公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

人材育成

バーニャカウダ


「黒字社長塾」を永久更新してくれた社長さんの会社を訪問した後、一緒に食事に行った。私より若い社長さん、いつも熱心に色んなことを吸収しようという意欲がすごい。

いまは「部下を育てる」ということに悩んでいるらしい。社内で勉強会をしたり、他社のセミナーに参加させたりしながら、部下に「経営者マインド」を持ってもらいたいと思っている。

私が社長業をやっていた頃も同じように思い、同じようなことをやっていた。しかし、その時の経験からいえるが、部下は育てようと思っても育たない。上に立つ者として必要なことは、チームを「育てる」ことであり、人は「伸ばす」ものだと思う。

個々人については、「育てる」のではなく、ひとりひとりの強みと弱みを見出し、強みを伸ばし弱みを補うことが重要だと思う。勉強会やセミナーを否定するものではないが、予め用意された人材育成プログラムのようなものを与えても、ジェネラリストが必要とするような知識やスキルが身に付くかもしれないけど、(一般的には)従業員の持つ強みや個性や才能を尊重したものではないし、それらを伸ばすものではない。「経営者マインド」が高まる、なんてこともない。

昭和時代から続いた日本的経営やメンバーシップ型雇用に古臭さを感じる中で、そもそも社員が「経営者マインド」を持って、人の上に立って働きたいと思っているのだろうか。それよりも、彼らが求めているのは、いまの「充足感」ではないか。仕事から得られる喜びがあるか、自己の強みや個性や才能が発揮できるか、個人のWell-Beingを感じることができるか…、そういった「充足感」ことが大事であり、そうでなければ社員から見捨てられる時代になっている。

会社という経済主体の中に従業員という構成要素がいるという時代(組織中心の時代)は終わり、会社というバーチャルな空間に個人という経済主体が存在するという時代(個人中心の時代)に移行している。社員を「育てる」というのは組織中心時代の考えではないか、は注意が必要だと思う。マネジメント層こそがコペルニクス的発想の転換をしなければならないのかもしれない。

社員を「伸ばす」ためは、(以前も書いたが)社長自らが「現場」に行き、社員とコミュニケーション(対話)をし、彼らをインボルブしていくべきだと思う。メールを一斉送信したり、LINEグループにメッセージを送ったりしても、インボルブできることはできないし、相手のことを理解することもできない。

片想いの人に、メールやLINEを送っただけじゃ声は届かないだろうし、相手のことを理解することもできないよね…。

今日は飲みながらそんな話をした。

事実は小説より奇なり

桂真理子


私のYouTube対談にも登壇してくれた桂真理子会計士が「人生相談がしたい」というので飲みに行った。なんのことかと思ったら、よくあるベンチャー企業のドタバタ珍事件簿みたいな話のオンパレードが身の回りで起こっていて、どうしたらいいのかという相談だった。聞いてる分には面白い。爆笑してしまった。こういう珍事件簿を1冊にまとめると面白いだろうなぁ。

「事実は小説より奇なり」な有り得へん事件が次々に勃発するのがベンチャー業界。私もこの世界は嫌というほど見てきて、ホントに嫌になったので、いまはこの界隈の仕事には携わっていないが、会計士という立場上、放っておけないことも多いので、当事者になると「ルワンダでタイ料理屋をひらく」くらい大変だろうと思う。とりあえず、相談を受けたので、真面目に回答したが、どうなるだろうか。続・珍事件簿も聞いてみたい気もするが。

(※ 写真は許可を得て掲載している)

ぷらっと台湾

台湾食堂

同じマンションの住民さんから、近所に台湾屋台が出来たと教えてもらった。

滷味(ルーウェイ)が食べられるとは思わんかった。


台湾食堂


滷味以外も美味しかった。


台湾食堂


何年ぶりだろ。台湾ビール。


台湾食堂


手。

味も臭いも無い。


------

今年だけのつもりで引き受けた大学の非常勤講師、来年度もオファーを頂いたので、即OKを出した。他にもオファーを待っている仕事もあれば、こちらからオファーを出している仕事もあるが、思うようにはいかないのが人生だ。良き縁がまた新たな縁を持ってきてくれるに違いない。今回の縁を大切に、今年度も来年度も目の前のことをコツコツやっていこうと思う。

人生は川の流れの如し。


-----


孤独からはじめよう
中野 善壽
ダイヤモンド社
2021-11-17



寺田倉庫の元社長 中野善壽氏の新刊書『孤独からはじめよう』が出た。

前作『ぜんぶ、すてれば』は、YouTubeで紹介した程に好きな本だが、今回の新刊書も共感だらけだった。オススメ。

人間関係は水の如し。

孤独からはじめよう

(※ 一番上の写真はネットから拝借した)

シークワーサー

シークワーサー


来週から月末まで大阪・東京で仕事・打ち合わせなどがミッチリなので、夜の便で関空に戻ってきた。

御堂筋イルミネーションが美しい。

御堂筋イルミネーション


御堂筋イルミネーション


御堂筋イルミネーション


-----

YouTube Live

11月20日(土)20:00〜 開催します。

年末が近付いてきたので、2021年を振り返ろうじゃないかということで、
今回のテーマは『ちょっと早めに今年の振り返り』

事前質問も受付中です。何らかの方法でご連絡くださいませ。

youtube live


今回は土曜日の開催になります。

日本シリーズの日程と被っておりますが、観て頂ければ嬉しいです。

やんばる国立公園

辺戸岬

今日も夜しか予定がなかったので、沖縄本島最北端の辺戸岬(へどみさき)までドライブした。

私の住んでいるところから片道1時間半ほどのドライブ。雨の予報だったが、なんとか天気はもった。


辺戸岬_やんばる国立公園


「やんばる(山原)」とは、沖縄本島の北部地域を指し、「山々が連なり森の広がる地域」を意味する。現時点で国立公園は日本に34ヶ所あり、沖縄県には、西表石垣国立公園、慶良間諸島国立公園、やんばる国立公園の3つある。


与論島

北側には、与論島(鹿児島県)が見える。
曇っていたが、空気は澄んでいた。


大石林山

南側を向けば、美ら海水族館がある本部町(もとぶちょう)まで見える。


大石林山

国内最大級の亜熱帯照葉樹林。


大石林山

ガジュマルの木。とにかくデカイ。


大石林山

樹冠の回りの広さは日本一だとか。


大石林山

沖縄本島の南部にある「ガンガラーの谷」という観光地にあるガジュマルの木もすごかったが、ここもすごかった。


大石林山

沖縄本島には、パワースポットと言われる場所がたくさんあるが、スピリチュアル系の人は南部よりも北部のやんばるある「大石林山」が最強のパワースポットらしい。多くの著名人が、那覇空港から片道2時間以上かかるここまで足を運んだという。

ガイドの方からスピリチュアルな話を色々と教えてもらったが、話の9割以上は記憶に残っていない。。。


竜頭山

てっぺんの岩、龍の頭に見えるから「龍神岩」というらしい。
ただそういうカタチに見えるだけなのに、崇拝の対象となり、古くから伝えられた神話の杜の中でも重要な信仰の場なのだとか。

この近くには骨盤のカタチをした「骨盤石」や、石の隙間を3回通過すれば過去の悪いものを捨ててリセットして人生を好転させるという「生まれ変わりの石」など、伝説が伝わるスポットがたくさんある。スピリチュアルな方には楽しい場所に違いない。

スピリチュアルに関心がない方も、純粋に自然を浴びるだけでも楽しめると思う。

-----


沖縄カカオ


地元の方から「ここに行け」と言われた沖縄カカオのお店へ立ち寄った。辺戸岬から車で南へ30分の場所にある小さなお店。店のお姉さんが、すべてのチョコレートを試食させてくれた。あまりの美味しさに全部買った。東京でも買えるみたい。


-----

リッツ・カールトン沖縄


夜、リッツ・カールトン沖縄へ。とある教育関係の方と会食。

恩納村に来るといつも海沿いのリゾートホテルに泊まっていたが、この小高い丘の上から一望できる自然も素晴らしかった。


リッツ・カールトン沖縄


リッツ・カールトン沖縄の中にあるイタリア料理店「ちゅらぬうじ」という所で食事をしたが、全品唸った。絶品。すべての料理がため息出るほどに美味しいくて感動したのは久しぶりかもしれない。ワインも美味しかった。ご馳走になったので、お幾ら万円したのか分からないが、ここは何度かリピートしたい。


リッツ・カールトン沖縄


今日も遅くまで飲んだ。外は静寂の夜だった。
多くの宿泊者がいたと思うが、音ひとつ聞こえない。


リッツ・カールトン沖縄


月も星もキレイな夜空だった。

月と星、波の音、森の香り、太陽の光・・・都会の喧騒から離れて、ひとりで静かにぼんやり過ごすには良い場所だ。

古宇利島も軽石被害がひどかった

古宇利島_古宇利大橋

ワーケーション2日目。
夜しか予定がなかったので、古宇利島までドライブ。

古宇利島にかかる橋「古宇利大橋」は、離島へ架けられた一般道路橋(無料道路)では日本一の長さ(2位は山口県の角島大橋)。この「古宇利大橋」は観光スポットであり、橋の下のビーチも夏季は観光客で賑わうのだが、ここも軽石で灰色になっており、ほぼ無人だった。えらいこっちゃ。


古宇利島_古宇利大橋

軽石は、大きいものから砂状のものまで様々。プラスチックのような軽さ。力を入れると粉砕する。こんなものが小笠原諸島から2ヶ月かけて流れついてきた。今後、この流れは東に進み、静岡・東京方面に流れていくかも、とのこと。江ノ島でシラス丼が食べられなくなる日が来るかも。コロナが落ち着いたら、次は軽石。ホンマ、想定外なことの繰り返し。


古宇利島_古宇利大橋

古宇利島のキレイなブルーも、灰色に。



古宇利島_ハードロック

ハートの形をしていることから「ハードロック」と言われ、嵐のCMにも使われたことでも有名な観光スポットも、灰色の嵐に。


古宇利島_ハードロック

ただ、軽石の上を歩いていれば、シューズに砂が入らないという発見も。



古宇利島_L LOTA

古宇利島の小高い丘の上に行けば、「古宇利大橋」を見下ろせるホテルやカフェがいくつかある。「L LOTA(エルロタ)」というカフェのルーフトップテラスでお茶をした。


古宇利島_L LOTA

ぼーーっと海を眺める。


古宇利島_L LOTA

不思議な雲。



古宇利島_Boume

このカフェの前に「bonmu(ボンムー)」というカワイイTシャツを売ってるお店がある。以前もここでTシャツを買ったことがあるのだが、今回もまたまとめ買い。


古宇利島_Boume

ちなみに、BASEで通販もやってるよん。


古宇利島_Boume

いつも一人の店長さん。
自分のペースで、一つ一つ手作りで店に並べているらしい。

「ブログで広めておくね〜!」、「是非お願いしま〜す!」
「写真撮っていい?」、「じゃ一緒に撮りましょう!」

なんていい人。



名護ビール

夜は、ちょっとした会食。
名護ビール、ワイン、泡盛。
酔った酔った。

海は灰色、空はブルー。
閑さや酒が沁みる名護の夜。

再び沖縄 〜軽石被害が悲しすぎる

沖縄

3週間ぶりの沖縄。

天候に恵まれた。



沖縄_軽石被害

小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で生まれた軽石が、沖縄に漂流し、漁業や観光に大きな被害を及ぼしている問題、ホントに大変なことになっていた。


沖縄_軽石被害

ビーチも海も灰色に。


沖縄_軽石被害

恩納村界隈のビーチでは、ショベルカーが軽石除去作業を続けていた。潮が満ちると再びビーチが灰色になるのだが、「小さな離島や、小さなビーチでは除去作業ができないから、我々が少しでも除去しなければ…」と恩納村のホテル勤務者が軽石を除去していた。

手伝ってあげたかったが、ビーチは立入禁止になっており、叶わなかった。

-----

沖縄

この前借りた沖縄のマンション、ようやく観葉植物が来た。

いい感じ。



沖縄

日が暮れると、空はオレンジ色に。

とてもきれいな夕陽だった。


誕生日会

tokyo


監査法人を辞めた後、東証上場企業に勤務していたことがある。
その時、近くの席に座っていた同僚Sとは、退社後も連絡を取り合っており、お互いの誕生日である7月だけはお祝いを兼ねて食事をするようにしてる。誕生日会はもう15年くらい続けている。

しかし、昨年7月と今年7月はコロナの影響などもあり、会うことができなかった。

今回、私が久しぶりに東京に行くことになったので、2年3ヶ月ぶりの誕生日を開催することができた。

親友であっても何年以上会っていない人の方が多い中で、15年以上も定期的に会っているのは彼女くらい。私をいつも客観視させてくれ、新たな気付きを与えてくれ、新たな選択肢を与えてくれ、背中を押してくれ、励ましてくれる。非常に大切な存在。

来年7月は沖縄に来ておくれ。

ぷらっと六義園→東洋文庫 からの東京大学

庭園が好きなら「六義園」(りくぎえん)へ行け。

ということで、初めて行ってきた。

六義園



少し紅葉していた。

六義園



めちゃくちゃ良い天気。

六義園



一つ一つの木の剪定が素晴らしい。

六義園



この松の木()がすごい。

六義園



六義園は、岩崎弥太郎が所有していた庭園を、東京市(東京都)に寄贈したものらしい。

六義園



ここが駒込ということを忘れそうになる。
素晴らしい日本庭園だった。
浜離宮や八芳園も好きだが、ここもまたぷらっと来ようと思う(いまは予約制)。

六義園



-----

「六義園」の後にして、すぐ近くにある「東洋文庫」へ。
雑誌などで何度か観たことがあるこの本棚。一度、生で観てみたかった。念願叶った。

東洋文庫



ここは、三菱財閥の第3代総帥岩崎久弥が、モリソンという人から膨大な文献を購入した書庫。購入した書籍の価格は現在の価値にして約70億円だとか。すご。

東洋文庫



ちなみに、この本、面白い。
江戸時代の古地図(住宅地図)が山手線内外のほぼ全域で載っている。散歩しながら持ち歩くとかなり面白い。





-----

そして、夜、人生初の東大赤門。

東大赤門



東大EMP(Executive Management Program)を卒業された公認会計士の先輩から、東大EMPで開催される平井一夫氏(ソニーグループ前社長)の講演に誘って頂いた。卒業生からの招待でないと参加できないものだし、平井一夫氏の近著『ソニー再生』は最近読んだビジネス書の中でNO.1の本でもある。どうしても参加したかった。オンライン受講もできるのだが、 これほどの実績を残した経営者と会える機会なんてほとんどない。どうしても生で受講したかった。

平井一夫


講演の内容については書き出したら止まらなくなりそうなので、またどこかで書こうと思うが、生で受講して大正解だった。平井一夫氏が登壇した瞬間から感じるオーラ、スピーチの上手さ、90分間誰ひとりとして飽きさせないインボルブ力など、これまで会った色んな経営者とは次元が違った。10万人もの従業員を引きつけるっていうのは、こういうことをいうのか…。

60歳になる手前で社長を退いてからは、ビジネスの誘いを一切断って、社会貢献活動をされているという生き様にもしびれる。目標にしたいと思った。

平井一夫



サインを頂いた。今日の思い出と学びと共に、宝物にしようと思う。

平井一夫

2ヶ月ぶりの東京

CPA

2ヶ月ぶりの東京。

私のYouTubeの「公認会計士対談」の撮影に協力してくれた菊池会計士(写真右奥)が、「CPA会計学院」の理事の国見会計士(写真右手前)と引き合わせてくれた(ちなみに、菊池氏のYouTube動画は、まだ編集中・未公開)。

私も国見会計士も、お互いのことをよく知っていたし、面識もあったのだが、ゆっくり喋ったことがなかったので、菊池会計士が会食の場を設けてくれた。感謝!

国見会計士が理事を務めるCPA会計学院は、公認会計士試験の受験専門学校のひとつ。業界には、大原簿記専門学校、TAC、LEC、クレアールなどが有名だと思うが、その中でも飛ぶ鳥を落とす勢いで合格者を増やしているのがCPA会計学院。近いうちに業界トップになるんじゃないだろうか。

国見会計士は、公認会計士でありながら、受験生の指導を約20年も続けておられ、学校のマネジメントもやりながら、新しいビジネスも展開している。静かなる情熱を感じた。菊池会計士もそうだが、この業界にはすごい人が多いと思う。

私も教育には興味があるし、公認会計士業界のために貢献できることがあればやりたいという想いも強いので、何か力になれることがあるならば協力できればと思う。

次回は「CPA会計学院」でお会いする約束をした。いまから楽しみ。



食事も美味しかった。


星のなる木


-----

会食の場が青山だったので、数年ぶりに青山ブックセンター(ABC)へ寄った。

店に入った瞬間から、懐かしさが蘇り、ちょっとした感動だった。
六本木店は残念ながら閉店してしまったが、本店は永遠に存続して欲しい。
本棚のセンスがたまらない。ロマンチックが止まらない。

もう、ここに住んでしまいたいくらいに、好き。



青山ブックセンター
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催(大阪)
 12/9(木)
『決算早期化を実現する実務ノウハウとポイント』


■日本経営協会主催(オンライン)
 12/15(水)
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』

※ 両セミナーは同じ内容です
※ 表示されない場合はリロードしてください


●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ