公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

【オススメ本】リンダ グラットン『LIFE SHIFT』

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
リンダ グラットン
東洋経済新報社
2016-10-21



序文から衝撃。

2007年に日本で生まれた子どもの半分は、107年以上生きることが予想される。いまこの文章を読んでいる50歳未満の日本人は、100年以上生きる時代、すなわち100年ライフを過ごすつもりでいたほうがいい(下線は武田)

本書の原題は“THE 100-YEAR LIFE"(100年ライフ)。
著者のリンダ グラットン教授は、日本政府の「人生100年時代構想会議」の有識者にも起用されている方です。

寿命が延びれば、働く期間が長くなる。貯蓄の重要性も高まる。家族、友人関係、スキル、知識、健康といった「無形の資産」も充実させなければならない。あらゆる事態に備えておかなければなりません。

長寿化時代になるといっても、誰もが100歳まで生きるわけではありません。豊かな人は、貧しい人より長く生きるというデータがあります(P388〜参照)。低所得者は高所得者に比べて平均寿命が短いのです。富裕層の方が、スキルのキャッチアップ、イノベーションへの対応、ストレスへの対処ができる能力が高く、健康的な生活を送る能力が高いからだといいます。

この「不平等」の原因が、健康、教育、人的ネットワーク、貯蓄への投資量の違いにあるとすれば、さまざまな投資への重要性が増す時代に突入したといえます(これがさらに格差を拡大する恐れもある)。

100年ライフを生きるために、何をしなければならないのか。多くの気づきが得られた一冊です。沢山の健康本と共にベストセラーにランクインしている理由がよく分かりました。


【オススメ本】眞鍋かをり『世界をひとりで歩いてみた』 (祥伝社黄金文庫)




「いつか読んでみたい」と思っていた本が文庫化されたので、ようやく読んでみました。

眞鍋かをりさんって、30歳になる手前で全ての仕事をストップした時期があったのですね。何もかもをリセットするために、30歳で遅咲きの ”ひとり旅デビュー” を果たし、そこから20ヶ所以上を旅してきたようです。本書は、その旅行記的なエッセイ。

”ひとり旅デビュー” の第1章から読み進めると、「ホンマに旅行初心者なんやなぁ〜」という感じですが、第2章、第3章と読み進めるにと、徐々に旅慣れていき、最終章ではホテルも取らずにロスまで行くということをやってのけている。

それにしても、かつて「ブログの女王」と称されただけあって、表現力がうまい。読んでいるこちらまで夢中になり、ワクワクし、時にはドキドキしながら、一緒に旅をしている気分になった。

ひとり旅はいいもんだ。


【こちらもオススメ】
沢木耕太郎著 『旅する力―深夜特急ノート』 (新潮文庫)

幸せになるために必要なこと

これまで何度も読み返している 岡田尊司著『生きるための哲学』 (河出文庫)をまたペラペラを読み返す。

『幸せの原動力は、愛情と関心を注いでもらえることである。そのために必要なのは、強がらずに、自分を開き、上手に甘えることである。』(P202)

その通りだよなぁ〜と思う。

強がらずに、自分を開き、上手に甘えること。

自分の殻を破ること。一歩踏み出すこと。依りかかること。



受講料の100倍以上払っても良いと思ったセミナーを再び受講

以前、「受講料の100倍以上払っても良いと思ったセミナー」が2つあると書きました(詳しくはこちら)。

そのうちの1つ、木暮太一さんが主催する『出版理論講座』(2days)を先週受講しました。木暮さんとはもう13年のお付き合いになり、セミナーはこれまで何度も受講していますが、ホントに良い。面白いし、めちゃくちゃ勉強になる。彼は「天才」だと思います。

出版を考えている人は、絶対に木暮さんのセミナーは出た方が良いです。

2daysの『出版理論講座』の前に、プレセミナーの『編集者が飛びつく企画書のヒミツ』という3時間セミナーがありますので、まずはこちらから受講することをオススメ致します(詳細・申し込みはこちら)。

さらに、出版を考えている人は、この本を深く理解することをオススメ致します。



対面コンサルティング(了)

先月から続いていた、セミナーのフォローも兼ねた「対面コンサルティング」、今週で全ての方とのコンサルティングが終了しました。

お申し込み頂いた方は、全員が経営者か起業家(起業を目指している方を含む)でした。自分で考えて作り上げたビジネスシナリオ・ビジネスモデルを客観的にチェックして欲しいという依頼が大半でした。

「成功は間違いない」といえるビジネスシナリオ・ビジネスモデルを持ってきた方は残念ながら一人もいませんでしたが、1時間じっくりとコンサルティングをした結果、全員が何か見えたはずです。今回「対面コンサルティング」を申し込んでくれた方は、今後もフォローしていきます。セミナー・コンサルティングを申し込んでくれた方から、ビジネスで大成功する人が出てきたら、講師としてこれほど嬉しいことはありません。

新・経営塾」も第2クールに入ります。今月15日(大阪)、22日(東京)にPMB(Professional Business Management)というビジネスセミナーに登壇致します。また新たな出会いがありそうで、今から楽しみです。

読書は最高の投資です からの〜

時間をかけて書いたブログが無反応であることもあれば、つぶやき程度のエントリーが人に影響を与えることもある。訳が分からないけど、これがブログであり、これが人生である。



以前、ある書店のブックカバーの写真をブログに載ました。

すると、ブロガーの税理士 木村聡子先生から、「どちらの本屋さんか、教えて頂けますでしょうか?」と連絡が来ました。

地元の人しか知らない小さな本屋さん。ホームページもない。書店名をお伝えしても「ふ〜ん」と思われて終わりだろう。でも、聞かれたから、キチンとお答えしておこう。

「西宮市にある千種書房という書店です」



すると、しばらくして、木村先生から再び連絡が。

「行きます」と。



マジか・・・。

こんなことをいうと千種書房さんには申し訳ないですが、わざわざ東京から見にくるような書店ではない。新刊書すら手に入らないこともある。出版社のポスターがペタペタ貼っている昔ながらの昭和の匂いがする町の本屋さんなのに、木村先生は何か過大な妄想をされているに違いない・・・。

「来るな」というのもおかしいし、仮に言っても木村先生は来るんだろうなぁ。じゃぁ、せっかく来るなら、「ツマガリ」でケーキ食べて帰って頂ければ・・・なんて余計なお節介かもしれないけど、そんな旨の返信を送りました。



で、先日、木村聡子先生のブログが更新されておりました。

読書は最高の投資です→からの→ツマガリ

「人生で、一生忘れられないキラキラした日があるとしたら、何日あるだろう。今日は、そんな1日だった。」


なんと・・・。

10年位前(?)にブログを通して引き寄せられるようにお会いしたのに、西宮でお会いできかったというのは、綾というか機微というか何なのでしょうか。ご一緒できなかったのは残念ですが、あの投稿が何らかの影響を与えることが出来たのは妙な嬉しさがあります。またお会いしましょう。

【オススメ本】橋爪大三郎著『正しい本の読み方』 (講談社現代新書)




『本の読み方』的なタイトルの本が出版されると買ってしまいます。
大読書家・大知識家がどのような読書をしているのか、私生活を垣間見るような好奇心です。

今回は、すごい数の著書を出版されている社会学者の橋爪大三郎さんの新刊書。
本書も色んな気付きがありましたが、共感したのは、本を「すなおに読む」ということ(P68〜)。

その著者が、何を言いたいのか、読み取る。注意ぶかく読み取る。丁寧に読み取る。謙虚に読み取る。しっかり読み取る。
これが必要かつ十分なことで、それ以外のよけいなことを考えてはいけない。

つまり、本を読んでいる途中で、賛成か反対かの意見を言わない。
まずは「著者の表現行為を、過不足なく受け止める」(P69)。

この姿勢はとても大切だと私も思います。

本を出すということは、著者の「意図」があるはずですし、それに対して編集者や出版社の承認があるはずです。下らない本や、異なる意見の本はありますが、そのような本にも必ず「意図」がありますので、それを読み取ることが大切だと思います。

本書では、こんなことも書かれています。
他の著者がいて、すでにたくさん本を書いている。他の著者が書いたことに100%賛成であれば、その本の著者は、本を書かなかったろう。(P115)

では、この著者の、他の著者と異なる「意図」は何か、他の著者との「関係」は何か、そういった著者の「思想」と付き合うことも大切(P111〜参照)。

本書の中に、「必ず読むべき『大著者100人』リスト」というものが載っています。これは手帳に貼り付けておきたい。

日本庭園

3連休の最終日は、「足立美術館」(島根県安来市)へ。

14年連続で日本庭園ランキング1位だそうです。

日本庭園が好きな私にはたまりません。でも、一部の庭園は中には入ることが出来ず(建物の中から庭を見るだけ)、ケータイカメラでの撮影だとこれが限界です。ホントはもっと美しいのですが、この写真では伝わりませんね。興味ある方は「足立美術館」のHPをご覧ください。


足立美術館


足立美術館


足立美術館


死ぬまでに日本中の日本庭園を回ってみたいです。


「足立美術館」の後は、大山(鳥取県)へ。
日本百景にも選定されているようです。非常に美しい山です。

大山



帰路、蒜山高原のB級グルメ「ひるぜん焼きそば」を食べました。B1グランプリを受賞しただけあり、ものごっつ美味かったです。


ってな感じで、3日間、NIPPONを満喫し、たっぷり休息しました。


どーでもいい話ですが、鳥取ナンバーの「鳥取」の文字、何か面白いですね。

鳥取ナンバー

出雲大社

鳥取砂丘の次の日は、縁結びの神様、出雲大社へ。

こっちに来るとフジテレビ・関西テレビのカメラがいっぱい。
何事かと思ったら、明日は出雲駅伝なんですね。撮影の準備をされていました。
どうりで旅館もホテルも空いてないわけだ。

出雲大社



出雲大社から東に向かってドライブしていると、なんと、ダイハツ・タントカスタムのCMでお馴染みの「ベタ踏み坂」(江島大橋)を通過
もちろん通りました。

べた踏み坂
([出処]ネットから拝借)


更に東に進むと境港駅の近くに「水木しげるロード」なる場所に遭遇。

水木しげるロード


「なんじゃそりゃ」と思い、クルマを止めて歩いてみると、こりゃすごい観光スポット。
右も左もゲゲゲの鬼太郎。


電話ボックスも鬼太郎。
水木しげるロード


写真撮影も。
水木しげるロード


床屋さんも。
水木しげるロード


ATMも。
水木しげるロード


トイレットペーパーも。
水木しげるロード


饅頭屋も。
水木しげるロード


工事現場も。
水木しげるロード


野々村電機工業も。
水木しげるロード


タクシー会社も。
水木しげるロード


タクシー乗り場も。
水木しげるロード


郵便ポストも。
水木しげるロード


駅の待合室も。
水木しげるロード


駅名変わってるし・・・。
水木しげるロード


ってな感じで、街を挙げての徹底した取り組みにより、街のイノベーション・地域再生を実現された感があります。

夜は、近くの皆生(かいけ)温泉に行って、温泉につかりました。

鳥取砂丘

初めて鳥取砂丘にきました。

着いた瞬間、目に入ってくるのが、高さ50メートルほどの砂の丘。

鳥取砂丘


とりあえず登ってみますが、足元は砂なので、非常に登りにくい。
長靴を履いて来ている方も。

鳥取砂丘


少し離れると、違う国に来たみたい。

鳥取砂丘


砂漠? みたいな場所も。

鳥取砂丘


「地球にいる」的な感じの場所でした。

プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役
●海外展開・クロスボーダーM&Aの「OneAsia」アライアンスメンバー
●起業支援の「一般社団法人スタートアップエンジン」理事



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社



One Asia


コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
Twitter
Twitterボタン
武田雄治出版物
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ