公認会計士武田雄治のブログ

公認会計士武田雄治のもう1つのブログです。

サヨナライツカ




バンコクに行く前に、友人から映画『サヨナライツカ』を薦められた。Prime Videoで観ることができる。書籍『サヨナライツカ』は文庫化された時(2002年)に読んだことがあるが、映画は観てなかった。

もう小説の内容を忘れていたが、舞台はバンコク。それも、私がバンコクで一番好きなホテル「マンダリンオリエンタルバンコク」が舞台(映画では「オリエンタルバンコク」)。映画の公開が2010年なので、10年前のマンダリンオリエンタルということになる。マンダリンオリエンタル自体はそれほど変わりないが、周辺の景色が全然違うことに驚いた。バンコクはこの10年でとてつもなく発展したことがこの映画からも分かる。

小説版は(確か)涙なしでは読めない恋愛小説だった記憶があるが、映画版は涙を流すようなシーンはなく、ただただ切ない物語だった。バンコク赴任中の「好青年」(西島秀俊)の前に、同僚の元カノである美女 沓子(中山美穂)が現れる。「好青年」には日本に婚約者がいるが、2人は愛に溺れていく。かなわぬ恋と分かっていながらも。「好青年」は、婚約者と仕事(=出世)への道を選択し、沓子と別れるという選択をする。

が、しかし、25年後・・・、予想もつかない展開になる。

こういう恋愛小説(恋愛映画)は賛否が分かれるんだろう。私は純粋に良い内容だと思った。このブログで何度も書いてるが、人生なんて所詮フィクションだ。都合の良いように編集されるフィクション。第1章が終われば、第2章が始まる。第3章が始まる。どんどん新しいストーリーが展開する。1冊目が終われば、続編が続く。番外編も待ち受けてる。特別編だってある。いつ終わるかも分からないけど、ストーリーはひたすらに続いていく。出会いがあれば別れもあるだろう。嬉しいこともあれば悲しいこともあろうだろう。何を選択して生きていくかは自分次第。ストーリーを自分で作っていけばいいのだ。主人公は自分。他人でも世間でもない。

この映画の2人は、思い通りにならないこともあったが、生涯忘れられない相手となった。そして、人生を楽しんだ。幸せな人生だった。だから見ている私もハッピーになった。批判する点なんてどこにもない。幸せでなければ意味がない。楽しまなければ人生じゃない。

映画の中での名ゼリフがこれ。

『人間は死ぬ時、愛されたことを思い出すヒトと、愛したことを思い出すヒトにわかれる。私はきっと愛したことを思い出す』
(辻仁成著『サヨナライツカ 』(幻冬舎文庫)より)

私は、もちろん、愛したことを思い出す人間でありたい。

バンコク出張 〜4日目

バンコク

昨日の打ち合わせが1日でまとまらない可能性があり、今日は予備日として空けていたが、結果として今日は終日オフに。ぼんやり過ごすことにした。朝からジョギングしようとホテルの近くのベンジャキティ公園に行ったけど改装工事中で園内に入れず。仕方ないから、朝からプールサイドでシンハービールを飲む。

午後、腹が減ったので、ボートに乗って街の中心地サイアム(Siam)へ。乗船料9バーツ(約40円)。安っ。目指すは「Go-Ang Kaomunkai Pratunam」という店。通称「ピンクのカオマンガイ」。店も制服もピンク色。ランチタイムは満席。

バンコクカオマンガイ


カオマンガイ40バーツ(約150円)。安っ。こちらも、ミシュランガイド掲載店。

バンコクカオマンガイ


なお、2日目の午後にもカオマンガイを食べに行った。「Jub Jub KhaoManKai」という店(屋台)。4種のカオマンガイのセット(下の写真)で100バーツ(約350円)。安っ。
「ピンクのカオマンガイ」も、こちらも店も、雑誌『BRUTUS』(2019/10/15号)のバンコク特集にも取り上げられている。この特集は超オススメ。


バンコクカオマンガイ


ランチの後は、サイアム(Siam)周辺のショッピングモールをブラブラ。伊勢丹が入居するセントラルワールドの前に、意味不明なものが…。looks like someone…。

バンコクcentralworld


引いてみるとこんな感じ。やっぱり意味不明。

バンコクcentralworld


アートには興味があるが、現代美術(Contemporary art)だけは理解できないものが多すぎる。理解できる日が来るとも思えない。

バンコク初日に、旅人会計士が「死を思うカフェ」(Kid-Mai Death Awareness Cafe) なる所へ連れて行ってくれたが、ここもさっぱり意味不明だった。カフェといいながら、病院のベッドルームがあったり、棺が置かれてたり、ガイコツが置かれていたり。マジ意味不明。ご丁寧に店主っぽいオバサンが説明をしてくれるのだが、話に付いていけない。「DEATH」というメニューの飲み物を注文すると、ポッキーとオレオが突き刺さった巨大なフラペチーノのようなものが出てきた。デカすぎて飲み切れず。冷房がガンガンに効いてるカフェで、巨大なフラペチーノ。明らかに組み合わせがおかしい。死について考える思考も沸かなかった。私には理解もできないし、こんな落ち着かないカフェは今後も出会わないだろう…。ある意味、いい経験だった。


マクラーレンGT

バンコクの好きな所は、地面の底から沸き上がってくるようなエネルギーだ。ショッピングモールにフツーに「マクラーレンGT」を展示するあたりも、たまらなく好き。こんな渋滞の激しく、道がデコボコの街で、スーパーカーが必要なのか…という疑問は常にあるが。


bangkok_thalocal

最後の夜は、(屋台ではなく)ちゃんとしたタイ料理を食べたいと思い、アソーク駅の近くにある「THE LOCAL」という店へ。最終日まで共に付き合ってくれた旅人会計士がググって調べてくれた店だが、ここは大当たり。めちゃくちゃ美味かった。余りにも美味しかったので、昨日打ち合わせした日本人スタッフにも教えてあげたら、「重宝してます」と即レス。ここもミシュランガイド掲載店だった。ランチもディナーもミシュランガイド掲載店という贅沢。


bangkok_thalocal


そして今宵もワインを空けた。酔った。

ホテルに帰る道中にタイマッサージの店が並んでいる。いつもなら、片言の日本語で「おにいさん、マッサージ!?」と声をかけられるのだが、今回は「おにいさん、た・す・け・て!」と声をかけられる。笑うに笑えない。コロナの影響で商売が上がったりなのだ。いつも観光客で一杯のマッサージ店にも客がいない。だからという訳じゃないが、フットマッサージをお願いした。1時間250バーツ。安っ。体重100キロはあろうかという巨漢のオバサンに連日1万歩以上歩いた足をほぐしてもらった。

こうしてバンコク出張はあっという間に終了。
いつも、せわしなく、恐ろしい速度で時間が過ぎていく。

明日朝5時半に起きて空港へ行かねばならない。
もう少しゆっくりしたかった。

それなりに自由に生きているつもりだが、いつも足枷を付けながら飛び跳ねてるだけのような気もする。『しあわせとは、あなたの考えと言葉とおこないが、調和していること』(マハトマ・ガンジー)というコトバは大共感する。では、自分の思考と言動は合致しているのだろうか。

これまでの経験上、日本を離れた遠い場所にいる時に、必ずといっていいほど、感情をかき乱されるような仕事上の連絡(メール)が飛び込んで来る。今回も例外ではなかった。私は神を信じないが、こういうのは神のお告げだと思う人間だ。「お前はホントにその仕事がしたいのか?」、「思考と言動が合ってねーじゃねーか!」と言われているのだ。一度しかない人生、足枷を外して、地球上を駆け巡りたい。もういい歳になってきた。カネを貯めて死のうなんて微塵も思わない。楽しむことに躊躇せず、仕事に逃げず、本音で生きていこう。

バンコク出張 〜3日目

バンコク

今日は朝からクライアントと共にバンコクの会計事務所へ。
以前も某メーカーの東南アジア進出をこの会計事務所に支援して頂いたことがある。今回もクライアントのバンコク進出を支援して頂きたく、訪問させて頂いた。



バンコク

バンコクに20年近く住む日本人スタッフから、バンコクの会計・税務・会社法等の法制度や、進出時・進出後の留意点など、かなり細かく教えてもらった。ネットの情報だけでは分からない情報ばかりだった。やはり分からないことは、その分野の詳しい人に聴きに行くべきだ。その時間とカネを惜しむことは、時間とカネを失うことに繋がる。時間とカネは、知識がない人から知識がある人に流れるものだから。



カオソイ

打ち合わせの前に皆で食べに行ったチェンマイ料理のカオソイという麺料理。カレー風味のラーメンのようなものだが、めちゃくちゃ美味かった。45バーツ(約150円)。



トムヤム麺

打ち合わせが終わったらお腹ペコペコになり、皆で食べに行ったトムヤムヌードル。辛さ控えめのアッサリ味で、これもめちゃくちゃ美味かった。ミシュランガイド掲載店。こちらも同じく45バーツくらい。

夜は、バンコクに在住している日本人の方々と会食の機会を頂き、ここでも貴重な情報を教えて頂いた。写真を取り忘れてしまったが。

人の縁に感謝した1日だった。



バンコク出張

スワンナプーム国際空港

昨日(2/15)からバンコク入り。

タイ航空の機内もガラガラだったが、(いつもごった返している)スワンナプーム国際空港の到着口(上の写真)もガラガラだった。こんなに人が少ないスワンナプームは初めて見た。ネットのニュースによると、1日平均約20万人が利用する同空港が、今は約14万人に落ち込み、欠航便も多いらしい。コロナウイルスの影響だと思われる。私の感覚では、中国・韓国・日本のアジア圏の出張・旅行客が激減しているのではないかと。白人観光客はそれなりにいる。



マリオット

今回は初めて泊まるホテルを予約した。ロビーもこの通り。人が少ない。コンベンションなども中止が相次いでいるらしい。spg系のホテルに宿泊したが、なぜか中近東の人が多い。ゴーンさんに似た人を何人も見た。



バンコクマリオット

翌日(2/16)は完全オフ。
朝早くに目が覚めたので、ホテルに隣接する公園を走った。早朝でもかなり気温が高いが、気持ち良い朝だった。



バンコクマリオット

ジョギングした後は、ホテルのプールへ。少し泳いだ後、プールサイドで読書。ぼんやりした時間を過ごす。



Bangkok_NewYorkStake

夜は、クライアント、旅人会計士、秘書と現地で合流。このクライアントのバンコク進出支援の橋渡しをさせ、実現させることが今回のミッション。決起集会的な意味も込めて、美味しいワインが飲めるお店で夢を語る。願望は圧倒的な行動により叶えるもの。叶えましょう。



bangkokONXY

1日の締めくくりは、今回もRCA(Royal City Avanue)というクラブが密集するエリアへ。ここはスワンナプームとは異なり、人で溢れかえり、アツく盛り上がっていた。26時まで踊っていたことよりも、気が付けばウォッカのボトルを1本空けていたことに驚いた。まぁ楽しければいい。楽しまなければ人生じゃない。

バレンタイン

義理チョコなんて慣習、やめればいいのに・・・

思いながらも、義理チョコをもらって素直に喜ぶ私。

意外と甘党なのよ。



バレンタインというと、このコラムを思い出さずにいられない。
私がツイートしたら、55,555人に「いいね」をされた驚愕の文章。
こんな文章を書ける竹内政明氏を尊敬するしかない。

読売新聞




新刊書『「経理」の本分』 さらに増刷決定!

新刊書『「経理」の本分』6刷! 決まりました!

経理の本分_6刷

([出処]中央経済社Twitter(@chuokeizai)2020/2/14より)


第3刷までをお持ちの方は、誤植があります。こちらをご参照ください。

本書『「経理」の本分』をテキストに用いたセミナーを5〜6月頃に開催することが決まりました(税務研究会主催)。募集を開始したら本ブログにて告知致します。

10年前の決算早期化セミナー

BIRDLAND


10年位前に某上場企業の経理部長F氏と飲みに行ったことがある。私の決算早期化セミナーを受講して頂いた方。結局、その会社とは契約には至らなかったが、それはよくあること。上場企業の経理部長とサシで飲めるだけでも貴重なこと。

先日、その10年前に飲みに行った店の前をたまたま通ることがあった。「Fさん、元気にしてんのかな〜?」と思ったら、その直後にFさんからメールが届いた。そんな事があるんか!?。メールも10年ぶりかもしれない。恐るべし引き寄せ力。

ようやく本格的に決算早期化を進めることになり、私のことを思い出して連絡してみた、とメールに書いてくれていた。どんなセミナーでも何事も一生懸命やるもんだなぁ。どこでどう繋がるか分からない。

で、約10年ぶりに飲みに行った。

のっけから趣味が似過ぎで笑い過ぎた。週末の過ごし方も同じだわ、読んでる本も同じだわ、「サウナー」だわ、そんな事があるんか!? そんなこんなで今日もワインが進み、ボトルを空けた。ピノノワールのアテが『独ソ戦』になるとは…。人生は想定不能。だから面白い。






ホームランバッターを目指さない

野村監督


野村克也さんが亡くなったというニュースは、それなりにショックだった(2020/2/11 虚血性心不全により死亡)。野球が好きなので、日曜深夜の「ボヤキ解説」を結構楽しみにしてたのだが、もう聞けないのか。寂しいなぁ。

「ボヤキ解説」は、単なるボヤキ、単なる野球解説ではない。以前、「長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのか」というエントリーをしたことがある。活躍中の福岡ソフトバンクホークスの若手の選手に対して、「長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのか」「首位打者を目指すのか、ホームラン王を目指すのか」とボヤいていたが、単なるボヤキとは思えなかった。生き方・考え方を教えてくれたと思う。人生においても、長距離打者を目指すのか、短距離打者を目指すのかを、事を為す前に見極めるべきなのだ(難しいと思うけど)。私はホームランバッターを目指さない。

野村克也さんのプロ野球人生1年目の成績は、11打数0安打5三振。シーズンの終了後には解雇を通告されている。拝み倒して撤回してもらったらしい。その人が戦後初の三冠王になり、名監督になった。

今この一瞬を切り取ったバランスシートで判断してもその人の価値は分からない。将来キャッシュ・フローを見積り、割引計算しなければ。

新庄剛志さんの追悼文からも、それはよく分かる。

宇宙人の名付け親 
新庄お前はファンに愛されるカッコつけて野球をやればええんや 選手に自由に野球をやりなさいって指導したのはお前だけや お前は悔しいくらい可愛いな(>_<)最高の言葉有り難うございました 実は野球の指導を1回しか受けた事がないその一回はボールをしっかり芯でとらえなさいただそれだけでした  お前は何番だったら野球を真剣にやってくれるんだ?そりゃ4番ですよ〜次の日から僕を4番に起用し、その年プロ野球人生最高の成績をあげメジャーに行けた
ベルサーチいいですよって教えたらずっとベルサーチを着続けてくれた カツノリの性格の良さはプロ野球選手の中でトップお父さんお母さんのおかげ 俺が死んだ後今度は俺が監督ノムさんが選手で二刀流をさせるその時はキャッチャー新庄
野村克也という人間に野球人生の終了は1%も無い 俺がそっちに行ったら叩き起こすんでそれまでゆっくり寝ててください(>_<) 本当に笑顔で有り難うございました(^^)また会う日まで野村克也監督。
([出処]新庄剛志さんのinstagramより抜粋)

ご冥福をお祈りします。

(※ 画像はネットから拝借した)

日本製鉄 呉製鉄所の閉鎖に思う

本日の日経新聞「春秋」より。

呉

以前、広島に出張に行った際に、呉に寄ったことがある。このコラムに書かれている通り、私も市街地は素通りし、「大和ミュージアム」に直行した。入場者数が1400万人を超えるとはこのコラムを読むまで知らなかったが納得である。「広島平和記念資料館」や「ひめゆり平和祈念資料館」と並ぶ程に、展示物の数々にハマった。私の中の「日本3大資料館」の一つである。

ただ、広島から呉までの移動中のタクシーから見える景色は、ちょっと驚いた。まるで戦後の高度成長期の時代にタイムスリップしたかのような、映画のセットのような街並みだった。ところどころ、本当に昭和前半から残っているんじゃないかと思われる建造物が並んでいる場所がある。とはいっても、倉敷美観地区のような街並みでもない。イノベーションを忘れてしまった古びた街という印象が拭えなかった。それはこの街のショッピングセンターに立ち寄った時にも感じた。

この「大和ミュージアム」の近くに、巨大製鉄所がある。地域の雇用を支えてきたに違いないが、これが来年閉鎖するというんだから、雇用面の影響力は大和級だろう。3300人の雇用の受け皿があるのだろうか。

なんとなく、令和の象徴となるニュースな気がしてならない。

-----

たまたまだが、今読んでる本に「大和ミュージアム」の写真が載っていた。こんな感じで、戦闘機も戦艦大和も展示されている。ここは面白いので是非一度。

大和ミュージアム

([出処]久保田 貢著「知っていますか?日本の戦争」(新日本出版社)より抜粋)






マジ感動!

セミナー御礼花束

これまで数え切れないほどセミナー講師をやってきたが、こんな立派なものを頂いたのは初めての事。

マジで驚いたし、マジで感動した。

某商工会議所の経営者団体から、地元の経営者に向けてのセミナーの依頼を頂いたのが、ちょうど1年前の今頃。「黒字社長塾」(中小企業向け経営コンサルティング事業)の新規募集を止めているので、あまり前向きにはなれなかったのだが、その経営者団体の会長・副会長さんが何度も私のオフィスに足を運んで下さり、経営者団体の設立趣旨から、100名を超える経営者のプロフィール、私に講演を依頼する目的、それによる経営者のメリット・・・などを細かく説明して下さった。主催者の方がそこまでして下さることはなかったので、セミナーをお引き受けすることにした。すると、セミナー前に受講者と講師の顔合わせの食事会の場まで設けてくれた。そんなことをして頂いたのも初めての事。

そうやって約1年間、地元の経営者さんとお付き合いをさせて頂くことになった。理詰めで財務体質を改善する方法や、マーケティング理論、マネジメント手法、ビジネスモデル構築法など、中小企業の経営者が弱いと思われる箇所に特化して複数回のセミナーをさせて頂いた。セミナーとセミナーの間は定期的にフォローアップの勉強会も開催し、経営者の知識の定着のフォローアップもやってきた。

そして、今日が最終回のセミナーとなった。登壇すると、受講者ひとりひとりの顔・反応がよく分かる。今回も多くのインスピレーションを与えることができたような気がする。

セミナーが終わり、降壇しようと思った時に、サプライズが待っていた。上の写真の花束を頂いたのだ。写真では分かりにくいが、私の上半身が隠れる位に大きな花束で、この経営者団体の会員の花屋さんが私のために作ってくれたらしい。「花も美しいですが、花があることにより周りの空気や自分の心が『この花のように美しくならねば』と思わせてくれるところが、本当の花の美しさなんです」と、その花屋さんの社長さんがコッソリと教えてくれた。

拍手喝采を頂き、約1年間のプログラムが終了した。最後なので懇親会も参加させて頂いた。寒い夜に暖かいすき焼き。最後まで至れり尽くせり。

懇親会も終盤に差し掛かってきた頃、30代位の男性社長が私の元にお酌をしに来てくれた。この社長さんは、1年間皆勤賞だったが、おそらく内気な性格なんだろう、私と直で喋ったことがなかった。私も内気な性格なのでよく分かる。最後に言いたいことがあって、私の所に来てくれたことが直感で分かった。なので、この社長さんの一言一句を傾聴した。要約すると、「この1年間学んできたことで知識が増えたこと以上に、意識が変わったことが大きかった。すべての講義に参加して本当に良かった」というようなことを言ってくれた。そして何度も握手をしてくれた。1年の締めくくりに、この社長と短い時間であったがお話しできたことは嬉しかった。帰り際に見送りにも来てくれた。この1年間のことは忘れないと思うが、彼のことも忘れないと思う。(上から目線に聞こえたら恐縮だが)更に成長して、成功して、地元に貢献する経営者になって欲しいと切に願う。



最後に、このブログを読んで下さっている当団体の会員の皆様、1年間どうもありがとうございました! 素敵なご縁に感謝&感激です。

プロフィール
公認会計士 武田雄治


●武田公認会計士事務所 代表

side_banner01-テキスト無


■武田雄治本人によるコンサルティング、セミナー、執筆、取材等のご依頼は、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。
■業者様からの営業はお断りしております
■ブログのコメント欄に、コンサルティング等のご依頼や、個別案件についてのご質問・お問い合わせ等を書かれても、回答出来ませんのでご了承ください。

もう一つのブログ
武田雄治 CFOのための最新情報ブログ
経理アウトソーシング
経理アウトソーシング
コンサルティングのご紹介
「経理を変えれば会社は変わる!」の信念のもと、「真の経理部」を作るお手伝いしています。

すべてのコンサルティングを武田本人が行います。

決算早期化・効率化・標準化・仕組化、業務改善、経営管理向上、IFRS導入など、経理に関することは何でもご相談下さい。


●決算資料を見直すだけで決算早期化を実現させます!

●連結決算の「エクセル化」を支援します!



お問い合わせは、武田公認会計士事務所のホームページよりお願いします。

記事検索
Archives
『真の経理部』を作るためのノウハウ公開!
決算早期化の実務マニュアル第2版


決算早期化の原理原則!
決算早期化が実現する7つの原則


IFRSプロジェクトの進め方
IFRS実務

公認会計士の仕事
公認会計士の仕事














理詰めで黒字にする!
1年で売上が急上昇する黒字シート


1年で会社を黒字にする方法
1年で黒字化を目指す!
あなたの会社を1年間で黒字化します
























QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ