公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

■執筆完了!

前作が発売されてから未だ1か月も経ってませんが、次の本を書きあげ、出版社へ原稿を納めてきました。
順調にいけば6月迄には書店に並ぶと思います。

フルマラソンに出場した時も、走っている最中は「もう2度とこんな苦しいことはやってたまるものか!?」って思ったものですが、ゴールすると「もう1度走りたい!」ってなるんですよね。不思議と。

ということで、既に、さらに次の本を書きはじめました。
また引きこもります・・・・。

■年輪経営

リストラなしの「年輪経営」リストラなしの「年輪経営」
著者:塚越寛
販売元:光文社
発売日:2009-02-24
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



経営者の方には一読の価値ある一冊。
創業以来48年連続増収増益の記録を達成した長野県の寒天メーカー「伊那食品工業株式会社」の塚越寛会長による『リストラなしの「年輪経営」』という本。

利益を追求すること、急成長を目指すこと、会社を大きくすること、を目的とした経営を否定し、利益なんて「経営のカス」だ、といいます。
それよりも、社員を含め利害関係者が幸せになるために会社というものは存在する。利益というものは出そうと思って出すものではなく、「健康な会社」を作ることを考えれば自然と出てくるカス(=ウンチ)のようなものだと。
大切なことは、いい時も悪い時も無理をせず、低成長から志して自然体の経営を務める「年輪経営」をすること。一時の寒天ブームに乗って寒天の増産に取り組んだことは「忸怩たるもの」であり、ブームは「最大の不幸」であるとの教訓を得た、といいます。

同社は、二宮尊徳の教えである「遠きをはかる者は富み、近くをはなる者は貧す」を経営戦略の柱にしているようですが、経営にとって本当に大切なことは「遠きをはかる」ことだということを本書は改めて教えてくれます。

坂本光司著「日本でいちばん大切にしたい会社」にも取り上げられた会社であり、大企業の幹部たちも続々と訪問するという会社のトップの経営哲学がまとめられた貴重な一冊です。
最近のビジネス書のなかではイチオシです。



日本でいちばん大切にしたい会社日本でいちばん大切にしたい会社
著者:坂本 光司
販売元:あさ出版
発売日:2008-03-21
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

■死生命有り、富貴天に在り

気が付けば、再独立を決意してもうすぐ半年になります。

半年くらい仕事をせずに田舎に行ったり、旅行に行ったりしながら過ごそうかと思っていたのですが、全く想定外の展開をみせています。

『死生命有り、富貴天に在り』
と論語にあります。生きるか死ぬかは天の命であり、金持ちになるか貴い人になるかも天の配剤である、ということです。だから、自分のやるべきことを精一杯やって、あとは天に任せておきなはれ、ということです。
以前も書いた任天任運という考えと同じだろうと解釈しております。

再独立してからというものの、個人で特定の顧客を増やそうとは考えたこともないですので、以前のように営業に明け暮れるような生活とは無縁です。従業員を雇うこともないでしょうから、毎日寝たい時に寝て、起きたい時に起き、やりたいことだけをマイペースでやるというのんびりとした暮らしをしておりました。

そんなある時、これが天の命かと思うようなことをやっている自分がいました。文字通り寝食忘れてひとつのことに没頭している自分。
どうしてそんな自分が存在するのかと思い返してみると、過去の色々な出会いや経験・体験が今につながっていることが分かります。
大昔のほんの些細な出会いや、記憶から消し去りたいくらいの苦い経験があったからこそ、天の命をつかんだのではないかと思うわけです。

人生は、積み木のように積みあがっていくものであり、
人生において無駄なものはなにもない。


今日、この本を読みながらそんなことを改めて感じました。


つみきのいえつみきのいえ
著者:平田 研也
販売元:白泉社
発売日:2008-10
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

日本人として初めてアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した加藤久仁生氏の作品。
加藤氏もまた、つみきを積み上げて、頂点まで登りつめたのでしょう。

私もこの連休中にまた一つ、つみきを積み上げることになりそうです。

■東京セミナー(2回目) 終了!!

名古屋・大阪・東京と続いたスリー・シー・コンサルティング社主催「決算早期化を達成する決算の仕組み・開示の仕組み」セミナーの追加講演が本日終了し、計4回のセミナーがこれで無事終了致しました。

大きめの会場を押さえてましたので、企画の段階では「会場が埋まらずに、スカスカだったらどうしよう?」みたいな話をしていたのですが、これは杞憂に終わり、想定外の数のお申し込みを頂きました。追加セミナーをすることも想定外でした。多くの会社で「決算早期化」に悩まれているということだと思います。

決算早期化が達成できない原因というものは、各社によって異なりますので、一概に「こうすればいい!」というものを喋ることはできません。セミナーに参加された方の名簿を拝見すると、上場企業の方もいれば、未上場企業の方も多く来られていました。連結子会社を多く有する企業の方もいれば、子会社のない企業の方もいました。業種も本当にバラバラでした。ですので、実は今回のセミナーは最も喋ることが難しい内容でした。しかし、決算早期化に悩む多くの方に何か1つでもヒントになることを提供できればと思い、なるべく多くの事例を交えながらお話しさせて頂きました。
セミナー後のアンケートを拝見すると、概ね高評頂き、ホッと肩をなで下ろしております。

今後もまたセミナーを企画しております。3月決算が落ち着いた6月頃に全国でセミナーをやることになると思いますので、楽しみにしておいてください。
詳細が決まればまた本ブログで御報告させて頂きます。

最後に、セミナーに参加して頂いた本ブログの読者の方、直接話しかけてきて下さった方、メールをくれた方、本当に有難うございました。心より感謝申し上げます。

■10000時間の継続

コンサルタントの習慣術 頭を鍛える「仕組み」をつくれ (朝日新書)コンサルタントの習慣術 頭を鍛える「仕組み」をつくれ (朝日新書)
著者:野口 吉昭
販売元:朝日新聞出版
発売日:2009-03-13
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



『コンサルタントの「質問力」』(PHP研究所)等のベストセラーを連発している野口吉昭氏の新刊書。


どんなに疲れていても、歯磨きを忘れることはないだろう。
一流のプロは、それをしないと気持ちが悪いというような優れた習慣がある。
習慣というものをマネジメントしてみなはれ、という内容。


私の、ブログか原稿か何か書かないと気持ち悪いというのも習慣だろうか。


さて、本書の中で、『生物と無生物のあいだ』の著者として知られる分子生物学者の福岡伸一氏が、かつて日経新聞に書いたコラムが取り上げられています。
このコラムは私も気に入ってスクラップしているもの。


福岡伸一氏によれば、以前、スポーツ、芸術、技能などの分野で、「そんじょそこらのアマチュアなど全くよせつけないプロフェッショナル」たちが、いかにして形成されたのかについての調査が行われたことがあったという。


その結果、「プロフェッショナルたちの多くは皆、ある特殊な時間を共有している」ことが分かった。


その時間とは、


10000=1万時間


彼らは例外なく少なくとも1万時間、「そのことだけに集中し専念したたゆまぬ努力」をしていた時期があったというのだ。イチローも松井秀喜も石川遼も浅田真央もしかり。
彼らは、彼ら自身の努力、1万時間以上をかけた努力の継続があったからこそ、世に出ることができたのだ。


著者野口吉昭氏は、あらゆる物事の成功や習得や目標達成に近道はない、といいます。大切なことは努力を継続すること。すなわち、努力の習慣化


プロフェッショナルになるためには、1日3時間の努力でも10年かかるということ。


「大事を為さんと欲せば、
 小成ることを怠らず勤しむべし。
 小積もりて大となればなり。」
(二宮尊徳)
 である。


■目次
序章:コンサルタントの習慣術とは何か
1章:習慣をマネジメントする
2章:「考える力」を磨く習慣術
3章:「主体的な行動力」が身につく習慣術
4章:「新たなものを創り出す」習慣術
5章:「打たれ強い人」になる習慣術
6章:「人を動かすリーダー」になる習慣術

■大阪セミナー 終了!

名古屋・大阪と続き、スリー・シー・コンサルティング社主催「決算早期化を達成する決算の仕組み・開示の仕組み」の大阪セミナーを12日(木)に行いました。

今回も非常に多くの方にお越し頂き、有難うございました。
来週は、最終回、東京セミナー(追加セミナー)です。まだ若干空席があるようですので、ご都合よろしければ是非ご来場下さいませ。

■在庫切れ!?

新刊書が、amazonで在庫切れとなったようです。
大手書店も数件回りましたが、先週まで平積みしていた在庫が消えてました。
売れ行きが好調なのか、返品されたのか、分かりませんが、どうもすみません。amazonには大量に納入するようにお願いしておいたのですが、どうも某法人が大量発注してくれたようです。かたじけない。

在庫が入るまで今しばらくお待ち下さい


こうすればできる!決算早期化の仕組みと実務こうすればできる!決算早期化の仕組みと実務
著者:武田 雄治
販売元:中央経済社
発売日:2009-02
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

■よその社長はいいこと言うなぁ 

カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言 (日経ビジネス人文庫)カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言 (日経ビジネス人文庫)
著者:村上 龍
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-02
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



テレビ東京の『カンブリア宮殿』の「よその社長はいいこと言うなぁ SP」が、文庫本にまとまった。
名経営者68人の金言集。

「ここは負けていい、というところを決めろ。
その上で、他社が容易に追い付けない部分を取り込め」

(コマツ 坂根正弘会長)

「天は二物を与えないと言っているが、
その裏には必ず一物は与えている。
その自分の一物をいかんなく発揮できれば、
必ずオンリーワン、ナンバーワンになれる」

(堀場製作所 堀場雅夫最高顧問)

「関心があると、見える。
関心がない物は、目には入っているけれど見えていない」

(ドトールコーヒー 鳥羽博道名誉会長)

「消費者は生活に不満はない。
もっと便利さや快適さがあると伝えないと、需要は増えない」

(TOTO 木瀬照雄社長)

「ひとの能力の差はせいぜい、秀才まで入れても最高5倍でしょう。普通は2倍くらいですよ。
しかし、やる気ですとか、EQというのは、100倍の差があります。」

(日本電産 永守重信社長)

「お金持ちになることを考えてはいけません。
有名になることを考えてはいけません。
偉くなろうと思ってはいけません。
これは人生の結果であって、
これを目的にすると、とんでもないことになる。」

(樹研工業 松浦元男社長)

「大いに悩め。
最終的に答えを見つけるのは自分しかいない」

(カネボウ化粧品 知識賢治社長)


これ以外にも、SBIの北尾社長とか、ワタミの渡邉社長とか、元産業再生機構の冨山氏とか、テンプスタッフの篠原社長とか、ローソンの新浪社長とか、グーグルの村上会長とか、個人的に尊敬している経営者陣の成功哲学が凝縮されてます。久しぶりに折り目だらけ、赤ペンだらけになりました。

■名古屋・大阪へ行ってきました!

先週、会計基準の国際的動向をテーマとした某社主催セミナーの講師の依頼を受けまして、名古屋・大阪へと行ってまいりました。

セミナー内容はこちら参照

■雑誌「会計人コース」に掲載されました!

会計人コース 2009年 04月号 [雑誌]会計人コース 2009年 04月号 [雑誌]
販売元:中央経済社
発売日:2009-03-03
クチコミを見る


「会計人コース」2009年4月号(3月1日発売)に執筆原稿が掲載されました。


▼今回は、なんと“巻頭特集”にドーン
会計人コース






▼そして、いつもの連載記事も
会計人コース

経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催
 (7月24日(火)@東京)
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』

■税務研究会主催
 (7月30日(月)@東京)
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』

■日本経営協会主催
 (8月30日(木)@大阪)
 決算早期化セミナー開催予定



●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ