコントロールやマネジメントの方法が分からない。であれば、その道のトップに直接教えを請うべきと思い、セミナーを受講した。

私はそれほど怒ることはないが、社会人になってから3回、全身が震え上がるほどに怒り狂ったことがある。その時は2〜3ヶ月はまともに寝れなかったし、その後も結構引きずり、心の傷が消えることはない。弁護士のお世話にもなったこともある。

「怒り」は、良くも悪くも人生を変える。変えた。こういう経験が積み上がって、自分という人間が編集されていくのだろうが、できることなら人生から「怒り」は消したいし、過去から引きずっている「怒り」も忘れたい。

そう思って今日のセミナーに受講したのだが、冒頭から、「怒り」というのは人間の感情表現(=喜怒哀楽)のひとつであり、自然に湧き上がるものだから、「全く怒らなくなることはないし、全く怒らなくてよいというわけではない」と言われた。言われてみれば当然だが、私の中ではパラダイムシフトだった。確かに、「喜」「怒」「哀」「楽」を表現しようとすると、「怒」「哀」は簡単に表現できる。「喜」「楽」を表現する方が難しい。ということは「怒」「哀」の感情表現を抑え込むことは無理がある。「怒り=悪」ではない。

問題は、「怒り」の正体を知ること、「怒り」が湧き上がってきた際の対応方法を知ることなのだ。その内容・方法もパラダイムシフトが起きた。

セミナー後に講師に直接質問し、消えない心の傷の癒やし方も教えてもらえたが、これも腑に落ちた。唸った。しばらく「振り返り」の時間を持ちながら、癒やしていこうと思う。

何冊もの本から学ぶことも大切だが、その道のトップに直接会いに行くことが、あらゆる問題解決・願望実現の最短距離であることを今日も痛感した。


(※ 写真は宿泊したホテルにて。本文とは関係ない。)

OBC主催『内部統制と決算早期化の実務』セミナーレポート

9月に登壇しました、株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)様主催セミナーのレポートが、OBC様のサイトに掲載されました。

[OBC]内部統制と決算早期化の実務 ―決算が遅れる原因と、経理の仕組みづくりによる解決策


私のパート(第二部)では『経理の仕組みで実現する決算早期化の実務』というタイトルで、決算が遅延する原因と、早期化させる方法について述べさせて頂きました。決算が遅延する根本的な原因(現在地把握)をしてから早期化プロジェクトをしなければ、早期化は実現できないですよ…という話しをさせて頂きました。詳細はレポートをご覧下さいませ。

決算が遅延する原因
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催
 12/13(土)大阪
『決算早期化を実現する実務ノウハウとポイント』

■日本経営協会主催
 12/18(水)東京
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』

■出版記念特別セミナー
 12/23(月)東京
『出版記念特別セミナー』




●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ