公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 〜続き

昨日の続き)

本書は、様々な史料(エビデンス)をもとに歴史的事実を紹介している点が非常に面白い。淡々と事実のみを列挙している教科書とは異なり、その背景なども詳細に分かり、読みながら思わず唸る箇所もある。そのような背景を知ればこそ、日清戦争(1894年)日露戦争(1904年)をする必要があったのだろうかという疑問が残る。当時の「熱狂」がそうさせたのかもしれないが、かなり「強引に」武力で相手国に喧嘩を打っていったように思えなくもない(原敬の日記も史料として紹介されているが、それによると、日露戦争の時は、日本国民の多くは戦争を欲していなかったようだ。P202参照)。

第一次世界大戦(1914年)の参戦についても「強引」という印象。オーストリアの皇太子が親露的なセルビア人に殺害されたことが発端で始まったヨーロッパの戦争に、どうして日本がかかわってゆくのか? 当時の外相 加藤高明が、大正天皇の夏休み中に、日光の御用邸まで夜中におしかけて、参戦の許可をもらいに行ったという(元老の山県有朋などにはためらいがあったらしいが…。P230参照)。この加藤の妻は、三菱の創業家である岩崎家の出身で、選挙資金に困ることなかったらしい(P253)。財力があるから怖いもの知らずだったのか、同盟国であるイギリスも参戦はやめてくれと言ってきたのに、戦争に飛び込んでいく(P255)。日本の参戦については、一緒に戦うべき連合国であるアメリカからも一種の牽制を受けている(P261)。第一次世界大戦の始まりから、連合国であるイギリスやアメリカから牽制されてるのに参戦していくのだ。めっちゃ強引…。これにより、日本人のイギリスやアメリカへの反感が芽生えることになる(P263)。

なお、第一次世界大戦後のドイツへの賠償金が寛容であれば、第二次世界大戦は起こらなかったかもしれない、ということはよく聞く。「パリ講和会議」(1919年)では、ドイツから賠償金を絞りれるだけ絞りとることに戦勝国は熱中していたらしい。『雇用・利子および貨幣の一般理論』などの著書で有名な経済学者ケインズもパリ講和会議に参加しており、ドイツからの賠償金の額をできるだけ少なくすることを求めたという。しかし、ケインズ案は取らなかった。ケインズは、「あなたたちアメリカ人は折れた葦です」という手紙を残してパリを去ったという(P284)。「歴史に if があれば…」と思う。

その後の満州事変(1931年)日中戦争(1937年)は、「強引」というより「強欲」という印象。強欲に中国(満州国)に攻め込み、中国と決定的に対立を深めていく。なりふり構わず、めちゃくちゃなことをする。日本が国際連盟から脱退したのは、連盟から除名や経済制裁を受ける恐れが出たからだという。除名という日本の名誉にとって最も避けたい事態は避け、自ら脱退したらしい(1933年、P366)。中国の学者で駐米国大使にもなった胡適という人は、日本は、日米戦争や日ソ戦争が始める前に、中国に決定的なダメージを与えるための戦争をしかけてくるだろう、という自説を唱えたらしい(1935年)。その2年後に、本当に日中戦争が始まる。当時の日本のハチャメチャぶりが伺えるエピソードだ。

第一次世界大戦同様、第二次世界大戦(1941年)も、どうして日本が戦争に踏み切ったのか? 本書にこんなデータが載っている。開戦時、アメリカと日本は圧倒的な戦力差があった。国民総生産はアメリカは日本の12倍、すべての重化学工業・軍需産業の基礎となる鋼材は17倍、自動車保有台数は160倍、石油は712倍もあったのだ(P393)。当時の知識人は、開戦が「正気の沙汰ではなかった」と認識されていた(P394)。しかし他方で、中国だけを相手とする戦争ではなく、強いアメリカ・イギリスを主たる相手とする戦争に臨むことを支持する国民もいた。そういう方の文章(史料)には、開戦日(1941年12月8日)のことを「爽やかな気持ち」(P395)であったと書かれている。また、これから始まる大戦のことを「明るい戦争」だとも書かれている。これを読んだ時は、戦争に「明るい」なんて形容詞が付くものなのかと呆然とさせられたが、これが当時の人々の感性だったのだろう。

本書の最後に、興味深いデータが載っている。ドイツ軍の捕虜となったアメリカ兵の死亡率は1.2%すぎないが、日本軍の捕虜となったアメリカ兵の死亡率は37.3%にのぼったというもの。日本軍の捕虜の扱いのすごさが突出しているように思えるが、それだけではないという。「自国の軍人さえ大切にしない日本軍の性格が、どうしても、そのまま捕虜への虐待につながってくる」(P469)ことも要因だと著者はいう。太平洋戦争において死没した日本兵の大半は、いわゆる「名誉の戦死」ではなく、餓死や栄養失調に起因する病死であったらしい。強欲により突き進んだ先に待っていたのは、「明るい戦争」なんてものではなく、(自国の兵士に食料を供給できない程に)ただただ悲惨な戦争だったのだ。

ここから我々は何を学ぶのか。
歴史は教訓である。

-----

長文の書評になってしまった。
まだまだ書きたいことがあるが、長文の書評はアクセスが減るので、この辺で。
たった一冊の本から私の関心は果てしなく広がった。
こういう本に出会えたことに感謝したい。


『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』




先日紹介した父が子に語る近現代史を読み込んだ後に、父が子に語る日本史を読み込んだのだが、結局、『古事記』や『日本書紀』といった「神話」を押し込まれた結果として「あの戦争」が起こったという建国神話の記述箇所に関心がいった。『父が子に語る日本史』は、この神話が実際の日本の歴史にどのように作用したかなどの話が、古代・中世に遡って展開される。しかし…、私はどうも古代・中世の歴史に興味が沸かない。

ならばと、この本と並行して、加藤陽子さんの『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』を読み返した(この本は、日清・日露戦争から第二次世界大戦までの期間を取り上げている)。文庫化された際にも一度読んで、目から鱗がボロボロと落ちたのだが、改めて読んでも、目から鱗が落ちた。良書は色褪せない。

この本は、歴史学者である加藤陽子さんが、栄光学園の中1〜高2までの生徒を対象に行なった特別講義をベースに編集したもの。中高生を対象にしたものといっても、結構レベルが高く、濃く、そして面白い。

-----

「戦争というものは、敵対する相手国に対して、どういった作用をもたらすと思われますか?」
という非常に難しい質問を学生に投げかけるところがある(P46〜)。

戦争というものは、相手国の土地・領土を奪ったり、人やモノを奪ったりという作用をもたらすだけではない。

長谷部恭男という憲法学者の『憲法とは何か』という著書を紹介しながら、戦争は相手国が最も大切だと思っている社会の基本秩序に変容を迫るものだという。別の言い方をすれば「憲法」の変容を迫るものだという。数年前に読んだ時も、この箇所に驚いたのだが、今回読んでもやはり驚いた。日本が戦争に負けて、日本は大日本帝国憲法と天皇制という憲法原理を連合国(GHQ)の手で書き換えられたというのは誰もが知っているが、アメリカは戦争に勝利することで日本の天皇制(=国体)を変えたのだ(P55参照)。現在の日本国憲法の前文部分は、リンカーンの演説(of the people, by the people, for the people…の有名な演説)と同じというもの面白い。

なお、この戦争の「作用」については、ジャン=ジャック・ルソー(1712-1778) が、世界大戦が始まる200年も前に論文に書いていたというから驚きである(それを長谷部恭男氏が書籍で取り上げたらしい)。

-----

本書のタイトルにもあるように、日本人はなぜ「戦争」に踏み切ったのか。『父が子に語る近現代史』の著者 小島毅氏は、戦争の責任は「ふつうの人たちにことある」(同書P184)と述べていたが、それは一体どうしてなのか。

本書に、吉野作造の弟子 岡義武という政治学者が登場する。この学者は、第二次世界大戦前にヨーロッパに留学し、「日本の外交とイギリス外交の関係を一次史料からきちんとくらべた初めての学者」(P131)だという。この岡義武が1935年あたりに、「日本の民権派の考え方は、どうも個人主義や自由主義などについての理解が薄いように思われる。この点はヨーロッパと非常に違っている」というようなことを論文に書いたらしい。つまり、当時は個人主義や自由主義の思想が弱く、「まずは国権の確立だ!」という国権優先主義、合理主義が全面に出ていたらしい。当時は「国家>個人」だったのだ。日本の進歩や日本の開化を欧米に見せつける必要があった。

日清戦争前の外相 陸奥宗光は「如何なる手段にても執り、開戦の口実を作るべし」(P148)と述べ、福沢諭吉や他の国民も、日清戦争を諸手を挙げて賛成していたという(P140)。そうやって戦争に突入していったのだ。

明日に続く)


新刊書『「経理」の本分』 4刷出来!

経理の本分_4刷_裏

新刊書『「経理」の本分』4刷! いきました!

amazonは再び在庫が切れましたが、大手書店では在庫があると思います。
お買い求めは、大手書店にてお願い致します。


第3刷までをお持ちの方は、誤植があります。こちらをご参照ください。

本書『「経理」の本分』をテキストに用いたセミナーを5〜6月頃に開催することが決まりました(税務研究会主催)。募集を開始したら本ブログにて告知致します。




「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-06

辛いなら逃げろ〜続き





小池一夫


小池一夫


小池一夫

毒になる親

今日の読売新聞「人生案内」より。

出口治明1

出口治明2

毎回、出口治明さんの回を待ちわびている。

「毒親」(=毒になる親)ってコトバがあるが、この母親もその典型ではないか。20代後半の娘の結婚相手のことに干渉することも理解不能であるし、障害者に対する認識も理解に苦しむ。

例え我が子といえど、「別の人格」というのは激しく同意。出口さんは「成人したら別の人格」と書いているが、成人する前から別の人格だと思う。以前も書いたが、家族・同僚・恋人といった身内のような存在であっても、それぞれの「人格」を尊重すべきであると私は考えている。自分の子供であっても同様。親の役目とは、子供をいち早く巣立たせることであり、子供の人生に干渉することではない。相手の「人格」を無視し、自分の思い通りに人を動かそうなんて思うことは自惚れに過ぎない

先日紹介した、千代田区立麹町中学校という名門校の工藤勇一校長の本にも、子どもの言動に過剰に干渉することにより、自ら考え、判断、決定、行動できず、いつまでも「自律」できない人間になってしまうと書かれている(P6参照)。「中学校」の先生がこのように言っている意味を全ての毒親は理解すべきだと思う。

行動遺伝学の知見によれば、子供の「人格」は、遺伝と(子供時代の)友達関係で決まり、親が影響を及ぼせることは僅かしかない(橘玲著『事実 vs 本能』P71より)。アメリカに移民した子供達は、たちまち英語を話し始めるが、母国語を忘れてしまうらしい。会話のためのコトバすら教えられないとするならば、親にできることは一体なになのか? この意味も全ての毒親は理解すべきだと思う。


辛いなら逃げろ

すべて、twitterより。

twitter_T3


twitter_T1


twitter_T2


twitter_T4


Twitter_HT1


twitter_K1

只々同意。

自分が幸せになることを優先しろ。辛いなら逃げろ。
自分の人生を生きろ。他人の人生を生きるな。
同調圧力に屈するな。ワガママに生きろ。
一度しかない人生。もっと楽しめ。もっと遊べ。







人生の十か条 (中公新書ラクレ 634)
辻 仁成
中央公論新社
2018-10-06




新刊書『「経理」の本分』  書評を頂きました!

中央経済社「旬刊経理情報」(2020/2/10号)にて、

BASE株式会社 CFOの原田健さんが、新刊書『「経理」の本分』の書評を書いてくれた!

原田さん、CFOの目線からの書評、感謝です!

経理の本分_旬刊経理情報

(※ 原田さんと出版社の許可を頂き全文掲載しております)


第4刷がそろそろ流通開始すると思います。
第3刷までをお持ちの方は、誤植があります。こちらをご確認下さい。


「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-07

根は深い

自宅の排水の流れが悪いなぁ〜と思って、庭のマンホールを空けたらビックリ。

土でビッチリと埋まっている。

よ〜く見ると、土ではなく、木の根っこがマンホールの中を張り巡らせ、排水管をふさいでいた。何百、何千という根が絡み合い、分厚い座布団のようになって、マンホールの中を埋め尽くしている。引っ張っても、何をしても取れない…。

でも、これを取らないと排水が流れない。

あー、困った。

あの手この手を使ったがどうにもならず、最後は高圧洗浄機で根にこびりついた土を洗い流しつつ、細かい根を破壊していく作戦に出たのが功を奏し、3時間の格闘の末、排水管の根をすべて取り出した。

その写真がこれ(ほんの一部)。


根は深い


1〜2年前にこのマンホールを空けた時は何もなかったのに、この短期間でここまで根を張るものか。

朝からジムに行く予定だったが、出鼻をくじかれた。

-----

この作業をしている時に、五木寛之さんの『人生の目的』に書かれていたエピソードを思い出した。

ある大学の生物学者の実験の話。

広さ30cm四方、深さ56cmの砂が入った小さな木の箱に、1本のライ麦の苗を植え、4ヶ月あまり水をやって育てる。するとライ麦は貧弱な姿であるが、その木の箱で育っていく。木の箱を壊して、砂の中にどれほどの麦の根が伸び広がっているかを計測すると、なんと11200mに達していた、という話。

見た目が貧弱でも狭い箱の中で十分な養分も取れないのに必死に生き続けた麦のように、自己の運命と宿命を受け入れた上で必死に生きるのだ! という人生論に繋がる。

-----

山の上の木々に囲まれた場所に住み、庭いじりをして分かったことは、その木々の根の深さだ。地表に見える木の高さの、何百倍、何千倍もの根を地中に伸ばしている。だから、どんな強風が吹き荒れても、そう簡単に木が倒れることはない。

何度か根がどこまで伸びているのか掘り下げていったことがあるが、恐ろしところまで伸びているのだ。どんな根も先端は髪の毛のような細さ。それが石を避け、硬いモノを避け、どんどんと伸びていく。

ここに引っ越してきて、「根が深い」というコトバはよく出来たコトバだなぁ〜と思ったものだ。

今日だけは、「根が深い」というよりも「根が不快」であったけれど…。

マンホールは定期的に空けましょう。

過去は変えられる




まだ50代ではないのだが、なんとなく購入。

定年退職するのが60歳だとしたら、10年前の50歳から「第二の収入源」を模索すべきと書かれている。「定年を迎えてから新たな収入源確保を考えるのは遅すぎます」(P21)という点は同意する。新たな「収入源」を確保するためには数年は要する。新たな収入源の確保が必要なら、長期のスパンで考えないといけない。

ただ、「マルクスの『資本論』を勉強してきた私からすると」と前置きした上で、お金は(投資ではなく)労働によって稼ぐものだと主張されている(P103〜参照)。この点については同意しかねる。投資をするなら「国債」(しかも郵便局で購入することがポイント?)で、投資額は年収の5%がメド、という点も同意しかねる。というか異議あり。そんなものでは老後の小遣いにもならん。

私は、第二の人生を歩む前に、数年をかけてでも、ファイナンスと投資のリテラシーを高めないとヤバイと思ってる。

-----

『過去は変えられる』という、「マチネの終わりに」の名セリフのようなことが書かれている箇所がある(P37前後参照)。「未来は変えられるが、過去は変えられない」という考え方もあるが、過去の最悪な出来事や経験があったからこそ、自己の認識・意識・考えなどが変わり、素晴らしい出来事や経験に出会えるということもある。ということは、その素晴らしい出来事や経験の「時間」によって、過去は意味のある大切な時間に変化する。

「時間」の本質を見極めること、「時間」の捉え方を変えることによって、自分の過去(歴史)は変わるし、生き方自体が変わってくることもある(P38参照)

本書の中で、この「時間」の話が最も痺れた。
何歳になっても、過去は変えられる。変えていきたい。

妙な縁

CPA

縁尋機妙 多逢聖因

人の縁とは不思議なものだと思う。

昨年末に大原簿記専門学校時代の受験仲間と20年ぶりに再会したが、彼女の監査法人勤務時代の同期が私の大学時代のゼミ(平松一夫ゼミ)の同級生の川添君だった。そんなことがあるんだなぁ〜。川添君とも長年会ってない。じゃぁ、ということで3人で集まった。

話を聞けば、彼らの監査法人の後輩が(先日書いた)明田会計士であり、さらに、私が昨日名刺交換したクライアント先の中途入社さんも、彼らの監査法人の後輩だという。キモイ。。。

点と点が一つ繋がっただけで、色んな人と繋がった。面白い。多くの人が監査法人を辞めて多方面で活躍しているというのも面白い。

妙な縁に感謝したい。
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ