公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

日本庭園が好き

浜離宮恩賜庭園

今回の東京出張で宿泊していたホテルの部屋から「浜離宮恩賜庭園」が見えていた。日本庭園が好きなので行ってみたいと思った。開園時間の朝9時ジャストに行ってきた。



浜離宮恩賜庭園

開園と同時に入ったので、ほぼ貸し切り。



浜離宮恩賜庭園

大都会の中にあるオアシス。



浜離宮恩賜庭園

東京湾の海水を引く「潮入の池」。
都内にある江戸の庭園では唯一現存する海水の池らしい。



浜離宮恩賜庭園

これほど高層ビルに囲まれた日本庭園も珍しいのではないだろうか。



浜離宮恩賜庭園

この浜離宮恩賜庭園は、江戸城の「出城」としての機能を果たしていた徳川将軍家の庭園らしい。以来、歴代将軍によって幾度かの造園と改修工事が行われ現在の姿の庭園が完成したという。



浜離宮恩賜庭園

庭園をテクテク1周すると約1時間。
これだけ広大な庭園を整備し、維持するのは大変だと思う。庭師さんの日々の働きがあってのこの庭園がある。美しい庭園を見るたびに、庭師リスペクト。



浜離宮恩賜庭園

朝から30度を超えており、汗だくになったが。朝から気持ちいい散歩ができた。


-----


ホテルをチェックアウトして、羽田空港でいつもの蕎麦を食べて沖縄に帰った。


FullSizeRender



-----


自宅に戻るとゲラが届いていた。


ゲラ


ゲラが届くたびに
中森明菜の曲が頭から離れないのを
なんとかしてほしい。

1日でチェック終了。
burnin' heart〜

11月発売予定です。

不動産投資セミナーに登壇

fudousan


@都内某所

2日連続で開催される不動産投資セミナーにゲストスピーカーとして登壇することになった。対面受講・オンライン受講を合わせて約500名が受講されるらしい。おそらく日本最大級の不動産投資セミナーではないだろうか。

今回は、不動産投資で成功した「不動産投資のプロフェッショナル6名」のうちの1名として登壇させて頂いた。他のスピーカーの中には「本業」で不動産投資をされている方もいるが、私は資産運用の一環としてやっているだけであり、「本業」ではないし、「副業」とも思っていない。それでも投資額は10億を超え、収入も「本業」を超えた。不動産投資を始めた16年前からは考えられないことだ。

主催者から公認会計士の視点から金融機関を攻略する方法について話して欲しい」というオファーを頂いた。

これまでの経験から、不動産投資の成否を分けるのは、良い物件を見付ける能力もさることながら、金融機関を攻略する能力があるかどうかだと思う。金融機関(銀行)は、「晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」と言われる。実際にそうだと思う。このブログは銀行関係者も見ているが、ストレートにモノを言わせてもらうと、多くの銀行融資担当者は上から目線で偉そうな人が多い。「頭金3割出してくれたら、金利2.0%で貸してあげる」的な。だが、そんな条件ではキャッシュは回らない。ここで投資家に必要になるのが金融機関の攻略法であり、交渉術なのだ。商取引なのだから、たとえ相手が銀行(債権者)だとしても「フェア」でなければならない。上から目線でモノを言ってくる相手であっても、対等な立場で取引する(もしくは、こちらが有利になるように取引する)べきなのだ。融資条件が変われば、手元に数百万円〜数千万円のキャッシュが残るし、月々の支払額も数十万円変わる。キャッシュ・フローが劇的に変わる。

このような交渉をするためには、圧倒的なファイナンスと不動産の知識が必要になり、相手を唸らすような事業計画を準備する必要があるが、それに加えて、相手を秒で説得させる交渉の「術」が必要になる。相手との立場をひっくり返し、最終的には「頭金ゼロでもいいから、金利0.8%で借りて欲しい」と言わせるところまで持っていくのだ。

とはいえ、銀行に対して高圧的な態度を取ってはならない。あくまで紳士的態度を突き通し、信頼を得ながら、フェアな交渉をしなければならない。

不動産投資の最大のハードルが金融機関の攻略だということは、不動産投資をやっている方なら痛感していると思う。でも、アンフェアな条件を甘んじて受け入れ、大きな投資をしたにも関わらず、全くをキャッシュが循環していない投資家が多い。フェアな取引をした上で、キャッシュを循環させ、得られたキャッシュを次の投資に回していくということをしていかなければ、投資として成功したとはいえない(この辺りの理論は、企業のファイナンス理論と全く同じ)。

今回のセミナーの2日間、ゲストスピーカーの「不動産投資のプロフェッショナル」の方々と一緒にランチをさせて頂いたが、皆様に共通する「思考」が、ファイナンスを活かしながら、インカムゲインだけでなくキャピタルゲインも獲得し、キャッシュを最大化させているという点だった。キャッシュの最大化のためには税金のコントロールも必要であり、全てのプロフェッショナルがその辺りの知識も有している。知識と経験を知恵に昇華させ、自己の資産を最大化させている。ボラティリティーの大きなペーパーアセットへの投資と違い、理詰めでキャッシュを最大化できることが不動産投資の面白さではないかと思う。

2日間、私も勉強させて頂いた。
楽しい週末だった。

東京出張 〜10年連続ミシュランの一ツ星を獲得のお店

cpa_learning

今回の東京出張も『CPAラーニング』の新しい講座の収録。

『CPAラーニング』は、動画数が600本、会員が30万人を突破。来年末に向け、動画数を1,500本、会員100万人を目標にしている。圧倒的なコンテンツ料と会員数。この勢いは誰も止められない。こんな最強インフラ作りに関わらせて頂き、有り難く思う。

来月には新講座の全収録を終え、公開されると思う。
知らんけど。

あとひと踏ん張り。


-----


夜、西麻布の『La BOMBANCE(ラ・ボンバンス)』へ。

la bombance


6月に古宇利島の『La BOMBANCE』へ行った時から、「西麻布店に行きたい!」と思い続けていたが、あっという間に願望が叶った。古宇利島とは全く雰囲気が違うお店だったが、10年連続ミシュランの一ツ星を獲得のお店とあり、今回も美味しすぎて感動を通り超えた。

”La BOMBANCE”とは、フランス語で「ご馳走」の意味だが、フレンチ料理ではなく、 芸術的日本料理。古宇利島店と同様に、全てのお料理が想定外すぎて、ため息の連続だった。改めて、美味しい料理は人を幸せにすると思った。



la bombance

お店の方のサービスもとても良かった。

「コースのメニューにはないのですが」と、箸休めに素麺を出してくれた。自家製のラー油出汁がめちゃくちゃ美味かった(絶賛したら、帰りにラー油をくれた)。



la bombance

〆は土鍋で炊いた秋刀魚ご飯。
美味いに決まってるやろが。

お代わりして食べたが、余ったご飯はおにぎりにしてくれた。明日の朝ご飯だね。

最後のデザートまで、完璧なお料理とサービスだった。大満足。古宇利島店の方がお高いワインがそろっていたが、それでも十分満足だ。

また来る。


------


昨夜から汐留のホテルに泊まっている。
宿泊客はほぼ外国人。値段はコロナ禍の5倍。
東京出張、なかなか大変だわ。

shiodome

18年ぶりのアレ

生物学者 福岡伸一博士が度々「ネタ」として使う話がある。

数年ぶりに会う方に「お変わりありませんね!」という社交辞令を述べることがあるが、生物学的にいえば人間の身体は「1年前の私と今日の私ではほぼ別人」になってるらしい。つまり、「お変わりありまくりですね!」が正しいのだ。消化器は2〜3日で入れ替わり、筋肉だと2週間、血液の細胞だと数ヶ月で入れ替わる。1年も経てば、物質レベルではほとんど別人になっている。我々は自分の身体は個体だと思っているが、実は絶え間なく流れている液体のようなものなのだ。これを福岡ハカセは『動的平衡』と呼んでいる。あらゆる組織が、古いものを破壊し、新しいものを取り入れ、絶えず代謝を繰り返しながら生きているのだ。

同じのように福岡ハカセが「ネタ」として使う話がある。

阪神タイガースの熱狂的なファンは、何十年も阪神タイガースを応援しているが、1985年に優勝した時の阪神タイガースと、今の阪神タイガースでは、すべての選手が入れ替わっている。しかし、熱狂的なファンは「阪神タイガース」という『動的平衡』を応援し続ける。昔の阪神タイガースと「お変わりありまくり」なのに。


-----


阪神が日本一になった1985年の伝説の試合、バース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発を、私は甲子園球場のバックネット裏で見ていた。当時の選手は全員入れ替わっているが、約40年経った今でも私は阪神ファンだ。沖縄に移住した直後に宜野座のキャンプにも行った。しかし、優勝するなんて全く思っていない。「阪神タイガース」という『動的平衡』を応援しているだけで、好きな選手がいるわけでもない。

キャンプを見て、私が良いと思った選手は、今期、ことごとく不調だった。ホームランバッターもいない。年収が億を超える選手が活躍できない。「今年もダメだなぁ〜」と思いながらDAZNを見ていた。

が、どうしたことか。9月に入って負け知らず。マジックが点灯し、今日、優勝が決まるかもしれない。えらいこっちゃ。


-----


今日の夜、「18年ぶりの『アレ』のタイミングでご一緒とはね…」と、東京神田の行きつけのワイン屋さんで、元阪神タイガースの投手の奥村武博さんとお食事をした。元プロ野球選手の公認会計士は、おそらく奥村さんだけだろう。

食事中に失礼かと思いつつ、お互い気になって仕方ないので、スポーツナビのアプリを開けながらワインと食事と対話を楽しんだ。

「プロスポーツ ✕ 会計士」という組み合わせでビジネスモデルを構築すれば面白いと思う。そもそも、プロスポーツ選手はキャッシュ・マネジメントが出来ていないだろうから、プロスポーツに詳しい会計士・税理士としてオンリーワンの存在になると思う。そんな真面目なビジネスの話をしている間に「あと一人」となり、岩崎が締めてくれた。


優勝だーーー! 


やったー!


乾杯!


阪神


店のソムリエさんがシャンパンを出してくれ、祝杯を浴びた。

こんな特別な日に、元阪神の選手とご一緒できるなんて、なんと運が良いこと。

今日も楽しく、思い出に残る1日となった。



-----


それにしても、岡田監督の就任1年目での優勝。あっぱれだわ。

何かのネットニュースで、岡田監督のインタビューを見たことがある。昨年まで解説者としてバックネット裏で試合を見ていたが、2ストライクから追い込まれた時に、ボール球を振りにいってアウトになることが多いと思っていたと。けど、追い込まれてもストライクゾーンは変わらないのだ。監督就任1年目の今年は、ボール球を見極めるように指導したところ、阪神の四球数はリーグトップになった。打率はイマイチだったが、塁には出ているのだ。当然に得点数にも関わる。ホームランバッターがいなくても、塁に出て、得点に結びつける野球を繰り返し、圧倒的な勝利数で他を引き離した。チームプレイの勝利だと思う。長年「阪神タイガース」という『動的平衡』を応援していてきたが、今年は1985年以来の素晴らしいチームだったと思う。ここまで来たのだから、1985年以来の日本一を掴んで欲しいと思う。



(※ 写真は許可を得て掲載している)




沖縄移住197日目 〜激うまハンバーガー、最後はなぜかうまくいくイタリア人

okinawa

「沖縄に移住したら早寝早起きしよう」なんて思ったこともあったが、相変わらず夜型生活。24時〜25時に寝て、7時〜8時に起きる。1時間ジョギングして、シャワー浴びて、10時から始業。12時まで仕事。午後は自由時間。そんなルーティンになっている。

昨夜は我が家に泊まってくれた秘書ちゃんファミリー、我々が起きた時にはすでに散歩に出かけていた。北谷は早起きのアメリカ人が多いため、早朝から開いているカフェが多い。秘書ちゃんファミリーもアサイーボウルを食べに行ったらしい。

私はいつものルーティンのジョギング。家からゴーグルやシュノーケルセットだけを持って来て、いきなり海に飛び込む人を眺めながら。

みんな自由だ。


------



朝たっぷり食べて来たはずなのに、ランチでハンバーガーを食べたいというので、前から気になっていたハンバーガーショップへ。


Sandbox2


北谷の『Sandbox Burgers』というお店。近所の人がオススメというだけあって、激うまだった。パティの肉厚もすごかったが、バンズもめちゃくちゃ美味かった。リピ確定。

sandbox



娘ちゃんも大満足。美味しかったね〜。


sandbox1



午後の便で神戸に戻ることになっていた秘書ちゃんファミリーは、食べたあと那覇空港へ戻っていった。またいつでもぷらっとお越しください。次回はテナントを探しましょう。



-----






話題の本を読んだ。

●不測の事態に慌てない。いちいち腹を立てない。(P11)
●物事が望むようにならなくても、その中で人生を楽しむ。(P105、P108)
●有意義な1日は、「脱線」により生まれる。(P82〜)
●いつの間にか本来の目的を忘れ、「寄り道」に熱中する。(P91〜)
●何もしないで待ち、チャンスがきたらつかむ。(P128〜)
●短所は直さない。長所は大事にする。(P135〜)
●食卓は人生のほとんどすべての問題を解決する場。(P166〜)

共感だらけ。

本書の冒頭の、アポの時間は「努力目標」であり、「正確なルールに基づいて遅れる」という話まで共感した。

きっと私はイタリア人の生まれ変わりなんだ。



------


次回のYouTube Liveは、

2023年9月24日(日) 20:00〜

大阪からお送りします。今回はニャンさんも出演してくれるはず。バンコクから帰ってきたばっかりなので、そんな話しをしていきたいと思います。質問がある方は事前に何らかの方法で連絡下さいませ。


youtube live

沖縄移住196日目 〜秘書ちゃんファミリーが泊まりにきてくれた

okinawa

先月、秘書ちゃんの旦那さん(ワッシー)が不動産視察のために沖縄に来てくれたが、今日は秘書ちゃん、娘ちゃんと共に家族3人で遊びに来てくれた。めんそ〜れ!




araha

娘ちゃん、大きくなったね〜!




okinawa

秘書ちゃんファミリーが借りたレンタカーを何故か私が運転して視察開始。先月来てくれた時は名護から北谷まで数十kmを視察し、お店の出店場所は北谷界隈に絞られた。が、北谷町内にも色んな雰囲気の場所があるので、今日はそれぞれの地区を案内した。さらに、北谷の南隣の宜野湾市も案内した。ワッシーの中で何か感じるものがあったようだ。実際に足を運んで見てみないと何も分からないけど、行けば何かを感じることができる。不動産視察は、その感覚が大事だと思う。



okinawa

私のブログをすべて見てくれている秘書ちゃんから、宜野湾市の「ハッピーモア市場」に寄って欲しいとリクエストをもらった。Instagramをフォローしてるのか、この店の最新情報をおさえていた。店に着くや、マンゴースムージーとカカオプロテインスムージーを購入。

念願叶う。

私もカカオプロテインスムージーを飲んだが、めちゃうま。



happymore

娘ちゃんもマンゴースムージーが気に行った様子。
そりゃそうだ。そのへんのジュースとは訳が違う。




「ハッピーモア市場」は野菜・果物が中心のスーパーなので、別の店に行って肉・魚を購入。自宅に戻って、シェフのワッシーが皆のために腕を振るってくれた。

料理中の写真も撮ったのだが、狭いキッチンを晒したくないので掲載却下。



okinawa

スーパーの限られた食材と、我が家の限られた調味料で、さくっと作ってくれた。さすがだ。ステーキ、鰹カツ、野菜グリル、などなど。天才なん?



okinawa

私の好みのワインを持ってきてくれた。
気のおけない仲間と、美味しい料理に美味しいワイン。
最高やん。

何時間飲んでいたのか記憶にないが、とにかく楽しかった。




okinawa

ワッシーが最後に、〆のお茶漬けも作ってくれた。
美味しすぎておかわりしてしまった。
深夜にお茶漬け2杯はヤバいなぁ…と思いながらも、ペロンと食べてもた。

ごちそうさまでした。ありがとう。感謝。
今日も思い出に残る1日となった。


------


次回のYouTube Liveは、

2023年9月24日(日) 20:00〜

大阪からお送りします。今回はニャンさんも出演してくれるはず。バンコクから帰ってきたばっかりなので、そんな話しをしていきたいと思います。質問がある方は事前に何らかの方法で連絡下さいませ。


youtube live

沖縄移住195日目 〜沖縄での不動産ビジネス

okinawa

沖縄移住195日目
連日30〜32度。それ以上にはならない。内地の熱波のような暑さは沖縄にはない。ジョギングしていても気持ちいい。避暑地だ。日に日にこの町が好きになる。


-----


朝、コメダ珈琲へ。

コメダ珈琲

ホットコーヒー1杯のつもりだったが、ウエイトレスに「朝はトーストが無料です」と言われ、暗に「バターかジャムか早く選べ」と言われてるような圧を感じ、「コーヒーだけでいい」とは言えず、「じゃぁ、ジャム」と答え、朝食を食べることになった。

今日は、ほぼ同じ時期に、同じ北谷に移住してきたという不動産会社の社長さんと初めてお会いした。私の自宅の近くのコメダ珈琲を指定してくれたが、朝のコメダ珈琲って行列ができるほどの人気なんだね。先方も「スタバにすれば良かった」と恐縮されていた。

この社長さんは、奥様が沖縄の方で、よく沖縄本島に遊びに来てたらしい。「いつか沖縄で開業したい」という夢を叶え、北谷に移住し、私のSNSを見付けたという。SNS経由で連絡がきても会うことなんてないが、今回だけは何か縁が広がりそうな気がしたのでお会いすることにした。内地では有名な会計事務所でコンサルの仕事をされていたというところも、何かの縁を感じる。私が北谷で何がしたいのかという想いも伝えた。伝わったと思う。この町が好きなので、根を下ろしたいのだ。これまでの不動産投資をやってきた経験を活かして、単なるマネーゲームではなく、ディベロップメントをしたい。若い彼が力になってくれたらと思うし、今日の縁がどこまでも広がればと思う。


------


午後、別の不動産会社の社長さんと会った。以前から北谷で一棟マンションか土地を探していると伝えていたのだが、私の近所に売物件が出たという。

okinawa

早速内覧に行った。完全な外国人住居だった。

こっちに移住して知ったが、外国人住居と日本人住居はまるで違う。間取りも広さも違えば、床も壁も違う。上の写真じゃ分かりにくいが、床も壁もコンクリートで、床には板を貼っているだけで、壁にはペンキを塗っているだけ。日本の住居のようなクッションフロアではないし、クロスを貼っていない。使う家具もキッチンも違う。トイレやバスのメーカーも違う。北谷にいながらアメリカでホームステイした時を思い出すほど、何もかもが違う。なので、フツーの日本人が住みたいとは思わないはず(実際に外国人しか住んでいない)。外国人住居にして米軍関係者に貸した方が利回りは圧倒的に良いので、外国人にターゲットを絞って不動産投資をしている投資家もいるが、私は「自分が住みたい」と思わない物件に投資するのは若干抵抗がある。

とはいえ、不動産ビジネスで成功するためには、その地域の不動産を自分の足で最低100棟は見るべきだという考えなので、こういう物件も内覧できたことは勉強になった。何事も勉強だ。


------


次の週末に、また不動産投資家向けのセミナーに登壇することになっている。今日がスライドの納品日だったので、ちょこっとスライドを制作していた。これまでの経歴を整理してみると、初めて不動産投資セミナーを受講したのが18年前、初めて不動産投資をしたのが16年前。その間、いろんなことをやってきた。詐欺に巻き込まれたこともあれば、地震が直撃したこともあった。すべてが貴重な経験だ。知識や知恵も蓄積されてきた。そろそろ本にまとめても良いような気がしてきた。

いま企画が通っている本を書き終えたら、これまでの経験をまとめようかな。玉石混交の不動産関連本の中でロバキヨのような本を会計士目線から書いたらロングセラーになるのではないだろうか。

なんて妄想。


------



次回のYouTube Liveは、

2023年9月24日(日) 20:00〜

大阪からお送りします。今回はニャンさんも出演してくれるはず。バンコクから帰ってきたばっかりなので、そんな話しをしていきたいと思います。質問がある方は事前に何らかの方法で連絡下さいませ。


youtube live

沖縄移住193日目 〜全島エイサー、オリオンビアフェスト2023

okinawa

バンコクからの帰路の深夜便では1〜2時間ほどしか寝ていないため、帰国した日(9/8)は21時頃に力尽きて寝た。今日(9/9)から通常営業。

ジョギングも再開。


-----


今日は、私の自宅に近くで「沖縄全島エイサーまつり」が開催される。郷に入れば郷に従え。この日に合わせてバンコクから帰国した。「エイサー」とは(本土の)盆踊りのようなもの。「沖縄全島エイサーまつり」は、エイサーのまち沖縄市コザで開催される沖縄最大規模のエイサー祭り。

そして、同じ場所で、オリオンビールによる「オリオンビアフェスト」が開催される。

いずれも4年ぶりの開催らしく、会場はすごい人だった。米軍も多かった。

orion beer



オリオン生ビール400円也。

orion beer

ひとりで10杯くらい飲んでる人も少なくなかった。甲子園球場外野席のような、飲めや、食えや、騒げや状態。



orion beer


私はJ-POPを殆ど聞かないので、沖縄に移住するまで知らなかったのだが、「かりゆし58」という沖縄出身のロックバンドがいる。全国的にも有名らしいが、沖縄県民は(おそらく)みんな知ってる。

ある時、TV番組で「かりゆし58」が「アンマー」という曲を歌っているのを聴いて、惚れた。それ以降、Spotifyで何度も聴いた。その「かりゆし58」が「オリオンビアフェスト」でライブをやるというので楽しみにしていた。




orion beer

「かりゆし58」が登場すると、会場は異常な盛り上がりを見せた。あちこちで指笛を吹き、踊り狂っている人がいる。最高だね。

メッセージ性のあるストレートな歌詞、シンプルなロックサウンド、独特なボーカルの声、初めて生で聴くのに懐かしさがある。いいなぁ。




orion beer


「かりゆし58」の約1時間のライブが終わったら、ボルテージが上がったまま、花火が上がった。



orion beer


近くでみる花火はすごい。

花火の終了とともに、4年ぶりに開催された「沖縄全島エイサーまつり」と「オリオンビアフェスト」は終了。沖縄県民になってやっと来ることができた。やっと仲間入りできた感じだ。嬉しい。

思い出に残る楽しい1日となった。

ぷらっとバンコク 〜最終日 カフェ巡り 再びマッサージ 深夜便で那覇へ

bangkok

バンコク最終日。早いもんで。
曇り空だが、雨は降らなさそう。雨季だが、初日のスコール以外は雨に当たらなかった。

今日も朝イチでホテルに隣接する公園をジョギングしてから、ホテル内のレストランで朝食を取った。



bangkok

写真では美味しそうにみえないが、めちゃくちゃ美味しかった。
多くの外国人が宿泊しており、朝食ビュッフェは洋食以外に、中華料理、韓国料理、インド料理などが並んでいた(日本料理はなかった)。パクチー大盛りのガパオライス&カオマンガイに、サラダ&パッションフルーツ。満腹。タイティ(写真右上)も美味しかった。

今回は「住んでるように過ごす旅」にしようと思っていたので、今日は何も予定を入れずに、ホテルでぼんやり過ごした。



bangkok

午後、読書でもしようかと、文庫本1冊を持って街へ。
バンコクでは今でもこういった行商人が多い。買ったことはないが、美味しそうなものを売っている。


bangkok

バンコクはカフェが多い。スタバなどのチェーン店だけでなく、個人経営のカフェも多く、今日は2軒ハシゴした。うち1軒は日本人が経営していた。ワインと同様に、美味しい珈琲は飲まなくても美味しい。香りだけでいい。ブラックコーヒーの後にラテも飲んだが、どちらも美味しかった。フラグを立てておいた。また来る。




bangkok

あっという間に夕方になり、最後の晩餐は高級タイ料理店でマッサマンカレーを。ここもミシュランガイド掲載店。結局、毎日ミシュラン掲載店に行ったような気がする。ミシュラン多すぎじゃねーか? 

客単価200円のカオソーイのお店から、客単価1万円近い高級タイ料理店まで、多くのミシュランガイド掲載店があるが、それだけタイにはミシュランの審査員を唸らすお店が多いということだろう。これまでいろんな店に行ったが、どこ行っても美味しい。食の玉手箱や。




食後、今日もマッサージ屋へ。

bangkok

今日は、Cちゃんがオススメしてくれた本格的なタイマッサージ店へ。日本人オーナーで、日本語対応も可能。施術前後にシャワーも浴びることができるので、空港に行く直前に寄った。事前に「強め」でのマッサージをお願いしたので、容赦なき強さでやってくれた。何度か悲鳴をあげそうだったが、寝てしまってた。一瞬で90分が過ぎた。もっと長いコースにすれば良かった。

シャワーを浴びて、空港に向かった。



bangkok

24時、スワンナプーム国際空港に戻ってきた。久しぶりのバンコク、満喫できた。やっぱり好きだ。またすぐにでも来たい。

24時間眠らない空港。
現地時間26時(日本時間28時)出発。そんな時間でもターミナルは大混雑。飛行機もほぼ満席。帰りも香港経由で那覇空港へ。


bangkok

香港での1時間半のトランジットを経て、7時間後の午前11時に無事那覇空港へ到着。
さすがにこの歳になって深夜便はつらいが、バンコクと那覇を7時間で移動できるのは(いまのところ)この便しかない。早くピーチが直行便を復活させて欲しい。

3年ぶりのバンコクだったので、過去の記憶を思い出すようになぞっていっただけだが、それでも十分に楽しい時間だった。何度来ても思うが、日本のどこにもない活気がここにはある。工事現場だらけで埃っぽく臭い街だが、若者と白人がハイテンションで過ごすこの活気がたまらない。物価高・円安の影響は想定以上だったが、それをも上回る魅力がある。先のことは分からないが、いつか住みたいという想いがさらに強くなった。人は願望以上にはなれない。改めて願望を再確認でいた旅であった。I'll be back soon.

ぷらっとバンコク 〜物件視察、カオマンガイ、マッサージ、屋台、ワインとか

bangkok

昨日から宿泊しているホテルに隣接する公園にジョギングコースがあり、そこで走りたいと思っていたので、日本からジョギングシューズやウエアを持ってきていた。



bangkok

今の沖縄の自宅も近所の海岸沿いに往復数kmのジョギングコースがあるので、晴れた日はほぼ毎日走っている。近くにジョギングコースがあるのはいい。バンコクは歩道がデコボコだらけなので、もし住むならこういう公園の近くに住みたい。



bangkok

ホテルの部屋から見下ろすと、この公園周辺に高級レジデンスが数多く見える。この写真からは分かりづらいが、各アパートメントにプールが付いており、部屋やベランダも広い。以前からこの辺りのレジデンスに目をつけており、今回も将来に備えて視察しに来た。

ただ、最近の物価高と円安の影響で、バンコクのレジデンスの賃料も跳ね上がっていた。3年前、月額30万円以内(20万円台)だったレジデンスの賃料が40万円を超えている。嵎佞蠅任眦豕より高い。移住している人は大変だろうなぁ。ビザも高くなっている。




bangkok

ジョギング&視察をした後、ホテルのプールサイドでぼんやり読書。






bangkok

午後、街へ。相変わらずの大渋滞。



bangkok

ユニクロの広告がすごい。
何書いてるか分からんけど。




bangkok

今日もショッピングセンターなどをぷらぷらして、カオマンガイのお店へ。この店もミシュランガイド掲載店(バンコクって、ミシュラン掲載店が多すぎないか??)。ちなみに、これ、50バーツ(約200円)。



bangkok

この3日間、歩き続けたので足がパンパン。
街中に数多くあるマッサージ店の中で、なんとなく雰囲気の良さそうなところに入ったが、ここは大当たりだった。フットマッサージをお願いしたが、最後数分で全身をマッサージしてくれた。整体施術のようなホンキのマッサージで、全身をほぐしてくれた。最高。明日も来たいと思うほど、気に入った。




bangkok

身体が浮いたように軽くなったので、以前からお気に入りだった本屋へ。



bangkok

置いてある本が芸術関連に偏っているが、書店内に10軒くらいの飲食店が入っており、酒を飲みながら読書もできる場所。



bangkok

雑貨も文具もたくさん売っている。
セントラルエンバシー」の6階。いつも空いているので、ぼんやりするには良い場所だと思う。


夕方までこの本屋でぼんやり過ごして、「JODD FAIRS」 (ジョッドフェア)という屋台村へ。

bangkok

バンコクで屋台といえばラチャダー鉄道市場が有名だが、ここは閉鎖したらしい。いまは新たな屋台街としてリニュアルオープンしたらしいが、先日ここへ行った学生から「すっからかんでした」と連絡が来たので、ラチャダーへ行くのはやめた。



bangkok

「JODD FAIRS」も、かつてのラチャダーくらい盛り上がっていたが、あまり惹かれる屋台がなく、焼鳥とシンハービールだけを頼んだ。街の屋台より高い。観光客価格。



bangkok

ホテルに戻り、ワインバーで仕切り直し。
グラスワインも豊富で美味しく、今日も何杯か飲んだ。すべて美味しかった。


------


昨日、資生堂名誉会長の福原義春氏が亡くなったというニュースが流れていた。資生堂創業者 福原有信氏の孫にあたる。福原義春氏の経営者時代のことはよく分からないが、その後に上梓された本は5冊読んだ。特に『だから人は本を読む』という本は大きな影響を受けた。経済界随一の読書家といわれる資生堂名誉会長の福原義春氏が「本を読む」ということについて語った一冊である。

この本の中の、「私という人間は今まで読んだ本を編集してでき上がっているのかもしれない」し、「逆にいえば本によって編集されたのが私」(P41)なのかもしれないという文は、脳裏に焼き付き、離れることがない。

私という人間も、(人や旅にも影響を受けてきたが)本によって編集されてきたと思う。かつてのように多読乱読しようとは思わないが、良い本をじっくりと読む時間を持ちたい。パソコン・スマホに向き合う時間を極力減らし、本・ノートに向き合う時間を極力増やしていきたいと思う。



だから人は本を読む
福原 義春
東洋経済新報社
2015-02-01



セミナー開催情報
■プロネクサス主催(オンデマンド)
 2023/10/2〜10/31
『決算早期化(30日開示)を達成する決算実務』

■日本経営協会主催(オンライン)
 2023/11/17
『決算早期化を実現する実務ノウハウとポイント』

■琉球アスティーダスポーツクラブ主催(沖縄アリーナ)
 2023/12/23〜24
『アスティーダフェスティバル2023』




●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●関西学院大学 非常勤講師

武田雄治


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

武田雄治のYouTube
youtube_黒字社長塾
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
「経理」の本分とは?
経理の本分_カバー帯
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ