公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

思考するということ




先日紹介した舟越美夏著『愛を知ったのは処刑に駆り立てられる日々の後だった』(河出書房新社)を読んだ後に、数年前に読んだ矢野久美子著『ハンナ・アーレント』(中公新書) を読み返したくなった。『愛を知ったのは〜』に「全体主義」の話があったため。

『人間の条件』、『全体主義の起原』の名著でも有名な哲学者・思想家ハンナ・アーレント(Hannah Arendt、1906-1975)。本書は、彼女の凄まじい人生と、思考の変遷がまとまっている。

-----

彼女の人生は、末尾に記載した略年譜を見てのとおり、ナチス・ドイツの歴史そのものである。14歳の頃から、カント、ヤスパース、キルケゴールを読んでいたという稀有な才能と相まって、全体主義における「けっして起こってはならなかったこと」への理解への欲求が彼女の人生を決定付ける。彼女自身がドイツ生まれのユダヤ人であり、アウシュヴィッツ強制収容所に送り込まれてもおかしくなかった立場であったことも大きいだろう。

ナチによる死体の製造(大量殺戮)、ユダヤ人囚人たちによる死体の処理、ガス室の掃除といった「人間による人間の無用化」、「人間の尊厳の崩壊」など、その事態を直視することは「地獄を見るようなものだった」(P90)というが、アーレントは起こった事態について理解しなければならなかった(P92)。

30代でアメリカに亡命したアーレントは、本格的にモノ書き(評論活動)を開始する(その後、雑誌編集、教授職と渡り歩きながら、著述を続ける)。

本書を通読して痛烈に感じてくるのは、徹底して事態と向き合い、考え抜き、分析し、力強い文章を発しようとするアーレントの姿。あの有名な『イェルサレムのアイヒマン』の論稿など、アイヒマン及びナチの犯罪が狂人やサディストによって行われたというのは事実ではないという彼女の主張が、ユダヤ人を共犯者に仕立るように解釈されたことにより、非難の嵐になったこともあった。非難は刊行後数年経っても続き、その非難や攻撃は世界中に伝播し、文章を読んでない大量の人々からもバッシングを受け、批判運動や非買運動も繰り広げられ、遂には国家レベルの政治にまで巻き込まれることになったらしい。孤高なアーレントも、親しい友人たちからも絶縁されたことは、相当こたえたようだ。

ネットもない時代に、ペンだけでここまで批判に晒され、有名人となるわけだが、これは最近の「炎上」とは訳が違う。アーレントがそれだけ深く「事態」と直視し、思考の営み自分との対話)を妥協しなかった結果が生み出した産物だろう。彼女は、思考し、自由を求め、判断を行使する人びとが生み出す力こそが、世界の存続を支えると考えていた(P224〜)。

14歳から哲学書を読んできたというのもあるかもしれないが、全体主義の中で「普通の人びと」が(無思考に)体制に順応し、犯罪に巻き込まれていく事態と向き合ってきたからこそ、中途半端で抽象的な思考の営みを許さなかったのかもしれない。アーレントは晩年まで思考の営みを続けていたようだ。

カッコよすぎる。

-----

最近のネットから飛び込んでくる文章の「軽さ」や、それが簡単に「バズる」ことに辟易とさせられている。先日も、日本人の読解力が(世界的にみて)低下しているというニュースが流れていたが、圧倒的な思考の営みの欠如ではないだろうか。本を読まずに、ネット上の短い文章ばかり読んでいたり、自分と対話をせずに、スマホの画面ばかり見ていたり。日本人の読解力が低下していることについて、テレビのコメンテーターが、短い文章でも理解の練習になるのだから、SNSを教材に取り組んだらどうかと話していたらしいが、違うだろ…。

アーレントが思考のモデルとしたのはソクラテスであったらしい(P221)。私はアーレントのような人をモデルにしたい。非難や攻撃は望まないが、思考の営みの結果として生み出されたものを、社会に発信し、足跡を残したい、と常々思う。できれば、死んだ後も残るような書籍として。


【参考】ハンナ・アーレント略年譜
●1906年、ユダヤ人の両親の元、ドイツに生まれる
●8歳の頃から病気がち。この頃から両親の蔵書をひもとく。
14歳で哲学を学ぶことを決意。カント、ヤスパース、キルケゴールを読み始める。
●18歳の時に、17歳年上のハイデガーと不倫
 (しかもハイデガーの『存在と時間』の準備中に)
●20歳の時に、ヤスパースにも師事
●26歳の時(1932)、ナチ党が第一党に
●27歳の時(1933)、ヒトラーが首相に就任
●同年、逮捕されるも、運良く出獄でき、パリに亡命
 (パリでも、逮捕、絶滅収容所行きから運良く脱走する)
●33歳の時(1939)、ドイツ軍がポーランド侵攻、第二次世界大戦へ
●35歳の時(1941)、ニューヨークへ亡命、評論活動を行う
●37歳の時(1943)、ニューヨークでアウシュヴィッツの噂を聞く
●45歳の時(1951)、『全体主義の起源』刊行、アメリカ国籍取得
●52歳の時(1958)、『人間の条件』刊行
●55歳の時(1961)、アイヒマン裁判を膨張
●57歳の時(1963)、『イェルサレムのアイヒマン』刊行
●同年        『革命について』刊行
●66歳の時(1972)、『暴力に付いて』刊行
●69歳の時(1975)、心臓発作で死亡


人間の条件 (ちくま学芸文庫)
ハンナ アレント
筑摩書房
1994-10-01



全体主義の起原 1――反ユダヤ主義 【新版】
ハンナ・アーレント
みすず書房
2017-08-24

新刊書『「経理」の本分』 発売開始!

経理の本分_紀伊国屋書店


新刊書『「経理」の本分』が、遂に本日、発売となりました。

専門書なのにamazon売上ランキング総合700位台は順調ですね。。
経理・アカウンティング部門では2位でした。
(いずれも本日20時時点)

感無量。

ベストセラーにならなくていいので、ロングセラーになって欲しい。

経理の本分_amazon


できれば書店でお買い求めください。
場所によっては、9日〜10日に棚に並ぶみたいです。

出版記念特別セミナーは12月23日開催です。今日、ラウレアから申込者リストを送ってもらいましたが、告知して数日なのに、すごい数の申し込みがあり、もう驚きしかありません。年末なのでパっといきましょう。年内最後のセミナーですし。

会場の拡張ができないか問い合わせをしているところです。可能であれば定員を増やしたいと思いますが、拡張が難しければ定員に達した段階で申し込みを締め切らせて頂くことになります。ご都合つく方は早めのお申込みを!


(※ 上の写真は紀伊国屋梅田本店にて。父撮影。Thanx Dad!)


「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-07

他者を思う気持ち

今日の読売新聞「人生案内」より。

人生案内

人生案内


最相葉月さんの回答がしびれた。

「あなたに求められるのは・・・他者を思う気持ちです。」

ホンマその通り。

元婚約者には同情するしかない。

「他者を思う気持ち」の欠如した人の方が、そうでない人よりも圧倒的に多い。自己チューでワガママ。私がそれについてどうのこうの言うつもりはない。ええんじゃねーかと思う。ただね、一生消えない傷を負うことになる人がいるんだよ。あなたが傷ついていることの何万倍もの傷を負って、残りの人生を生きていかねばならない人がいるんだよ。

最終段階。「人生に正解はありませんが、間違いを正すことはできます。これ以上は言わなくてもおわかりですね。」

地球はまるい

spotify2019


Spotifyを使い始めて2年。確実に生活が変わり、人生が狂った。

今年はSpotify年間103,763分再生していたらしい。

1日平均5時間聴いていたことになる。

年間4,141曲を再生し、
725人の新しいアーティストに出会い、
77カ国のアーティストの曲を聴いたらしい。

聴いた曲の大半が、Progressive house、EDM、tranceというジャンルのダンス系ミュージック。自宅に居る時も、仕事中も、運動中も、電車の中も、フェラーリの中でも、常時世界中のダンスミュージックが流れている。1日10時間位聴いている感覚だったので、1日平均5時間ってのは意外と少ないなぁと思ったが、終日セミナーという日も多いから、平均するとそんなもんかもしれない。

この1年で最も聴いたアーティストは、Armin van Buuren
Armin van Buurenは、世界的に有名なDJ。「世界で最も稼ぐDJランキング」でも常に上位にランクインしている。推定年俸16億円。

以前も書いたことがあるが、自分のクラブ(ディスコ)を海外に作り、そこでDJをすることが夢のひとつ。バンコクで実現させたい。何をやったってTOPになれる自信はある。これまで生涯で聴いてきたダンスミュージックの数だって誰にも負けない自信もある。意志があれば何だって実現させる自信もある。マイケル・ジャクソンには成れないが、音楽で人々を感動させることはできると思う。人生最大の仕事で、人生最高の遊びを「音楽」にしたいと思う今日このごろ。

No Music,No Life!
No Fun,No Life!



Sotify2019

アグネス・チャン著『スタンフォード大に三人の息子を合格させた 50の教育法』(朝日新聞出版)




先日(11/11)、なんとなくTVを付けたら、日テレの『人生が変わる1分間の深イイ話』という番組がアグネス・チャンに密着していた。

「お〜、アグネス・チャン! 久しぶりやん!」と思って見ていたら、これが、タイトル通りの「深イイ話」な内容で、最後まで見惚れてしまった。番組では、アグネス・チャンの子育て論、教育論を紹介していた。

この番組を見て初めて知ったのだが、アグネス・チャンには3人の息子がおり、3人とも名門スタンフォード大学に合格させている。そして、アグネス・チャン自身もスタンフォード大学教育学部の博士号(Ph.D)を取得している。

(※ ちなみに、世界の大学ランキングでスタンフォード大は4位、東京大学は36位)

-----

番組終了後から、本書『スタンフォード大に三人の息子を合格させた 50の教育法』がamazonのベストセラーランキングTOP100にずっとランクインしていた。番組等で話題になり、突然ランクインした本は、1週間もすればランク外に落ちることが多いと思うが、この本は数週間もの間、TOP100に入っていたのではないだろうか。売れ続ける本は、きっと良い本に違いない。興味が惹かれ、ようやく私も本書を読んでみた。

番組同様、感銘を受けた。自分の子どもが生まれる前に出会っておきたいと思った。

子育て・教育に対する確固たる理念・信念を持ち、決して勉強を押し付けることなく、主体性を発揮できるように注意深く観察し、子ども達に寄り添い、子ども達の存在を絶対的に承認尊重し、子ども達の無限の可能性を信じ、言動を肯定し励まし、自信を持たせ、個性や才能を開花させる

コーチングそのものだと思った。

「お説教」に8時間かけたこともあるというし(P51)、寂しい想いをさせた子どもに会うために3時間走った車をUターンして、再びに会いに戻ったこともあるという(P226)。どんな時も、思いやり・献身・自己犠牲をもって子ども達と接する「無条件の愛」を激しく感じる。これほどの愛をもって人と接する人がいるものかと。

以前、工藤勇一著『学校の「当たり前」をやめた。 』(時事通信社)の書評にて、このようなことを書いた。
「愛情」と「教育」、「躾」と「教育」の境目は難しい。これらを履き違えると、子どもの「自律」を育むことと真逆のことに陥ってしまう。過干渉が教育の目的を骨抜きにする。

私は、子育てや教育の最大の課題は、「愛情」と「教育」の履き違えを大人が気付くことだと思っている。

アグネス・チャンのこの本を読んで、最も共感したのは、(子どもに対してこれほどの愛をもっていながらも)「友達のような親子関係は望みませんでした」「親は親。子は子。」(P54)と、はっきりと境界線を付けている点。親に対する暴言や、人を傷付けるようなことは絶対に許さず、親に対する態度や礼儀には厳しい家庭だったという。

最近は、親を自分と対等の関係であるかのように誤解している子どもがいる一方で、必要なときに、きちんと子どもに注意したりすることのできない親が増えています。
(略)
仲がいいのはいいことですが、子どもに勘違いをさせてはいけません。(P55〜)

-----

苫野一徳の『』という本に、愛は「情念であると同時に理念である」と書かれていたことを思い出した。愛は、湧き上がってくる「情」であるだけでなく、理念的なものであり、意志しうるものなのだ。子どもに限らず、人を愛するということは、恋に落ちたり、あらゆる欲望を充たすことだけではない。意志をもって誰かを愛するという理性の力が必要となる。苫野氏は、「無条件の愛」とは、誰かを愛するのに条件は必要ないという意味ではなく、ひとたび誰かを愛してはじめて、その愛に条件などないと意志しうるものだ、という。

親は子どもに対して「無条件の愛」を注ぐものだと思うが、そこに教育者としての「理性」や「意志」も絶対に必要だと思う。そこがテキトーになっているから、家庭や学校で様々な問題が生じるんじゃないだろうか。

アグネス・チャンの本を読んで感じたのは、(見た目の美しさに反する)自分への厳格さだった。

新刊書『「経理」の本分』が届いた!

経理の本分_表紙


新刊書が出来上がった!
感無量。

中央経済社のS編集長「武田先生にしか書けないことがあるんだよ」「思いの丈を原稿にぶつけてみてよ」と言われたのが、ちょうど2年前。2人で1升呑んだ夜。

これまで書いた14冊の中で、書き上げるのに一番時間がかかったが、やっと納得のいくものを出すことが出来る。S編集長との二人三脚はこれで10冊目。もう感謝しかない。

ベストセラーにならなくていいので、ロングセラーになって欲しい。

12/7発売予定。できればリアル書店でお買い求め下さい。

新刊書『「経理」の本分』 「はしがき」を先行公開

まもなく新刊書『「経理」の本分』が発売になります。

amazonでは7日より発売開始予定。書店では6日に並ぶかもしれません。

出版社から許可を頂きましたので、「はしがき」先行公開致します。

 本書は、上場企業の経理部員をターゲットに書きました。上場企業の経理部に配属された方が最初に手にすべき本が見当たらなかったからです。経理実務について書かれている本は、未上場企業(中小企業)の経理部員をターゲットにかかれています。そこに書かれていることも大切なことばかりですが、上場企業はあらゆる利害関係者が取り巻いているため、上場企業特有の経理・決算・開示の実務が多くあります。本書では、他の経理実務の解説書に書かれていることや、制度会計の説明は省きました。上場企業の経理部員が知っておくべき経理部の本分・存在意義、上場企業特有の業務内容、経理部員としての心得をまとめました。

 私は、監査法人退職後、上場企業の経理部で勤務したことがあります。業務量が多く、大変な部署だと思いましたが、他方で、経理部が発信する情報をもとに各利害関係者が重大な意思決定を行い、それによっては経営者、会社、社会が変わっていくのを見て、「こんなやりがいがあり、素晴らしい部署はない!」と思いました。経理部が進化すれば、あらゆるものが変わるのです。

 1社でも多くの上場企業の経理部を進化させたいと思い、14年前に独立して以来、「経理を変えれば会社は変わる」との理念を掲げています。これまで上場企業100社以上を訪問し、上場企業の経理部で働く方を数千人見てきましたが、私と同じように「経理の仕事ほど面白いものはない」「もっと経理を極めたい」という経理部員は多く、また異動や役員昇進を断り「生涯経理」を宣言している経理部員も結構多いことを知りました。

 人は誰かの役に立っている時や、感謝された時にモチベーションが上がるものです。モチベーションの極めて高い経理部員は、自分のやっている仕事が、経営の役に立ち、経営の一翼を担い、経営の中核を成し、経営者に頼られている、ということを知っています。経営者から「ありがとう」といわれる仕事をしています。経営者のアクセル役にもブレーキ役にもなっています。つまり、経理部が「経営者や事業部門を支援するサービス部門」になっています。私はこのような経理部を「真の経理部」と呼んでいます。経理部の仕事が、仕訳を切り、決算を締め、書類を作成するだけであれば、モチベーションは上がりません。このような単調な仕事を効率的に行っても、経営者から「ありがとう」といわれることはなく、いずれはAIに奪われるはずです。

 上場企業の経理部に配属された方は、まずは、何のために経理部という部署が存在するのかという存在意義や目的を知ってください。そして、日々の業務を通して、経理部を「真の経理部」に進化させ、経営者や会社を突き動かす仕事をして欲しいと思っています。あなたが変われば、すべてが変わります。

 本書がきっかけで、皆様の仕事に対するモチベーションが変わり、「真の経理部」が1社でも多く生まれてきたら、筆者としてこれ以上に嬉しいことはありません。

 なお、本書の刊行は、クライアント各社様との出会い、中央経済社のS編集長(注:書籍では実名)の協力なしにはなし得ませんでした。ここに記して御礼を申し上げます。

2019年8月
公認会計士 武田雄治

サブタイトルにもあるように、部署の存在意義、業務の原則、部員の心得の3つについてまとめました。類書はないはずです。ベストセラーにはならないでしょうけど、ロングセラーになってほしいと思います。

なお、出版記念特別セミナーの申込みも既に多く頂いているようです。ブログ読者の皆様とお会いできることを楽しみにしております。新刊書『「経理」の本分』を当日ご持参頂ける方は、参加費2,200円とさせて頂いてます。「2,200円引きの誤りではないのか?」という問い合わせがあったようですが、いえ、2,200円です。8,800円引きの2,200円です。22,000円ではありません。2,200円です。新刊書を購入して頂いてるのだから無料でも良かったのですが、会場のキャパもありますし、会場代が結構お高いので、少し頂戴致しました。参加費以上の価値はお持ち帰り頂きます。忘年会やら何やらで忙しい時期かと存じますが、ご都合が合う方は是非お越し下さい。お待ちしておりますm(_ _)m


経理の本分

振り返り

北浜


1ヶ月前の10月31日に「第10期の決算日を迎えて」というエントリーをした。独立して15年、マイクロ法人化して10年が経ち、第10期の決算日を迎えた日に、色々と思うことを書き留めた。そして、この日を区切りにして、人生の第2幕、新しいフィクションの始まりにしようと考えた。

あれから早いもので1ヶ月が経った。

この1ヶ月、自分の中で日々意識したことは、生活習慣を劇的に変えることだった。行動を変えなければ、人生は変わらない。行動は習慣化されるまで意識的に変えなければならない。

-----

●変えたことの1つ目として、あらゆることを断ることにした。特に、「やりたくないこと」「感謝されないこと」はキッパリと断ることにした。身近な友が亡くなったり、重い病気になったりしたのを聞くと、自分の人生に明日があるかどうかも分からないと改めて思うようになった。嫌なことや、ストレスを感じることに、1秒たりとも浪費したくない。これまで、そういうことを「仕方ない」と受け入れていた面もあったが、思考停止だったと思う。思考停止の先に真の幸福はない。幸せになることに躊躇せず、幸せを感じることを優先するようにした。

●2つ目は、仕事を減らすことにした。知人の会計士が紹介してくれた『死ぬ瞬間の5つの後悔』という本に、死ぬ瞬間に後悔することの1つとして「働きすぎなければよかった」とあった。これまで働きすぎた。めちゃくちゃ働いたから今の自分がいるわけだが、今までのペースであと10年も20年も走れない。物質的な成功や地位や財産や年収をこれ以上追い求めることに興味が失せた。以前、「アナザースカイ」というTV番組で、石田ゆり子さんが「お金という紙を残すより、お金を使って経験に替えていきたい」という趣旨のことを言っていたのだが、正論だと思う。

●3つ目は、デジタルデトックスをした。意味もなくPC、スマホに向かう時間を減らした。これほどの人生と時間の無駄遣いはないと思う。ネットやLINEの常時接続も止めた。仕事をする時も、原稿を書く時も、PCに向かってから思考することが多かったが、これも止めた(まずノートに向き合い、思考し、アウトプットできる段階になってからPCに向かうようにした)。これだけで、おそらく、月に何十時間という時間が浮いたと思う。デジタルデトックスをしても大して不自由を感じることもない。

●4つ目は、空いた時間を埋めないようにした。これまで、人生のゴール・目的から逆算し、1年後、半年後の目標を描き、寝る前には次の日のTo Doを書き出し、目が覚めてからTo Doをこなす、という生活をしてきた。効率的な時間の使い方だったと思う。けど、旅人会計士の友から再三、「幸福感は退屈の中で生まれるものなのだ」「退屈は慣れる」と言われてきた。実際に彼は、旅先からのLINEで「いま目が覚めたが、今日は特に何も予定がない」といったこと送ってくる。翌日アップされたブログを見ると、1日中読書してたんかいな! ということもある。私はこれまでそういう生活をしたことがなかったが、今月から何日かそういう日を過ごした。これが幸福感といえるのかどうかはまだ分からないが。以前購入したこの雑誌で、ある女優さんが「仕事と家事以外の時間をすべて読書にあてれば、月50〜200冊の読書も、そんな無理なことではない」というようなことを言っていた。最近、その意味が分かってきた。

-----

「退屈に慣れる」というほど退屈はしていないが、そういう時がくるのかもしれない。月50〜200冊くらい本を読めば、何かをアウトプットしたくなるのかもしれない。どうなるかは想定不能だが、何にも抗わず、疑わず、ストレスのない方向に流れていこうと思う。


『大切にしなければならないのは、
 ただ生きることではなく、よく生きることである』

 (『クリトン』より)



(※ 写真は深夜の御堂筋。本文とは関係ない。)

新刊書『「経理」の本分』出版記念特別セミナー/12月23日(月)19時〜in 品川

新刊書『「経理」の本分』の出版を記念し、
一度限りの出版記念特別セミナーを開催いたします。




通常のセミナーとは異なり、トークショー的な感じでやりたいと思いますので、お気軽にお越し下さい。本書を執筆することになったキッカケ、私が監査法人勤務時代・事業会社勤務時代に学んだこと、「経理」の本分を教えてくれた経理担当者との出会い、経理部員のこれからのキャリアデザイン・・・などのお話しもできればと思います。


▼出版記念特別セミナー概要
●セミナー内容:
「経理」の本分
1.経理部の存在意義
2.経理部における主たる業務と原則
3.経理部員の心得
4.質疑応答
5.名刺交換会、サイン会(希望者のみ)

●日時: 2019年12月23日(月) 19:00〜21:00(受付 18:40〜)
●場所:品川
●定員:先着50名
●参加費: 11,000円(税込)
  ※新刊書『「経理」の本分』を当日ご持参頂ける方は、2,200円(税込)
●運営協力:ラウレア

お申し込みは、上のリンク先よりお願い致します。
事前のご質問がある方は、申込フォームの備考欄にご記入下さい。書籍の内容と関係なくても構いませんが、セミナー中に回答できない場合もあります。会場の関係で申込が50名に達した時点で事前予告なく申込を打ち切りますので、その際はご了承下さい。

ブログ読者の皆様とお会いできることを楽しみにしております。

なお、大阪での開催も検討してましたが、東京のみの開催となりました。追加開催はしません。今回限りの開催とさせて頂きます。



経理の本分

新刊書『「経理」の本分』 12/7(土)発売!

「経理」の本分
武田 雄治
中央経済社
2019-12-07




新刊書 「経理」の本分

amazonに帯の写真が入りました。目次も掲載されています。

発売日が12/7(土)に変更になりました。書店では12/6(金)頃に流通すると思います。
できれば書店でお買い求め下さい。

経理担当者の皆様に読んで頂きたい一冊です。
どうぞよろしくお願い致します!



Twitterでの嬉しすぎる書き込み。

経理の本文
セミナー開催情報
【上場企業向けセミナー】

■日本経営協会主催
 12/13(土)大阪
『決算早期化を実現する実務ノウハウとポイント』

■日本経営協会主催
 12/18(水)東京
『決算早期化を実現する「経理・決算の仕組み」の作り方』

■出版記念特別セミナー
 12/23(月)東京
『出版記念特別セミナー』




●満員御礼のセミナー、公募していないセミナーは掲載しておりません。
●武田雄治へのセミナー・講演・研修の依頼は、武田公認会計士事務所HPよりお願いします。
プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ