公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

■無税生活/大村大次郎

無税生活 (ベスト新書)無税生活 (ベスト新書)
著者:大村 大次郎
販売元:ベストセラーズ
発売日:2009-10-09
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


●合法的に税金を払わない人もいる!

元国税庁の調査官で、税に関する書籍を書きまくっている大村大次郎氏の新刊書『無税生活』

「脱税」は違反であるが、「節税」は義務である。
サラリーマンの場合節税には限界があるが、「納税の義務をきちんと果たしているのは、お人好しのサラリーマンだけであり、その他の人はいかにこの義務から逃れるかということに知恵を絞っている」(P9)と書かれているように、「節税」は知恵でもある。
(なお、サラリーマンでも合法的に税金を払わない方法を紹介したのが『無税入門』であり、税負担を大幅に軽減するヒントを与えてくれているのが『貧乏はお金持ち』である。両方ともオススメ本である。)

本書は、そんな知恵を絞った人たちを紹介してくれている本。年収の何割も税金でもっていかれている人は読む価値あり。

なお、サラリーマンなどの源泉徴収制度は何とかならないものかと以前から思っていたのだが、実はこれ、戦時中の臨時特別税なんですね(P23より)。戦前は、サラリーマンの給料には税金が課せられておらず、会社が所得税を払っていたのだが、戦時中に多額の戦費がかかり財源不足になったことからサラリーマンの源泉徴収制度が始まったようです。でも、これは戦争が終わると廃止される予定だったもの。それが…。

ちなみに、大村大次郎氏の書籍は相当数読んだが、『確定申告は裏ワザで税金が9割安くなる』は最もバリューが高い本だと思う。申告書を未だ提出していない方はご覧下さい。

■会社にお金が残らない本当の理由/岡本吏郎

会社にお金が残らない本当の理由(ビジネス環境を支配する「7つのシステム」 お金を残すための「4つの数字」) (フォレスト2545新書)会社にお金が残らない本当の理由(ビジネス環境を支配する「7つのシステム」 お金を残すための「4つの数字」) (フォレスト2545新書)
著者:岡本吏郎
販売元:フォレスト出版
発売日:2010-01-15
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


●会社が潰れるのは、お金が残らないから

先週、メガネ21の創業者・平本清氏の『会社にお金を残さない!』という本を紹介した。これは、会社にお金が残っていても内部留保しないということが書かれている。しかし、実際は、殆どの会社がお金が残らないため、内部留保もで出来ない。

93.7%の会社は創業10年以内に潰れるらしい。単純にいえば、100人の起業家がいても、約94%は失敗するのだ。潰れる会社の殆どは資金繰り悪化である。よって、大半の会社はお金が残すことが出来ていないということになる。

「それはなぜか????」

ってことを書いたある本が2003年に出版され、2004年のビジネス書年間ランキング3位になったのであるが、その本が新書化されたものがコレ。

・資金繰りに困っている中小企業経営者
・借入金に依存している中小企業経営者
・イザとなったら身内にカネを借りようと思っている中小企業経営者
・銀行はカネを貸すもんだと思っている中小企業経営者
・これからもそうやって乗り切れると錯覚している中小企業経営者
は、是非本書を読むべきである。

実に良いことが書いてある。

『資金繰りが悪い中小企業がなぜ資金繰りが悪くなったのかの一番の理由は簡単です。
すべき内部留保をしなかったから…。
すべき貯金をしなかったから…。
それは言い方を変えると、身の丈以上の生活をしたから…とも言えます。
実はそれだけのことなのです。』
(P36)

『小手先で傷を繕いながら、なんとなくつぶれないで存在してしまうのが企業の不思議なところです。特に中小企業は親せきや友達も巻き込んでお金を何とかしてしまいます。
つまり、経営者は現実を直視せず問題解決を先送りしながら、周りを巻き込んでいくのです。
頭を使っているところはお金の借り方だけ。なぜか、そこだけは頭が回ります。その頭を違うところに使えば将来もあるかもしれないのに…。
そして、将来、本当にやり直す時に力を借りなければならない人たちを一緒に道連れにしながら落ちていきます。その先に悲劇しか待っていないことは誰にでもわかります。
しかし本人は、今までの行動パターンを表向きはしのいできたのですから、これからもできると錯覚してしまうのです。』
(P44)

本当に同感である。

そして、P128の決算書の利益は「利益」ではない(=まったく経営の実態を表さない)という話や、P130の税理士・会計士は何も分かっていないという話も、全く同意。
私も声を大にして言いたいことを、先に言ってくれた感じだ。

ちなみに著者は税理士。昨年税理士法人を設立されたようだ。
「残念ながら、
 本当に役に立つ税理士事務所は
 それほど多くありません。」

という法人のキャッチコピーもいいですね。これにも同意します。


【関連記事】
岡本吏郎著『サラリーマンのためのお金サバイバル術』
小堺桂悦郎著『社長! そんな税理士はいますぐ替えなさい』
大村 大次郎著『確定申告は裏ワザで税金が9割安くなる』
西村英俊著『会社は毎日つぶれている』

■みずほ総合研究所主催 決算早期化セミナー終了!

2月9日に大阪で、26日に東京で、みずほ総合研究所主催の『決算早期化』の仕組みづくりと現状打開策という4時間に及ぶセミナーの講師をやってきた。

みずほ総合研究所においても、(意外なことに)「決算早期化」のセミナーは初めてのことだったらしい。「決算早期化」がキーワードになっているので開催せねば…と思った時に本屋さんで私の書籍を見付けられたようで、今回のセミナー開催となった。(これも意外なことに)「決算早期化」というタイトルがついた書籍は未だに私の書いた「決算早期化の仕組みと実務」の一冊のみ。

ここ数年のトッピックスになっている「決算早期化」とか「コンバージェンス」とか「アドプション」とか「内部統制」とか「四半期決算」とか「確認書制度」とか…、そういったものって、単独の制度として議論が一人歩きしているが、実はいずれも「ディスクロージャー制度改革の一環」に過ぎないのだ。「決算早期化」もディスクロージャーに関する話しであり、どうやって決算早期化を図るかといえば「開示の視点」を持つことなのだ。決算早期化が図れていない企業は、「開示の視点」が欠落しているといえる。IFRSだって全く同じ。ディスクロージャー制度が変わるだけの話しであり、「開示の視点」を持たなければ対応できるわけがない。それを、会計処理方法を変更しましょうとか、マニュアルを作り変えましょうとか、業務フローを見直しましょうとか、契約形態を変更しましょうとか、システムを入れ変えましょうとか、そんなことが議論の対象となっているような気がしてならないが、はっきりいってそんなもん変えたところで開示できなきゃ意味が無い。
みずほ総研さんの「決算早期化」セミナーで喋りながら思ったのだが、私が喋っていることって、「コンバージェンス」とか「アドプション」のセミナーで喋っていることと同じやん! って。でも、同じ制度なんだから仕方ない。。。

さて、盛り上がったバンクーバー五輪。浅田真央選手のフリーが始まったのが26日(金)の13時29分。私のセミナー開始が13時30分。セミナー中、結果が気になって仕方なかったぞぉ…。




■『an・an』の「本とマンガ」特集

anan本とマンガ雑誌『an・an』(2010/3/3号)の「本とマンガ」特集を買ってみた。
「絶対ハズさない!!本&マンガ276冊」の紹介。
(表紙の写真は蒼井優。彼女も結構読書通。)

私が買う本は100冊のうち95冊はビジネス系の書籍であるし、その中でもジャンルは相当偏っている。しかし、本を読むことにより視座や視野が広がっていくものであるから、ジャンルを問わずとにかく興味のある本はアマゾンのカートに放り込んでいる。最近では、福原義春著『だから人は本を読む』齋藤孝著『勉強力』成毛眞著『大人げない大人になれ!』に出会ったお陰で、ますます本を読むことの楽しみが増したし、日常を離れて本を読みたいがために昨日淡路島の宿まで予約したくらい。

さて、話は戻り『an・an』。紹介されている本は、ビジネス系以外。私が本屋に行っても、まず素通りするような本ばかりが紹介されている。しかし、「絶対ハズさない!!」と言い切っているだけあり、紹介されている本はそれなり(若い女性向けの雑誌だよね??)。276冊のうち、20冊くらいは即アマゾンのカート行き。ジャケ買いした400円の雑誌で、すごい世界観が広がるきっかけになったかもしれない。
本誌の中で個人的に最も興味が惹かれたのは人気作家のリアルな執筆生活・密着ルポのコーナー。人気作家って、もっとストイックな生活をしているのかと思いきや、余りにも普通すぎる生活をしていることに驚いた。そして、そんな普通すぎる生活を記事にしていることに二度驚いた。「え?何その生活?普通やん!」って。。。雑誌『ZAITEN』掲載の佐藤優氏の日記に書かれている生活とは大違い…。

■富士通主催IFRS対策実践セミナー(大阪)に出ます!

昨年12月に続き、富士通株式会社様主催IFRSセミナーの講師を務めることになりました。
今回は、前回よりも実践的な内容として「決算・開示・監査を効率化させるポイント」をお話しします。決算対応だけではなく、開示決算対応、監査対応についてもお話しします。≪第二講演≫についても、私が解説をする予定になっております。
本セミナーもおそらく満員になると思いますので、お申し込みはお早めにお願いします。

以下、富士通GLOVIAメールマガジンより一部抜粋。


≪参加費無料・大阪開催≫======================
       IFRS対策実践セミナー「決算報告書・監査」
      〜 IFRS到来を見据えた効率的なシステムとは 〜
==================================

昨年12月に開催した「IFRS対策実践セミナー」では、参加された多くの方々から、充実した内容に高い評価をいただきました。
今回も迫り来るIFRSをメインテーマとし、今回は特に「決算報告書作成の工数増大」「監査効率化」にポイントを絞った対策実践をご紹介いたします。さらに動向・基本解説、及び先行企業のIFRS取組事例もご紹介させていただきます。

開催概要
├日時:2010年3月11日(木曜日)13時30分〜17時10分(13時 受付開始)
├場所:富士通株式会社関西システムラボラトリ 8階セミナールームB
└定員:80名様

講演内容
 ≪第一講演≫
  IFRS適用に向けた決算・開示・監査を効率化させるポイント
   講師:公認会計士 武田 雄治氏

 ≪第二講演≫
  監査効率化の実務対策〜単体決算から決算報告まで
   講師:富士通株式会社
      株式会社スリー・シー・コンサルティング
      株式会社シナンシャル・システム・コンサルティング

 ≪第三講演≫
  システム導入による監査効率化・実践事例のご紹介
   講師:富士通株式会社

セミナーの詳細とお申込みはこちら
http://newsletter.jp.fujitsu.com/u/No/41171/F7ODHAb7en48_132750/g08809.html


■会社にお金を残さない! /メガネ21取締役 平本清

会社にお金を残さない! ~「ノルマなし!管理職なし!給料全公開!」の非常識な経営術~会社にお金を残さない! ~「ノルマなし!管理職なし!給料全公開!」の非常識な経営術~
著者:平本 清
販売元:大和書房
発売日:2009-10-22
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


●ついに書籍が出たー!

出版社が黙ってないだろうなぁーと思ってたが、やはり書籍化された。大和書房から。

通常、1週間に1企業と取り上げる『カンブリア宮殿』において、2週間連続で取り上げられた広島のメガネ21(トゥーワン)という会社の創業者、平本清氏の著書。

『カンブリア宮殿』で取り上げられた昨年6月の時点では、私はメガネ21という会社のことは全く知らなかった。ただ、『カンブリア宮殿』を観たときに、「この会社はヤバい!」と思い、2週目は他の予定をそっちのけでテレビに釘付けになった。

『カンブリア宮殿』が、それほど有名でない会社を、1週間で納めきれず2週間連続で放映するというのは珍しいことなのではないだろうか。それほどの会社なのだ。

改めて読み返して、この会社には世の中の常識が全く当てはまらないと思った。通常、経営者が常識として知っておかなければならない、経営組織論の知識も、会計学の知識も、金融の知識も、人事評価の知識も、この会社には何も通用しないだろう。「知ってたまるか」的な非常識さは痛快だ。

私は、今でも中小企業のコンサルティングを行っているが、最近つくづく中小零細企業が上場企業のマネをするとロクなことはないと思う。だが、このメガネ21はそういう次元の話ではない。フィクションに近い。しかしながら合理的。所有と経営が分離していない200万社の中小零細企業にとっては、実はこのモデルこそ常識なのではないかと錯覚してしまうほど。

おそらく本書は、上場企業の方が見ても、普通の中小企業の経営者が見ても、何の役にも立たんだろう。マネできないからだ。ただ(経営書ではなく)読み物として読む分には非常に面白い本である。隣の経営を覗いてみたい方にはオススメ。


■バージョンアップ!

株式会社スリー・シー・コンサルティング株式会社スリー・シー・コンサルティングの開示システム『決算報告エクスプレス』のバージョンアップが行われることに伴なう、同システムユーザー向けの「バージョンアップ説明会」(非公開です)が本日より東京・名古屋・大阪で計5回にわたり行われます。

この5回の説明会に、私も講師を務めさせて頂いております。今日の第1回目の説明会は大阪で行われました。

今日、セミナーの合間の休憩時間中に、某社の部長様(50歳台の方かと思われます)が話しかけてきてくれました。

『スリー・シー・コンサルティングのセミナーは、いつもとてもわかりやすい。ウチの会社は、コンバージェンスもIFRSも、スリー・シー・コンサルティングのセミナーを情報源にしてるんですよ。これからも、よろしくお願いしますね。』と。

本当に嬉しいお言葉でした。

時々セミナーをやりながら自分でも何を言っているのか分からなくなることもあるのに…(笑)、私のセミナーを「情報源」にしてもらっている上場企業があるのなら、私自身ももっとバージョンアップしなければなりませんね。

■通訳・翻訳者志願者向け 国際会計基準(IFRS)入門セミナーのご案内/インタースクール主催

ちょいと変わったセミナーのご案内。

3月6日(土)に、インタースクール主催の
『通訳・翻訳者志願者向け 国際会計基準(IFRS)入門セミナー』
の講師をすることになりました。

昨年のAlex-net主催IFRSセミナーに参加して頂いたインタースクール様よりラブコールを頂きまして、初めて会計を知らない方にIFRSのセミナーをやることになりました
初の試みですので、どんな反応になるのか…楽しみです!

▼詳細・お申し込みはこちら
http://www.intergroup.co.jp/seminar/201002tokyo/index.html


■新セグメント会計基準「マネジメント・アプローチ」への対応セミナーのご案内/企業研究会

3月29日(月)に、社団法人企業研究会主催の
『新セグメント会計基準「マネジメント・アプローチ」への対応』
セミナーの講師をすることとなりました。

企業研究会様のセミナーは昨年11月に実施した決算早期化セミナー以来です。
今回は、月に1度、某研究会においてご一緒させて頂いております法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科の石島隆教授とのコラボという面白い内容です。石島隆教授による調査・分析結果発表と、武田からの解説、最後に二人からの総括、という内容です。定員が限られていると思いますので、申込はお早めにお願いします。

▼詳細・お申し込みはこちら
新セグメント会計基準「マネジメント・アプローチ」への対応


【プログラム】
 ■新セグメント会計基準対応状況アンケート調査結果の分析
  1.アンケート調査の概要
  2.事業セグメントの識別方法
  3.開示項目と測定方法
  4.新セグメント会計基準に関する企業の意見
  5.アンケート結果からみる新セグメント会計基準適用上の課題

 ■新セグメント会計基準「マネジメント・アプローチ」への対応策
  1.マネジメント・アプローチとは何か
    ・マネジメント・アプローチ導入の背景
    ・従来のセグメントと相違点
  2.マネジメント・アプローチの特徴
    ・マネジメント・アプローチの長所・短所
    ・投資家から見たマネジメント・アプローチ
  3.マネジメント・アプローチにおける開示方法
    ・事業セグメントの認識の方法
    ・事業セグメントの集約の方法
    ・報告セグメントの決定の方法
    ・報告セグメントの具体的開示内容
    ・適用初年度の開示事項
    ・年度と四半期の開示の相違点
    ・セグメント開示のための決算準備事項
  4.マネジメント・アプローチのための経営管理体制
    ・マネジメント・アプローチに備えた管理会計の在り方
    ・マネジメント・アプローチに備えた連結経営の在り方
  5.IFRSとの相違点
    ・EUにおけるマネジメント・アプローチの開示例の紹介
    ・日本基準とIFRSとの相違点

 ■総括と質疑応答(石島先生、武田)



▼石島隆教授の最新刊
IFRS(国際財務報告基準)入門IFRS(国際財務報告基準)入門
著者:IFRS研究会
販売元:同友館
発売日:2010-02-13
クチコミを見る

■『旬刊経理情報』に掲載されました!

旬刊経理情報 平成22年度新会計基準









『旬刊経理情報』(中央経済社、2010/3/1号)において
『ビジュアル版 平成22年度の新会計基準』
という、新会計基準の内容・概要を(文章を使わず)ひと目で分かるように図解したコーナーを執筆させて頂いております。

昨年も好評でしたので、今年もやらせて頂きました。
是非、平成22年度の決算にお役立てください。


●以下の書店でもお買い求め頂けます(東京のみ)
・八重洲ブックセンター本店
・丸善丸の内本店
・三省堂神保町本店
・紀伊國屋書店新宿本店

●お詫びと訂正
・1カ所訂正をお願いします。
(修正前)P66 「平成22年4月1日以後開始する事業年度より適用される基準」
(修正後)P66 「平成22年4月1日以後開始する事業年度の年度末より適用される基準」
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催
 (7月24日(火)@東京)
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』

■税務研究会主催
 (7月30日(月)@東京)
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』

■日本経営協会主催
 (8月30日(木)@大阪)
 決算早期化セミナー開催予定



●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ