公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

【オススメ本】東野圭吾『人魚の眠る家』 (幻冬舎文庫)

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)
東野 圭吾
幻冬舎
2018-05-30



知人が突然死んだり、大きな病気を患ったり、そういうことが続いた。

必然的に「死」について考える時間が増えた。人はいつ「死」を迎えるかなんて分からない。「死」は、「生」や「老」の最終地点にあるものではなく、突然やってくるものなのだ。

医学的に「死」とは心肺機能の停止だった。しかし、(事故などにより)脳の全機能が停止し意識のない昏睡状態となっても、人工呼吸器の発達などにより心肺は動き続けることがある。人工呼吸器を外すことはできないし、意識が戻ったという事例もないらしい。そうすると、何をもって人の「死」とするか、という問題が出てくる。

本書を読むまで知らなかったが、日本の法律では、本人か親族が臓器提供に同意しない限り、「脳死判定」がされない。「えっ!そうなの!?」「なんか、おかしくねー??」と思ったけど、日本の法律は臓器提供の意思表示と脳死判定がセットになっている。他の国の法律は違うらしい。「死」の定義が法律によって異なるというのはかなり強い違和感がある。

日本の場合、子供や親族の死を受け入れたくないため臓器提供を躊躇する。そして多くが臓器提供を拒否する(=脳死判定がなされない)。そのため、臓器提供の機会はなくなり、心肺機能が停止するまで延命措置が続けられる。

するとどうなるか。日本にはドナーが少ないから、臓器移植が必要な患者は、それを受け入れてくれる海外へ行くしかない。海外の人から見たら、日本からやってきた患者が大金を払って移植臓器を奪っていくと映る。それによって日本人一人の命が救われるかもしれないが、現地の命が一人救われる機会が失われるかもしれないのだ。海外から非難されるのは当然だろう。

法律がおかしい、考えを改めるべき、という女性がこの小説に登場する(P286、P295参照)。「生きている人間から臓器を摘出することを法律で認めるのは、やはり困難だった」(P353)ことから、臓器移植を進めたい役人としては「その人はもう死んでいる」ことにする必要があった(同)。だから『脳死』という言葉を使ったらしい。しかし、これが話を複雑にしている。

医学的、法律的、倫理的な話は抜きにして、自分の親族の「死」の決定を迫られたとしたら、自分はどういう判断をするのだろうか。蘇生する可能性がなくても本書の主人公のような狂気ともいえる看病をするのだろうか。それとも「死」を受け入れるのか。

重いテーマだが、色々と考えさせられました。

新人時代は"量"をこなせ

たまたま見付けたサイトですが、共感できる内容でしたのでシェアしておきます。

林修氏が働き方に関する考えを語る「とにかく仕事の量をこなせ」



特に、これは激しく同意です。
他人が喜んでお金を払ってくれるレベルまで、仕事の本質・中身を高めるには、新人時代に"質"を追求するのではなくて、"量"をこなすことが大切だ

私は社会人になって2年が勝負だと思っています。公認会計士2年目のY君と食事した時に書いたブログ記事もご一読ください。

運転中に本を読む

恥かしながら、今日までこの機能を知りませんでした

iPhoneの画面をSiriに読み上げてもらう方法。2本指スワイプで一発起動もできる!


iPhoneの画面をSiriが読み上げてくれるという機能があったのですね。

ってことは、iPhoneにkindleアプリを入れ、kindleと同期させると、kindleに入ってる書籍をSiriが読み上げてくれるのです。実際やってみましたが、Siriは完璧に読み上げてくれます。速度も自由に変更できますので、高速で聴くことも可能です。運転中でも好きな本が読める(聴ける)って訳です。いつも運転中に面白くもないFMラジオを聴いていましたが、これからは運転中も勉強できそうです。もっと早くに知っておきたかった・・・・。

『自分の人生は、自分の夢の大きさに正比例する』(孫正義)

知人にある動画を教えてもらえました。孫正義氏が高校生に伝えたメッセージのようです。

このブログは大半がPCから閲覧されていますので動画の紹介は極力控えておりましたが、非常に共感できる内容でしたのでシェアしておきます。7分50秒の動画です。休憩時間にでもご覧ください。






去年、私は『想像できないものは手に入らない』ということを書きました。この世の中にあるものすべて、偉大な誰かが想像したものがカタチになったものです。現状に満足できないなら、現状を打破したいなら、ぶっ飛んだ夢を描くべきです。自分の将来を悲観すること、言い訳すること、過剰に謙虚になることは、自分の可能性を殺すだけではなく、自己の存在をも否定することだと、私は思います。夢はデカイ方が良い。所詮は夢なんです。笑われたって、蔑まされたって、やりたいことをやってる人生の方がカッコいいと思います。

『自分の人生は、自分の夢の大きさに正比例する』(孫正義)
その通りだと思います。

私は、『人生はフィクションだ』とも書いたことがあります。ホントにそう思っています。誰もが裸で生まれ、裸で死んでいく。いつ死ぬかも分からない。だったら、自分の人生は自分が好きなように書き変えればいいと思います。


孫正義
(上の動画より)

【名古屋セミナー案内】 税務研究会主催『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』 セミナー 開催!2018/12/12(水)

名古屋で決算早期化セミナーに登壇致します。

税務研究会様にて
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』
について、5時間半 語ります!

決算早期化・効率化・標準化、残業削減(働き方改革対応)、監査効率化・・・といった話もしますが、「真の経理部とは何なのか?」、「経理部をどう進化させるのか?」って話もしていきます。

経理部員の研修の一環としてもご参加頂ければと思います。


▼『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』 開催概要
■開催日: 2018/12/12(水) 10:00〜16:30
■会場:名古屋市東区葵3丁目 I・M・Yビル
■講義内容:
  1.決算早期化を実現している会社の特徴
  2.決算早期化を達成できない原因と解決策
  3.決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方
  4.決算早期化を実現するアウトプット事例
  5.決算早期化を実現する「決算業務のマクドナルド化」
  6.IFRSに備えた決算早期化

  (※最新情報をご提供するため内容・順序は変更する可能性があります)


▼本セミナーの詳細・お申込みはこちら
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』




セミナー来場者には拙著『決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉』を進呈
  (セミナーテキストとしても使用します)


知識は偏見である

私が師と仰いでいる人が2人いるということを度々書いていますが、そのうちの1人の師の下で、13年間学んでいます。当初は「ビジネス」について教えを乞うていましたが、9年前からは「ビジネス」に限定せずに、「知の全般」について学んでいます。

13年前に独立した時は「ビジネス」について学ぶ必要があり、マーケティングやマネジメントやビジネスモデルなどを体系的に学び、知識を体系化していくことに価値や意義がありました。

しかし、9年前に再独立して「社長」から「(個人としての)公認会計士」に戻った時に、もはや「ビジネス」の知識を吸収したいという欲求はなくなり、無知であり未知である領域を知りたいという欲求が溢れてきました。

私が師にお願いしたのは、人類の英知のあるべき姿を問う社会科学ありのままの姿を記す自然科学ありたい姿を描く人文科学、この3つの領域を1本の串で指してくれないか、というものでした。それらを串刺ししたところに「哲学」という4つ目の領域が浮き上がってくるのではないか。その4領域を巡回し、横断したところの「知の交差点」のようなものが見たい。そして、その英知を「知のMAP」として描きたい。

そういった無茶な要望をしたのですが、師は快諾してくれ、私の想いに共感してくれたもう1人の方と3名で、9年間にわたって知の横断をしています。

無知であり未知である領域を旅して9年。
宇宙の暗黒物質を探るような旅を続けて思うことは、知識は無知がもたらす偏見から解き放ってくれるものですが、知識もまた偏見であるということです。「それでいいんだ」と思うようになりました。あるべき「知のMAP」というものはなく、自分なりの地図を描けばいいと。

そして旅は10年目に突入しました。

ぼくの半生は言葉と時空との闘いの歴史であって、
とうてい得意技の発露の歴史ではなかった。
不得意領域への挑戦史なのである。

(松岡正剛『危ない言葉』より)

決算早期化プロジェクト

今日は、私の自宅から3つ隣の県にある某上場企業のクライアント様へ。

1年前から決算早期化プロジェクトを実施しています。膨大にあった決算資料を大幅に減らし、シンプルにし、属人化していた資料を根絶していく作業を1年かけてやってきました。クライアント様の協力もあり、我ながらよくここまで整理できたなぁ〜というレベルになりました。私がプロジェクトに関与する前は「何の資料かも分からない」というものが多くありましたが、今では「誰が見ても分かる」ものしかありません。フォルダ数、ファイル数も大幅に減りました。

結果として、今回の第2四半期決算(中間決算)では、自社の決算早期化のみならず、監査法人の監査工数も大幅に減りました。監査法人からの質問も「ゼロ」になりました。「誰が見ても分かる」ものを、「必要なものだけ」作成する、ということをやるだけで、決算は早期化できますし、生産性も向上します。人を増やさなくても、システムを導入しなくても、無駄を取り除くだけで仕事の効率は格段に上がるのです。

これまで上場企業約40社の決算早期化プロジェクトに関与しましたが、最高レベルの完成度です。経理部の皆様の「経理を良くしたい!」という強い想いがあってことの成果だと思います。

業務改善には終わりもなければ、完璧もありませんので、また新たな課題の改善に向けて下半期も取り組んでいかなければなりません。この下半期で私のイメージがカタチになるかな、と思っています。

【オススメ本】『平気でうそをつく人たち ―虚偽と邪悪の心理学』 (草思社文庫)




「嘘」と「隠し事」は嫌いだ。

「嘘」と「隠し事」はいつかバレる。そして誰かを傷付ける。
その傷は、一生消えないこともあり、生涯苦しめられることもある。
私も一生消えない傷を負っている。

そんな話を友達としていた時に薦めてくれたのが本書『平気でうそをつく人たち ―虚偽と邪悪の心理学』という本(原題は『People of the Lie虚偽の人々)』)。

「虚偽と邪悪の心理学」という副題のとおり、「平気でうそをつく人たち」や「邪悪な行動をする人たち」の本質を明かしてくれます。

腑に落ちたのは、「平気でうそをつく人たち」は根底に「弱さ」があるという話(P55〜)。

「平気でうそをつく人たち」は、サイコパス(精神病質者)のような人もいますが、ごくごく普通に見える人もいます。根底には「意志の弱さ」がある。その「意志の弱さ」が「不安」を招き、「不安」から回避する行動を起こす。その行動は(自己防衛のために)他人を犠牲にしたり、他人を攻撃したり、他人を破壊したりといった「邪悪な行動」となることがある。つまり、平然とうそをつき、平気で人を傷つける邪悪な人間は、ある種のナルシズムであり、罪の意識から逃避し、自分の罪を認めようともせず、むしろ、自分にも欺きながら善人であるかのように見られることを強烈に望んでいるのです。

「悪」→「ナルシズム」といえば、エーリッヒ・フロム『悪について』を思い浮かべましたが、やはり本書でもこの本は度々登場します。不安から逃避し他人を傷つけるナルシズムもあれば、他人を支配し人間性を奪う(悪性の)ナルシズムもある。前者は他人をスケープゴートする邪悪性であり、後者は他人を支配下に置く快楽的な邪悪性。逃避か支配か。両方の書籍を読み比べると面白い。

「悪」の本質について学ぼうと読み進めていくと、あることに気が付くはずです。それは邪悪な人を批判的に見ている人間が、実は邪悪な人間の特性であるということ。正義を振りかざす人間こそ、他人を破壊しているということ。

精神科医である著者も、このように書いています。
自分の助言を受け入れようとしなかった患者に悪のラベルをはるということで、私自身が邪悪になっていなかっただろうか、と考えたくもなる。(P193)
邪悪な人間の特性として、他人を道徳的に邪悪であると批判することがあげられる。(P434)

生(live)を反対から読むと邪悪(evil)であるように、生と邪悪はループし、我々の中に同居しているのかもしれません。

この邪悪にどう対処したらいいのかが最後の最後に書かれていますが、これは結構衝撃でした(本書の最終章をご確認ください)。

「悪」については、カントやフロムだけじゃなく、この本も必読です。

人間関係を極めるには、コーチングの技術が必要。コーチングの技術を学ぶには心理学の知識が必要。心理学を学ぶには「悪」を知る必要がある。なぜなら多くの人が邪悪であるから。平気でうそをつくから。興味ある方は是非ご一読ください。超オススメです。

インタビュー

先日私がインタビューを受けた記事がサイトに掲載されましたが、今日は某雑誌の企画で私がインタビュアーとなり某大手企業の経理部長へ1時間半ほどインタビューをさせて頂きました。

インタビューのテーマが私の研究テーマでもあったため(だからインタビュアーに抜擢されたのですが)、非常に楽しい1時間半でした。

雑誌は1月に発売されます。発売されたらまたアナウンス致します。

会食

今日は千葉県某所へ。

先日決算の業務改善に関するコンサルティングの結果報告会を行った上場企業の経理部の皆様とお食事の機会を頂きました。

契約が満了したらそこでお付き合いは終わりというお客様も無きにしも非ずですが、私としては「その後」がとても気になりますので、このような機会を頂けるのは非常に有り難いことです。また経理部長さんだけでなく、若手の方からも直接意見が聞けたり、お話しできたりという機会を頂けることも有り難いことです。会議室ではなく酒の席だからこと言い合えることも多いですから、クライアント様への理解も深まりますし、私自身も非常に勉強になります。あっという間の3時間。とても有意義な時間でした。

経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■税務研究会主催
 (12月12日(水)@名古屋)
『決算早期化を達成する「経理・決算の業務改善」方法』




●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
武田雄治



公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表
●中小企業支援の「黒字社長塾」代表
●中小企業のコスト削減・業務効率化支援の「バックオフィスサービス株式会社」取締役



■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。




武田公認会計士事務所



黒字社長塾





バックオフィスサービス株式会社




コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























DVD発売中!
武田雄治出版物
QRコード
QRコード